インド

ムンバイ(4)コラバ地区、ぶらぶら観光(インド門付近)

インド門

インド門あたりを、ぶらぶら観光。

ムンバイでは、コラバ(COLABA)地区、インド門近くのホステルに宿泊。

そして本日は大晦日。カウントダウンまで、インド門周辺を散歩。

コラバ(COLABA)地区で見たこと&したことは、

●インド門(Gate of India)
●タージマハル・ホテル
●趣のある建造物
●ドーサで夜ご飯(Madras Cafe)
●露店でショッピング

大晦日の夜のムンバイは、めっちゃ賑わっていた。

インド門、
ホテル・ムンバイ

インド門
Gateway of India

ムンバイに到着したら、まず向かったのはインド門。

インド門/Gate of India
港町ボンベイの入り口となる高さ26mの巨大な門。英国王ジョージ5世夫妻のインド訪問記念に建立された

インド門

エレファンタ島へのフェリー
出港地

大行列。並ぼうとするも、打ち切られる。インド人の人口パワーを舐めていた。

インド門の行列

マンダバ行きフェリーの
出発地点

インド門からは、マンダバ行きのフェリーも出ている。周遊だとおもって間違ってのってしまった。

夕暮れのインド門。

インド門

タージ・マハル・ホテル
The Taj Mahal Palace

タージ・マハル・ホテル
インドの大富豪が建築した世界有数のホテル

「ホテル・ムンバイ」は良質な映画だったな。

ホテル・ムンバイ

夜はライトアップされていた。

ライトアップされたホテル・ムンバイ

インド門付近、
すてきな建造物がならぶ

インド門付近を歩くと、美しい建物がならぶ。

インド門近くの通りの趣のある建物

なんだか、おもっていたインドと違うぞ?

インド門近くの通りの趣のある建物

インド門近くの通りの趣のある建物

スターバックス、発見!

スターバックス

マンホール

帽子をかぶった人間か、ローソクと燭台なのか、判明せず。

インドのマンホール

夕食:
現地レストランでドーサ&バナナラッシー

メインのコラバ・コーズウェイで夕食のレストラン選び。

ローカルレストラン
Madras Cafe

適当に入店したお店でしたが、美味しかった。インドって、どこのお店でも美味しいものなの?

マドラスカフェの外観

ローカルで賑わう店内

ムンバイでは、ほとんど外国人に出会わなかった。きっと外国人もいたのだろうけれど、それよりもインド人観光客が多い!

マドラスカフェの店内

マサラドーサ
RS.105(約183円)

メインは、ドーサ。こちらのお店のドーサも、サクサク。

ドーサ

ドーサ

こちらのレストラン、チャトニが絶品だった。
なんでこんなに美味しいの?

絶品チャトニ

バナナラッシー
Rs.85(約148円)

インドに来たのに、まだ飲んでいなかったラッシー。ジョッキにはいってサーブされた。いいね、この量!

バナナラッシー

めっちゃバナナジュースやん。すごく美味しかった。もっと早くラッシーに手を出しておけばよかった。アウランガーバードでは、私は何をしていたんだ。

フェンネルシード

レシートと一緒にサービスされたのは、インドの食後の口直し・フェンネルシード。

フェンネル

フェンネルシードには、消化を助け、口臭を消す効果があると考えられている。

噛む!!
美味しいとは思えない。
飲み込めなくて、吐き出した。

フェンネル

フェンネルシードが効いたのか、この夜は胃もたれがしなかった。

露店でショッピング
Colaba Causeway
コラバ・コーズウェイ

インド門付近のメインストリート、コラバ・コーズウェイを歩く。大晦日だから特別に混雑しているのか、これが通常なのか。そして、ひっきりなしに露店が続く。

観光客向けのインドピアスを発見。もりもり、買っちゃうよ。

インドのピアス

ファストファッションが、ムンバイの地に漂着していた。ZARAやH&Mなどの衣類が、タグがついたまま販売されていた。

ZARAの服

インドっぽい生地のセットアップを購入。パジャマにしよう。

衣類の露店

完全にインドを誤解した観光客向けの衣類も買う。こんな衣類を着用しているインド人は現地にいなかった。でも欲しかったんだもん。

インドの衣類

噛みタバコと露店。

路上のお店

ガソリンスタンドを通過。

ガソリンスタンド

インドの猫は、超ツンツン。

猫

ATMには警備員が常駐

海外での現地通貨の調達は、クレジットカードのキャッシングを利用することが多い。インドでもそうでした。ムンバイのATMは、ATMの入り口に警備員のかたが常駐していた。

今日は大晦日。渋滞のため交通整理する警察官。

交通整理中の警察官

混雑していることもあり、
警備員も警察官もウロウロしていて、
むしろ安全に感じた夜でした。

NEXT:インド門で年越し

年越しはインド門で。2023-24のカウントダウン! 

 

ムンバイ
Mumbai

インドの大商業都市

 

バラナシ
Varanasi

ヒンドゥー教の聖地

 

サールナート
sarnath

バラナシから日帰りで行く
仏教の聖地

 

アウランガーバード
Aurangabad

エローラ&アジャンター石窟群
観光の起点

 

インド8日間(年末年始)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




インド門のフェリームンバイ(3)フェリーでマンダバへ!サンセットクルーズ(往復Rs.300)前のページ

ムンバイ(5)インド門でカウントダウン!2023-2024次のページホテルムンバイと打ち上げ花火

ピックアップ記事

  1. 【赤城山】大沼湖を眺めながら気軽に登る
  2. 【アンマン国際空港】ヨルダンのワイン&ビールが楽しめる『PETRA LOUNGE…
  3. 【壱岐】壱岐古墳群 ミステリアス!小さな島に築造された権力の象徴
  4. 【百寺巡礼】第13番 那谷寺 “奇岩遊仙境に自然智を見いだす”
  5. アウランガーバード(1)空港移動&アウランガーバード街歩き&絶品ドーサを食べる

関連記事

  1. ドービー・ガート

    インド

    ムンバイ(1)ドービー・ガート 大量の洗濯物×超高層ビル

    ドービー・ガート(Dhobi Ghat)へ。ドービー・…

  2. インド門のフェリー

    インド

    ムンバイ(3)フェリーでマンダバへ!サンセットクルーズ(往復Rs.300)

    インド門からフェリーに乗ってマンダバへ。ちょうどサ…

  3. バスが来た
  4. 海上から眺めるムンバイ

    インド

    ムンバイ(6)1日でめぐるムンバイ

    ムンバイを1日で観光。2023年の大晦日は、インドの大…

  5. 砂浜にたたずむ神像
  6. インド

    バラナシ(13)ガンジス河の火葬場をみにいく (ハリシュチャンドラ・ガート)

    バラナシ、火葬場をみにいく死が身近なものなのだと感じられる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. バスに乗り込む人々

    インド

    アウランガーバード(9)アジャンター石窟群からローカルバスで帰る(Rs.185)…
  2. ユバーバの雪像

    北海道

    さっぽろ雪まつり2024・夜・大通会場
  3. ハロン湾クルーズ

    ハノイ(ベトナム)

    週末弾丸で行くハノイ!滞在2.5日でもこんなに楽しめる
  4. ロシア

    出発前のクタクタを回避!面倒なロシアビザ取得は代行業者に頼むのが吉。
  5. ルクソールの街を通る車

    エジプト

    ビールも買った!ナイル川クルーズ船から降りてルクソール街歩き
PAGE TOP