エジプト

ハーン・ハリーリでエジプトみやげ探し

 

スーフィーダンス タンヌーラの置き物


カイロ1day観光、午後は、

ハーン・ハリーリでおみやげ探し
ガーマ・アズハル

● エジプシャンパンケーキを食べる

カイロの半日観光記、ごらんください。

ハーン・ハリーリを目指す

午前中は、オールドカイロでコプト美術に触れてきた。

マリ・ギルギスの階段

カイロ1日観光・午前編はこちら

オールドカイロ(旧市街)

Mar Girgis駅

オールドカイロエリアの最寄り駅、Mar Girgis駅より出発。

Mar Girgis駅

切符は窓口販売。ハーン・ハリーリへ向かいます。

■メトロ
●Mar Girgis駅 → Bab El Shaariya駅
運賃:EGP 5(約34円)

女性専用車両あり

エジプトはイスラム教と多し。女性車両はスカーフの女性たちでいっぱい。

女性専用車内の乗客

車両にはモノ売りの男性が入ってきた。外国あるあるだわ。女性専用車なのに、良いのかしら。

Sadat駅で乗り換え

乗り換えること2回。
1回目の乗り換えはSadata駅。ホテルのある駅です。

女性専用車両前の乗客

これはコムギの優先順位による移動順であり、効率は悪かったのでおすすめできないルート。

並んで電車を待つ男性

Attaba駅で乗り換え

2回目の乗り換え。

Attaba駅構内

Bab El Shaariya駅

Bab El Shaariya駅

2回も乗り換えたけれど、ハーン・ハリーリは、さほど近くない。徒歩20分ほど。
ミニバスで行けばよかったのか?

Bab El Shaariya駅目の前

Bab El Shaariya付近の広場

バスターミナルがあった。

バス乗り場とバス

バスとエジプトのビル

路上で大量販売されているパン。

パン

生活感のある道。

エジプトの街

玉ねぎは赤いネットでまとめられている。

玉ねぎとバイク

一大観光地へ向かう道だけれど、日常を垣間見れます。

エジプトの街

ベランダから張り出して干される洗濯物。
香港を思い出しちゃう。

洗濯物を干すエジプトの街

食品店前をウロウロする野犬。

売店と犬

ミナレットがみえる。

カイロ市街

エジプトコーヒー

ヘンテコリンなカフェを見つける。コーヒーでも飲むとするか。

Cafe Lordの外観

Cafe Lord
Googleマップ

 

奇抜な内装の店内も気になるけれど、外のテラス席で。濃いコーヒー。

エジプトのコーヒー

トイレは屋上だった。トイレが重要視されていない設計。

階段

店内も派手で異国ムードたっぷり。
エジプトっぽいのかは、わからない。

Cafe Lordの店内

だんだん賑わってきた

歩いていると、だんだん賑わっていた。ハーン・ハリーリに近づいている。

ハーン・ハリーリの近く

路上の土産物店が増えてきた。
水タバコグッズ。

水タバコ

露店

良い雰囲気。

塔の見える路地と占い師

スルタン・カラウーンのマドラサ

奥に見えるミナレット。イスラム地区が近い。

塔の見える路地

塔の見える路地

カラフルなタワシ。
タワシが茶色でなければいけない理由は、ない。

カラフルなたわし

奥には2つのミナレットが見える。

塔の見える路地

どこを歩いてもなにかしらのミナレットが見える。

塔の見える路地

ハーン・ハリーリでエジプト土産さがし

ハーン・ハリーリの一角にたどりつく。

ハーン・ハリーリ
Khan el-Khaliili

ハーンハリーリ近くの通り

ハーン・ハリーリ
Khan el-Khaliili

かつて隊商宿だったところ。現在はカイロを代表するショッピングエリアになっている。

 

観光客向けの市場、ハーン・ハリーリ。観光客にとっては、楽しいに決まってる!

ハーン・ハリーリを歩く観光客

狭い道に大型観光バスが通る。

ハーン・ハリーリを通る観光バス

買わなくっても冷やかしに行こう。

お店も密集しているし、ゴチャゴチャした雰囲気が楽しい。お土産のバラエティにも富んでいる。

ハーンハリーリ近くの通り

路地は狭い。

ハーン・ハリーリ

ハーン・ハリーリでの買い物のコツ

USドルを持っていく
・値切る

・「たいていの商品は別の店でも買える」事実を知っておく

交渉を楽しんでくださいね!

USドルは、エジプトポンドよりも安く買えることがありました

。エジプトボンドが足りそうにない場合もUSドルは有効なので、旅先を問わずに持っていくべき通貨です。

ハーン・ハリーリを歩く人々

ハーン・ハリーリで出会ったもの

タンヌーラの置き物

やっぱり買えばよかった。エジプトの旋舞「タンヌーラ」。スーフィーダンスをする置物。丸ごと欲しい。

スーフィーダンス タンヌーラの置き物

”ファティマの手”モチーフのティーセット

ティーセットのカップはジョッキタイプ。

ファティマの手モチーフのティーセット

指輪

ずらりと並んだ指輪。

並んだ指輪

アラバスター製ピラミッドの置き物

エジプト土産の定番。

アラバスター製のピラミッドの置き物

ラクダの置き物

ラクダの置き物

エジプト土産

グラス

独特なデザインのグラス。ジョッキタイプ。

透明のグラス

ワンピース&クッションカバー

これってエジプトの民族衣装なの??

ランプ

ランプのお店がたくさんありました。

ハーン・ハリーリのランプのお店

カラフル!

あかりの灯されたランプ

しっとりしたデザインもあり。

エジプトのランプ

クッションカバー

かわいいクッションカバー

カーペット

このタイプのカーペットは、どこでも売っています。

エジプトの絨毯

ブルーの絨毯をお買い上げ。

持ち帰りましたが、自宅のインテリアから浮きまくっている。ピクニック用にするかな。

エジプト土産のの絨毯とクッションカバー

民族衣装

ペラッペラで、テカッテカの衣装。こんなの来ているエジプト人はいない。

エジプトの民族服のお土産

エジプト古代文字のテンプレート

簡単にエジプト古代文字がかけちゃうテンプレート。ちょっと欲しいけれど思いとどまる。

会社員のコムギには、使用するシチュエーションが想定できず。

エジプト古代文字のテンプレート

エジプトの古いレコード

エジプシャン・ミュージックのCDでも買おうかと思っていたけれど、CD以前のレコードだった。再生できない。

エジプトのレコード盤

ハーン・ハリーリの路地を元気に歩く猫たち。

ハーンハリーリにいた猫

商品の上でも構わず眠る猫。エジプト人は、怒らない。

クッションの上で眠る猫

カフェもある

買い物に疲れたら、カフェもあります。

ハーン・ハリーリの狭い通路にあるカフェ

狭い通路に無理やりあるカフェ。
でも、そのゴチャゴチャ感が楽しい。

ハーン・ハリーリの狭い通路

ハーン・ハリーリを歩く観光客

エル・フセイン広場

ハーン・ハリーリに隣接しているエル・フセイン広場。

エル・フセインホテル

カフェもレストランもあり、大賑わい。

賑わうエル・フセイン広場

どこのお店に入ろうかな。

賑わうエル・フセイン広場

エジプシャン・パンケーキを食べる

気軽に入れたこちらのお店。
エジプシャン・パンケーキ専門店。

エジプシャン・パンケーキを食べる人

疲れた。

Fatatry elhoseinのテーブル

Fatatry elhosein
Googleマップ

店前でパンケーキをつくる男性。

パンケーキを焼く男性

エジプシャンパンケーキきた。「Cream&Honey」にした。

日本ではやっているフワフワ厚めのパンケーキとは違い、薄い。ピザみたい。甘くないタイプもありましたよ。

エジプシャン・パンケーキ

Cream&Honey 40EGP(約270円)

クリームと蜂蜜がたっぷり。甘い。オリエンタルなカイロの町を歩いて疲れた体には、これくらい甘いのがちょうどよいかも。

特段、オススメはしません。普通のお菓子。

エジプシャン・パンケーキのあるテーブル

足元に猫。

椅子の下でうずくまる猫

ガーマ・アズハル

エル・フセイン広場から程近い、ガーマ・アズハルを目指す。

中央分離帯に阻まれる

行く手を阻むのが中央分離帯。

ガーマ・アズハルの外観と警備員

そこに見えているに、直線距離わずか20mってところなのに。

のちに知ったこと:
エル・フセイン広場からガーマ・アズハルへは地下道でアクセス可能

 えー!!
無駄歩きすること、15分ほど。

夕日に照らされる建物

日が暮れてきちゃった。
急がなきゃ。

売店。

エジプトの売店

オープンカフェ。

路上カフェ

待ち合わせかな?

道路で待つ女性

中央分離帯むこうのガーマ・アズハル。
美しい。

ガーマ・アズハル

とうもろこしの屋台。
焼きとうもろこしも販売されていたよ。

とうもろこし屋台

ひどい渋滞だ。

渋滞中のカイロ市内

ガーマ・アズハル
Al-Azhar Mosque

ようやくたどりついたガーマ・アズハル。

ガーマ・アズハルと柵

 

ガーマ・アズハルの外観

 

ガーマ・アズハルの入り口

女性はスカーフ必着

神聖なモスク。イスラム教の戒律に従い、女性はスカーフ着用し肌を隠します。

スカーフは無料で貸し出してもらえました。心ばかりの寄付をする。

美しい中庭

白い大理石が美しい。広い。

ガーマ・アズハルの中庭

ガーマ・アズハルの中庭

これまでに見たモスクのなかでも、とくに美しい。
ナンバーワンかもしれない。

 

ガーマ・アズハルの中庭

美しい中庭。
白くてピカピカ。

ガーマ・アズハルの中庭

礼拝所は撮影不可

礼拝所は神聖なところなので写真撮影不可。

ガーマ・アズハルの礼拝所入り口

ゴロンと寝っ転がっているくつろいでいる人もいた。

名残惜しいな。

ガーマ・アズハルの中庭

タハリール広場へ移動

日が暮れてきた。宿泊先であるタハリール広場へ戻ります。

タクシーが捕まらない

もう歩きたくない。時間もない。タクシーで帰るぞ。

通勤時間帯なのかな。タクシーがまったく捕まらない。

道路

タクシーに乗るが交渉決裂

ようやく捕まえたタクシー。

メーターがあるのにメーターを使ってくれず。
料金を聞いても、かわされる。

エジプトのタクシー

ぼったくる気だ!
怒って下車しました。

注意:タクシーに乗る前にはメーターを確認

ふたたびタクシー探し。
進行方向に向かって歩きながら。

夜のカイロ市街

善良なタクシーを拾えた

次に捕まえたタクシーは、メーター制。ひと安心。タハリール広場付近のホテルまで。

タクシーから見たカイロの町

■タクシー
●アズハル広場 → タハリール広場
運賃:EGP 18.40(約124円)

切り上げて、20EGP支払。

タクシーはやっぱり楽ちんだ。料金も安いし、また乗ってしまいそう。

タクシーを降りる

ホテルのあるタハリール広場付近で下車。すっかり日が暮れた。

夜のタフリール広場付近

おしまい。

ハーン・ハリーリ観光のあとは・・・

夜には、ホテルに戻ったのち、

エジプト考古学博物館(夜間開館)

ものすごい大量のミイラと棺を鑑賞。

ライトアップされたエジプト考古学博物館

夜間営業は団体客もおらず空いていた。
”ナイトミュージアム”っぽさも楽しめるのでオススメ!

棺だらけのエジプト考古学博物館

エジプト考古学博物館の記事はこちら

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




4つのラメセス2世の巨像“建築王”ラメセス2世の不朽の名作!アブ・シンベル神殿前のページ

カイロを訪れたら絶対に見るべき古代エジプト美術の財宝【大エジプト博物館&エジプト考古学博物館】次のページツタンカーメンの黄金マスク

ピックアップ記事

  1. 自家製生ビール&絶品アワビご飯!大連のおすすめ海鮮レストラン【东海明珠…
  2. 週末海外!3泊4日でウルル登頂してきた(エアーズ・ロック)
  3. OLだって旅したい!2017年・海外旅行12回。会社を辞めずに働きながらでも弾丸…
  4. かもめ食堂のロケ地を完コピ!ヘルシンキ名所めぐり
  5. 【インレー湖】ニャウンシュエでのおすすめミャンマー料理のレストラン4選

関連記事

  1. メン巨大なカフラー王のピラミッド
  2. エジプト

    格安プランでもこのクオリティ!ナイル川クルーズの客室&設備

    ナイル川クルーズ、5日間6万円弱、ひとり部…

  3. イシス神殿へ向かうボート
  4. 4つのラメセス2世の巨像
  5. 果実店の横で腰をかける警備員

    エジプト

    カラフルで異国情緒満点!アスワンのスーク通りをぶらぶら散歩

    カイロ行きの夜行列車に乗るまでの4時間、ア…

  6. エジプト

    コスパ抜群!エジプト観光にナイル川クルーズがおすすめな理由

    エジプト旅行では「ナイル川クルーズ」に絶対行く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ウシュグリの馬の親子

    ジョージア

    旅人人気、上昇中!ジョージアってどんな国?
  2. メン巨大なカフラー王のピラミッド

    エジプト

    5時間でも足りない!?ひとりで歩くギザの3大ピラミッド&スフィンクス
  3. モノレールと釜山市内

    釜山(韓国)

    週末海外!2万円で行く釜山、弾丸旅のスケジュール(広安里&草梁イバグキ…
  4. 禅林街

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第69番 長勝寺 “禅林街の奥に端然と鎮まる津軽藩の菩提寺”
  5. 赤のライトアップのエル・ハズネ

    ヨルダン

    過度の期待は禁物!?ちょっとガッカリした”ペトラ・バイ・ナイト…
PAGE TOP