インド

アウランガーバード(8)アジャンター石窟群 大乗仏教の美しい世界遺産

Ajanta Cavesの壁画

 

アジャンター石窟群をひとりで観光。

ローカルバスでやってきた。
ガイドをつけなくっても、ひとりでめぐれます。

見晴小屋には絶対に行くべし。

アジャンター石窟群について
Ajanta Caves

断崖に30の窟群が並ぶ
世界遺産の仏教遺跡

ワゴーラー川に面した断崖に30の窟群が並ぶ。

ワゴーラー川に面した断崖に30の窟群

アジャンター石窟群マップ

グプタ美術の美しい壁画が残る

アジャンター石窟第1窟の壁画

6世紀頃、突然にエローラへ移動

多くの洞窟は未完成のまま放棄された。エローラへ移動した理由は不明らしい。

アジャンター石窟の未完窟

掘りかけで放棄された未完窟

イギリス人によって発見される

1819年、東インド会社のイギリス人一団がトラ狩りをしたときに偶然に発見。第10窟には発見者ジョン・スミスの落書きが残る。

落書きされた柱(第10窟)

落書きされた柱(第10窟)

アジャンター石窟群
観光にかかった費用
Rs.1,045
(約1,820円)

ガイドをつけずに一人でローカルバスで行きました。

かかった費用は、合計 Rs.1,045(約1,820円)。

ローカルバス(往路)
Rs.185
(約330円)
アウランガバートCBS→アジャンター石窟寺院

施設管理量料 Rs.15(約26円)
アジャンター石窟群 入場料 Rs.600(約1,044円)
シャトルバス往路 Rs.25(約44円)
シャトルバス復路 Rs.30(約52円)

ローカルバス(復路)
Rs.185
(約330円)
アジャンター石窟寺院→アウランガバートCBS

アジャンター石窟群へのアクセス:
ローカルバスで行ってきた

アジャンター石窟群観光の起点は、アウランガーバード。そのアウランガーバードからも100km以上ある。

ローカルバスでアジャンター石窟群へ

今回は、ローカルバスで行きました。
バスは、CBSから出発。

バスに乗り込む人

所要時間:約2時間30分
運賃:Rs.185(約330円)

▼ローカルバスでのアクセス(往路)

アジャンター石窟前
バス停から遺跡入口まで

バス停から、さらにアジャンター石窟前にプロセスあり。

●駐車場内を歩く
●施設管理料を支払う
●土産物店のならぶ道を通過
●シャトルバスに乗る

Amenity Charges(施設管理料)支払い

スルー注意!
アメニティチャージの支払い。

アメニティチャージを支払う場所

アメニティチャージ(施設管理料)

入場料と一緒に徴収してくれたらいいのに。

アメニティチャージの領収書

シャトルバスでアジャンター石窟群入り口へ

アジャンター石窟に到着したシャトルバス

▼詳しいアクセス方法

アジャンター石窟
入り口&トイレ

入場料 Rs.600

外国人料金は、Rs.600。(約1,044円)。日本も外国人料金を設定するべきだと思う。それか、ローカル割引を。

ここは世界遺産らしく、セキュリティチェックがありました。

トイレあり(チップ必要)

アジャンター石窟群にスタートする前のトイレ。

トイレ

アジャンター石窟群内には、ここしかトイレがないと思っていたけれど、実際にはトイレがありました。見つけたのは2箇所の簡易トイレ。でも、

  1. ドアが噛んでいるのか開けられない
  2. ドアが最後まで閉まらない

なので、途中のトイレに頼ることがないよう、入り口で絶対に行っておくこと。

アジャンター石窟内の簡易トイレ

アジャンター石窟内の簡易トイレ(ドアが壊れていた)

アジャンター石窟群
観光

観光した時間:約4時間

10:30からスタートし、
14:30には下山してシャトルバスに乗りました。

いきなり登る

階段をのぼって遺跡へ。

アジャンター石窟群への階段

人力車がある

人力車のかご

人力車の料金

 

アジャンター石窟

cave 1
最大のみどころ

一番目にして最大の見どころ。めちゃくちゃ混雑しています。

アジャンター石窟第1窟の入り口

アジャンター石窟第1窟の壁画

洞窟1の仏像

パドマパーニ(Padampani)、ヴァジュラパーニ(Vajrapani)とブッダ(Buddha)

 

アジャンター石窟第1窟の壁画

Mahajanaka Jakata くだらない楽しみから逃れようとする王子を 音楽や踊りで修道からおびき出そうとする妻

アジャンター石窟第1窟の壁画

剥離している壁画

アジャンター石窟第1窟の壁画

アジャンター石窟第1窟の壁画

アジャンター石窟第1窟の壁画

菩薩Vajrapani

おなかがヤバイ・・・
下山しトイレに戻る

なんだか、おなかがグルグルする。スタートしてから30分もたっていないけれど、ここからあと数時間もトイレを我慢できる気がしない。

いったん下山して入り口のトイレに戻る。ぐぬぬ。

トイレ

ふたたび、階段を登る。

階段を上る女性

cave 2

アジャンター石窟第2窟の入り口

アジャンター石窟第2窟の柱

アジャンター石窟第2窟の天井画

アジャンター石窟第2窟

アジャンター石窟第2窟

子供を貪り食うハリティ(Hariti)と夫(Kuber)

アジャンター石窟第2窟

子供を貪り食うハリティ(Hariti)と夫(Kuber)

アジャンター石窟第2窟 アジャンター石窟第2窟

アジャンター石窟第2窟 アジャンター石窟第2窟

アジャンター石窟第2窟

外には、水分補給の蛇口がありました。
お腹を壊しそうなので、インドに来たばかりの日本人の私は自粛。

水飲み場

cave 4
アジャンター最大のヴィハーラ窟

ヴィハーラ窟:出家僧が住む僧坊

アジャンター石窟第4窟の入り口

アジャンター石窟第4窟の石柱

28本の石柱

大きい柱がぐるり。これは28本ある。

アジャンター石窟第4窟の内部

アジャンター石窟第4窟の内部

アジャンター石窟第4窟の仏像

石窟をでると、明るくて眩しい。

アジャンター石窟の眺め

石窟と石窟は、歩いて移動。

アジャンター石窟の通路

cave 6
二階建ての窟

第6窟は、二階建て。

二階にのぼる

良い眺め!

アジャンター石窟第6窟のテラス

奥に見えるのが、ラストの26窟かな。
めっちゃ遠そうだ。

アジャンター石窟第6窟のテラスから眺めた風景

修繕作業中

修繕作業中の男性2人。

修繕中の男性

修繕作業の写真撮影をお願いすると、快く応じてくれました。

修繕中の男性

そして、手を止めて石窟の案内をしてくれた。
ものすごく、フレンドリー!

ミュージカル・ピラーズ

ここ、叩いてみて!と言われる。

石柱をたたく男性

遺跡を叩いていいの?
躊躇していると、彼が、ポーン。

石柱をたたく手

綺麗な音が響く。これは「ミュージカル・ピラーズ」というのだとガイドブックで知った。

優美な仏像

ここ第6窟の仏像は美しかった。

仏像

仏教徒トーク

私は仏教徒なんですと伝えたら、僕も仏教徒だ、名前はシッダールタだよ、と彼。ブッダの本名からいただいた名前なんだって。

はにかむ男性

インドはヒンドゥー教のイメージが強いけれど、ムスリムも仏教徒もいる、多様性の国でしたね。そして、ここアジャンター石窟群は仏教遺跡なんだった。

仕事中、お邪魔しました。
お別れして、次へ進む。

cave 7

頑健な4本柱のファサード

アジャンター石窟第7窟

無数の小さな仏像

小さな仏像がならぶ壁

cave 9

チャイティヤ:仏塔(ストゥーパ)をまつる塔院

アジャンター石窟第10窟

ストゥーパ

アジャンター石窟第9窟の内部のストゥーパ

cave 10
発見者の落書きが残る

ここ第10窟も、チャイティヤ窟。

チャイティヤ:仏塔(ストゥーパ)をまつる塔院

アジャンター石窟第10窟のが入り口

内部

アジャンター石窟第10窟の内部

ストゥーパ

アジャンター石窟第10窟のストゥーパ

石柱

 

アジャンター石窟第10窟の石柱

発見者の落書きが残る
右13番柱、高さ3mの位置

落書きされた柱

お菓子休憩

お腹すいたあ。トイレすらない遺跡内は、もちろんレストランもない。ちょっと離れた場所で、こっそり食料補給。

かっぱえびせん

アジャンター石窟の岩

トレイを見つけたけれど、硬くて扉が開かなかった。

トイレ

cave 16

ゾウさんが目印のエレファント・ゲート。こちらからのぼっていくと、ヴァーカータカ帝国の宰相が開いたヴィハーラ窟(第16窟)前に出る。

内部。

アジャンター石窟第16窟の内部

アジャンター石窟群

cave 17
保存状態の良い壁画が残る

アジャンター石窟第17窟の入り口

天井画が素晴らしかった。

アジャンター石窟第17窟の壁画

アジャンター石窟第17窟の壁画

天井画:ブッダの出現

アジャンター石窟第17窟の壁画

ゾウが出撃中

アジャンター石窟第17窟の内部

アジャンター石窟第17窟の内部

アジャンター石窟第17窟の内部

こんな鮮やかな色が、よく保存されていたものだな。

アジャンター石窟第17窟の壁画

cave 19
美しいストゥーパ

正門は工事中

入り口は工事中でした。

アジャンター石窟第19窟の入り口工事中

アジャンター石窟第19窟の入り口工事中

装飾が華麗。cave10でもストゥーパがあったけれど、断然こちらが複雑で細かい。

アジャンター石窟第19窟のストゥーパ

20窟以降:
未完成窟が続く

奥に進み、第20窟以降は、第26窟をのぞいてすべて未完成窟がならぶ。

アジャンター石窟の未完窟

アジャンター石窟の未完窟の内部

アジャンター石窟の未完窟の入り口

要因は究明されていないけれど、アジャンター石窟を放棄して、エローラ石窟へ移動したんだって。

アジャンター石窟の未完窟

アジャンター石窟の未完窟

cave 24
掘り進めた様子がよくわかる未完成窟

なになに、この楽しい石窟は!

アジャンター石窟第24窟

めっちゃ探検気分!

アジャンター石窟第24窟

遺跡の内部は裸足であるくのがマナー。ノミでの彫り跡はザクザク切り立っていて、裸足で歩くと痛くて辛かった。

ノミの跡

足つぼマットの鋭利版を歩いている感じ。ヒイイ。

アジャンター石窟第24窟

裸足で歩くとめっちゃ痛い

cave 26
巨大な涅槃像のある見事な仏教芸術

未完成窟をのぞいたら、アジャンターの最奥にある石窟。大トリにふさわしい、壮麗な彫刻が並ぶ。

アジャンター石窟第26窟

入り口は、小さい。

アジャンター石窟第26窟の入り口

灰色

美しいストゥーパ

灰色

横たえたブッダ
マハパリニルワネート
Mahapariniwanait

なんと、7m!

壮麗な彫刻群

とりわけ惹かれたこの彫刻は、「菩提樹の下で思惟する釈迦を誘惑する魔王の娘たち」のシーン。

降魔成道の浮き彫り

降魔成道の浮き彫り

最奥で遠いけれど、ここは絶対に見るべき石窟。

休憩

石窟はひととおり、見終わった。ここで休憩するインド人も多い。わたしも一緒に、よっこいしょ。

EXIT

向かいの山にある展望スポットに行きます。

展望台は遺跡外なので、遺跡を出る。再入場する際はチケットを見せればいいみたい。

遺跡の出口

簡易トイレ、発見

出たところに、トイレを見つけた。さっきの簡易トイレと違い、列もできているから使用できる模様。私も並ぶ。

アジャンター石窟内の簡易トイレ

トイレのドアは、全部閉まらなかった。
前後のひとで協力しあって、扉があいたまま用を足す。そしてみんなで記念撮影。

ガイドブック購入
Rs.500
(約850円)

値切って最終的にRs.500で購入。高いなと思ったけれど、どうしても欲しかった。サルナートの寺院で販売されていたバラナシのガイドブックもRs.500だから、相場なのかもしれない。日本語本のニーズ、あんまりなさそうだしね。

アジャンター石窟群のガイドブック

ちなみに、翻訳はめちゃくちゃでした。

道を間違える

展望スポットに行くつもりだったけれど、人の流れに乗っていたら、出口方面へ進んでいるのだった。ちょっとお、みんな展望スポットに行かないってこと?

アジャンター石窟の出口への道

この間違えた出口までの道には出店が並び、行商人が歩いていた。ピアスを販売する行商の人も!

ピアスを販売する男性

私は謎のピアスを購入。

ピアス

展望スポットへ

引き返し、階段を登って展望スポットへ。結構、のぼる。

道

どう猛な猿たちも出現。

木に登る猿

インドの鳥を見つけた!

枝にとまる鳥

さっきまで歩いていたアジャンター石窟群の全貌が見渡せる。この巨大な岩盤を彫って、壮大な寺院を造り上げたのよね。ほんとうにもの凄い偉業だわ。

ワゴーラー川に面した断崖に30の窟群

展望スポット

東屋があり、ドリンク販売の行商もいてた。「記念に石をプレゼントする」とつきまとってくる行商人がいて、全力で断る。ここから、どんな詐欺に発展するんだろう?

東屋

奥には、滝が見えた。ガイドブックには「Saptakunda」という名があった。

Saptakunda

Saptakunda

下山、出口ヘ向かう

渡ってきた橋も見える。

アジャンター石窟群の橋

パイナップルのカット販売。果汁が滴って、とても美味しそう。お腹を下すのが怖いので、やっぱり手を出せない。

パイナップル

もうひとつの橋を渡って、入場したゲートへ戻る。

鉄橋

入り口付近には、出発したときにはなかった露店が出店。賑わっていた。

ポン菓子販売する男性

木陰で休む人々

おしまい。

NEXT:
ローカルバスでアウランガーバードへ戻る

一悶着あったけれど、無事にローカルバスにのってアウランガーバードへ戻りました。

 

インド8日間(年末年始)

この旅のスケジュール

インドでお腹を壊した

 

アウランガーバード
Aurangabad

エローラ&アジャンター石窟群
観光の起点

 

ムンバイ
Mumbai

インドの大商業都市

 

バラナシ
Varanasi

ヒンドゥー教の聖地

 

サールナート
sarnath

バラナシから日帰りで行く
仏教の聖地

 

インド8日間(年末年始)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




アウランガーバードCBSでバスを待つ人アウランガーバード(7)ローカルバスで行くアジャンター石窟群(片道運賃 Rs.185)前のページ

アウランガーバード(9)アジャンター石窟群からローカルバスで帰る(Rs.185)、帰りのバスは難易度が高め!次のページバスに乗り込む人々

ピックアップ記事

  1. 【バリ島】お土産でコーヒーを買うならばどれ?コピ・ルアックからコピ・バリまで相手…
  2. 【百寺巡礼】第73番 清水寺 “赤と紺のノボリがはためく厄払いの寺”
  3. プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?
  4. 【礼文島】礼文島コース 4時間で登る礼文島最高峰
  5. いしかわ生活工芸ミュージアム 伝統工芸のキホンを学ぶ

関連記事

  1. 赤い粉をつける僧侶

    インド

    バラナシ(6)バラナシまちあるき〜夜編

    日没のバラナシを歩くアールティープージャーの始まるまえ、ダ…

  2. バスが到着
  3. 供物売店

    インド

    バラナシ(9)正午のガートは、一番空いている

    正午に歩くバラナシ。沐浴のピークタイムは早朝なのかな。…

  4. ボート

    インド

    バラナシ(3)ガンジス河でボートに乗ろう!ボートの種類と運賃の相場まとめ

    ガンジス河からガートを眺めよう。ガンジス河でボート遊覧。…

  5. バスに乗り込む人々
  6. ホテルムンバイと打ち上げ花火

    インド

    ムンバイ(5)インド門でカウントダウン!2023-2024

    2023-2024の年越しは、ムンバイのインド門にて迎えま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. コムギ作の勝手丼

    北海道

    【釧路】絶対に食べたい釧路のおすすめグルメ
  2. くまもんと八代駅

    熊本県

    温泉ざんまい!熊本南部 3日間の旅
  3. タイ

    バンコク市内からアムパワー水上マーケットまで。格安運賃のロットゥーでの移動レポ&…
  4. イスラエル・パレスチナ

    ここだけは外せない!エルサレム旧市街の観光スポット7選
  5. 2隻の掃海艇

    京都府

    青春18きっぷでいく週末弾丸旅!東舞鶴&西舞鶴
PAGE TOP