北海道

【釧路】路線バスで行く釧路湿原

 

丹頂ソフトクリーム

釧路湿原を見たくて、路線バスで釧路市湿原展望台へ。

現在の湿原の姿は、地球温暖化を思い巡らせるものだった。

釧路湿原について

日本最大の湿原と壮大な蛇行河川、それを育む森。釧路湿原国立公園として整備されている。

広大な釧路湿原

ラムサール条約の国内登録第1号でもあります。

バスで行ける釧路湿原

釧路湿原を楽しめるポイントは複数ある。でも、公共交通機関で行くならば限られる。釧路湿原展望台へはバスで行くことが可能。

阿寒湖バス

釧路湿原展望台へのアクセス

釧路駅からバスで行きます。釧路駅から釧路湿原展望台までは乗車時間40分程度。

阿寒バス(鶴居保養センターゆき)
¥680
釧路駅前バスターミナルー釧路市湿原展望台

釧路駅前バスターミナル

釧路駅前バスターミナル

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台

釧路湿原展望台遊歩道を歩く

展望台はさておき、散策路へ向かう。

まずはルートをチェック。
シンプルなので迷わないでしょ。

釧路湿原展望台遊歩道マップ

標識の横の入口からスタート。
でもこれ、一般的なコースと逆回りだった。

遊歩道の入口

ゆっくり歩いて、湿原展望台ではゆっくり過ごして、それでも1時間かからない程度。

遊歩道を歩く

このルートは木道が整備されていて、バリアフリーになっている。

木道

湿原を歩くものだと思っていたため長靴でやってきましたが、木道だけならばスニーカーで十分。むしろ、長靴は滑って困る。

大きい葉っぱ

湿原にきたのに、ただの林じゃない??
ひょっとして、この植物が釧路ならではなの?わからない。

木道

はばたき広場

少し歩くとすぐ、休めるような広場が用意されている。

はばたき広場

林の中は、涼しいな。

木道

あおさぎ広場

あおさぎ広場

ここは分岐点。

湿原探勝歩道への道は閉鎖中だった。

立入禁止のスコーン

なにそれ〜!歩く気満々で長靴履いてきたのにさ。こんなの、たんに遊歩道を歩いているだけじゃん。しかも林の中だしさ。どこが湿原なのよ。

分岐の標識

木道

木道をすすむと、やっと湿原がでてきた。

サテライト展望台

ここが、遊歩道の中のハイライト!
釧路湿原を見渡せます。

広大な釧路湿原

時間があるならば先を急がずにこちらでゆっくりしたほうがいい。

釧路湿原国立公園の看板

湿原探勝歩道へ行けなかった落胆は、こちらの展望台ですこし解消された。

サテライト展望台

それにしても、湿原ってこんなふうなの?
もっと沼地かとおもいきや、樹木が生い茂ってる。

広大な釧路湿原

遠くに見えるのは、山じゃなくてどこまでも平らで。

あれが根釧台地!?
突然思い出したワードに、義務教育ってすごいんだなあと感心させられる。

広大な釧路湿原

ほのぼのした気持ちに。

広大な釧路湿原

タンチョウは見つけられなかった。
コースの先へ進みます。

ふたたび林の中へ。

木道

丹頂広場

丹頂広場

ひだまり広場

ひだまり広場

つり橋

橋に虹がかかっている!

虹のかかった吊り橋

この吊り橋、見た目よりも、かなり揺れる。ぐわんぐわん。

吊り橋

こもれびの階段

可愛いらしい名前ですが、逆走してきたコムギからすると、ひたする続く階段。

こもれびの階段

ゼエゼエ。
やっと平坦になった。

林道

ゴール:釧路市湿原展望台

これにて木道は終了!

到着から1時間経過し、釧路駅へ戻るバスもちょうど良い時間帯。迷ったけれど、バスは1本見送って展望台(有料)に登ることにした。

釧路湿原展望台

釧路市湿原展望台

釧路湿原展望台入館料:480円

有料だし期待していた景観。
ん!?林ばっかりやないか!

展望台から眺める釧路湿原

そして、さっきのサテライト展望台よりも視界は開けていない。う〜む。

1階で買ってきた「丹頂ソフト」を食べる。北海道ミルク味。
暑くてすぐ溶けちゃう。

丹頂ソフトクリーム

ガイドさんの説明は必聴

展望台にはガイドさんが常駐されており、居合わせた観光客に説明してくださった。

釧路湿原を歩いて抱いた謎が解けた。

 

説明ガイドさん

止まらない湿原の林化

展望台からの景観がイマイチなのは湿原の林化のせい。

黄緑色の部分は「ヨシハラ」濃い緑が「ハンノキ」。手前に見える濃い林は、猛スピードで拡大しているハンノキ。

タンチョウの住処

本来ならば植林せずに緑が増えていくのは好ましいこと。でも、ここ釧路湿原にはタンチョウが住んでいる。タンチョウは手を広げたら2.4メートルもある。

丹頂の剥製

丹頂の剥製

タンチョウはその大きさのため、木が生い茂った林では生活できない。

タンチョウ保護のために環境省はハンノキを伐採した過去もある。しかし「タンチョウのためだけに人為的に自然環境を壊すのか」と学者より環境省に指摘がはいり、現在は様子を見ているそう。「あちらを立てればこちらが立たず」ってやつね。

そんなわけで、どんどん進む、湿原の林化。この湿原の姿も、どんどん変わっていくのだろうなあ。いま見ることができて良かったな。

釧路市民としての生活の話

ガイドブックには載らないような小話を聞くのも楽しい。2022年の釧路は記録的な暑さで、電気店に2台しかない扇風機が完売したとニュースになったんだって。

釧路の夏は涼しく、一般家庭にはクーラーがついてないのが標準。そして寒冷地だから釧路は野菜も米も育たない。でも、この温暖化でいつか米作できるのでは、と冗談。まったく非現実ではないところが、おそろしいね。

遠くに見えるのは釧路市街

どんどん発展して湿原を侵食してきたため、規制がはいったのだとか。

展望台から眺める釧路湿原

展望台には位置関係を把握できる指標もある。

案内標識

16時台には、他の旅行者がいなくなった。みんな車で別の展望スポットに行ったのだろうなあ。羨ましい。私はバスを待つしかない。

展望台

鳥の気配!
タンチョウ?と期待したけれど、違っていた。カラスだった。

カラス

帰り:釧路駅へもどる

阿寒湖バスで、釧路駅前方面へ戻りました。

バス停は展望台の目の前。

釧路市湿原展望台バス停

釧路駅前方面へ。

阿寒湖バス

釧路湿原を路線バスで見にいこう

レンタカーがなくても行ける釧路市湿原展望台。地球温暖化の影響をまざまざと見せつけられるスポットでした。

まだ湿原が残るうちに、
日本最大の湿原を見に行こう!

おしまい。

夏の道東7日間の旅

この旅のスケジュール(道東7日間)

知床のグルメ

知床クルーズ船

知床五湖を歩く

知床 カムイワッカ湯の滝

知床 フレペの滝

羅臼湖

釧路湿原

釧路のグルメ

根室半島1day

 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




”羅臼湖ルール” は絶対厳守!秘境・羅臼湖トレッキング前のページ

【釧路】絶対に食べたい釧路のおすすめグルメ次のページコムギ作の勝手丼

ピックアップ記事

  1. 週末海外!2万円で行く釜山、弾丸旅のスケジュール(広安里&草梁イバグキ…
  2. ルアンパバーンのランタン祭はとってもロマンティック!オークパンサーの夜
  3. 九州オルレ・高千穂コースで神々の里を歩く
  4. 【週末弾丸】突然の沢登りデビュー&草津から伊香保へ温泉地ハシゴ旅
  5. バス移動で節約!アカバからアンマンまでJETTバス乗車体験記

関連記事

  1. プレイマウンテンからみたモエレ山

    北海道

    モエレ沼公園へ”大地の彫刻”を見に行ってきた【札幌郊外】

    大阪在住の会社員コムギの、週末で行くス…

  2. 北海道

    ”羅臼湖ルール” は絶対厳守!秘境・羅臼湖トレッキング

    2022年8月、羅臼湖をめざし湿原や沼をめ…

  3. 恵山山頂

    北海道

    函館の活火山 恵山へ登ってきた

    函館からバスで2時間移動し、恵山(えさん)…

  4. 網走刑務所の正門

    北海道

    網走監獄・網走食堂・網走刑務所

    網走"監獄"関連3つのスポット。● 網…

  5. 漂う流氷

    北海道

    海一面の流氷に感動!網走粉砕観光船おーろら乗船記

    想像以上の絶景に感動した、冬のオホーツ…

  6. 墓参りする女性

    北海道

    函館山南端めぐり(立待岬・碧血碑・谷地頭温泉)

    函館山の南端エリア、立待岬&谷地頭エリアの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 白水阿弥陀堂の赤い橋

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】 第67番 白水阿弥陀堂 “山間に隠れる極楽浄土”
  2. ホップオンホップバス

    オーストラリア

    ツアーより格安で自由!ウルルのシャトルバス「Uluru Hop On Hop O…
  3. フレペの滝

    北海道

    フレペの滝&KINETOKO鑑賞(知床自然センター)
  4. フィリピン

    フィリピンの夜行バスに乗ってみた。ビガンからマニラまで格安運賃&時間の節約がメリ…
  5. エレファント・ランディング

    ラオス

    ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ
PAGE TOP