エジプト

ナイル川クルーズ(4)半日アスワン観光(切りかけのオベリスク、アスワン・ハイ・ダム、イシス神殿、ファルーカクルーズ)

 


ファルーカ

ナイル川クルーズ4日目は、アスワン観光。
神殿の遺跡に飽きてきた4日目、バラエティに富む名所めぐりが新鮮に感じます。

1. 切りかけのオベリスク
2. アスワン・ハイ・ダム
3. イシス神殿(フィラエ神殿)
4. ファルーカでナイル川クルージング

アスワン観光名所地図

起床から出発まで

起床

朝焼けが綺麗。

客室から見えるナイル川とファルーカ

6:15
朝食ブッフェ

朝からもりもりいただきます。

クルーズ船の朝食ブッフェ

7:00
ロビーに集合

本日のスケジュールはこちら。

ナイル川クルーズ船4日目のスケジュール

専用車で出発

ツアーの車

チップが必要!
観光終了後にチップを渡そう。ドライバーとガイドにそれぞれ必要です。

観光:アスワン

今日はアスワンの名所を観光。

切りかけのオベリスク
Unfinished Obelisk

古代の採掘場に残る巨大なオベリスク

チケットあクルーズツアーに含む。ガイドがかわりに買ってくれます。

チケットを買うガイド

目の前に岩山。採掘場です。

団体観光客

採掘場、岩山をのぼる

古代の人はこんなところで石を切り出していたのだな。

岩採掘場

未完成のまま残されたオベリスク

確かに巨大な岩だわ。

岩採掘場と切りかけのオベリスク

制作中にヒビが入ってしまったもの。せっかくの巨大な石なのに、さぞ悔しかっただろうなあ。

まっすぐで巨大な切りかけのオベリスク

あっさり終了する観光スポットだった。

岩採掘場

車で移動

専用車に乗り込む。

ドライバーとミラー

鉄塔が並ぶ。
人工的な雰囲気の土地を走る。

3つの鉄塔

アスワン・ハイ・ダム
High Dam

1898 年に最初にイギリス人によってナイル川に建設された有名なダム。

世界一有名なダム!
学校で習ったから、知っているよ。

アスワン・ハイ・ダム

入場料がいる

もうそこに見えているじゃないか。そう思うけれど、小屋に入って入場料を支払う仕組み。ツアー料金込み。

アスワンハイダムの入場料支払場所

ナセル湖

アスワンハイダム建設で造られた、人造湖ナセル湖。

ナセル湖

太陽がまぶしい。

ナセル湖と太陽

ナイル川のスタート地点

大きな水門。これがアスワンハイダム!

アスワン・ハイ・ダムの水門

ここが、ナイル川のスタート地点。

ナイル川のスタート地点

有料トイレあり

トイレを見つけたら、入っておかなくちゃ。

アスワン・ハイ・ダムのトイレ

もちろんチップ制。トイレ前には職員の方がスタンバイ。

トレイの前の男性

ロシア・エジプト 友好記念碑

車窓から見えたモニュメント。5枚の葉を持つ蓮の花の形。横からなので蓮とはわからなかった。

ロシア・エジプト 友好記念碑

旧ソ連がアスワン・ハイ・ダム建設時、低金利での融資や、技術協力をした旧ソ連。その友好記念なんだって。

タンカーを見かけた。

カー

イシス神殿へ向かう船乗り場

島にあるイシス神殿へは船で向かう。船乗り場は土産物店でいっぱい。

イシス神殿ボート乗り場前の土産物店

イシス神殿ボート乗り場前の土産物店

 

お腹が痛いというガイドは、20分ほどトイレから戻ってこなかった。

その間、土産物店を物色。

エジプト土産を物色する

実際に欲しいなと思うものは少ないのだけれど、眺めて楽しい異国のお土産。

帽子
帽子
帽子
帽子
衣類
エジプト土産の民族衣装
アラバスター風の器
アラバスター風の器
エスニックなバッグ

どこでも売っているエジプト織のアイテム。でも形がちょっと違っていた。

布はどこでも売っていて、縫製はオリジナルなのかな?

エジプト織のバッグ
エジプト織のバッグ
エジプト織のバッグ
お面

エジプトにやってきて5にちめだけれど、お面の文化は感じなかった。でもお面が売っていた。

お面
木彫りのお面
アクセサリー

ビーズがジャラジャラ。

ビーズのネックレス
人形
並べられた人形
お土産の人形
ブルーレットみたいな青いガラス

謎のブルーの石 土産販売の男性

船に乗る

イシス神殿へ行くボート乗り場。

ちょうど船が出たところ。

満員のボート

定期船ではなくチャーター船だったので、問題なかった。
こんな広い船なのに、ガイドとコムギと船頭の3人。

貸切のチャーター船

船は飛ばす。
島の間をぬって進む。

イシス神殿へ向かうボート

アギルキア島

イシス神殿の経つアギルキア島が見えた。

ボートから見たイシス神殿

イシス神殿がもともとあった島はダムによる水位の上昇で水没。ここアギルキア島に移築されたもの。

ボートから見たイシス神殿

ボートから見たイシス神殿

ボートから見たイシス神殿

アギルキア島ボート乗り場

イシス神殿のボート乗り場

猫のおむかえあり。

ここアギルキア島にはたくさんの人懐っこい猫がいた。

イシス神殿のボート乗り場の猫

イシス神殿
Temple of Isis(Philae)

古代イシス神殿の跡地。
ナイル川に浮かぶこの島にあった神殿はアギルキア島に移築された。

イシス神殿の入口

列柱

イシス神殿の円柱

 

ハトホル神の円柱

猫がたくさんいる!

小さい島なのに、人なつこい猫がたくさんいてた。

穴から顔を出した猫

顔を出す猫

イシス神殿にいた猫

イシス神殿の猫

イシス神殿第一塔門と猫

イシス神殿第一塔門の前にいた猫

イシス神殿の猫

iPhoneに寄ってきた猫

おじさまと猫

おじさまと猫。おじさまは仕事中。

イシス神殿にいた猫

立ちながらウトウトする猫

レリーフたち

神殿を飾るレリーフたち。ちょっと変わったレリーフがあった。

ベス神のレリーフ

イシス神殿のベス神のレリーフ

ギターを演奏するレリーフ

楽器を弾くレリーフ

その他のレリーフ

コムギをもつレリーフ レリーフ

団体観光客にまぎれて説明を聞く。

レリーフを説明するガイド

レリーフ

レリーフ

トライアヌス帝の楼閣

トライアヌス帝の楼閣

トライアヌス帝の楼閣

 

イシス神殿の観光客

夜は「光と音のショー」の座席になるのかな。

音と光のショーのベンチ

カフェ&土産物店

100%向けのお土産やさん。
そんなにスパイスって売れるものなの?

スパイス販売

ちょっと買いたくなっちゃう。

スパイス販売

エジプト織のアイテム、かわいい。
紐の強度が信用できないので買わず。

エジプト織物のバッグ

カーペット販売。カワイイ!

エジプトのカーペット

カフェ

イシス神殿のカフェ

ナイル川。

ナイル川

カフェの椅子に鎮座するイシス神殿の主たち。

椅子でくつろぐ猫たち

かわいい。
猫が住む島は、きっといい島だ。

椅子でくつろぐ猫たち

10:10
アギルキア島ボート乗り場

引き返しす。
ボートに乗り込む観光客でごった返す。

アギルキア島ボート乗り場

イシス神殿を後にする。
トラヤヌス帝の楼閣も見える。綺麗に保存されているなあ。

トライアヌス帝の楼閣

アスワン・ロー・ダム
Aswan Low Dam

ボートから道路が見えた。
これは、アスワン・ロー・ダム

アスワン地区のナイル川に1902年に完成したダム。

海から見たアスワン・ロー・ダム

ふたたび専用車で移動して、ナイル川沿いのファルーカ乗り場へ。

ファルーカ乗り場

ファルーカ乗り場

ファルーカでナイル川クルージング
Sail on the Nile by felucca

ファルーカ(felucca)
紅海やマルタ近海を含む地中海東部で使用される伝統的な木造の帆船。静かで穏やか。

ファルーカ

料金の相場は120EGPか?

ファルーカ乗船料金:ツアー料金に含む
ただし、下船時に船頭へのチップ支払いが必要

ですが、コムギは見ていた。現地ガイドは、船頭に120EGP払っていました。それが相場ってことね!

チャーター制

ファルーカもチャーター制。ガイドのイマニ氏は体調不良で寝ていた。

ファルーカの船頭とガイド

ゆったり1時間のクルーズ

乗車時間1時間ちょっと。所要時間を知らな方ので、長くて驚いた。距離を進むわけではないので、のろのろと優雅に進む。

ファルーカのなか

風のみで進む

なんてエコロジーなの!
船頭が帆を張ったり緩めたりで風を調整。

ファルーカの帆を調整するヌビア人船頭

スルスルと登っていく。身軽だ。

マストにのぼる船頭

エレファンティネ島

ファルーカから見えるエレファンティネ島。島には遺跡もあるのに上陸しないんだ。ガイドが体調悪いからかもしれない。

エレファンティネ島

ゆらゆら進むのが気持ち良い。
うとうとしちゃう。

エレファンティネ島とファルーカ

バクシーシと叫ぶ子供たち

手漕ぎボートで寄ってくる子供達。あっぱれだ。

手漕ぎボートでナイル川を渡る少年たち

観光客にバクシーシを要求してくる。

船に寄っていく子供達

船頭が歌ってくれる

ファルーカの名物は、船頭による歌唱。船に歌はつきものなのは、万国共通なのかしら。ヌビアの歌なんだって。

歌をうたう船頭

宿泊中のクルーズ船とすれ違う

コムギがお世話になっているクルーズ船・リバティ号に会った!川からみると新鮮。

ファルーカとクルーズ船

やっぱり客室内はまったく見えていない。

クルーズ船リバティ号

他の豪華船もチェックする。
ベランダが広くてうらやましいなあ。きっと高級クルーズ船だわ。

豪華客船ネフェルティティ

11:40
下船

クルーズ終了。船頭にチップを渡す。

11:50
解散

クルーズ船まで、専用車でもどる。
本日のアスワン観光は終了。

観光終了後は・・・

クルーズ船に戻ってきたら、

・部屋でビールを飲む!
・デッキでくつろぐ!

クルーズ船を大満喫です。

部屋でビール休憩

昼食まで1時間ある。さっきまで乗っていたファルーカを眺めながらビールを飲む。

ビールとファルーカ

 

客室から眺めるファルーカとエレファンティネ島

マスト調整のため登っている船頭さんと目が合う。

マストに登る船頭

2本目、行っちゃうよ!

ナイル川とビール

13:00
昼食ブッフェ

開場と同時に食堂に入場。お腹ぺこぺこだわ。本日も、もりもり食べる。

昼ブッフェ

エジプトの菓子類は、ものすごく甘い。

甘そうなケーキ

フルーツも盛りだくさん。

プリンのケーキ

13:40
デッキで過ごす

食後はデッキですごす。良い午後だ。

デッキチェア

16:30
サンセット

本日も美しい、ナイル川のサンセット。

ファルーカとサンセット

ファルーカが画になるなあ。

ファルーカとサンセット

ファルーカとサンセット

おしまい。

エジプト 9泊10日の旅程はこちら

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ツタンカーメンの黄金マスクカイロを訪れたら絶対に見るべき古代エジプト美術の財宝【大エジプト博物館&エジプト考古学博物館】前のページ

ナイル川クルーズ(3)ホルス神殿&コム・オンボ神殿次のページ馬車と御者

ピックアップ記事

  1. カワイイものいっぱい。ウズベキスタンのショッピング案内
  2. 【ハノイ国際空港/第2ターミナル】飛行場ビューが楽しめる『Song Hong B…
  3. 北京での食事はフードコートがおすすめ!王府井『東方新天地』
  4. “建築王”ラメセス2世の不朽の名作!アブ・シンベル神殿
  5. 週末弾丸で行くチェンマイ。旅費4万円でもこんなに楽しめる!

関連記事

  1. チップ

    エジプト

    相場はいくら?ナイル川クルーズで実際に支払ったチップ6場面

    旅に出ると悩ましいチップ問題。エジプトには…

  2. ラムセス3世神殿
  3. スーフィーダンス タンヌーラの置き物

    エジプト

    ハーン・ハリーリでエジプトみやげ探し

    カイロ1day観光、午後は、●…

  4. ツタンカーメンの黄金マスク
  5. SAKARA GOLDビールとナイル川
  6. ハトシェプスト女王葬祭殿

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 釜山(韓国)

    2018年8月運行開始!遊覧船・チャガルチクルーズに乗ってきた♪対馬も見えたよ
  2. ジョージア

    ニコ・ピロスマニを知っていますか?ジョージア国民に愛されつづける放浪の画家につい…
  3. 釜山(韓国)

    釜山でチムジルバンに泊まるならばココ!釜山駅徒歩2分「バリー・アクアランド」
  4. バングラデシュ

    しあわせってなんだろう?バングラデシュで出会った人々。
  5. ギリシャの赤いスーツケース

    週末旅行ノウハウ

    OLだって旅したい!欲張りを両立する”週末海外”のススメ
PAGE TOP