エジプト

カラフルで異国情緒満点!アスワンのスーク通りをぶらぶら散歩

 

カイロ行きの夜行列車に乗るまでの4時間、アスワンの町をぶらぶら歩き。

ピラミッド・古代遺跡群など超一級のスポットにおなかいっぱいのいま、のんびりとした異国のまちをブラブラするのが、新鮮です。

カイロのハーン・ハリーリと違って、観光客向けというよりは地元密着型のスークでは、エジプトでの生活を垣間見れて楽しいですよ。

カラフルなスークのお散歩日記、ぜひごらんください。

アスワンの街をぶらぶら歩く

12:50
アブ・シンベルから戻ってきた

アブ・シンベル神殿への観光を終えてアスワンの町に戻ってきたのは午後13時。

クルーズ船のロビー

夕方には、アスワンから鉄道でカイロへ移動。寝台列車の発車時刻は17時。その間、4時間、アスワン待ち歩きを楽しみます。

アスワン観光時間:4時間

荷物はクルーズ船のフロントに預けたまま。

13:00
クルーズ船を出発

身軽な装いで出発。

謎のオブジェ。

アスワン駅前のオブジェ

アスワン駅まで200mほどの短い道路脇には、商店が並ぶ。それにしても眩しい。

アスワンの商店

マハッタ広場

駅前の広場。現地のひとたちのくつろぎの場所みたい。

マハッタ広場

アスワン鉄道駅

クルーズ船停泊エリアから、2分もかからずアスワン鉄道駅到着。

夕方発の夜行列車でカイロへ帰る予定。下見は完了だ。

アスワン駅舎

駅前は渋滞していた。

車の渋滞

サアド・ザクルール通り
通称:スーク通り

アスワン駅を背にすぐ左手に(東側)、ゲートがみえる。ここからがサアド・ザクルール通り

別名、スーク通り。由来は、商店が並ぶから。そのまんま。

アスワン駅前の渋滞

そして、歩行者天国です。

スーク入り口

エジプト土産にカーペットを買いましたが、アスワンの街が一番安かった。エジプト土産を買うならばアスワンで。もちろん、価格交渉は忘れずに。

エジプト土産店

黄色い壁が可愛いな。

黄色い壁の建物

なぜか毛布をかけられたトラクター。寒いの?そんなわけないね。

毛布のかけられたトラクター

香辛料のお店

エキゾチックな街にくると必ず見かける香辛料のお店。

香辛料のお店

香辛料に紛れてフルーツも売っている。松ぼっくりみたいなものは何?

フルーツとナッツのお店

カラフル!
青いスパイスが気になる。買ってみればよかった。

カラフルなスパイス

旅行客に嬉しい、個包装タイプも。

香辛料の販売

大量の野菜とフルーツ

大量に獲れるのか、大量に売れるのか。どちらが理由だろう。

エジプトではフルーツと野菜は大量販売が基本。

麻ぶくろを担ぐ男性

移動販売も基本。

ライム販売ワゴン

なすび、にんじん、いんげん豆。
日本の食材と変わらない。

大量の野菜販売

カラフルな八百屋さんの横で休憩する警備員の方。

果実店の横で腰をかける警備員

焼きたてのパン

焼きたてのパン、お客さんは直接とっていく。合理的。

焼きあがったパン

パン屋で出会ったエジプトの少年。イエーイ。

ポーズを決めるエジプトの少年

積み上げれたパン。硬そう。

積み上げられたパン

道の真ん中で販売中

店を飛び越えて販売してもOKみたい。

バナナとフルーツ販売

プリントの癖が強め。カーペット。

道端での絨毯販売

クロックス風のサンダル。

クロックスもどきのサンダル販売

洋服屋さんも道のど真ん中に出店中。

道端の洋服店

カフェ

ちょっと休憩したいなあと思ったら、休憩を。オープンカフェがたくさんありますよ!

アスワンのオープンカフェ

ペプシ押しのお店。

アスワンのカフェ

軒先でお茶する男性たち。

アスワンのスークでお茶する男性たち

オープンカフェスタイル。

アスワンのスーク

エジプトのケーキ

エジプトのケーキ屋さんを見つけた。
ケーキを吟味中の少年。

アスワンのケーキ屋さん

ホールケーキは、こんなデザインだった。日本では見かけないデコレーションだ。

チョコレートケーキ

カーペット

エジプトではカーペットの需要が旺盛なのかな?ぐるぐる巻きのカーペットが販売されていた。観光客ではなく地元民向け。

絨毯販売店

魚屋

魚屋さん。

アスワンのオープンカフェ

オイル漬けされた魚販売されている。大きい。

油漬けされた魚

瓶詰タイプもあった。

オイル漬けの瓶販売

肉屋

外国あるある。肉屋では、しめた肉がぶらぶら吊るされている。

肉屋

スカーフ屋

お客さん?お店番?
お店の入り口で眠りこける男性。

スカーフやさんで居眠りする男性

いいお天気だもんな〜。

ドラッグストア

エジプトのドラッグストアは、大量かつ積み上げ販売が基本

アスワンの薬局

ギュウギュウに並べられる商品。

積まれた洗剤

積み上げられたフェイスパック。

欲しい商品が最上部になかったなら、そのときはジェンガみたいに慎重に抜かねばならない。

積み上げられたパック

ひ〜。
どんくさいコムギは、近づかないに限る!

ファー付きのサンダル

ファーがついたサンダル。

雪の降らないアフリカ大陸のエジプト。ファー商品の需要があったとは!

おしゃれゴコロは気候区分も超えちゃうのかもしれない。

ホワホワのサンダル

靴・洋服の修理やさん

生活に根ざしたスーク。修理やさんもありました。

靴下を買う女性

謎の軽石

エジプトの軽石。カラフル!

用途は、かかとの角質けずりで良いのでしょうか。違う使い方があるのかな?

積まれた軽石

タバコ販売

タバコ販売する売店

いろいろ売っているミニ商店形式のお店も。

日用雑貨のおみせ

土産物ショップもある

韓国客向けに、エジプト土産店もあります!

カゴ販売店

路地にはいれば、すぐ住宅街

商店でにぎわうスーク通り。すこし路地に入れば、そこには住居エリアも。

午後の歩行者天国

お邪魔にならないよう、しずかに散策してみよう。

アスワンの住宅街

アスワンの街は、シンプルなので迷うことはなさそう。

アスワンのスーク

エメラルドグリーンの門が見える。

アスワンのスーク

くぐる。

アスワンのスークの門

停車している。タクシーかな。

エジプトのタクシー

またまたグリーンの門。ここをくぐると、ナイル川沿いのコルニーシュ通りに出た。

カラフルな柄の壁

コルニーシュ通りを歩く

ナイル川沿いの一本道、コルニーシュ通りを歩く。銀行やホテルなどが並ぶ、アスワンのメインストリート。

コルニーシュ通り

幾何学的なデザインの建物。

コルニーシュ通りの建物

休憩スペースには屋根が付いている。エジプト版の東屋だね。

エジプト版の東屋

14:20
KFCで昼ごはん

地元の食堂が、ことごとくしまっている。きょうは休業日なの?

コルニーシュ通りの建物

不本意ながら、昼食はKFCで。せっかくエジプトに来てるのに〜。

アスワンのKFC

ああ、おなか空いた。
世界中どこで食べてもおいしいね、ケンタッキー。

旅先で食いっぱぐれてお世話になることが多いのが、マクドナルドよりもKFC。バングラデシュでもお世話になったなあ。

ケンタッキーフライドチキンと水

KFCをでて、ナイル川沿いを歩く。
奥に見えるのは、エレファンティネ島

ナイル川とクルーズ船とエレファンティネ島

クルーズ船が恋しいな。
クルーズ船に住んでもいい。

コルニーシュ通りの建物

馬も、ご飯中。

餌を食べる馬と馬車

15:30
カフェでコーヒー休憩

疲れた。アスワン駅前の通りにある、はやっていたカフェに入る。

アスワン駅前のカフェ

メニューが見当たらない。

コーヒーはいくらですか?
ウェイターに尋ねるも、「僕はわからないよ。オーナーに聞いてくれ!」

んなわけ、あるかい!
私が店長ならば、コーヒーの値段がわからないウェイターなんてクビだ、クビ!

さては、ぼったくってくる気だな?

エジプトコーヒー

コーヒーは10EGP(約67円)。

きっと、ぼられていると思う。でも、これくらいならば許容範囲かな。

男性たちは、シーシャ(水タバコ)を吸っていた。

エジプトのコーヒー

あー、疲れた!

カフェで飲むエジプトコーヒー

歩いてクルーズ船へもどる

そろそろ待ち合わせ時刻。カフェを後にする。

駅前に停まった白いバス。なんて飾り気のないデザインなの。

白い路線バス

ランニングする男性をみかけた。久しぶりに見かける。きっとクルーズ船の乗客だ。

スポーツするエジプト人は見かけたことがない。

ランニングする男性

16:00
クルーズ船にて荷物ピックアップ

よかったー。とくにトラブルもなくスーツケースをピックアップできました。

アスワンに停泊しているクルーズ船

16:10
送迎車でアスワン駅へ

船着場前にて送迎車がお出迎え。
歩ける距離だが送迎をお願いしたのでした。送迎はクルーズツアー料金込みですが、チップは必要。ありがとうね!

送迎車

16:11
アスワン駅

車だと1分もかからない。トランクにスーツケースを積んでいる時間のほうが長かったね。

アスワン鉄道駅

アスワンからカイロへ寝台列車で移動

アスワン駅より寝台列車でカイロへ移動です。わくわく。

アスワン鉄道駅のホーム

エジプト寝台列車は、他人との同室不可につき、完全個室。重いスーツケースの運搬からも開放されるし、とっても楽ちん。移動手段としておすすめ!

▼アスワンからのカイロへ鉄道で移動した体験記はこちらから

おしまい。

ナイル川クルーズ!
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




夜のエジプト考古学博物館エジプト考古学博物館へ訪れる前に知っておきたいこと前のページ

危険?ルールは?エジプト旅行の前に知っておくべき注意点まとめ次のページ木棺

ピックアップ記事

  1. 慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説
  2. これぞ女子旅。ルアンパバーンのカフェ・ショッピング・リラクゼーションをご紹介♪
  3. チップとは似て非なる「バクシーシ」って何?
  4. ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ
  5. 週末海外!会社を休まずに行くバンコク最旬インスタ映えスポットをめぐる旅

関連記事

  1. ツタンカーメンの黄金マスク
  2. スフィンクスの横顔
  3. エジプト

    コスパ抜群!エジプト観光にナイル川クルーズがおすすめな理由

    エジプト旅行では「ナイル川クルーズ」に絶対行く…

  4. ラムセス3世神殿
  5. トトメス3世立像

    エジプト

    照明に映えるファラオ像が圧巻!ルクソール博物館

    ナイル川クルーズのフリータイムに、ルクソー…

  6. キリストのイコン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 貝焼きの材料

    釜山(韓国)

    刺身、貝焼き、メウンタン!民楽刺身街で海鮮グルメざんまい
  2. お供え物

    インドネシア

    【バリ島・ウブド】週末弾丸で行く!ウブドでのんびり&世界遺産を2つ見学する欲張り…
  3. 目玉のおやじと一畑薬師の石段

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第74番 一畑薬師 “目玉おやじと目のお薬師様”
  4. エド・ディルの頭頂部

    ヨルダン

    ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  5. 松花江のサンセット

    ハルビン・成都(中国)

    ハルビン観光で絶対行くべき!松花江に沈む夕日の絶景スポット
PAGE TOP