エジプト

5時間でも足りない!?ひとりで歩くギザの3大ピラミッド&スフィンクス

 

メン巨大なカフラー王のピラミッド

ピラミッドも壮大だけれど、ピラミッドを擁する”ピラミッドエリア”だってだって広大。めぐるのはとても体力が必要。

この記事では、ピラミッドエリアの見どころと、おすすめルートをご紹介

そして、たっぷり5時間観光したけれど、それでもあっというまでした。ピラミッドエリアは、たっぷり時間をとって観光することをお勧めします。

広大な敷地を迷わず楽しむ!これから行く方の予習にどうぞ。

ピラミッドエリアを効率よく観光したい。ゲートはどっち?

ルート策定が重要

2つの入り口、どちら良いか?
ギザのピラミッドエリアにはゲートが2つ。

どちらから入場するかで、ちょっと違います。

1)スフィンクスゲート

THEピラミッドの景観をまっさきに拝みたいならば、スフィンクスゲート。スフィンクスゲートから入場しよう。

スフィンクスをとおりすぎ、カフラー王のピラミッドの参道をのぼってギザの3大ピラミッドへ進むコース。

こちらのルートが王道です。

スフィンクスとカフラー王のピラミッドとラクダ

2)クフ王側ゲート

体力勝負のピラミッド観光、体が楽なのはクフ王ゲート

クフ王ゲートの道路

ピラミッドエリアは、

敷 地:2,000㎡ 
高低差:40m

敷地内は、高低差があるのです。
スフィンクスゲートから開始すると、坂道である参道をのぼってピラミッドをまわることになります。

スフィンクスとカフラー王のピラミッドとラクダ

少しでも楽をしたいならば、クフ王側から入場して、スフィンクスへ向かって下っていくルートが楽なのでオススメ。

クフ王側ゲートから入場

コムギはクフ王側ゲートから入場しました。たまたま乗ったバスの停車場所から近かったため。

▼カイロ市街からバスでのアクセスはこちら

チケット購入&トイレ@クフ王側ゲート

ゲートすぐそばに券売所とトイレがあります。

クフ王側ゲートの切符売り場

チケット購入

■ピラミッド・エリア入場料
EGP 600(約 4,050円)

ピラミッドのチケット

ちなみに,

カフラー王ピラミッド:別途チケット購入必要
EGP 100(約 700円)

チケット売り場でしか販売していません。ピラミッドからチケット売り場までは気軽に戻れる距離でもない。忘れずに買っておくこと!

メンカウラー王ピラミッド:現在非公開(2019年12月時点)

チケット販売料金案内板

トイレは必ず済ませておく

ピラミッド・エリア内部には「太陽の船博物館」以外にトイレは見つけられなかった。必ず済ませておくこと。個室数は多かったですが、並びました。

ピラミッド・エリアを歩く

さあ、4,000年の歴史を誇るピラミッド・エリアへ。もう見えちゃっているけどね。だって、デカすぎるんだもの。

クフ王のピラミッド
The Pyramid of Khufu

ゲート入場する前から見えているクフ王のピラミッド。

スケールの大きさに驚く

クフ王のピラミッドは、エリア内の3つのピラミッドのうち最大の大きさ。

クフ王のピラミッドと観光客

壮大であることは当然に知っていたけれど、実物を見ると本当に圧倒される。どうやって建築したのか?のは、21世紀の現代でも解明されないまま。

クフ王のピラミッド北側

この石ひとつひとつ、とんでもなく重そうだもの。

クフ王のピラミッドの石段

この石を頂上まで積み上げるなんて。ものすごい技術と過酷な労働のなせるもの?「宇宙人による建造説」が流布するのも、うなずける。

ピラミッドの石段

混雑度ナンバーワン

観光客と商売人でごった返す。

クフ王のピラミッド前の観光客

登頂禁止

現在は登頂禁止。登ろうとする観光客が警官に怒られていた。

クフ王のピラミッドと観光客

あぶないですよ!

登るの禁止の立て札

のぼりたくなる気持ちはわからないでもないけれどね。

しつこい売人にご注意

ラクダと写真とらない?
これ買わない?

ラクダ

エジプト商人は、わりとしつこい。後ろに並んでいた男性は、根負けしてなんかの写真を購入していた。毅然と断れない方はカモにされますよ!

変身!ターバンスタイル

巻いていたストールを、いきなり奪われた。すぐさま、グルグルと巻きなおしてくれる。「こう巻くんだよ!」

チップを要求されたけれど、断る。押し売りには、屈しない。

クフ王のピラミッドと太陽と私

このストールは、前年のヨルダン旅行で入手したもの。軽くて気に入っている。日本では使う機会はないけれど、旅では役立つのですよね。これからも中東旅の御用達にしよう。

夜は光のショー開催

ピラミッド前に置かれているどでかい照明設備。夜に開催される「音と光のショー」向けの機材。

ピラミッドの照明機材

ショーは有料ですが、近くのホテルに宿泊すれば、バルコニーからしょーが見えるらしい。

光のショー系には、これまでさんざんガッカリさせられてきたコムギは、今回はパスした。

クフ王のピラミッド内部へ

ピラミッドの中に入れます。

人数制限は撤廃か?

古い情報では、ピラミッドに入るのは先着順と聞いていた。時間外にどうしても入りたいときは、入り口の係員にワイロを渡せば良いとも!?

2019年12月の訪問時にはそんな入場制限はなく、共通チケットは普通に購入できたし、20分ほど並んで無事に入場できました。

クフ王のピラミッド玄室へ並ぶ人々

20分程度並んだのち入場

内部へ入るまでは20分かかりました。入場してわかりましたが、これは上層への回廊が一部せまいところがあり、一方通行の譲り合いが必要な箇所があったため。

サンタクロースのような巨漢男性は、狭い通路を登るのに苦労していた。「煙突から出たいけれどお腹がひっかかっているサンタさん」の姿を連想しちゃった。

ピラミッド内部は写真撮影不可

遊園地もびっくりの、神秘的な空間。なんだか冒険している気分。ピラミッドの内部にいることにドキドキしちゃう。写真を撮れなくて残念なかぎり。

ゴールは王の玄室

最上部は、王の玄室、棺が置かれていたところ。わずかな光が差し込んでいた。いったい、どういう仕組みなのだ。

カフラー王のピラミッドへ

クフ王のピラミッドから出てきたら、次はお隣のピラミッド、カフラー王のピラミッドを目指す。見えているけれど、遠いんです。

カフラー王のピラミッドと石碑

遠近感覚がおかしくなる。

カフラー王のピラミッド

歩けどもあるけども、たどりつかない。

ふりかえると、さきほどのクフ王のピラミッド。

メン巨大なカフラー王のピラミッド

遠くから離れてみると、直線具合に驚かされる。

クフ王のピラミッドと太陽

なんだんだこれ!

カフラー王のピラミッド
The Pyramid of Kharfe

頂上に、三角帽子のような化粧石がのこっているのがカフラー王のピラミッド。

メン巨大なカフラー王のピラミッド

玄室への入場はチケット必要

スフィンクスとカフラー王のピラミッド玄室入り口

ピラミッド入り口ではチケット購入できません。チケット売り場に戻るように言われます。ここから20分以上、また歩くのはヤダ。。賄賂を渡せば入れるって聞いていたけれど、それは昔の話のよう。

カフラー王のピラミッド

玄室には入場できないため、外観を眺めるのみ。

ピラミッドエリア内の中心部にあるためか、どこからみても一番絵になるのがカフラー王のピラミッド。

ラクダにも乗れます。

ラクダ

車・馬車・徒歩で移動可能

つづいて、絶景ポイントの「ピラミッドパノラマポイント」をめざす。

馬車と道路

車道があるため、観光客のほとんどが馬車や車で移動。歩く人はほとんどいなかった。ほぼみんな馬車に乗っていた。

馬車に乗る観光客

乗っていないから運賃は不明。楽しそう!

でも、コムギは歩きます。時間を短縮する必要はないもんね。
徒歩ルート上に「メンカウラー王のピラミッド」もあります。

徒歩ルート、絶景をひとりじめ

ピラミッド・エリア観光でいちばん感激したのは、この徒歩ルートを歩くこと。

ピラミッドと道路

歩けどもあるけども、ピラミッドは近づかないし、遠ざからない。ほんとうに巨大なのだわ。

ピラミッドと太陽と道路

時間と体力に余裕がなるならば、歩くことをオススメ

メンカウラー王のピラミッドの道を進む家族

車が通らない道につき、誰ともすれ違わないことも。絶景独り占めできちゃう。

観光客でごったがえす、クフ王のピラミッド周辺などより、もっともピラミッドらしい姿を拝めます。

青空の下のピラミッド

広大な敷地にわたし一人!
わたしとピラミッド!

大冒険している気分に浸れます。

メンカウラー王のピラミッド
The Pyramid of Menkaura

徒歩ルート沿いにたたずむ、メンカウラー王のピラミッド。

クフ王、カフラー王のピラミッドと較べると、断然小さいサイズ。

メンカウラー王のピラミッド

メンカウラー王:入場不可

内部にも入れず。

崩壊しかけ!?見どころは、特になく。

観光客はほとんどいなかった。

崩れたピラミッドの岩

現存する衛星ピラミッド

そんな地味な存在のメンカウラー王のピラミッド。特筆すべきは、衛星ピラミッドが綺麗に3つ現存していること。

メンカウラー王のピラミッドと衛星ピラミッド

西に見えるはリビア砂漠

メンカウラー王のピラミッド、この西側すぐよりリビア砂漠がスタート。

ピラミッドを歩く4匹のラクダ

なんでも、このピラミッド・エリアはかつて河川が流れていて、その河川を境に砂漠エリアと市街地に分かれていたのだそう。

黒い犬を発見。野犬なのでしょうか。

ピラミッド・パノラマポイント

ここは、「一直線に並ぶ3つのピラミッド」を拝めるスポット。よく見かけるアノ写真が撮影できます。

3つのピラミッドが一直線に並ぶ

観光客が集まる

自動車移動組の観光客で大にぎわい。

馬車

 

道路を歩く観光客

観光客めあての行商人でも、おおにぎわい。

ピラミッドパノラマポイントの出店

ラクダに乗れます

観光客目当てでラクダ商売が盛ん。

ピラミッドでいちばん多頭のラクダが待機。

ラクダとピラミッド

ラクダは、とってもダルそう。

くつろぐラクダたち

これぞエジプト!な写真はここで撮ろう。

ふたたび徒歩ルート

帰り道も、ふたたび徒歩ルートで。

青空の下のピラミッド

はるばる日本からやってきてよかった!
素晴らしい時間。

真っ直ぐ続く道路

太陽の船博物館
Solar Boat Museum

ピラミッドの姿を拝むだけでおなかいっぱいですが、せっかくならば博物館も立ち寄ろう。トイレも備えております。

太陽の船博物館の外観

共通券で入場可能

ピラミッド共通入場券で入場可能です。

トイレあります

トイレはあるけれど、数は少なかった。並んだ。

靴カバー必須

入館時には靴カバー必須。う、動きにくい。

靴カバー

復活した世界最古の木造船

メインは、復元した巨大な木造船。世界最古ですって。

太陽の船

壮大なジグソーバズル

この木造船は、バラバラのパーツで保管されていたものを復元したもの。釘は使用されていないのだとか。部品の数は1,224個。壮大なジグソーパズルですね。

太陽の船

使用用途が謎

巨大な木造船の使用用途は不明だとか。

・実際に使用していた
・葬儀のときに遺骸を曳くため
・宗教的な意味:死後にファラオの魂がラー神の元へ旅立つための乗り物として

 いずれにしても、巨大だな。なんでも巨大だ。

外観も独特なデザイン。ピラミッドの横にあっても違和感がないってことは、素晴らしいデザインってことなのか。

太陽の船博物館の外観

道路を下る

3大ピラミッドはめぐった。次はスフィンクスのある東側へ。こちらからは下り道。

ピラミッドエリア内の道路

スフィンクスが見える。ギザの街も見える。

スフィンクスの横姿

パノラマポイント

スフィンクスとカフラー王のピラミッドが見えるパノラマポイントへ。

スフィンクスとカフラー王のピラミッド

日が暮れかけてきたからか、空が曇ってきた。青空の下で写真を撮りたかったなあ。

スフィンクス
The Great Sphinx

カフラー王の河岸神殿を通り抜けたら、そこに鎮座するは大地の父・スフィンクス。人間の頭にライオンの体をもつ聖獣です。

スフィンクス

とにかく巨大。
でも思ったより地味なお顔立ち。

スフィンクスの顔

崩れちゃっているからかな。

スフィンクスの顔

スフィンクスの横顔

観光客でごった返していた。

スフィンクスと観光客

カフラー王のピラミッドの参道

これでピラミッドエリアの観光は終わったのだけれど、とりこぼしたことがある。それは、カフラー王の参道。クフ王ゲートからきたコムギは、参道をのぼっていないのです。

なので、登ることにした。
めっちゃ疲れているのですが、ここまできたんだもの、経験尽くさなくっちゃ。

スフィンクスとカフラー王のピラミッドの参道

この参道、緩やかに坂道が続いてカフラー王のピラミッドへたどりつく。
ラクダも座り込む。

スフィンクスとカフラー王のピラミッドとラクダ

ふたたび、カフラー王のピラミッド

疲れた。
それに、なんだか天気が悪くなってきた。

カフラー王のピラミッド

カフラー王のピラミッドはチケットがないから玄室にも入れない。

スフィンクスとカフラー王のピラミッド玄室入り口

ふたたび、自動車道からスフィンクスゲートへ向かって下る。

馬車

ギザの街並みが見える。
ギュウギュウに建てられた街だな。

馬車とギザの街

停車する馬車で渋滞中。

馬車

それはスフィンクス目あてだった。
スフィンクスの後ろ姿。この比率だと、超小顔ですね。胴体の作りの雑さ。。

スフィンクスの後ろ姿

これにてピラミッドエリア観光はおしまい。くたくたながらも満足感でいっぱい。

スフィンクスゲート

さようならピラミッド。そのまえにトイレを済ませておこう。旅の鉄則は、トイレは見かけたらいっておけ!

トイレありました

スフィンクスゲートのそばに、有料トイレがあります。トイレ用の小銭の準備をしておこう。

有料トイレの受付

お金を数える女性

スフィンクスが見つめる、あの店へ

スフィンクスの視線の先にある場所」は、スフィンクスゲートを出たところすぐのケンタッキー、という夢のないエピソードでご存知のビル。

ケンタッキーは満席だったので、上の階のピザハットで食事。
お店は混雑していたけれど、なんとか座れた。ひとり旅の良いところ。

ドミノピザ

スフィンクスと目線は合わないけれど、ピラミッドは見える。窓が汚いのが残念。

ドミノピザからみるピラミッド

これ、日本だったら、前面ガラス張りのおしゃれなカフェとかになるんだろうな。

おしまい

ピラミッド観光、とっても疲れた。

とにかく敷地は広い!歩く!観光ポイントも離れているので、時間と体力が必要。鍛えておこう。

帰りもカイロ市街まで、徒歩+バスで移動しました。楽しかったよ。

▼ピラミッドからカイロ市街への移動はこちら

おしまい。

エジプト 9泊10日の旅程はこちら
ナイル川クルーズ!
 

エジプトでビールを飲みたい
カイロへは鉄道移動がおすすめ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




スフィンクスの横顔100円で行くギザの3大ピラミッド&スフィンクス!バス&徒歩で行ってきた前のページ

“建築王”ラメセス2世の不朽の名作!アブ・シンベル神殿次のページ4つのラメセス2世の巨像

ピックアップ記事

  1. ビールも買った!ナイル川クルーズ船から降りてルクソール街歩き
  2. 弾丸アテネ観光!たった1日でも遺跡×グルメをたっぷり満喫。旅のスケジュール公開
  3. 【百寺巡礼】第16番 瑞泉寺 “井波彫刻で装飾された美しい堂宇”
  4. ここだけは外せない!エルサレム旧市街の観光スポット7選
  5. ハルビン観光で絶対行くべき!松花江に沈む夕日の絶景スポット

関連記事

  1. 木棺
  2. 馬車と御者
  3. ルクソールの街を通る車

    エジプト

    ビールも買った!ナイル川クルーズ船から降りてルクソール街歩き

    ナイル川クルーズ、フリータイムにルクソール…

  4. エジプト

    コスパ抜群!エジプト観光にナイル川クルーズがおすすめな理由

    エジプト旅行では「ナイル川クルーズ」に絶対行く…

  5. ブッフェのシェフ

    エジプト

    予想以上に豪華!ナイル川クルーズのブッフェの内容と食事の注意点

    エジプト、ナイル川クルーズ!個人手配で行っ…

  6. チップ

    エジプト

    相場はいくら?ナイル川クルーズで実際に支払ったチップ6場面

    旅に出ると悩ましいチップ問題。エジプトには…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 香港

    香港へ行ったら一度は食べておきたい!香港代表スイーツ5選
  2. ネパール国旗を持つ陽気なおじさん

    ネパール

    3連休で行く弾丸カトマンズ!現地滞在たったの1.5日でもこれだけ楽しめる!
  3. BBQラム

    アルメニア

    アルメニア料理を食べるならばココ!エレヴァンのおすすめレストラン
  4. ペトラビール

    ヨルダン

    ビールを愛する旅人必読。ビールへの情熱と覚悟が試されるヨルダンのビール事情
  5. 毛利家墓所

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第76番 東光寺 “圧巻!五百以上の石灯篭が並ぶ毛利家墓…
PAGE TOP