長崎県

【壱岐】郷ノ浦 ”春一番” 発祥の地

 

春一番の塔

壱岐島、郷ノ浦へ。

郷ノ浦
  • 大橋
  • 春一番の塔
  • 郷ノ浦の街並み
  • 郷土料理!?「スペ皿」を食す

郷ノ浦を訪れた旅

壱岐島3日間の旅・原付バイクでやってきた。

郷ノ浦

訪問時期:2023年5月

郷ノ浦大橋

バイクで通過。

郷ノ浦大橋

郷ノ浦港

橋の上から見える郷ノ浦港。

郷ノ浦港

栄えてる。

郷ノ浦港

原付バイク

春一番の塔

ここ壱岐・郷ノ浦は、「春一番」発祥の地。

春一番の塔

いまでは気象用語になっている「春一番」。この言葉の発祥は壱岐とのこと。

1859年に、この強い風を受けた影響で、大勢の地元の漁師が遭難した。

慰霊碑には、海と共生する壱岐の人々に自然の怖さを忘れないようにとの思いが込められているとのこと。

春一番の塔

春一番の塔
長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦
Googleマップ

 
階段を登って高台へ

階段

春一番の塔

53人の漁師が遭難したことを悼む塔。

春一番の塔

春一番ってキャンディーズの爽やかな曲のイメージが強いけれど、そもそも悲痛な出来事を経験として作られ伝承された言葉なのだと知る。

春一番の塔

春一番の塔の案内板

眺望よし

高台になってる塔のあるところからは、郷ノ浦の港がみえる。

春一番の塔から見える郷ノ浦港

春一番の塔から見える郷ノ浦港

春一番の塔から見える郷ノ浦港

ふもとにはお墓もありました。

墓

壱岐文化ホール(通過)

通過しただけ。立派なホール。

(壱岐文化ホール

郷ノ浦の大通りをぷらぷら

お目当の中華料理店の営業開始まで、郷ノ浦地区の繁華街をぶらぶら歩く。

ここもチェックしていたお店。今日はお休みみたい。

洋食と珈琲の店 トロル

河口。

ノスタルジックな町並み。

郷ノ浦のマンホール

郷ノ浦のマンホールは、鬼凧(おんだこ)。

鬼凧(おんだこ)
壱岐の百合若大臣の鬼退治の場面をかたどった壱岐の郷土凧で、あげる時すすり音がする。

そういえば、ゲストハウスにも飾ってあったな。

福壽飯店で人気メニュー「スペ皿」を食べる

昨日、郷ノ浦の公衆浴場で一緒になったお姉さんにオススメされたスペ皿を食べにきた。

地元の人気店で、開店後すぐに満席に。

福壽飯店
長崎県壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦131
Googleマップ 食べログ

餃子

小ぶりの餃子。

餃子

スペシャル皿うどん 

やっときた、スペシャル皿うどん。

スペシャル皿うどん 

炒めタイプの皿うどん。もっちりした麺と刻み野菜がたっぷり入ってる。「ご当地メニュー感」は薄いけれども、地元の人に愛されているメニューなんだなあ。ボリュームたっぷりでお値打ちでした。

スペシャル皿うどん 

おしまい。

NEXT:鬼の足跡(牧崎園地)

鬼の足跡を見に行く。

 

壱岐島 3日間

この旅のスケジュール

壱岐のお楽しみ

辰の島(無人島)

壱岐島の歴史を学ぶ

元寇ゆかりの地

壱岐島の雄大な大自然

 

壱岐の神社

壱岐七社めぐり

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




海豚鼻の岩礁【壱岐】海豚鼻  ”イルカのような” 壱岐最南端の岬前のページ

【壱岐】牧崎園地 牧歌的な大草原と「鬼の足跡」次のページ牧崎園地の草原

ピックアップ記事

  1. ビールを愛する旅人必読。ビールへの情熱と覚悟が試されるヨルダンのビール事情
  2. 【日南】南九州の小京都・飫肥(おび)
  3. 【壱岐】赤瀬鼻 荒々しいピンクの海岸
  4. トビリシから半日観光!ジョージアの古都ムツヘタで3つの世界遺産めぐり!
  5. プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?

関連記事

  1. 壱岐「ふうりん」の海鮮丼
  2. 白と黒の岩脈
  3. 姫神山砲台跡の赤レンガ
  4. 旧野首教会

    長崎県

    日本の「辺境」五島列島7日間の旅〜絶景&教会めぐり

    2022年ゴールデンウィーク、五島列島,長…

  5. 黒潮鮮魚店の刺身盛り
  6. 透明度の高い海

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



カテゴリー

  1. 万治の石仏

    長野県

    歴史・芸術・スピ・自然!秋の松本&諏訪3日間の旅
  2. 北京(中国)

    慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説
  3. 園内を走るSL

    静岡県

    虹の郷 SLも走る自然美あふれるアミューズメントパーク
  4. ロシア国鉄 予約

    ロシア

    自力予約で格安で乗る!ロシア国鉄チケットの購入方法を詳しく解説します♪
  5. 砲台跡を見上げる

    長崎県

    【対馬】廃墟好きにはたまらない!”撃たずの砲台” 豊砲台…
PAGE TOP