インド

サールナートへのアクセス(往路)サイクルリキシャーで移動 乗るだけなのに疲れた!

サイクルリキシャーと運転手

バラナシ旧市街からサールナートへ日帰り観光、

サイクルリキシャーで移動。

 

●運賃:Rs.200(バラナシ旧市街~サールナート)
●約90分かかった(踏切待ち30分含む)
●高い視点でインドの町を眺めるのが楽しい
●リキシャーワラーはしんどそうだったので罪悪感が生まれる
●道が悪く、ゴロゴロお尻が痛い。

サイクルリキシャー自体は楽しいけれど、サールナートへの移動はトゥクトゥクがおすすめ。

バラナシ旧市街からサールナートへ
サイクルリキシャーで移動

乗合バスに乗るつもりだったけれど、サイクルリキシャーの呼び込みに足を留める。

  • サールナート行き乗合バス乗り場探すのも面倒
  • 乗り場までサイクルリキシャーに乗るつもりだった

乗り換えも面倒だからサイクルリキシャーで行くのもいいかも!

サイクルリキシャー運賃:
Rs.200(約340円)

交渉成立。

サイクルリキシャーの運転手

適正料金がわからないので、通りすがりの現地人を呼びとめて、料金交渉のサポートをしてもらう。そして最後に記念撮影。

サイクルリキシャー交渉してくれた男性

11:00 出発

このインド旅では、はじめてのサイクルリキシャー。

サイクルリキシャーの運転手

この道はトゥクトゥクは無理だもんね。サイクルリキシャーだと目線が高いのもあって、楽しい。

街の様子を眺めながら。

バラナシの街

大きい道路に出た。

サイクルリキシャーの荷台からの眺め

サイクルリキシャーの荷台からの眺め

道、混んできた。

サイクルリキシャーの荷台からの眺め

噛みタバコ “Paan パーン”を調達

とつぜん、サイクルリキシャーは停車。なになに?
なにか買いに行くドライバー。

噛みタバコ屋さん

面白そうだから、私も降車して見に行く。

噛みタバコ Paan(パーン)

ドライバーが買いに行っていたのは、噛みタバコでした。

噛みタバコを販売

噛みタバコ  Paan
ビンロウジの入った噛みタバコ。飲み込まずに唾を吐き出す。

その場で作ってくれるみたい。そういうものなのかな。

噛みタバコをつくる男性

噛みタバコ

葉っぱに包む。

噛みタバコ

これを機に、噛みタバコやさんが目につくようになった。

噛みタバコをつくる男性

噛みタバコを嗜みながら、再出発。

サイクルリキシャー

サイクルリキシャーからの眺め。
路上販売、なにこの巨大なロールは。

絨毯販売

別の街に入ったみたい。

まち

踏切渋滞にはまる(約30分)

インドではじめての渋滞。

トゥクトゥク大渋滞

サイクルリキシャーの高い位置からの眺め

踏切遮断中による渋滞だった。これは待つしかないね。

なんと30分ほど待つ羽目になったのでした。

トゥクトゥク大渋滞

信号がない交差点もクラクションを鳴らしながら車をとばすインドなのに、みんなお行儀よく待っているのが不思議。

トゥクトゥク大渋滞

物乞いの女性がやってきた。

物乞いの女性

途中で緊急車両が通って不安になる。
これ、通れないよね。迂回するのかな。

インドの救急車

踏み切りを通過

踏切があくと、せき止めていた水が一気に流れるが如く、走り出す車たち。

踏切を通過する渋滞

カオス。

踏切を通過する渋滞

工事中ゾーンを通過

なにかの高架のようなものの工事ゾーンを通過。日本ならば通行止になるだろう。

サイクルリキシャー

道はジャリジャリで、でこぼこしていて、水が溜まっている。

漕ぐのも大変だろうけれど、乗っている方もお尻が痛い。

サイクルリキシャー

あ!正面にブルーの鉄道が見えた。

高架上の青い電車

長距離のインドの鉄道、今回の旅では乗ることができなかったな。

高架上の青い電車

休憩中の男性たち。

古屋

なだらかな坂道が続き、ギブした運転手は自転車を手で引き出した。なんだか、乗ってて申し訳ない気持ちになる。やっぱりサイクルリキシャーで長距離はダメだったか。

自転車を押すドライバー

工事中の場所

馬と通り過ぎる。

馬2頭

なにかの像の製作所。

作成中の仏像

大きくて立派な橋を通過。

橋を渡る

端から見た景色

市場っぽいところを通過。

自転車をこぐ男性

トラックの荷台から大量の柑橘類が運び出されていた。

荷台から降ろされた柑橘類

サールナート
エリアにはいる

混雑してきた。いよいよ、目的地のサールナートに入った。

二人乗りバイク

なんかレンガっぽい建物が見えた。

仏塔

トゥクトゥクがたくさん停まってる。

サールナート

サールナートの渋滞

12:30 到着

サールナート美術館の入口付近にて下車。

サイクルリキシャーと運転手

値上げを要求された。インドあるある。
交渉に乗るかは、お気持ち次第。

サールナートへ
サイクルリキシャーで移動した感想は

感想:サールナートの移動は、トゥクトゥクを推奨する

サールナートまで90分もかかってしまったし、
運転手はとてもしんどそうだったし、
道も悪いため、サイクルリキシャーの荷台は、ゴロゴロしていてお尻が痛かったです。

リキシャーは楽しいので、バラナシ旧市街あたりをウロウロ楽しむくらいでいいかな。

トゥクトゥクで行くことをオススメします!早いし楽だよ。

おしまい。

NEXT:サールナート観光

仏教の4大聖地のひとつ・鹿野苑があるサールナートを観光。

 

インド8日間(年末年始)

この旅のスケジュール

インドでお腹を壊した

 

サールナート
sarnath

バラナシから日帰りで行く
仏教の聖地

 

バラナシ
Varanasi

ヒンドゥー教の聖地

 

アウランガーバード
Aurangabad

エローラ&アジャンター石窟群
観光の起点

 

ムンバイ
Mumbai

インドの大商業都市

 

インド8日間(年末年始)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




供物売店バラナシ(9)正午のガートは、一番空いている前のページ

仏教の聖地・サールナートへ日帰り観光次のページダメーク・ストゥーパと僧侶

ピックアップ記事

  1. 【百寺巡礼】第97番 本妙寺 “熊本を見わたす加藤清正公の菩提寺”
  2. 【赤城山】大沼湖を眺めながら気軽に登る
  3. 乗り継ぎ時間で行く!成都パンダ繁殖基地(アクセス&注意点)
  4. 南さつま3日間の旅のスケジュール(指宿・開聞・知覧)
  5. 海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記

関連記事

  1. ダウラタバード要塞

    インド

    アウランガーバード(3)ダウラターバード城塞 デカン高原に建つ中世最大の要塞

    2ダウラターバード城塞、中世の強固な城塞へ。インドの城…

  2. ダメーク・ストゥーパと僧侶

    インド

    仏教の聖地・サールナートへ日帰り観光

    仏教の聖地・サールナートを観光。鹿野苑を見にい…

  3. 夕日に照らされるエローラ石窟群
  4. Ajanta Cavesの壁画
  5. PAPDI CHAT

    インド

    バラナシ(10)夕方のバラナシさんぽ (ベニヤバック・ロード&ゴードリヤ・ロード)

    夕方のバラナシを歩くガートは夕暮れの儀式、アールティ・プー…

  6. バスが来た

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ないものはない看板

    島根県

    【隠岐】ないものはない!? E-BIKEでめぐる海士町3時間
  2. タイ

    バンコク市内からアムパワー水上マーケットまで。格安運賃のロットゥーでの移動レポ&…
  3. こけしと大雪の中町こみせ通り

    青森県

    どさどさ大雪!中町こみせ通りのこけし灯篭と雪景色
  4. 北のカナリアパークの小学校

    北海道

    【礼文島】北のカナリアパーク
  5. 銀水のかんざらし

    長崎県

    【島原】島原ぶらり歩き 温泉と湧水に恵まれた水の都
PAGE TOP