エジプト

バビロン要塞のなかに築かれた原始キリスト教の世界(オールドカイロ)

 


キリストのイコン

カイロ発祥の地、オールド・カイロ。
バビロン要塞を利用した壁の中に建つコプト教会群。

巨大建築やミイラだけがエジプトじゃない。

原始キリスト教の世界観が残る、オールドカイロへ行ってきました。

オールド・カイロの最寄駅:
Mar Girgisへ

オールドカイロ(カイロ旧市街)
地下鉄マル・ギルギス駅下車すぐ

Mar Girgis駅構内

マル・ギルギス駅。

Mar Girgis駅

メトロのマークが可愛い。

メトロのマークと階段

10:19
Mar Girgis駅

オールドカイロ(カイロ旧市街)は、地下鉄マル・ギルギス駅下車すぐ

すぐに見える丸いドームは、聖ジョージ教会のもの。

聖ジョージ教会

警察官でしょうか。カッコイイ!そして、いかつい。
理由もなくビビる。悪い事はしてないんだけどな。

聖ジョージ教会近くで待機する警察

入り口かと思ったら裏門でした。ここからは入れませんよ!

聖ジョージ教会の裏門

地下への入り口

バビロン城塞の塀のなかにコプト教の教会がある。ひっそりとした階段から、地下へ降りる。

コプト教会群への地下への入り口

土産物店がならぶ

壁のなかのコプト教会にむかう細い道に、ずらりと並ぶ本。

書籍棚が並ぶ通り

多国語展開されたエジプトのガイドブックが販売されている。

エジプトのガイドブック

なぜかレシピ本も。
日本語のエジプト料理レシピ本があったら欲しかったな。たぶん作らんけど。

レシピ本

日本語ガイドブックを購入

エジプトガイドブックを買いました。
日本で買うガイドブックよりも充実している。これは買って大正解!

エジプトのガイドブック

エジプトのガイドブック(日本語)
350EGP (約2,363円)

エジプト考古学館の露店では、同じものが450EGP(約3,050円)だった。 やったー。

A4サイズ、オールカラー。
文字は大きめ。
図版もたっぷり掲載。
平易な日本語で説明されている。

エジプトのガイドブックの見開き地図

見開きマップ

エジプトガイドブックの見開きページ

オールカラー

書籍棚が並ぶ通り

聖セルギウス教会
Church of St. Sergius (Abu Sarga)

聖セルギウス教会
幼いキリスト、マリア、ヨセフの聖家族が、エジプトに逃れてきた際に身を隠したとされる洞窟の上に建てられた教会。

美しい礼拝堂。

聖セルギウス教会

イコンが並ぶ。

聖セルギウス教会のイコン画

地下へ

聖家族が身を隠したと言われる地下へ入ることができた。

聖セルギウス教会の地下

観光客で並んでいるけれど、すぐに進めます。

聖セルギウス教会

聖バルバラ教会
Church of St. Barbara

聖バルバラ教会
エジプト最大規模の教会。

礼拝の最中

祭壇の上に、ずらりと並んだイコン。重厚なカーテンが印象的。

ミサ中の聖バルバラ教会

ちょうど礼拝がはじまったところ。後ろからそっと見学。

ミサを行う神父

ベン・エズラ・シナゴーク
Ben Ezra Synagogue 

ベン・エズラ・シナゴーク
・ユダヤ教の会堂
・ベン・エズラは大ラビの名前

ベン・エズラ・シナゴークの入り口

特別なシナゴークである理由

このベン・ズエラ・シナゴークは、すごいシナゴークなのです。

・赤ん坊の預言者モーセがエジプト王女に拾われた場所
・ゲニザ文書が発見される

預言者モーセがエジプト王女に拾われた場所

旧約書で登場する預言者モーセ。

「ヘブライ人の赤子を皆殺しにしろ」という暴君の命令から逃れるためにナイル川に流される。流された赤子のモーセがエジプト王女に拾われた場所はココなのだとか。

エジプト王女に拾われるモーセ

画:ニコラ・プッサン

ゲニザ文書

シナゴーグの改修時に、ゲニザ文書が発見される。

ユダヤ教の伝統では、ヘブライ語で「神」を表す言葉が記された文書は廃棄せず保管する。

850年の期間に蓄積された「ゲニザ文書」では、中世のユダヤ社会の様子を知る貴重な資料だとか。でもほとんどがイギリスの研究施設にあるんだって。

ゲニザ文書

エジプトの手には負えないってことか。外国に行くと、美術品や遺跡と、現地国と先進国の関係について考えさせられる。うーむ。

写真撮影不可

内部がどんなふうだったか、詳細は忘れ気味。写真が残ってないもん。象嵌細工の祭壇が美しい神秘的な場所でした。

ベン・エズラ・シナゴーク前の通り

シナゴーグをえて、城塞内を歩く。

狭い通路を歩く

壁に囲まれたコプト教会のあるエリア。通路は狭く、細長い。

オールドカイロの狭い道

マンホールかな?
埋もれちゃているね。

マンホール

これが1975年に火事で焼失したという、カスリアト・アル・リーファン教会跡なのだろうか。

カスリアト・アル・リーファン教会跡な

壁と教会に囲まれた狭い道を歩いていると、方向感覚が怪しくなる。

オールドカイロの狭い道

どこにいるかわからないまま入ったのは、聖ジョージ修道院。

聖ジョージ修道院
Nunnery Of St. George

重厚な門を通って聖ジョージ修道院へ。セキュリティチェックがありました。

聖ジョージ修道院の門

広い中庭。要塞の中の開けたエリア。

聖ジョージ修道院の中庭

ドラゴン退治のモザイク

目を惹かれるモザイク。こちらの修道院では、「ゲオルギウスと竜」のモチーフのイコンがたくさんあった。なにか関係があるのかな。

ドラゴン退治のモザイク

ゲオルギウスと竜
ゲオルギウスは、犠牲に差し出された姫を救うために槍で竜を退治する。竜は悪の象徴であり異教を意味する。

聖ジョージ修道院

要塞跡をでる

壁の外へ。お腹すいたけれど、時間はおしている。これは昼食抜きだな。

オールドカイロの土産物店

出口付近には、観光客めあての土産物店が並ぶ。

オールドカイロの土産物店

 

オールドカイロの土産物店

 

聖ジョージ教会の壁

聖ジョージ教会(マリ・ギルギス)
Church of St.George(Mari Girgis)

マリ・ギルギス
マリ・ギリギスとはギリシャ正教会のこと。

聖ジョージ教会と階段

オールドカイロのシンボル、聖ジョージ教会。

堂々とした階段をのぼって聖ジョージ教会へ。ドームが目印。

マリ・ギルギスの階段

ギリシャの国旗がはためいているよ。マリ・ギルギスとは「ギリシャ正教会」という意味。

マリ・ギルギスとギリシア国旗

ギリシア正教らしさがプンプン香る

礼拝堂。他のコプト教会よりも華美。

マリ・ギルギスのドーム型礼拝堂

ドーム天井

天井画のイエス。

ドーム型礼拝堂の天井画

派手な祭壇。

マリ・ギルギスの祭壇

丸いドーム。

マリ・ギルギスの祭壇

モザイク壁画

気になったモザイク。

ライオンのモザイク

エジプトのお土産

露店をチェック。
THEエジプト土産!な品々が並ぶ。

販売中のエジプト土産

ブルーのピラミッドの置き物

青いピラミッドの置物

スカラベの置き物

スカラベの置物

カナプス壺のミニチュア

カノプス壺の置物

B級なエジプトの置物たち

エジプトの置物

バラエティに富むマグネット

エジプト土産のマグネット

エジプトのチェス盤

エジプトのチェス

ローマ時代の塔
Roman Tower

バビロン要塞の面影を残す場所。

崩壊しており、塔らしい高さは感じられなかった。

ローマ時代の塔

コプト博物館
Coptic Museum

コプト博物館
古代エジプトのキリスト教美術、遺物、写本のコレクションを収蔵する、1908 年建造の博物館。

コプト博物館の前庭

オリエンタルな博物館だった。

前庭

コプト博物館の外観

ムシャラビ

アラブ独特の透かし格子模様、ムシャラビ。古いコプト宮殿から運ばれてきたんだって。

ステンドグラストムシャラビの窓

木造の天井も運ばれてきたもの。

天井のムシャラビ

コプト十字

末広がりの十字架がコプト十字の特徴。

コプト十字の瓦

コプト織

粗い生地に描かれたもの。素朴なエザイン。

コプト織り

素朴すぎないか。

コプト織り

イコン

半円型のイコンはきちんと再現されていた。展示方法も良い。とても見応えあり。

ドーム型のキリストと使徒のイコン

 

キリストのイコン

 

キリストのイコン

 

キリストのイコン

気になったイコン。

天使のイコン

一風変わったこちらは、時代が違うのかしら。

イコン

彫刻

独特の彫刻。

彫刻

女性の彫刻

二人の彫刻

象嵌細工の棺

象嵌細工の棺

特別扱いされている文書

聖書かな?こちらは特別にガラスショーケースに入れられていた。

謎の古書

エキゾチックな中庭・前庭

この雰囲気が大好き。

エキゾチックな中庭

 

エキゾチックな中庭

ちょっと長居しすぎたな。

ピンク色の「マギの礼拝」の置物。独特のセンスだな。

ピンクのイエスキリストと東方三博士

エル・ムアラッカ教会
El Moallaqa Church

ローマ時代の要塞跡に立つ白亜の教会

エル・ムアラッカ教会

団体客と時間がかぶってしまった。

大混雑の教会。時間がないため、実質10分も滞在しなかった。

エル・ムアラッカ教会の中庭

礼拝堂

エル・ムアラッカ教会の礼拝堂

 

エル・ムアラッカ教会

細工された扉。美しいわ。

透かし彫りの美しい扉

聖ゲオルギウス

こちらにも聖ゲオルギウス。ヒゲがあるためか中年に見える。

聖ゲオルギウス

気になったイコン。

不思議なイコン

Mar Girgis駅

オールドカイロの観光終了。MarGirfis駅は、目の前。ギリギリまで観光できるのがいいところ。

Mar Girgis駅前

メトロに乗って移動です。

観光終了後は・・・

オールドカイロを後にしたのは、13時。
そのあとは地下鉄に乗車。

アズハル広場方面へ。

ハーン・ハリーリでエジプト土産を探す
・白い大理石が美しいモスク、ガーマ・アズハル

ハーン・ハリーリガーマ・アズハル
夜には、ホテルに戻ったのち、

エジプト考古学博物館(夜間開館)

ライトアップされたエジプト考古学博物館

ツタンカーメンの黄金マスクを拝んできたよ。

ツタンカーメンの黄金マスク2

エジプト考古学博物館の記事

おしまい。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




木棺危険?ルールは?エジプト旅行の前に知っておくべき注意点まとめ前のページ

100円で行くギザの3大ピラミッド&スフィンクス!バス&徒歩で行ってきた次のページスフィンクスの横顔

ピックアップ記事

  1. ビールを愛する旅人必読。ビールへの情熱と覚悟が試されるヨルダンのビール事情
  2. 【百寺巡礼】第37番 横蔵寺 ”即身成仏を果たしたミイラを祀る寺”
  3. 週末海外!5日間でたっぷり楽しむロンドン旅の費用&スケジュールを公開します
  4. 絶景!トレッキングルートを歩いてツミンダ・サメバ教会へ
  5. 危険?ルールは?エジプト旅行の前に知っておくべき注意点まとめ

関連記事

  1. スーフィーダンス タンヌーラの置き物

    エジプト

    ハーン・ハリーリでエジプトみやげ探し

    カイロ1day観光、午後は、●…

  2. ルクソールの街を通る車

    エジプト

    ビールも買った!ナイル川クルーズ船から降りてルクソール街歩き

    ナイル川クルーズ、フリータイムにルクソール…

  3. 果実店の横で腰をかける警備員

    エジプト

    カラフルで異国情緒満点!アスワンのスーク通りをぶらぶら散歩

    カイロ行きの夜行列車に乗るまでの4時間、ア…

  4. エジプト

    コスパ抜群!エジプト観光にナイル川クルーズがおすすめな理由

    エジプト旅行では「ナイル川クルーズ」に絶対行く…

  5. スフィンクスの横顔
  6. ラムセス3世神殿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 明通寺の国宝2つ

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第19番 明通寺 “ふたつの国宝建築を擁する鎮魂の寺”
  2. ドラフトビール

    ヨルダン

    冷たい生ビールが飲める!ペトラ観光後におすすめの洞窟バー【The Cave Ba…
  3. ミャンマー

    【インレー湖】風情満点!ロング・ウッデン・ブリッジ&ボートで水上集落めぐり
  4. 羊の頭スタイル

    釜山(韓国)

    釜山のチムジルバン6選!アクセス&特徴まとめ
  5. 白水阿弥陀堂の赤い橋

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第67番 白水阿弥陀堂 “山間に隠れる極楽浄土”
PAGE TOP