エジプト

チップとは似て非なる「バクシーシ」って何?

 


エジプト紙幣と硬貨

バクシーシってなに?
バクシーシとは、喜捨のこと。

大いに満喫したエジプト旅行ですが、ネックになったのはバクシーシの概念に根ざす文化の壁

個人的には、とてもイライラさせされることが多かった。

エジプト旅では、

● チップ文化あり
● バクシーシ(喜捨)を理解する

そういうものだと心得ておこう。
この記事では、エジプトでのバクシーシとチップについてまとめました。

チップとバクシーシの違い

チップ=サービスの対価
バクシーシ=喜捨

チップはサービスの対価

チップは「感謝の気持ち」「サービスの対価」などを金銭で表現するもの。

  • 良いサービスを受けたら渡す
  • 感動したら、チップを弾むことで表現

逆をいえば、

  • 払う価値もない!ひどいと思ったら、まったく払わなくてもOK。

エジプト硬貨

バクシーシ=喜捨

ですが、ここエジプトでのチップの取り扱いは、ちょっとそれとは違うかも。それは「バクシーシ」という「喜捨」の概念のせい。

バクシーシ(喜捨)
イスラームの教え。
持てるものが持てないものに当然に援助する教え。

文字通り「喜んで捨てる」ことであり、捨てる側にももらう側にも理由がない。「当然」だから

エジプトでの、
チップとバクシーシのあいまいなところが、観光客をイライラさせるのです!

バクシーシにイライラさせられる

堂々と要求してくる
それにイライラ

もらって当然、そんな考えから、受け取る側の立場から積極的に求めてくることも恥と思っていないみたい。そのため、

●理由がなくても「バクシーシ!」とお金を要求してくる

面食らうこともあったし、

ナイル川クルーズでは、

●ひどいサービスでも堂々とチップを要求してくる
●渡しても感謝の気持ちが感じられないこともある

いままで数カ国のイスラム国を旅してきましたが、エジプトほどバクシーシ問題で腹が立った旅先はないかも。

ガイドによるチップの催促

クルーズ船パックについている専用車でいく現地ツアー。
毎日の観光が終わるタイミングで、ガイドとドライバーそれぞれにチップを渡していました。

アブ・シンベル神殿オプショナルツアー専用車

車を降りる前に「君はドライバーと俺にチップを払わなければならないんだからな」と要求。

知ってるもん!

事前に堂々と言われると、面食らってしまった。
そもそも、あなたのサービス次第でしょ?
なんで当然に貰える気でいるのよ?

小銭の両替をしたら怒鳴られた

チップ用の小銭を両替したいから商店によって欲しいとリクエストしたら、ガイドに怒鳴られる。

そんな小銭、俺は許さない!!
最低でもXXEGPだ!

チップと言ってもトイレチップだったんですけどね。トイレ用と言わなかった私が悪いわけ?

チップがすべて、あなたに支払われるものだなんて、傲慢ね。

エジプト紙幣と硬貨

それにしても、すごい剣幕にびっくりした。

有料トイレの受付

トイレはチップ必要

ドライブインの有料トイレ

ドライブインの有料トイレ

サービスの押し売りに注意

観光地には、バクシーシ狙いでの押し売りが横行しています。とくにピラミッドではひどかったかな。

  • 写真撮ってあげるよ!
  • 案内してあげるよ!
  • 荷物を運んであげるよ
  • ターバンを巻いてあげるよ

これはみんな、バクシーシ狙いです。断れないタイプの方こそ、警戒を!

クフ王のピラミッドと観光客

理由がなく求められる

小さな子供たちに「バクシーシ!」と寄ってこられる。とりあえず観光客をみたら叫んでおけ、とでも思ってるんだと思う。

ファルーカに乗っていると、手漕ぎボートで観光客にバクシーシを要求する子供。

手漕ぎボートでナイル川を渡る少年たち

小銭の用意をしておく

バスでお釣りがでないのも、バクシーシの文化だからなの?

バスのレシート

ぴかぴか新型バスで電光掲示板もついているのに、お金は現金払いでお釣りはナシだった。正規ルールは知らんけど。

対策:とにかく小銭を切らさず持ち歩く

 微々たる額かもしれませんが、ぼったくられたと思うと気分が萎えるもんね。

エジプト硬貨

エジプト旅でもチップ必要

日本で生まれて育つと当然苦手の「チップ文化」。

観光地においては、エジプトはチップ必要です。チップ必要な旅先というだけで、疲れますよね。は〜あ

エジプト紙幣と硬貨

チップ渡し忘れの心配ご無用、なぜならば・・

チップを渡し忘れた!

感じの良いサービサーの方にたいして失礼なことをしてしまったと後悔することもある。チップ文化のない日本人でも、ここエジプトではそんな心配ご無用。

チップを渡し忘れても、
忘れていなくても、
渡そうとするまえに向こうから金銭を要求されるから!

クルーズ船でもチップは必要

ナイル川クルーズに乗船。
ツアーも込みの快適なツアーでしたが、いろいろな場面でチップが必要だった。

面倒臭いから、すべて込みにしてくれればいいのに。

チップって、ちゃんと納税しているのかな?

▼ナイル川クルーズでのチップまとめ

 

バクシーシを理解して、ストレスフリーな旅を

イスラムの国を訪れたことは何度もあるし、バクシーシのことを理解しているつもりだった。ですが、

エジプト観光業に携わる人々のチップ/バクシーシへのスタンスは、日本文化育ちの人間にとっては、どうしても不快に感じざるをえなかった。

そういう文化なんだよね。

理解しておけば気持ちが楽になれるはず。

事前に心得て、あなたの旅がストレスフリーでありますように!
エジプトは素晴らしい国なんですよ。

おしまい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




馬車と御者ナイル川クルーズ(3)ホルス神殿&コム・オンボ神殿前のページ

ナイル川クルーズ(2)”王家の谷” 偉大なるファラオが永遠の眠りにつく地次のページ朝焼けに浮かぶルクソールの熱気球

ピックアップ記事

  1. かもめ食堂のロケ地を完コピ!ヘルシンキ名所めぐり
  2. 郷に入らば郷に従え?ウズベキスタンではワイロはチップと思おう
  3. 旅の荷造りを楽ちんに!旅アイテム収納はジップロックが最強
  4. 【百寺巡礼】第64番 黒石寺 “蘇民祭の舞台となる東北の古刹”
  5. 【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “銀世界の金色堂”

関連記事

  1. ブッフェのシェフ

    エジプト

    予想以上に豪華!ナイル川クルーズのブッフェの内容と食事の注意点

    エジプト、ナイル川クルーズ!個人手配で行っ…

  2. アスワン鉄道駅のホーム
  3. ラムセス3世神殿
  4. トトメス3世立像

    エジプト

    照明に映えるファラオ像が圧巻!ルクソール博物館

    ナイル川クルーズのフリータイムに、ルクソー…

  5. スフィンクスの横顔
  6. キリストのイコン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. オリーブ山から眺めるイスラエル旧市街

    イスラエル・パレスチナ

    週末海外!3大宗教の聖地・エルサレムへ。旅の費用&スケジュールを公開します
  2. BBQラム

    アルメニア

    アルメニア料理を食べるならばココ!エレヴァンのおすすめレストラン
  3. バングラデシュ

    ダッカ市内も一望できるルーフトップレストラン【Bird’s Eye】…
  4. イシス神殿へ向かうボート

    エジプト

    ナイル川クルーズ(4)半日アスワン観光(切りかけのオベリスク、アスワン・ハイ・ダ…
  5. 北京(中国)

    ツアー団体客のいない穴場の万里の長城なら慕田峪長城がおすすめ!どっぷり歴史ロマン…
PAGE TOP