インド

バラナシ(3)ガンジス河でボートに乗ろう!ボートの種類と運賃の相場まとめ

ボート

ガンジス河からガートを眺めよう。
ガンジス河でボート遊覧。

ガイドブックには、ガンジス河の乗合ボート情報がなかったので、現地に行くまで知らなかった。ガンジス河の乗合ボートは、安くてめっちゃ楽しかった。

これぞバラナシ!!
必須アクティビティです。

●ガンジス河遊覧ボート(Rs.100
●ガンジス河の向かいの中州へ行く乗合ボート(Rs.50)
●貸切ボート(Rs.1,000

ガンジス河
遊覧ボート/Round

ガンジス河を遊覧する乗合ボート。約30分でした。

遊覧ボート/Round
Rs.100(約170円)
2024年1月時点

ボートの乗客

コース

ガンジス河の遊覧船Round

船の上からは、火葬場の撮影もOK。バラナシのガートを一望できるので遊覧船はぜひ、乗るべき。

ガンジス河からみたガート

ガンジス河からみたガート

ガンジス河
中州へ行く乗合ボート/Across

遊覧ではなく、対岸の中州にいく片道の乗合ボート。

中州への乗合ボート/Across
Rs.50(約85円)
2024年1月時点

ボート

コース

対岸の中州へ行く片道のボート。

ガンジス河の遊覧船Across

中州には、ラクダがいたよ。

中州のラクダ

対岸から眺めるガートも、いい。

ガンジス川対岸のガートとボート

ボートの終了時刻に注意

AcrossもAroundも、16:00の時点では営業終了していました。夕暮れと同時にガートでアールティが始まるからかな?

私はむりやり中州にいくも、乗合ボートが終了しており、危うく帰れなくなりそうでした。ひ〜!

でも、なんとかなったよ。

 

▼中州にいくも乗合船がなくてボートに乗せてもらった話

ガンジス河
貸切ボート/chartered

歩いていると、貸切ボートの営業の声かけをされる。

中州から見た対岸

貸切ボート/chartered
Rs.1,000(約1,700円)
2024年1月時点

相場はRs.1,000

貸切ボートは乗ることがなかったのですが、Rs.1,000が相場のよう。

どこで声をかけられても、
めちゃくちゃ値切っても、
知り合いのインド人を介しても、
早朝サンライズクルーズでも、
中州から帰ってこれなくてチャーターになると聞いたときも、

提示される料金はいつもRs.1,000でした。
それ以上に高額を提示されることもなかった。

なにかルールがあるのかな?

中州に停まったボート

外国で貸切ボートに乗るのは、ちょっと怖い

水の上では逃げることができないので、異国人女性ひとりでボートに乗るのは、わたしはちょっと怖いと思う。個人の判断ですが、ボートに乗るときは慎重に漕ぎ手を選ぼう。

ボート

貸切ボートに乗るならば、
信頼できそうな漕ぎ手にお願いしよう

親切で身元が判明している漕ぎ手にお願いした

元旦の夜、プージャーの喧騒のなか、わたしはiPhoneを紛失。そして奇跡的に戻ってきたのでした。そんなミラクルってある?これぞ、ガンガーの恵み!

警察署に紛失届出をしていると、日本語を話せるからということで警察に呼び出された男性。その方には大変お世話になりました。Facebookも教えてもらったし、写真も一緒にとったし、なんといってもバックにインド警察がついている。

その方がボートを所有しているということで、翌朝のサンライズをみるためにボートをお願いしていたのでした。(その料金もRs.1,000)

日本語通訳の男性

残念、
ガンジス河からのサンライズ鑑賞は、叶わず

そんな信頼できるインド人と出会ったものの、ボートからのサンライズ鑑賞は、叶わなかった。

1回目:
朝靄がひどくて太陽は見えそうにもない

乗ったところで、朝日はおろか、なんも見えなさそう。明日の朝に変更してもらう。

停泊しているボート

ものすごく霧が濃い

2日目の朝:
水下痢に苦しみ、長時間ボートに乗れそうにない

深夜から、インドの洗礼・水下痢を発症。トイレとベッドを往復している状態なのに、ボートになんて乗っていられないよ。そんなわけで、2日連続、ボートに乗れなかった。

Vishnu Rest House/トイレ

トイレのそばを離れられない

この旅でもサンライズ運をもっていない私でした。

NEXT:バラナシ、ガンジス河沿いを歩く

バラナシ到着日、嬉々としてガートを歩く。

 

インド8日間(年末年始)

この旅のスケジュール

インドでお腹を壊した

 

バラナシ
Varanasi

ヒンドゥー教の聖地

 

サールナート
sarnath

バラナシから日帰りで行く
仏教の聖地

 

アウランガーバード
Aurangabad

エローラ&アジャンター石窟群
観光の起点

 

ムンバイ
Mumbai

インドの大商業都市

 

インド8日間(年末年始)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ゲストハウスのバルコニーバラナシ(2)バラナシでの宿泊はガート沿いがおすすめ(Vishnu Rest House)前のページ

バラナシ(4)元旦のバラナシを歩く次のページチャイ屋のおじさん

ピックアップ記事

  1. 【壱岐】龍蛇神神社 出雲より迎えられた神を祀る岩礁にたつ神社
  2. ヨーロッパ最後の秘境!ジョージアのウシュグリ村で絶景を拝む
  3. 週末弾丸で行くハノイ!滞在2.5日でもこんなに楽しめる
  4. ”神々に愛でられた飲み物”に酔え!エジプト旅でのビール事情まとめ
  5. 週末弾丸!人吉2日間の旅

関連記事

  1. ボートから鑑賞するアールティ・プージャ

    インド

    バラナシ(12)ボートの上から鑑賞するアールティ・プージャ

    ガンジス河に浮かぶボートの上から、アールティ・プージャを鑑…

  2. 海上から眺めるムンバイ

    インド

    ムンバイ(6)1日でめぐるムンバイ

    ムンバイを1日で観光。2023年の大晦日は、インドの大…

  3. SleeperBusのシート

    インド

    アウランガーバード(10)Sleeper sheetは超快適!インドの夜行バスに乗ってみた

    インドの夜行バス乗車体験記。アウランガーバードからムン…

  4. 抗生物質
  5. ダウラタバード要塞

    インド

    アウランガーバード(3)ダウラターバード城塞 デカン高原に建つ中世最大の要塞

    2ダウラターバード城塞、中世の強固な城塞へ。インドの城…

  6. PAPDI CHAT

    インド

    バラナシ(10)夕方のバラナシさんぽ (ベニヤバック・ロード&ゴードリヤ・ロード)

    夕方のバラナシを歩くガートは夕暮れの儀式、アールティ・プー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 一直線に続く菩提梯

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第49番 久遠寺 “日蓮宗の総本山で涅槃への階段を上る”
  2. 森林太郎の墓

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第75番 永明寺”森鴎外こと森林太郎の眠る寺”…
  3. 週末海外旅

    【トランジット】乗継時間に行く!かけあし上海イイトコどり
  4. 山形県

    おくのほそ道を歩く|大石田
  5. 宗像大社の御神紋

    福岡県

    宗像大社三社めぐり・中津宮&沖津宮遥拝所(大島)
PAGE TOP