オーストラリア

週末海外!3泊4日でウルル登頂してきた(エアーズ・ロック)

 

ウルルサンライズを眺める少年たち

週末海外!祝日のない6月、有給休暇を2日足してオリジナル4連休を作ってオーストラリアへ。

今回の旅での目的はこちら。

登頂禁止になるまえに、エアーズロック(以下ウルル)に登りたい!

3泊4日で行くウルル,オーストラリアの旅。スケジュールと費用を公開します。2019年10月26日から登頂禁止のウルル。今ならば滑り込みで間に合う!

目次
1.  週末海外!ウルル旅 スケジュールと費用
2.  週末海外で行くウルル(エアーズロック)、実際のプラン
3.  今なら間に合う!ウルル登頂

週末海外!ウルル旅
スケジュールと費用

スケジュール

前日夜:定時退社ご関空へ、夜便で出発
1日目:シドニーで乗り継ぎ、エアーズロックリゾートへ
2日目:ウルル登頂
3日目:カタ・ジュタ観光、ケアンズへ移動
4日目:ケアンズ半日観光、帰国

費用トータル: ¥125,649

航空券:¥117,907
宿泊費:¥7,742

< 詳細:航空券情報 >
往路:乗継1回 カンタス / ジェットスター
● 大阪(KIX) ー シドニー(SYD)
● シドニー(SYD) ー エアーズロック・コネラン空港(AYQ)
復路:乗継1回 カンタス・リンク / ジェットスター
● エアーズロック・コネラン空港(AYQ) ー ケアンズ(CNS)
● ケアンズ(CNS) ー 大阪(KIX)
< 宿泊費の内訳 >
1・2日目:OUTBACK PIONEER LODGE (エアーズロックリゾート)(2泊,¥5,819
3日目:Cairns Central YHA (ケアンズ)(1泊,¥1,923

週末海外で行くウルル(エアーズロック)、
実際のプラン

週末海外でどれだけ遊べるのか? 実際に行ってきた【ウルル、オーストラリア】への旅をご紹介。

前日の夜

リムジンバスで関空へ

定時退社後、バスで関空へ。

関空のターミナル1

関西空港のぼてぢゅうで食事

チェックインがスムーズにできたのと、あまり並んでいなかったのでついつい入店してしまうぼてぢゅう。太閤からあげと餃子セット。まあ、ふつう。

ぼてぢゅうで餃子とビール

生ビール(大)サイズ、ジョッキが変更になっていた。明らかに小さくなっている。以前のダイナミックさはなく、これが定価¥790なんて、定価ならば絶対頼まないわね。¥3,305分飲食、プライオリティパスで無料。

 

20:25
関空出発

はじめてのカンタス航空で。LCCではない飛行機って本当に楽ちん。お金払ってエコノミー内最前列を指定していたけれど、赤ちゃん連れ家族が利用したいとのことで、コムギは後ろに回ることを申し出た。赤ちゃんに罪はないけれど、やっぱり往路便では熟睡するのが最優先!

カンタス航空機内

21時過ぎているというのに、機内食がでた。さっき、ぼてぢゅうでたっぷり食べたはずなのに、ついつい食べちゃう貧乏性発動。メニューはお寿司もありましたが、スパークリングワインを選んだので合いそうなリングイニを。なんだか小洒落てる、カンタス航空!

スパークリングワイン カンタス航空の機内食のリングイネ

1日目

7:20
シドニー空港到着

シドニーは、日本から時差プラス1時間。オーストラリアって国内で時差があるのね。

入国審査はスムーズ。

シドニー空港のeパスポートセルフサービス

シドニーで国内線に乗り換えですが、まずは入国審査。「e-Passport self service」で事前に質問に答え、票をプリント。smartgateで入国できる。めちゃ簡単!

ターミナル移動
国際線(T1)→国内線(T2)へ

シドニー空港のターミナル移動はバスで。カンタス航空とバージン航空の場合は専用の乗り継ぎバスがあるのですが、その他の航空会社は専用バスはないので「T-Bus」を利用して移動。搭乗券があれば無料とのことだけれど、とくにチェックは受けなかった。

T-busでシドニーのターミナル移動

10分くらいで国内線ターミナル(T1)到着。

ラウンジ休憩(1)
Bistro 2020 & Bar

フライトまでは2時間!ラウンジその1で朝ごはん。

このラウンジはレストランタイプで、$36までの飲食料金が無料。ただし朝9時のため、モーニングメニュー限定ですって。オージービーフ食べたかったのにな。でもビールを含むアルコール類は朝から提供OK!

豪華な朝食とビール

最高の朝ごはん。

ラウンジ休憩(2)
MoVida

こちらもレストランタイプのラウンジ。同じく$36までの飲食料金がプライオリティパスならば無料。さっきの「Bistro 2020 & Bar」よりもバーらしさ満点。ここでもモーニングメニュー限定とのこと。さすがにそんなに食べれない。ここではビールだけ注文。

よく冷えたビール

10:40
シドニー出発

シドニーからエアーズロック・コネラン空港まではジェットスター。3時間半のフライト。ほぼ寝ていた。

ジェットスターの機体

13:30
エアーズロック・コネラン空港到着

着陸前、窓からカタ・ジュタが見えた。いいな、窓際の席。

窓から見えるカタ・ジュタ

エアーズロック・コネラン空港は小さい空港。

エアーズロック・コネラン空港

14:20
ホテルまでは無料送迎バス

空港の外には、ホテルの送迎車がずらっと並ぶ。飛行機の時間に合わせてバスが迎えにくる仕組みみたい。コムギの予約したホテル、OUTBACK PIONEER LODGEは一番奥のバス停。ダントツで格安のドミトリーだからかしら。

無料シャトルバスの入り口

14:40
ホテル到着

バスはホテル(ロッジ)の目の前に到着。

アウトバックパイオニアロッジの外観

15:00
チェックイン

今日のホテルは、女子20人相部屋のドミトリー。1泊$38(約2,800円)。エアーズロックリゾートの宿泊施設は、ここのドミトリー以外はバカ高いので選択肢はこちらしかなかった。それにしても3,000円以下で泊まれちゃうなんて、バックパッカーにはありがたいわ!

ドミトリーの二段ベッド

15:30
観光スタート

いよいよ、エアーズロック観光スタート。インフォメーションセンターで、3日間バス乗り放題の「Hop on & Hop off」チケット購入。

ホップオンホップバス

エアーズロック観光はツアーでまわるのがほとんどですが、ツアーが苦手でガイド不要ならば、割安でほぼツアーと同じことが楽しめる「Hop on & Hop off」で十分だと思う。

Hop on & Hop off
ウルル・サンセットに参加

この時間でまだ間に合うツアー「ウルル サンセット」にギリギリセーフで参加。

夕日に照らされて紅く燃えたようなウルル。美しい!

赤く燃えるウルル

夕食はセルフBBQでオージービーフを堪能

ロッジ併設のセルフBBQで夕食。ドラフトビールも飲める。

オージービーフ

シャワー浴びに行かなくちゃ、と思いながら寝落ちしてしまい1日目終了。

2日目

5:00 起床

昨晩寝落ちしてしまったので、急いで朝シャワー。朝はかなり冷える。

6:10
Hop on & Hop off

ウルル・サンライズに参加

ホテルへピックアップに来てくれる。ビュースポットへはバスで20分くらい。

お迎えに来たバス

昨晩のサンセットに比べたら、サンライズはちょっとインパクトに欠けるかな?

ウルルの朝焼け

7:30
ウルル登山口でバス下車

ウルル・サンライズではホテルまで戻りますが、それまでに希望のウルルの停車エリアで降りることも可能。コムギは大本命・ウルル登頂を果たすべく、登頂口で下車。

登山中止

でも強風のため登山禁止の看板が。えー、昨日の夕方は登っている人いたのに。ウルルは天候や宗教行事により登山の規制がかかるため、年間でも登頂可能な日は100〜150日程度らしい。まさか登れない?と不安に思うけれど、数時間後にリトライすることに決める。

ウルル・ベースウォーク(ひとりで)

ウルルの周りを一周する「ベースウォーク」を楽しむことに。午前にウルル登頂して午後はカタ・ジュタヘクつもりだったから、ベースウォークは本来するつもりじゃなかった。けれど、これがとってもよかった!これぞ”エアーズロック”!な景観を楽しめます。

ウルル遠景

10km、約3-4時間が目安とのことでしたが、実際は2時間半くらい。道は平坦で、体への負担は少なめ。

11:30
ウルル登頂スタート

ウルルを一周して戻ってきたら、蟻んこみたいに登頂する人々の姿が見える。

ウルル登山口

登頂禁止は解かれていた。さあ、大本命のウルル登頂スタート。

ウルルの鎖場

ろくに調べもせず現地入りしましたが、ウルル登頂はかなりハード。これまで、さほど危険な山を登ったことがないコムギにとって、人生で一番恐怖した登山となりました。

最大46度という傾斜を登る。命綱もネットもなく、滑落したら落ちるのみ。。鎖を手繰りながら登っていく。傾斜がきつくて呼吸も苦しいし、滑らないか不安だし、なにより高くて落ちそうでとっても怖い。

鎖場でしゃがみこむ人々

なんとかクリアしていよいよ頂点へ。火星みたいな異世界でした。火星いったことないけれど、きっとこんな感じじゃないかな。紅くてゴツゴツしていて、どこか無機質で。

火星のようなウルルの頂上

ウルル登頂は2019年10月26日以降禁止になる。この光景はもう肉眼で見ることはないのだろうな。がんばってはるばる、ここまでやってきてよかったなあ。とても雄大で美しい風景。絶景です!

ウルルの頂上

Hop on & Hop off
ウルル・サンセットに参加(2回目)

昨晩に続き、本日もウルル・サンセットに参加。だって夜ヒマなんだもの。2回目だけれどやっぱり感動するウルルのサンセット。

夕暮れ時のウルル

ちなみにツアー参加の場合は、スパークリングワインや軽食が振舞われる。なんて素敵なんだ!ケチらずにツアー参加にしておけばよかったかな。

ウルルのサンセットを待つ人々

カンガルー&クロコダイルをBBQ!

今晩もセルフBBQ!オーストラリアならではのふたつの肉の盛り合わせ。

カンガルーとクロコダイルの肉

カンガルーは赤身と脂のバランスが良くかみごたえがある。クロコダイルはムッチリした脂の乗ったササミのような食感。どちらも美味しかった。どちらも日本では食べる機会はなさそうだから、オーストラリアっぽい食事を楽しめて大満足。

3日目

6:10
Hop on & Hop off

カタジュラ・サンライズ&風の谷散策に参加

ウルル以外にも「カタジュラ」という巨岩群があります。サンライズ鑑賞つきのトレッキングを楽しむことに。

それにしても、早朝はかなり寒い。ダウン、フリースとモコモコ着込んでいてちょうど良いくらい。

朝焼けのカタ・ジュタ

美しいなあ。

サンライズ鑑賞を終えたらあ、カタ・ジュラ”風の谷”をトレッキング。バスは入り口まで送迎してくれるので、3時間のうちに各々好きなように歩きます。こういうの大好き!

カタ・ジュタの道

ウルルとはまた違う、ガチのトレッキング。ルート内に「岩登り」も。

風の谷の岩場

これ、トレッキングシューズじゃないと危険だよね。

ちなみに「風の谷」の名前はナウシカと関係ないそう。

カタ・ジュタのトレッキングコース

ハンバーガーランチ

カタ・ジュラからホテルへ戻ってランチ。BBQは夜のみ営業のため、ランチはハンバーガーに。

ハンバーガー

パイナップルが入っている。意外に美味しいぞ。パティもジューシー。オーストラリアは牛肉が美味しい。

無料バスで空港へ

ホテル前でピックアップ。

無料シャトルバス

バスで10分ほどでエアーズロック・コネラン空港へ到着。

エアーズロック・コネラン空港にはラウンジがない!

乗客はほぼ100%、エアーズロック・リゾートの宿泊客であろう。この小さな空港にはもちろん、プライオリティパスで利用できるラウンジはなかった。小さな売店もありました。

エアーズロック・コネラン空港

15:45
エアーズロック・コンラン空港を出発

カンタスLINKでケアンズへ。3時間の旅。

カンタスリンク

今回はチェックインの際に「ウルルを見たいから窓際の席にして」とお願いしたもの。ケアンズ行き便、進行方向左側窓側席(A列)で、バッチリ見えました。

窓から見えるカタ・ジュタ

ウルルが見えたのは離陸後のほんの一瞬。カタ・ジュラはバッチリ見えました。

機内で飲むビール

国内線のためか、ビールは有料。でも、飲む。

夕暮れどきの空はとっても綺麗。たまには窓際もいいもんだ。

機内からの風景

18:25
ケアンズ空港到着

乗り継ぎはケアンズで。明日の便で帰るので本日はケアンズに1泊。ケアンズは暑い!「南半球だからいまオーストラリアは真冬、12月かあ」と思い、厚着してきてしまった。ケアンズはほぼ常夏なのですね。みんな半袖半パンだ。

エアポートシャトルバスでホテルへ移動

ケアンズ市内へはエアポートシャトルバスで移動。ホテルの前まで運んでくれる。空港から市内まで20分ほど。明日の復路便もついでに予約。

ケアンズのエアポートシャトル

バスはさほど大きくないけれど、トランク専用のコンテナつき。

ホテル到着

どうせ寝るだけだし。今夜の宿はドミトリー。女性4人一室タイプで、日本円で1泊料金が約2,000円。ドミトリーは「ケアンズの海を満喫しにきた若者たちの集団」ばかりで、かなり騒がしい。ドミトリー内には小さなプールやブランコも。

ホテルのプール

夕食はオージービーフ祭

ケアンズの夜は早い。いくつか調べていたお店は閉店時間が迫っていた。でもどうしてもオージービーフが食べたい!せっかくドミトリーに泊まっているのだし、自分で焼くことにした。近くのスーパーで肉を買う。「足りなかったらイヤ」というデブ脳全開でたっぷり買いました。

Tボーンステーキとプライムリブステーキ

Tボーン、プライムリブ、ポーターハウスの3種類。こんなにガッツリなのにとても安い。オーストラリア最高!ちなみに焼くのがヘタクソすぎるあまり、本来のポテンシャルを引き出せず。

4日目

今日は日本へ帰国。午前中だけケアンズ観光。ケアンズって特に何もない。観光の起点の街なのかしら。

歩いて海側へ。道も広く、清潔なまち。

エスプラネード・スイミング・ラグーン

ケアンズの海側に無料で開放されているラグーンへ。ライフセーバーも待機している。

エスプラネード スイミング ラグーン

あれ、これでケアンズ観光は終了か??

最後にビール休憩

時間つぶしに朝ビール。ケアンズには朝から気軽に飲めるバーがたくさん。みなさま、テラス席でビールを楽しんでいる。いい街だな。

ドラフトビール

10:00
シャトルバスで空港へ

昨晩予約したエアポートシャトルバスが、ホテル前まで迎えにきてくれた。他のホテルを経由したので空港までは30分ほど。

エアポートシャトルバスの送迎

10:30
空港は長蛇の列

ケアンズから大阪への便は、日本人ばかりでジェットスターのチェックインは大渋滞。これいつまでかかるの?と不安になるも、ケアンズ空港は仕事が早かった。チェックイン、保安検査、イミグレーションあわせて30分で終了!こんなに並んでいるのに。オーストラリア素晴らしいわ。

ラウンジ
Reef Lounge

搭乗時刻まで1時間はラウンジで。軽食のラインナップが微妙で残念。ただビールは3種類もあったし広々として快適なラウンジ。

ケアンズのReef loungeの様子

オーストラリアって、ビールの種類が豊富だなあ。レッドエールがとても好み。

3本のオーストラリアビール

13:00
ケアンズ空港出発

ジェットスターってLCCじゃなかったっけ?座席にはモニターもついている。

ジェットスターの機内

軽食も出た。アルコールは有料だった。オーストラリアドルが余っているからとビールを注文したらカード決済のみだった。

19:00
関西国際空港到着

予定時刻より30分早く関空到着。ただいま日本!明日は会社。

関空のバス乗り場

週末海外でウルル(エアーズロック)へ!

週末海外で行くウルル。

2019年10月26日の登頂禁止までに、ウルルに登りたい。

夢を叶えることができた週末海外旅。

ウルルは登らなくてもとても雄大で魅力的な場所ですが、でも「これから未来永劫禁止」と言われるとどうしても行きたくなるのが人の性ですよね。

今なら間に合う!週末海外で【ウルル登頂】にトライしてみよう。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記
  2. カトマンズでショッピング!おすすめの可愛いネパール雑貨店&実際に買ったものを紹介…
  3. エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記
  4. ツアー団体客のいない穴場の万里の長城なら慕田峪長城がおすすめ!どっぷり歴史ロマン…
  5. 1日でたっぷり楽しむペトラ遺跡。攻略には時間配分&体力配分が重要!

関連記事

  1. ホップオンホップバス
  2. ウルルのサンセット

    オーストラリア

    荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動

    かつてエアーズロックと呼ばれていた、「地球のへ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 釜山(韓国)

    【チムジルパン】松島ペスピア(ソンドペスピア)はアクセスの良さと絶景が魅力!
  2. ホイアン(ベトナム)

    世界遺産・ホイアン旧市街に泊まろう!オリエンタルムード満点のホテル 【 Vinh…
  3. ロシア

    【黄金の環】中世のおとぎの国。 “古き良きロシア”の田園風景が広がるスーズダリ
  4. ムツヘタ行きのマルシュルートカ

    ジョージア

    マルシュルートカで行くムツヘタ!Didubeバスターミナル情報&乗り方まとめ
  5. PRIORITY PASSでぼてぢゅうが飲食¥3,400まで無料!

    空港ラウンジレビュー

    【ぼてぢゅう】朗報!プライオリティパスで、お好み焼き屋ぼてぢゅうで¥3,400分…
PAGE TOP