インド

アウランガーバード(5)エローラ石窟群からアウランガーバードCBSへローカルバスで戻る(運賃100円以下!)

 

バスが到着

エローラ石窟群からアウランガーバードCBSへ、
ローカルバスで戻ってきた。

100円以下で、移動できます。
ローカルバス乗車記。

乗っているだけで異国の地を満喫できるローカルバス、おすすめ。

ローカルバスについて
エローラ石窟群→アウランガーバードCBS

エローラ石窟群→アウランガーバードCBS

エローラ石窟群からアウランガーバードCBS(Central Bus Station)まで、ローカルバスが走っている。

エローラへのバス運賃:なんと100円以下
50ルピー
(約87円)

ローカルバスならば、100円以下で移動できる。

●エローラ〜アウランガバートCBS
50ルピー(約87円)

所要時間:
45分程度、ラッシュ時間帯に注意

夕方のバスだったので、通勤ラッシュだったもよう。スムーズに進んだ往路と違い、バスは遅延した。そして途中からとても混雑してきた。

ローカルバス
乗車日記

エローラ石窟群OUT

遺跡見学、めっちゃ疲れた。すごい歩いた。

世界遺産の観光地。エローラ石窟群を出るとすぐに露店が広がる。

バス停を探す

行きは、大通りでポンと降ろされたしなあ。どこが乗車スポットなんだ?Googleマップが示す位置で待機。

並んだバイク

間違えていたみたい。チラチラこちらをみてくる露天商の男性。わたしが日本人だから気になるのかなと、彼のことは気にしていなかった。でも彼は私に伝えたいことがあったようで、通りがかりのインド人少年を私に遣わせて教えてくれた。

ローカルバス乗り場はそこじゃないよ、
赤い壁の前だよ、あっちだよ

間違っていたんだ!
そして、ばれてた?

言葉が伝わらない異国人に、ご親切にありがとう。

インドはトラブルが多い国だと聞くけれど、それ以上に親切な人ばかりだと、私は感じました。

赤い壁が目印!
エローラ方面バス乗車スポット

これが赤い壁ね。

バス乗車スポット前の露店

赤い壁の前は露店でした。

バス乗車スポット前の露店

バスを待つ間に露店のご主人とお話し。近くの村でゲストハウス経営もしているんだって。うちんとこ泊まらない?と営業を受けた。なにそれ楽しそう〜。

露店のお客さんから記念撮影をお願いされる。

インド人男性と記念写真

露天商の親戚のお兄ちゃんもやってきた。

インド人男性と記念写真

こんなボサボサ頭で、すいませんね。

バスがきた

予定時刻よりも10分ほど遅れてバスがやってきた。ちなみにバスに遅れてもトゥクトゥクで帰ったとしても、そんなに高くなかった。(Rs.300とかそんなものだった気がする)

バスが到着

露店のご主人にお礼を言ってお別れ。

バスは大型で快適

ローカルバスの車体はさまざま。行きにのったバスはオンボロでしたが、帰りのバスは大型で新しかった。

バス車内

きっぷはバス車内で購入

車体は新しいけれども乗車券販売は変わらず。運賃は車掌さんに支払います。

車内切符販売

●エローラ〜アウランガバートCBS
50ルピー(約87円)

車窓を楽しむ

アウランガーバードCBSは終点。寝過ごす心配もないね。ぼんやりしながらバスに揺られてうたた寝したり。

午前中に登ったダウラターバード要塞が見える。

車窓からみえるダウラターバード要塞

群がるインド人男性。なんの集まりだろう。

車窓からみえる群衆

車窓からみえるダウラターバード要塞

ダウラターバード要塞は、どこからでも見える存在感。

車窓からみえるダウラターバード要塞

デモなのか、儀式なのか、わからなかった。

なにかの集団

日が暮れてきた。

夕暮れ時

降車:
Mahavir Chawk

終点のCentral Bus Stopまで行かず、手前の交差点Mahavir Chawkで下車。ここで降りる人が多かった。私の宿も、ここから向かったほうが近い。

バスから下車する人々

すっかり夜。

夜のアウランガーバード交差点

さて、インドめしを食べにいくぞ!

バスから降りて買える家族

NEXT:
インドの定食「ターリー」を食べにいく

夜ご飯は、アウランガーバードのレストランへ。
ターリー、とっても手強かった。

 

インド8日間(年末年始)

この旅のスケジュール

インドでお腹を壊した

 

アウランガーバード
Aurangabad

エローラ&アジャンター石窟群
観光の起点

 

ムンバイ
Mumbai

インドの大商業都市

 

バラナシ
Varanasi

ヒンドゥー教の聖地

 

サールナート
sarnath

バラナシから日帰りで行く
仏教の聖地

 

インド8日間(年末年始)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




夕日に照らされるエローラ石窟群アウランガーバード(4)エローラ石窟群 人間が作り出した巨大で精巧な寺院前のページ

アウランガーバード(6)インドの定食「ターリー」!手食にもボリュームにも敗北次のページターリー

ピックアップ記事

  1. 森に埋もれるジェフリー・バワ建築の傑作!ヘリタンス・カンダラマに泊まってみた
  2. 【週末弾丸】宮城の秋旅のスケジュール(松島・石巻・秋保温泉)
  3. 【大鰐温泉】津軽の奥座敷!弘前藩御用達の湯の里
  4. 【バリ島・ウブド】ウブド観光で絶対食べたい!バリ島ローカルフード&おすすめレスト…
  5. 【週末弾丸】島根2日間(出雲大社・鰐淵寺・一畑薬師・松江)

関連記事

  1. チャイ屋のおじさん

    インド

    バラナシ(4)元旦のバラナシを歩く

    お正月・元旦のバラナシ、町歩き。&…

  2. トゥクトゥクのドライバー

    インド

    サールナートへのアクセス(復路)トゥクトゥクで移動

    バラナシ旧市街からサールナートへ日帰り観光、復路はトゥクト…

  3. 赤い粉をつける僧侶

    インド

    バラナシ(6)バラナシまちあるき〜夜編

    日没のバラナシを歩くアールティープージャーの始まるまえ、ダ…

  4. ホテルムンバイと打ち上げ花火

    インド

    ムンバイ(5)インド門でカウントダウン!2023-2024

    2023-2024の年越しは、ムンバイのインド門にて迎えま…

  5. ボート

    インド

    バラナシ(3)ガンジス河でボートに乗ろう!ボートの種類と運賃の相場まとめ

    ガンジス河からガートを眺めよう。ガンジス河でボート遊覧。…

  6. ドービー・ガート

    インド

    ムンバイ(1)ドービー・ガート 大量の洗濯物×超高層ビル

    ドービー・ガート(Dhobi Ghat)へ。ドービー・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. チップ

    エジプト

    相場はいくら?ナイル川クルーズで実際に支払ったチップ6場面
  2. 北のカナリアパークの小学校

    北海道

    【礼文島】北のカナリアパーク
  3. 中村家住宅

    沖縄県

    【中城村】中村家住宅 沖縄の古民家を学ぶ
  4. カックー遺跡のパゴダ

    ミャンマー

    ミャンマー5日間 ウォーターワールド・インレー湖へ
  5. バンクシー:花束を投げる青年

    イスラエル・パレスチナ

    パレスチナ自治区・ベツレヘムのバンクシー『花束を投げる青年』を歩いて見に行ってき…
PAGE TOP