百寺巡礼

【百寺巡礼】第49番 久遠寺 “日蓮宗の総本山で涅槃への階段を上る”

壁のような菩提梯

久遠寺は・・・

日蓮宗の総本山
日本屈指のパワースポット

参拝は、

壁みたいな287段の石段 “菩提梯”
大阪からのアクセスは大変”
奥之院へはケーブルカーで移動

なかなかにハードな参拝です。でもそのぶん、山間に現れる信仰の地は感慨深いもの。

2020年9月の参拝記。
弘前からの帰り道、東京経由にて参拝してきました。

久遠寺について
参拝前に知っておきたいこと

日蓮宗の総本山

鎌倉時代に日蓮聖人によって開かれたお寺。日本の13大宗教のひとつ、日蓮宗の総本山。山の奥深くにあるものの門前町もにぎわい参拝客も途絶えない。強い信仰が人を集めるのか。ここ身延山には、日蓮聖人のお墓もあります。

久遠寺の宗祖である日蓮

パワースポットっぷりが凄い

特別な空気感

整然としている堂宇。参拝客は多いのに凛とした静寂な空気が消えない。なぜなのだ!

久遠寺の境内

祖師堂から見た久遠寺境内

ダイヤモンド富士を拝めるへ

山頂からは年に2回富士山の中心から太陽が登る「ダイヤモンド富士」を観賞できる。

ダイヤモンド富士

山中湖のダイヤモンド富士

本物の富士山も拝める

奥之院へのロープウェイでは富士山も見える。訪問時は天気がすぐれず、富士山は見えなかった。

身延山ロープウェイからの景色

五木寛之先生「百寺巡礼」

久遠寺は、【第49番】。第五巻 関東・信州 に掲載されています。

 

久遠寺の参拝記

訪問時期:2020年9月

新宿から出発

コムギは大阪在住のOLです。久遠寺へは新宿から出発。

大阪←→久遠寺はアクセス難

久遠寺へは、大阪から直接行かずに東京経由で行くことにした。新宿から出発する京王バスだと、身延山まで直行便があるので楽ちん。ちなみに、青森県弘前市の旅からの帰り道でした。

バスタ新宿

■京王バス(高速バス)
バスタ新宿→身延山
片道¥2,900

総門

ここから久遠寺の聖域となる総門。バスで通り過ぎる。身延山バス停は聖域のなか。

身延山バス停到着

総門と三門のあいだの寺院参道の途中のロータリーにバスは停車。

身延山バスロータリー

スーツケースを預けるため、山門のほうへ参道をのぼります。

久遠寺の門前町

観光案内所

山門の前に観光案内所があります。無料のロッカーもあるので活用させていただく。

久遠寺の観光案内所

無料のロッカー

久遠寺の観光案内所横の無料ロッカー

案内所横に無料のコインロッカーがあります。コイン返却式。

リモワの大きいスーツケースも入りました。

久遠寺の観光案内所横の無料ロッカー

境内は広く、難関の「菩提梯」も待ち構えている久遠寺参拝。ここで荷物を預けておくことをおすすめ。

寺院参道

参拝前に、寺院参道へ戻ります。昼ごはんは鰻を食べるんだ。
参道にはみやげ物店や宿坊がならぶ。寺院参道独特の雰囲気が楽しい。

久遠寺の門前町 久遠寺の門前町

こんな山間いに賑わう参道は、それほど「お寺」へ参拝客が多いということ。

玉川楼でうな重

参道沿いの「玉川楼」にて昼食。鰻だ!

玉川楼の肉厚のうな重

久しぶりの鰻に舌鼓。参拝後だと食いっぱぐれそうだから、先に食べておかなくちゃ。

この予想は大当たり。当たったのでしょうか。鰻を食べていたため時間が押して、祖廟へのお参りができなかったもんな。

人気メニューの鶏の唐揚げも注文。

玉川楼の名物鳥の唐揚げ

参拝前なのでビールは自粛。これはマイルール。ちなみに神社参拝の前は気にせずに飲みます。

玉川楼の入り口

三門

久遠寺の山門は、ド迫力!参拝スタート。

荘厳な久遠寺の三門

三門は「三解脱門」のこと。
空、無想、無願を経て悟りに至るとされている

境内にはいると、まっすぐな参道がつづく。

久遠寺の参道と古木

久遠寺の参道と古木

287段の菩提梯

いきなり試練が訪れた。なんだ、この階段。壁やん!

壁のような菩提梯

287段のこの急傾斜の階段は、「菩提梯(ぼだいてい)」です。

菩提 = 悟りをひらくこと、その境地。涅槃(ねはん)
= はしご

よって、菩提梯は「涅槃への道」のこと。

久遠寺では、菩提梯をのぼることこそが「行」なのだとか。ならば、真剣にとりくまなくちゃダメですね。

一直線に続く菩提梯

長い石段をのぼって本堂へ行くお寺は、これまで幾つも登ってきましたが、こんな壁みたいな石段は、ちょっと他にない。
菩提梯は、コワイ要素がたくさん。

・長い(287段
・ほぼ一直線で圧迫感がある。壁を登ってるみたい
一段あたりの高低差がある。しんどい。
一段あたりの奥行きが狭い。足を踏み外しそうで不安

高低差のきつい菩提梯の石段

振り返ると、少し怖い。高所恐怖症でなくてもヘッピリ腰になっちゃう。

急峻で怖い菩提梯

手すりがあるので掴まろう。みんな掴まっています。

必死に菩提梯を登る人々

踊り場で休憩

287段の石段は7区画に区切られている。途中の踊り場で休憩をとりつつ進む。

上から見下ろす菩提梯

この7区画は、南無妙法蓮華経の文字数である7に因む。みんな休憩しています。怖いしキツイし、一度に登るのはかなり厳しい。

迂回ルートあり

そんな試練の石段「菩提梯」ですが、迂回ルートもありますのでご安心を。お年寄りや足が悪い方、高所恐怖症の方は、頑張らずに迂回ルートへ。

・男坂
・女坂
・斜行エレベーター(せいしん駐車場、無料)

女坂

久遠寺の女坂入り口

男坂

久遠寺の男坂

踊り場から、迂回ルートに逃げることもできました。よく考えられている。迂回せずに進む。

菩提梯で後ろを振り返る

振り返ると、やっぱり怖い。

階段を登りきると、そこはパワースポット

「涅槃への道」も終わりに近づいてきた。

菩提梯と奥に五重塔

頂上の五重塔が見えてる。嬉しい瞬間。

菩提梯と奥に五重塔

菩提梯の287段を上りきると、明るい本堂へ。ぱっと視界が開ける。まさに涅槃の境地だろうか。

久遠寺の五重塔と境内

あー、とにかく階段はきつかった。写真で見る以上にコワイです。

振り返ると、やっぱりコワイ。

菩提梯

五重塔

赤が美しい五重塔。

久遠寺の五重塔

本堂

まずは本堂へ参拝。

久遠寺の本堂

祖師堂

極彩色の彫刻がきれい。

久遠寺の祖師堂

報恩閣

こちらで御首題がいただけます。

久遠寺の御首題

日蓮宗総本山の御首題やいかに!?日蓮宗の御首題は、”ひげ文字”なる字がとてもカッコイイ。ましてや、ここは総本山の久遠寺。めっちゃ期待しておりました。

久遠寺の御首題

久遠寺のオリジナル御朱印帳

5色展開の御朱印帳。

久遠寺のオリジナル御朱印帳5色

コムギは明るい緑色を選択。
明るい緑色は珍しいのと、久遠寺の「樹齢400年のしだれ桜」のコントラストも映えるから。

久遠寺のオリジナル御朱印帳(御首題帳)

こちらは、これからは日蓮宗の参拝寺に記帳していただく専用の”御首題帳”にするつもり。「南無妙法蓮華経」の”ひげ文字”が並ぶと壮観だろうな。

奥之院思親閣参道

奥之院へは、久遠寺の裏手にある身延山ロープウェイでアクセス可能。

身延山ロープウェイ入口

奥の院へ参拝するのにロープウェイに乗るのは初めてだわ!

乗車するのは、ほぼ全員参拝客と思われる。それで設備を維持できるということは、それだけ久遠寺へ訪れる参拝客が多いのだろう。

身延山ロープウェイ乗り場

身延山ロープウェイ

料金は往復で¥1,500。高い。景色も素晴らしいので、はじめの久遠寺参拝のときは、ぜひ。天気が良いと富士山も見えるらしい。歩くと片道2時間半かかるそう。

身延山ロープウェイの中

■身延山ロープウェイ
山麓・久遠寺駅 ←→ 山頂・奥之院駅
片道約7分間 往復¥1,500
全長は1,665m

ここから見る景色は絶景!天気が良いと富士山も見えるんですって。この日はあいにくの曇天。

身延山ロープウェイから見る景色

奥之院思親閣

ロープウェイで到着した先は、奥之院思親閣(おくのいんしぼかく)。他宗派からの迫害を受けて地元に戻ることが出来ない日蓮上人が、安房(千葉県)の両親を偲んだ場所。

久遠寺奥之院思親閣参道の階段とのぼり

日蓮聖人御手植杉

参道には、日蓮上人が植えたという立派な杉の木が現在でも在りました。

日蓮上人お手植杉

奥之院にも参拝客が絶えない。みなさん¥1,500払っているのか。

奥之院思親閣の境内

奥之院の御朱印

奥之院でもダッシュで御朱印を頂く。

奥之院思親閣の御首題

ここからの景色を見て、日蓮聖人は父母と生まれ故郷をしのんだのでしょうか。

奥之院思親閣より眺める景色

帰りのロープウェイから眺める。良い景色だな。

身延山ロープウェイからの景色

久遠寺のその他みどころ

時間切れや季節の問題のため、メインであるはずなのに巡ることの出来なかったスポット。身延山には見所がいっぱい。

祖廟

日蓮聖人のお墓と、住んだ草庵の跡地。

祖廟

樹齢400年以上のしだれ桜

名物の桜は咲いていない。久遠寺に訪れたのは秋だから当然か。

久遠寺から大阪へ移動

バスの出発時刻が迫っている。急がなくちゃ。

菩提梯も、駆けおりる!のは無理なので、こわごわと急いでおります。

下りは体は楽だけれども、恐怖度は増す。

久遠寺の石段「菩提梯」

土産店を冷やかす余裕もない。急いでバス停へ向かいます。鰻を食べていたせいだな。

久遠寺の門前町

今回の戻るルート

新幹線を使わないルートで帰ります。ポイントは、途中のタクシー移動です。

■久遠寺→大阪へのルート
・山交バス(身延山〜JR身延駅)
・JR身延線(身延駅~静岡駅)
・タクシー(静岡駅~東名静岡バス停)
・高速バスで(東名静岡~大阪駅)

身延山バス停

路線バス、山梨交通バスにてJR身延駅へ向かいます。

身延山バスのりば

■山梨交通バス
身延山(門前町)〜JR身延駅

JR身延駅

静岡まではJR身延線。

JR身延駅

JR身延駅プラットフォーム

■JR身延線
身延駅〜静岡駅

田舎を走る。対面シートをゆっくり利用可能。

JR身延線の車窓

静岡駅

大阪までは高速バス。静岡駅には高速バスの停留所がなく、少し離れた東名静岡バス停まで行かなくてはならない。路線バスだと渋滞が怖いので、タクシー利用。静岡〜大阪間の高速バスが安いので、結果的には、お安く移動できるからOK。

JR静岡駅

■タクシー
静岡駅〜東名静岡〔高速バス停留所〕

東名静岡(高速バス停)

早めに着いたけれど、バスが遅延していて待つはめに。これなら路線バスでも余裕だったかな?でもいいの、安心を買えたから。

東名静岡の高速バス停

■JR関東バス(グラン昼特急15号)
東名静岡〜大阪

大阪駅到着

JR大阪駅に到着。明日は仕事。無事に帰れて良かったな。

おしまい。

参拝を終えて

日蓮宗総本山の風格十分、久遠寺。

久遠寺は、信者含め参拝者が途絶えない理由が肌で分かる、特別な空気感を醸し出す場所でした。この地でさらに「ダイヤモンド富士」まで拝めちゃうとは、どれだけパワースポット要素を兼ね備えているのか。

287段の「菩提梯」はハードな行ではありますが、涅槃への道だと思えば頑張れる?!

大阪からははるか遠い山梨県の久遠寺。訪れる価値のあるお寺です。

久遠寺の基本情報

■名称:身延山久遠寺(みのぶさん くおんじ)
■宗派:
宗派
■所在地:山梨県南巨摩郡身延町身延3567
■公式サイト:身延山久遠寺オフィシャルサイト

五木寛之先生「百寺巡礼」

久遠寺は、【第49番】。第五巻 関東・信州 に掲載されています。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




菅笠(すげがさ)【百寺巡礼】第94番 霊山寺 “四国八十八遍路はじまりの寺”前のページ

【百寺巡礼】第73番 清水寺 “赤と紺のノボリがはためく厄払いの寺”次のページ安来清水寺に林立するのぼり

ピックアップ記事

  1. 生ビールが激安!ビール天国・ミャンマービール事情
  2. 軍艦島を撮影するベスポジ座席はどこ?軍艦島ツアーの疑問&アンサー
  3. 【百寺巡礼】第19番 明通寺 “ふたつの国宝建築を擁する鎮魂の寺”
  4. 釜山駅から歩ける!アートと眺望が楽しめる散策路、草梁イバグキル
  5. 自力で行く。PRADAファクトリーアウトレット【SPACE】

関連記事

  1. 大山寺の不動明王
  2. 目玉のおやじと一畑薬師の石段

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第74番 一畑薬師 “目玉おやじと目のお薬師様”

    一畑薬師は・・・○目のお薬師様○目玉おやじが出没○…

  3. 寺参拝時の持ち物5つ

    百寺巡礼

    スマートに参拝したい!お寺めぐり必携アイテム5選

    寺に参拝するときの持ち物って?スマートに参…

  4. 雪の中尊寺金色堂

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “銀世界の金色堂”

    中尊寺は・・・○奥州藤原氏が築いた極楽浄土○金ピカの金…

  5. 白水阿弥陀堂の赤い橋

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第67番 白水阿弥陀堂 “山間に隠れる極楽浄土”

    白水阿弥陀堂は・・・○浄土庭園が美しい○阿弥陀堂は国宝…

  6. 極楽浜と風車

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第70番 恐山 “天国と地獄!死者の霊が帰る場所”

    恐山は・・・○日本三大霊場のひとつ○天国と地獄○境…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ホップオンホップバス

    オーストラリア

    ツアーより格安で自由!ウルルのシャトルバス「Uluru Hop On Hop O…
  2. バングラデシュ

    旅人度100%!船がひしめくショドルガット&旧市街オールドダッカ散策がおすすめ
  3. 蓮如上人像

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第18番 吉崎御坊 “蓮如上人の造りあげた幻の宗教都市”
  4. イスラエルのビールタップ

    イスラエル・パレスチナ

    ビール好きの聖地巡礼!?イスラエル産クラフトビールを飲むなら【Sira Bar】…
  5. 赤い矢 レッドアロー ロシア

    ロシア

    豪華寝台特急レッド・アロー“赤い矢”号で行く!サンクトペテルブルクからモスクワま…
PAGE TOP