百寺巡礼

【百寺巡礼】第20番 神宮寺 “神と仏が共存する古代信仰の世界”

 

神宮寺の広い土地

神宮寺は・・・

日本古来の信仰と仏教が共存
お水送り神事

神宮寺の参拝は、

JR東小浜駅から電動自転車で移動
田園風景のサイクリングが爽快

あわせて観光するなら

鵜の瀬(1.8km)
第19番の明通寺(自転車25分)
若狭彦神社(若狭国一ノ宮)
豪徳寺
若狭湾観光(JR小浜駅より)

2020年9月の参拝記。
ご覧ください。

神宮寺について

■名称:霊応山神宮寺(れいおうざん じんぐうじ)
■宗派:
天台宗
■所在地:
福井県小浜市神宮寺30-4
■公式サイト:
若狭神宮寺(小浜市のサイト)

神宮寺はこんなお寺

日本古来の信仰と仏教が共存

ここ神宮寺は、神仏習合の寺のなかでも、とくに仏と神が共存している。

お水送り神事

奈良の東大寺二月堂の若狭井に香水を送る「お水送り神事」のお寺

神宮寺のお水送り神事

神宮寺の境内には、水取りの水を汲む「閼伽井戸」があります。

若狭神宮寺の閼伽井戸

五木寛之先生「百寺巡礼」

 

神宮寺 参拝前の観光

JR東小浜駅にて電動レンタサイクルを借りて移動。神宮寺のまえに、第19番の、棡山明通寺を参拝してきました。

第19番 明通寺

明通寺の三重塔

神宮寺の参拝記

訪問時期:2020年9月

■移動方法
明通寺より自転車で25分

明通寺から神宮時まで、自転車でぶっ飛ばします。気持ちの良い快晴。電動自転車で楽々。道路は広くて車も少ないので、安心してぶっ飛ばせます。視界に流れていく田畑の緑も明るい。

神宮寺に到着

大きい道路沿いからすぐ、仁王門(北門)があります。ここで自転車を停める。

若狭神宮寺の北門前の階段

仁王門(北門)

奥が開けているためか、唐突に門がある印象を受ける。奥に寺が、神域があるなんて思いもよらない。

若狭神宮寺の北門

神宮寺北門の仁王像

2体の仁王像が守る仁王門。

若狭神宮寺の北門の仁王像

仁王門をくぐって、北参道へ。

神宮寺北門から見える景色

北参道

仁王門からまっすぐ伸びる、200メートルほどの参道。まわりには何もありません。スカッとしている。

神宮寺北門から見える景色

この空き地は坊跡。この広大な敷地に、かつては伽藍や僧坊が並んでいたのだとか。大寺院であった名残を感じるところ。

神宮寺のまっすぐな北参道

200メートルの移動を経て、俗世から神聖な域へはいりこんだような感覚になりました。とても静か。

神宮寺への参道

僧坊

参道脇に僧坊がありました

神宮寺の本坊

若狭神宮寺の門

受付所

こちらで拝観料を納めます。御朱印帳も預けておく。参拝後に受け取ろう。

若狭神宮寺の参道と寺務所

境内の中心部はひらけていて、本堂などの堂宇は端にポツポツと。開けた空間が気持ちいい。

神宮寺の広い土地

ピクニックとかに最適な雰囲気ですが、ここは神聖な場所なのでした。

本堂

若狭神宮寺の本堂と庭

 

神宮寺の本堂では、神と仏が同居しています。

● 仏像と神号が並ぶ
● 仏壇と神棚が並ぶ

本堂には注連縄が張られている。そういえば寺号も「神宮」でした。

若狭神宮寺の本堂のしめ縄

寺なの?神社なの?

若狭神宮寺の本堂と庭

裏かみた本堂。

若狭神宮寺の本堂の裏

茶室

境内には茶室もありました。

若狭神宮寺の茶室

スダジイの巨木

地元で「トトロの木」と呼よばれる椎の巨木。この広がりは確かにトトロっぽい。

若狭神宮寺のスダジイの巨木

トトロの木は、根っこも、たくましい。推定樹齢500年だって。

若狭神宮寺のスダジイの根

苔でフカフカ

境内はフカフカの苔でいっぱい。

苔がたくさん生えていることを「苔むす」といいますが、「むす」から感じる湿度のようなものは、神宮寺を訪れたときには感じられなかった。季節柄でしょうか。

シットリでなく、フカフカ。フカフカの苔

ふかふかな苔

それにしても、神宮寺の涼やかな空気に、すっかり癒されます。

神宮寺の参道

稲荷社

赤い鳥居をくぐって稲荷者に参拝。

若狭神宮寺の稲荷社の赤鳥居

若狭神宮寺の稲荷社

閼伽井戸

稲荷社の近くにある小屋、このなかに閼伽井戸(あかいど)があります。

若狭神宮寺の閼伽井戸のある小屋

これは、お水送りの神事にて、水取りの水を汲む井戸

井戸の水は飲んでもOK

この聖なる水を、一般人でも飲むことができます。ありがたや。聖なる水は冷たくて美味しい。

若狭神宮寺の閼伽井戸

ちょうど空になったペットボトルにお水を入れて持ちかえる。のちに訪れる「鵜の瀬」で役立ちました。ぜひ持って帰ろう。

閼伽井戸で汲んだお水

お水送りとお水汲み

神宮寺の「お水送り」にて送ったご香水を、
東大寺二月堂の「お水取り」にて汲みあげる

奈良の東大寺二月堂の修ニ会(しゅにえ)でのお水汲みは知っていた。コネクションを持つ上司が、二月堂にて修ニ会を見学した話を聞いて、とても羨ましく思ったもの。

二月堂のお水汲みは、関西ローカルニュースで報道もされる、春の訪れを告げる神事。

そんな有名神事の「お水汲み」と、「お水送り」、繋がっていたなんて!自分の無知さが恥ずかしいな。

■神宮寺のお水送り
境内の閼伽井戸(あかいど)より、加持祈祷をして香水を汲みあげ、鵜の瀬より水底を通じて東大寺の若狭井(わかさのい)へ送る。

■水中洞窟”から水を送る
遠く離れている、福井県の神宮寺と奈良の東大寺。どうやって水を送るのか?

「鵜の瀬川のある水中洞窟より東大寺の若狭井へ通じてる」とい信仰にもとづき、鵜の瀬に香水を注ぐことで、二月堂にお水を送るのです。

■東大寺のお水取り
東大寺二月堂の若狭井(わかさのい)から香水を汲みあげる

お水汲みとお水送りは、繋がっていたのでした。神宮寺のお水送りは、東大寺二月堂のお水取りの10日前である3月2日に執り行われます。

開山堂

修繕中の開山堂

奥の院

奥の院(遠敷明神社 おにゅうみょうじんじゃ)

若狭神宮寺の奥の院

倒木

寺務所

参拝を終え、御朱印帳を受け取ります。

御朱印

神宮寺での参拝は終了。

鵜の瀬へ

これより、お水送り神事の地、鵜の瀬へ向かいます。

神宮寺~鵜の瀬:約1.8km

神宮寺から鵜の瀬へ標識

この道は、車道沿いをすすむ道だった。走りやすい。少し天気が曇ってきたかな?

遠敷川を通る。

遠敷川

お水送り地は、まだ先。この道は鯖街道でもある。「さばかいどう」の草文字。

さばかいどうの草文字

鵜の瀬に到着

鵜の瀬の鳥居

川辺に下りる階段の手前に、神域を表す注連縄が張られていた。

鵜の瀬の鳥居と石塔

社でお参りを。

鵜の瀬の神社

透明の水。

遠敷川の美しい水

ナンチャッテ ”お水送り”

ここで登場、さっき閼伽井戸で汲んだご神水。このために持ってきたのでした。ふっふっふ。

鵜の瀬で汲んだご神水

神事に倣い、閼伽井戸のご神水を鵜瀬に流す。いや、若狭井へ送るのです。神事では竹筒らしいですが、ペットボトルなのはご愛嬌。満足なり。

ご神水を鵜の瀬よりお水送り

鵜の瀬には給水所がありました。持ち帰りOKです。

鵜の瀬の給水所

神宮寺への参拝は、鵜の瀬も含めて訪れることをおすすめします。神宮寺の参拝は、鵜の瀬へ行って〆たほうが面白いと思うので、ぜひ立寄ろう。

神宮寺 参拝後の観光

神宮寺と鵜の瀬の参拝後、JR東小浜駅に戻るまで、電動自転車で参拝。駆け足だったのが残念。

明通寺から神宮寺への道

若狭彦神社

若狭国一宮。

若狭彦神社の巨木と門

豪徳寺

失礼を承知で申し上げますが、電車の時間が迫っているため10分しか参拝できないのですが拝観させていただけないでしょうか。

ご住職にお願いして拝観がかないました。素敵なお庭。時間があるときはご案内もしてもらえるのだとか。うう無念。

豪徳寺のお庭と屋根

JR東小浜駅へ戻る

無事に戻ってこれました。レンタサイクルを返却。

JR東小浜駅

JR小浜線

電車で1駅の小浜駅へ移動。

JR東小浜駅のホーム

JR小浜駅。ずいぶん栄えているように感じます。

JR小浜駅

寿司ランチ

若狭湾の地魚の寿司。こんな価格で良いのでしょうか。

小浜市のすし

すし五右衛門 ¥1,500

蘇洞門めぐり遊覧船

15:30の最終便に乗り込めた。晴れてきた。

蘇洞門めぐり遊覧船

持ち込んだビールで、1日の参拝を振り返りながら若狭湾クルージング。

蘇洞門めぐり遊覧船で飲むビール

蘇洞門めぐり遊覧船のデッキ

蘇洞門(そとも)めぐり遊覧船
割引券利用で¥1,800

小浜城址

城址そのものは、たんなる空き地に近い。

小浜城址から見下ろす街

城址までの道歩きが楽しかった。港町での生活ってどんなふうなのだろう。ニュータウン育ちのコムギは、港町や祭りのある町に憧れている。

小浜の漁港

刺身定食

大阪に戻る前に、もう一食。昼は寿司を食べたけれど、夜は刺身。被っても気にしません。だって刺身が好きなんだもの。

若狭の地魚の刺身定食

五右衛門 ¥1,400

バスの時刻まで,若狭湾を眺めながら過ごす。

若狭湾の夕焼け

小浜から大阪へ

帰路は、西日本JRバスと、JR在来線にて大阪へ戻る。

ガラガラの車内

日帰りとは思えないくらい、めいっぱい楽しめた。充実した日帰り参拝となりました。

おしまい。

参拝を終えて

神宮寺は、寺と日本古来の神が共存する世界だった。

神と仏が並ぶ本堂は他に見たことがないし、
注連縄が張られた境内は、ここが神域であることを意識させられる。

神仏習合のお寺は数あれど、神宮寺は「神と仏の同居」を強く感じた。分け隔てなく神と仏を信仰してきた、まるで、日本人ならではの心のうちを表したかのような世界でした。

五木寛之先生の「百寺巡礼」掲載箇所

神宮寺は、【第20番】。第二巻 北陸 に掲載されています。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




明通寺の国宝2つ【百寺巡礼】第19番 明通寺 “ふたつの国宝建築を擁する鎮魂の寺”前のページ

【百寺巡礼】第68番 慈恩寺 “みちのくで出会った京生まれの十二神将”次のページ慈恩寺の申神将

ピックアップ記事

  1. 週末海外!3連休で行くハルビン(哈爾濱)&成都パンダ基地 旅のスケジュ…
  2. アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?
  3. スマートに参拝したい!お寺めぐり必携アイテム5選
  4. かもめ食堂のロケ地を完コピ!ヘルシンキ名所めぐり
  5. これぞ女子旅。ルアンパバーンのカフェ・ショッピング・リラクゼーションをご紹介♪

関連記事

  1. 毛利家墓所
  2. 寺参拝時の持ち物5つ

    百寺巡礼

    スマートに参拝したい!お寺めぐり必携アイテム5選

    寺に参拝するときの持ち物って?スマートに参…

  3. 黒石寺蘇民祭のポスター
  4. 一直線に続く菩提梯

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第49番 久遠寺 “日蓮宗の総本山で涅槃への階段を上る”

    久遠寺は・・・○日蓮宗の総本山○日本屈指のパワースポッ…

  5. 白水阿弥陀堂の赤い橋

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第67番 白水阿弥陀堂 “山間に隠れる極楽浄土”

    白水阿弥陀堂は・・・○浄土庭園が美しい○阿弥陀堂は国宝…

  6. 那谷寺の奇岩遊仙境

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第13番 那谷寺 “奇岩遊仙境に自然智を見いだす”

    那谷寺は・・・○奇岩遊仙境の特異な景観がみどころ○那谷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ギリシャ

    表彰台に登ろう!第1回近代オリンピック会場”パナティナイコ・スタジアム”
  2. テイスティングセット

    ミャンマー

    ブドウ畑を背景に乾杯!ミャンマー初のワイナリー【エーターヤー・ヴィンヤード】
  3. ホイアン(ベトナム)

    めざせコンプリート!ホイアンに来たなら絶対に食べたい4大名物グルメ
  4. フィンランド

    フィンランドには森がある。ヌークシオ国立公園で豊かな自然を満喫しよう
  5. サマルカンド ワイナリー 試飲 テイスティング 10種 ワイン工場

    ウズベキスタン

    サマルカンドワイナリーでスウィートなワイン10種をテイスティング♪
PAGE TOP