ギリシャ

女子ひとり旅【サントリーニ島】夕暮れどきのイアは大混雑、ゆっくり歩きたいならば午前に行こう

 


イアの街並み

サントリーニ島のどのエリアも白×ブルーですが、ここイアは他と比べて洗練されているイメージ。

とくに白の分量が多くて、とてもロマンティックであり、青いドームがメルヘンティックでもあり、散策しているだけでとても楽しいエリア。そしてここイアは夕日の名所でもあります。ゆったりした時間が流れていたのに、夕暮れ時には観光客の大群が押し寄せて、とても驚いた。

そんなイアの街歩きのマトメ。

イアへはフィラバスターミナルから約30分

イアへはフィラからバスで向かいました。

フィラバスターミナルからバスに乗る

フィラバスターミナルに停車しているバス

フィラ〜イア(イア行き)
約20分に1本、片道1.8ユーロ
乗車時間:約30分

フィラバスターミナルのトイレは有料!0.5ユーロ

フィラバスターミナルのトイレ

約30分だしトイレを済ませておく。ここ、フィラバスターミナルのトイレは有料でした。まあ、あるだけありがたいか。

フィラからイアまでは約30分。

午後のバスは満席、コムギは立つことに

バスの車内

トイレに寄っていたら満席になってしまっていた。立つことになった。

でもこれも、次のバスに振られるよりありがたい!

フィラ – イアの車窓を眺めるのも楽しい

ここサントリーニは断崖絶壁の上のほうに街があるので、イアまでのバスから見下ろす景観が素晴らしかった。

車窓から見えるエーゲ海

道路からすぐ、断崖になっている。。落ちませんように。

30分だけれど全然飽きない。

イアのバスターミナルは終点

イアのバスターミナル

ほとんど全員がイアまでの乗客でした。それに終点でもあるので、寝てしまっても大丈夫。

イアのレストラン【Melitini】

なんとなく歩いていたところ、近くのレストランが人気のよう。前客に釣られて入店。

トリップアドバイザー1位

サントリーニ 女ひとり旅 イア おすすめのレストラン Melitini 外観

Melitini
Epar.Od. Firon-Ias, Oia 84702, Greece


【Melitini】は、トリップアドバイザーのイアのレストランで、ランキング1位だった!
どうりで人がどんどん入っていくわけだわ。

イアでは、ここ【Melitini】でしか食べていないけれど、美味しかったのでおすすめ。

景色がステキ

リゾート風なソファ席

なんかとってもエーゲ海っぽいじゃない?

高温多湿で雨が多い日本では屋外にこんなにたくさんのクッションを並べられないよね。

ワインはグラス3ユーロ

白ワインはグラス3ユーロ。
サントリーニのレストランのなかでは、とてもリーズナブルに思います。

白ワイン

カップからコップに注ぐスタイル。たっぷり入っている。気前イイ!

サガナキ/Saganaki

チーズがとろけるサガナキ

サガナキ/Saganaki
7.5ユーロ(約970円)

サガナキは、ギリシャの伝統チーズ・フェタチーズを揚げたもの。シンプルなのに、表面はカリッと中身はトロリ、そして適度な塩気でチーズの旨味を最大限に引き出したワインが進むおつまみなのです!

タコのグリル/Grilled Octopus

タコの1本足のグリル

タコのグリル/Grilled Octopus
14ユーロ(約1,800円)

サントリーニ島のグルメ情報をみていたら、推されているメニュー。エーゲ海ではヨーロッパでは珍しくタコを食すのだとか。

外側は炭火でカリカリに焼かれて、中身はとってもジューシー!

この足1本で14ユーロ???と驚きましたが、旅ということも踏まえたら食べて良かったかな。ギリシャはレストランの価格が高めです。

たくさんの客で賑わうレストラン

たくさんのお客様で賑わっていました。

イアを散策

16:00頃、陽が眩しい

とにかく白いイア。

日差しがきつい時間帯ということもあり、とにかく白くまぶしい街。

日差しのきついイアの街

白いイアの街並み

 

海へと続く階段

ショッピングエリア

イアのホテル

イアの階段

歩くだけで楽しい。歩くことしかすることはないけれど

イアにもロバタクシーがいる

洗練されたイメージのイアにも、ロバタクシーは健在!

ロバタクシー

近くには高級ブティックもあるのですが、ロバが普通に通っていく光景。

階段をのぼるロバと御者

それにしても、イアの街にはロバの糞は落ちていなかった。掃除が行き届いているのかな?

イアにはフォトジェニックな場所がたくさん

というより、どこでもフォトジェニックな、イアの街。

イアの街並み

青いドームがふたつ並ぶ姿は、サントリーニといえば!写真の代表格の風景。

ゆったりした印象のイアの街ですが、ドームの撮影スポット付近には人だかりができていた。。

階段にたたずむカップル

ダメ!!不法侵入!!

白い漆喰のイアの街並み

白い漆喰がステキ。
丸みをおびた建物がおおく、メルヘン要素もあるイアの街。

イアのメインスクエア

イアには、というよりもサントリーニ島には、名跡があるわけではない。景観を楽しむところ。

メインスクエアへきましたが、たんなる広場だった。

イアの広場

広場を歩くギリシャ女性

イエローの教会

イエローの教会

これまた可愛らしいカラーリングの教会。

そして、その横でお昼寝する人々。

日陰でお昼寝する人々

16:00を過ぎても、まだまだ暑いイア。

お土産は売っている

ロマンティックな高級エリアという印象ですが、観光客もいっぱい来るからお土産も売っています!

土産店

イアで売っているお土産

ブルーの陶器

ブルーの陶器がたくさん。

このカラーはサントリーニ島のイメージカラーなのかしら。

なにこのディスプレイ!

イアで見かけた変なディスプレイ

海に向かってディスプレイされたお洋服。

確かに、目には留まるかも!

服はおしゃれなのでしょうが、フォトジェニックさブチ壊し。

サンセット時刻には観光客が押し寄せる

ここ、イアは夕日鑑賞の名所。
火山ツアーでは船の上から夕日を眺めましたが、それもイア付近の海に停泊して眺めたもの。

夕暮れ時には、夕日×イアの街並みのコラボレーションが見れることもあり、観光客が押し寄せていました。

絶景スポットは人だかりができ始める

人だかりができている絶景スポット

今夜のフライトでアテネへ戻るコムギはそろそろ帰らねばならず、イアからのサンセットは諦めてバスターミナルへ向かいます。

観光客が押し寄せてきた

さっきまでは、人もまばらだったのに!?

広場には人だかりができていた。

観光客の集団

ひえええ〜〜〜!
この方達も、ビュースポットに移動するのよね。どうなるのやら。

ひっきりなしにやってくる観光客たち

狭い道に詰め寄せる団体観光客

!!!!

バスターミナルへ戻ろうとすると、大群が押し寄せてきた!

観光客の大群

すでに混雑していたのに、まだまだやってきます。

狭い道だから、より混雑具合を感じます。

それにしても、こんなに混雑していたらイアの街のロマンティック度も半減だな。。と思ったり。

でもせっかくエーゲ海にきたならば、イアの夕日を眺めたい気持ちはみんな同じですよね。

結論:混雑覚悟で楽しもう!

イアでの過ごし方まとめ

サントリーニにきたならば外せないロマンティックなイアタウン。

混雑と時間帯を考慮してのプランニングが必要。

イアで夕日を眺めるときは、混雑も覚悟して

イアの階段を登る女性

高さもあり、入り組んでいる道から夕日は見れるとは思いますが、狭い道に団体が押し寄せるので、それまでの【ゆったりしたイア】のイメージから一気に騒がしくなります。そんなものだと知っておくこと。

静かでゆっくり過ごしたいならば夕日の時間は避けて

観光客はサンセット目当てなので、午前はかなりゆっくり過ごせるらしいです。

午前でなくても、16:00くらいはとても空いていましたよ〜。

イアの絶景スポット

観光客が押し寄せる前の時間帯のほうがロマンティック度が増しておすすめです。

イアへ旅するときの参考にしてくださいね♪

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 香港の入国審査の大行列に並ばずたった1分で楽々入国できる!”e道”こ…
  2. エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記
  3. 【インレー湖】ローカル感満点!五日市
  4. 旧約聖書の舞台へ!ネボ山で預言者モーセ「約束の地」を見下ろす
  5. ザワつく!金曜日で密着された”週末海外”ドイツ1泊3日旅の疑問にお答えします

関連記事

  1. バックパックとメテオラ
  2. テイスティングセット「Flight10」
  3. エーゲ海に沈む夕日
  4. ギリシャ

    弾丸アテネ観光!共通チケットを買うべき理由とアテネ遺跡おすすめランキング

    弾丸・アテネ市内1日観光。アテネ遺跡共通チケットは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ギリシャ

    【メテオラ】カランバカ市街を一望できる【アギア・トリアダ修道院】
  2. ウズベキスタン

    まち全体が世界遺産。ウズベキスタンの古都ブハラ・1day観光案内
  3. 慶州(韓国)

    【週末弾丸プラン公開】2万円で行く世界遺産のまち・慶州の旅(1)
  4. ブッフェのシェフ

    エジプト

    予想以上に豪華!ナイル川クルーズのブッフェの内容と食事の注意点
  5. エルサレム旧市街のスーク

    イスラエル・パレスチナ

    スークを歩こう!エルサレム旧市街のショッピング&グルメ、そして猫
PAGE TOP