百寺巡礼

【百寺巡礼】第72番 大山寺 “神仏習合の面影を残す修験道の聖地”

 

大山寺の不動明王

大山寺は・・・

霊峰・大山にの中腹に建つ
修験道の聖地
神仏習合の面影を残す

大山寺の参拝は、

JR米子駅から直行バスがラク
大神山神社奥宮も一緒に参拝
ついでに大山登山も可能

2020年9月の参拝記。参拝したのは大雨の朝。修験道の聖地にふさわしい?冷たい雨に打たれ、体力的に厳しい参拝となりました。ご覧ください。

大山寺について

■名称:角磐山大山寺(かくばんざん だいせんじ)
■宗派:
天台宗
■所在地:
鳥取県西伯郡大山町大山9
■公式サイト:
天台宗別格本山 角磬山 大山寺 公式サイト

大山寺はこんなお寺

霊峰・大山にの中腹に建つ

偉大な神のおわす山、大神岳(おおかみのたけ)

大山はかつて、大神山と呼ばれ、伯耆地方の霊峰として信仰されていた。
「大山寺縁起絵巻」では、鎌倉時代の大山の信仰をみることができる。

大山寺縁起絵巻

神仏習合の面影を残す

大山寺の奥にある「大神山神社奥宮」。大山寺と一体として信仰されていた。明治時代の神仏分離を経てもなお、かつての神仏習合の面影が色濃く残っている。

きつね キツネ

五木寛之先生「百寺巡礼」

大山寺は、【第72番】。第八巻 山陰・山陽に掲載されています。

 

大山寺の参拝記

訪問時期:2020年9月

今回の移動ルート:
■日交バス 大山・本宮線
 JR米子駅から大山寺バス停(終点)下車
乗車時間:54分、1日5往復のみ。

米子駅からスタート

JR米子駅

天気は悪い。でも山上で晴れているってこともあるかも、と都合よく考えて出発。

大山寺行きのバス

運転手さんには「大山に登るの?今日はきっと1日雨だよ」と諌められる。

大山寺バス停到着

バスの終点です。米子駅前より雨は強くなっている。あれれ。

大山寺参拝後は「夏山登山口コース」を歩くつもりでしたが、この時点で無理だと悟る。

大山ナショナルパークセンター前

大山寺参道

バス停のロータリーより大山寺参道口までは、ゆっくり登って10分程度。

朝の大山参道 大山参道

足湯

大山火の神岳温泉足湯。

大山火の神岳温泉足湯

登山の可能性があり、登山靴でやってきたコムギ。靴を脱ぐのが面倒で足湯はパス。

上り坂。喫茶店や食事処、日帰り入浴施設などポツポツありました。天候と季節が良ければ賑わっているのだろう。

御幸大山寺参道

山門

大山寺の山門前の石畳

白が鮮やかな山門。

大山寺の山門

仁王像もいてた。

大山寺の山門の仁王像

手水鉢

大山寺の手水鉢

下山観音堂

こちらが寺務所を兼ねているよう。

大山寺の下山観音堂

時刻は、8:45。まだ開いていなかった。さきに参拝させていただきます。

大山寺の護摩堂

護摩堂もまだ開いていなかった。

雨漏りを受けるバケツ。

雨漏りを受けるバケツ

階段をのぼって本堂のある境内へ。

大山寺の石碑

鐘楼

志納金を納め、鐘をつくことができる。ゴーン。

大山寺の鐘楼

大山寺の鐘楼

本堂

本堂もまだ開帳していなかった。

扉を閉ざした大山寺の本堂

ウロウロしているあいだに、御開帳。

大山寺の本堂

なで仏

本堂の賽銭箱横に、なで仏ことびんずる様がいてた。赤い。ナデナデ。

大山寺の本堂

本堂の奥には、お隣の大神山神社奥宮への近道があります。

大神山神社奥宮の看板

下山観音堂ふたたび

参拝おえると、ふたたび下山観音堂へ。拝観料を納め、御朱印をいただきます

大山寺の下山観音堂

拝観料:300円(霊宝閣入場料込)

こちらでは、観音様が祀られている。

大山寺の下山観音堂

御朱印

御朱印もこちらでいただけます。

阿弥陀堂はあきらめる

阿弥陀堂は現在、閉鎖していることを聞く。阿弥陀堂はここ下山観音堂から徒歩20分。

外観だけでも見に行こうかと悩んだけれど、雨も強いし、諦めた。

護摩堂

護摩堂も開帳していました。

大山寺の石段

霊宝閣(宝物館)

山門をでて、大山参道沿いに霊宝閣があります。

霊宝閣の入口と鐘

大山寺の拝観料に含まれます。火災から免れた寺宝がある。

霊宝閣の入場券

大山寺の霊宝閣

不動明王坐像

ガラスケースにもはいっていないため、間近で見ることができます。

大山寺の不動明王

大山寺の参拝は、阿弥陀堂をのぞき終了。さて、いまは大山寺ではないですが、隣の大神山神社奥宮へ。

大神山神社奥宮について

明治の神仏分離までは、大山寺の本殿権現社だった大神山神社奥宮。

現在は、遠くの米子市尾高にある大神山神社の「奥宮」となっている。無茶苦茶だ。奥宮は大山寺と関係が深いため、大山寺参拝の括りでお参りです。

大神山神社奥宮の3つの日本一

ここ大神山神社奥宮には3つの日本一がある。

1.  参道が国内最長700m
2. 権現造の社殿は日本最大級
3. 日本最大級の白檀塗り

鳥居

大山寺の山門に上る階段左手に、大神山神社奥宮への参道入口がある。鳥居が目印。

神山神社奥宮入口

国内最長700mの参道

鳥居から奥宮までの参道は、なんと700m。国内最長。自然石が敷き詰められている。

大神山神社奥宮の石参道

雨で滑りやすくなっているので気をつけながら。

大神山神社奥宮の石畳

手水舎

ご神水だって。

大神山神社奥宮の手水者舎 大神山神社奥宮の御神水

吉持地蔵(よしもちじぞう)

自然石に刻まれたお地蔵様。参道脇にあります。

大神山神社奥宮の吉持地蔵

自然石に刻まれた文字。

大神山神社奥宮の吉持地蔵

素朴な表情のお地蔵さん。

大神山神社奥宮の吉持地蔵のお顔

神門(後向き門)

大神山神社奥宮の神門

神門は、もと大山寺本坊の西楽院の表門を移築したもの。神仏習合時代の面影が残る門。

大神山神社奥宮の神門

神門から奥宮まで最後の石段を登る。

大神山神社奥宮の石段

修築のようで石が積み上げられていた。

大神山神社奥宮の石段

石には番号が振られている復元作業のための番号でしょうか。丁寧な作業をされているのだな。

修復作業中の吊られた石

本殿

階段を登りきったら、ようやく大神山神社奥宮へ到着。荘厳な雰囲気が漂う本殿。

大神山神社奥宮

本殿内部

内部の柱等の金色は「日本最大級の白檀塗り」。

白檀塗とは:
銀箔を貼った上に生漆を塗ってその化学変化により金色を出す技法

下山神社

下山善神を祀る社。こちらが境内の再奥。

下山神社

ふたたび参道をくだります。神門を通過。

大神山神社奥宮の石段

賽の河原

参道を外れて佐陀川のほとりへ。賽の河原があります。

大神山神社奥宮の賽の河原入口と看板

大神山神社奥宮の賽の河原

小児が死んでから苦を受ける賽の河原。ここでも石が積み上げられていた。

大神山神社奥宮の賽の河原に積み上げられた石

川の両岸には水子を助ける地蔵菩薩が安置されているとのことですが、

この像がお地蔵様かな。
座っているから違うかな。

大神山神社奥宮の賽の河原の地蔵菩薩

ふたたび石参道へ戻ります。これにて参拝終了。

モンベルのビール

モンベル・フレンドマーケット 大山参道市場には、モンベルのビールがありました。

モンベルの大山コラボビール

割高なので買わなかった。わたし、堅実。

大山参道のモンベル

バス停まで大山参道をくだる。雨は強くなるばかり。

御幸大山寺参道

御幸大山寺参道ぞいのお地蔵様

大山を下山

バスでJR米子駅へ。

路線バス車内

雨にうたれて爆睡。

大山寺 参拝後の観光

すし弁慶で回転ずし

米子の回転ずし店はレベルが高いと聞いて。米子駅から住宅街を歩き、国道沿いの「すし弁慶」へ。

お寿司

心ゆくまで寿司を食す。

宇和海の鯖すし

たくさん食べても、会計金額はしれている!

連子鯛のお寿司

足立美術館

雨につき大山登山を中止したので、ぽっかり開いたスケジュール。安来駅の足立美術館へ。

足立美術館の庭園

清水寺へ参拝

安来駅からレンタサイクルで、第73番札所の清水寺へ参拝。

安来清水寺の三重塔

急な予定変更だったにもかかわらず、充実した1日になったかな。

おしまい

参拝を終えて

大雨の参拝は、なかなか過酷。お寺巡りは天候に左右されない趣味だと思うけれど、冷たい雨に体力を奪われ、やっぱり少ししんどかった。

ここ大山寺は修験道のお寺。雨の参拝も「行」なのだと思って踏ん張れました。

セットで大山登山を検討していましたが、参拝には体力が必要です。心してご準備ください。

五木寛之先生の「百寺巡礼」掲載箇所

大山寺は、【第72番】。第八巻 山陰・山陽に掲載されています。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




本妙寺の加藤清正公銅像【百寺巡礼】第97番 本妙寺 “熊本を見わたす加藤清正公の菩提寺”前のページ

【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “銀世界の金色堂”次のページ雪の中尊寺金色堂

ピックアップ記事

  1. 【百寺巡礼】第76番 東光寺 “圧巻!五百以上の石灯篭が並ぶ毛利家墓…
  2. バリ島の2つの世界遺産を巡る!ウブドから参加可能なおすすめ現地ツアー
  3. 週末海外!3泊4日で行くミャンマー。ウォーターワールド・インレー湖&仏塔の森・カ…
  4. 豪華寝台特急レッド・アロー“赤い矢”号で行く!サンクトペテルブルクからモスクワま…
  5. OLだって旅したい!2017年・海外旅行12回。会社を辞めずに働きながらでも弾丸…

関連記事

  1. 那谷寺の奇岩遊仙境

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第13番 那谷寺 “奇岩遊仙境に自然智を見いだす”

    那谷寺は・・・○奇岩遊仙境の特異な景観がみどころ○那谷…

  2. 国宝投入堂
  3. 明通寺の国宝2つ
  4. 雪の中尊寺金色堂

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “銀世界の金色堂”

    中尊寺は・・・○奥州藤原氏が築いた極楽浄土○金ピカの金…

  5. 神宮寺の広い土地

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第20番 神宮寺 “神と仏が共存する古代信仰の世界”

    神宮寺は・・・○日本古来の信仰と仏教が共存…

  6. 菅笠(すげがさ)

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第94番 霊山寺 “四国八十八遍路はじまりの寺”

    霊山寺は・・・○四国八十八遍路の第一番札所参拝は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. PRADA SPACEの入り口

    イタリア

    自力で行く。PRADAファクトリーアウトレット【SPACE】
  2. バングラデシュ

    ダッカ市内も一望できるルーフトップレストラン【Bird’s Eye】…
  3. PRIORITY PASSでぼてぢゅうが飲食¥3,400まで無料!

    空港ラウンジレビュー

    【ぼてぢゅう】朗報!プライオリティパスで、お好み焼き屋ぼてぢゅうで¥3,400分…
  4. ウルルのサンセット

    オーストラリア

    荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
  5. 赤のライトアップのエル・ハズネ

    ヨルダン

    過度の期待は禁物!?ちょっとガッカリした”ペトラ・バイ・ナイト…
PAGE TOP