北海道

【知床】国後島も見えた!秘境知床岬航路・知床クルーズ乗船記

 

知床半島をオーロラ号

2022年8月、知床クルーズの乗船記。

大型船「おーろら」での3時間半の船旅で、知床半島をたっぷり満喫!

遊覧船沈没事故後の知床は閑散としていた

2022年4月に起きた知床遊覧船の沈没事故。この旅は、遊覧船事故の4ヶ月後、8月です。

観光客が少ない知床クルーズ
  • 知床観光船はハイシーズンの8月でも運行本数を減らしていて、午後発便は、なかった。
  • 大型クルーズ船も人が少なくゆったり乗れた。

2022年の事故後、北海道をめぐる団体ツアーでは、知床遊覧船がツアーから外されているんだって。事故の影響で、きっちり真面目に運営している会社までもが損害を被っている。

秘境知床岬航路

知床岬まで往復するコースを選択。事故を起こした遊覧船と運営会社は別だけれど、連絡の途絶えたカシュニの滝も通過するコース。

秘境知床岬航路コース

知床観光船おーろらについて

今回は、「おーろら」に乗船しました。

おーろら号

網走流氷と同じ船

「おーろら」は大型で、安心できると思い選択。

網走で流氷を見に行ったときに乗船したのも同じ「おーろら」で、夏は知床観光船に切り替わる。

秘境知床岬航路
出航時間:10:00
所要時間:3時間45分
料金:¥6,800(10%割引で¥6,120)

 1時間30分の「カムイワッカの滝航路」もあります。

予約&乗船券引き換え

事前予約しておくべし

2022年は事故の影響もあり閑散としていましたが、通常ならば大人気のこのクルーズ、事前予約しておくべき。

知床観光船オーロラ公式サイト

10%割引

乗船料の割引を見逃すな!見つけた割引方法は2つ。他にもあるかも?

じゃらんから予約
● 現地で割引クーポンを入手

割引クーポンを持参すれば、公式予約分も支払い時に割引適用してもらえます。クーポンは、ウトロバスターミナル、観光案内所、宿泊した宿に置いてありました。

おーろら割引券

乗船券に引き換え&支払

予約している場合でも、乗船前に切符売り場に赴く必要あり。

歩いて乗り場へ

切符売り場からのりばまで歩く。オロンコ岩のトンネルを越えて。

オロンコ岩のトンネル

ちょうど、カムイワッカ航路朝クルーズから戻ってきた船。

知床船着場

それにしても知床の海、オホーツク海は綺麗だな。

知床観光船おーろら
乗船記

早いもの順で良席が埋まるため、早めに並んでおこう。

おーろら号

コムギは2階のサイドデッキと決めていたけれど、出航までサイドデッキには入れず、なんだか落ち着かない。船内をウロウロ。

3F展望デッキ

見とおしはよく気持ちいい展望デッキ。でも日差しがキツそう。

3F展望デッキ

3時間45分の長旅だからなあ。

無料のソファ席

船内の無料席も、大きな窓から眺めることができるので良いとおもう。早い者勝ちだけれど、団体客がいないため空いていた。最初はうまっていたけれど、みんなデッキで眺めているのか、がら空きでした。

室内観覧席

2Fサイドデッキ

サイドデッキには、椅子席もあります。おすすめ!

サイドデッキに座る人

座りながら、のんびりと。

座って眺めて、ときには立って。

船から見るカシュニの滝

最初はガラガラだったサイドデッキも、良さに気づいたのか、途中からは立ち見客も。

サイドデッキからの眺め

売店

お、ビールも売っている!販売しているのは流氷ドラフトのみだった。

流氷ドラフト

双眼鏡を借りる

売店の行列をのぞいてみたら、みんな双眼鏡を借りているのでした。クルーズ船は沿岸から離れているため、動物や鳥を観察するのに重宝するみたい。

レンタルした双眼鏡

レンタル料¥500と、保証料¥1,000。保証料は返却時に返金してもらえるシステム。

事前に準備したもの

持ち込みOKと聞いていたので準備したものは、ビール!

買い込んだビール

4時間弱だと、何本飲むかな?足りなかったら嫌だなと思うと、この本数になった。結果、ぴったりでした。氷は、ビールを冷やす用。

出航

まずは「知床クラフトビール」からスタート。2階サイドデッキに陣取る。

しれとこ麦酒

イルカ発見

船内アナウンスが流れた。「皆様の左手にイルカが見えます」。あのパチャパチャしているところかな?双眼鏡が役立ったわ!

イルカを探す乗客

双眼鏡を使うのって、何年ぶりだろう?調整に手間取る。

小舟

早くも2本目に。

サッポロクラシック

 

サイドデッキのようす

カムイワッカの滝

明日のぼる予定のカムイワッカの滝。見えているところへはアクセスできないけどね。

カムイワッカの滝

タコ岩

独特のかたちの岩は、タコ足みたいだから、タコ岩。

タコ岩

確かにタコかも。

タコ岩

カシュニの滝

知床遊覧船沈没事故現場の近く、カシュニの滝。

カシュニの滝

ワイワイしていた乗客たちも、いつしか静かに、祈るように眺める。

カシュニの滝

本当に痛ましい事故。
事故の前に手配していた夏の知床旅行だけれど、もうこの夏は知床が閉鎖されちゃったらどうしようか心配だった。でも、クルーズ船も再開してくれた。一部の悪質な業者で被害を被っている知床の観光業従事者の方々。応援しています。

展望デッキに上がってみる。
おーろらは、大型船だからか、知床の沿岸から距離を取っていて、遠い。

3F展望デッキ

 

サイドデッキで知床を眺める

知床の断崖

知床岬

折り返し地点、知床岬。ここまでは陸路では来れない。

知床岬

国後島みえた〜!
近いのね。

知床岬と国後島

ぼんやり見えるのは、国後島にある岳のどれだろうか。

国後島

ちょっと飲みすぎてる?
ホワホワした気持ちで知床を眺める。

国後島

折り返し

知床岬をくるっと折り返し、船はウトロ港へ向かう。
船から眺める国後島

名残惜しい。

知床岬と国後島

ビールをあける。
足りるかな?

サッポロクラシックと国後島

サイドデッキは、逆側へ移動。

知床岬をサイドデッキから眺める

双眼鏡で探すけれど、鳥もあまり見つけられず。

双眼鏡

長旅でお腹がすいたあ。スナック菓子は置いてあるので、おもわず買ってしまった

チップスター

ふたたび、カシュニの滝。

カシュニの滝

デッキにも立ち寄り。
晴れていて気持ちがいいなあ。

展望デッキ

壮大な知床半島。

知床半島をオーロラ号

ヒグマを見た(豆つぶサイズ)

「みなさま、右手沿岸にヒグマの親子がいます」、アナウンスをきいて乗客がもりあがる。双眼鏡で探すけれど、これで合ってるのかしらと思うほどの小さな粒くらいのヒグマの姿。

まったく写らないだろうなと思いつつ撮影した写真、拡大してもヒグマとはわからず。でも、見たことにします。

ヒグマスポット

クンネポール

岸壁の岩にぽっかりと空いた穴がいくつも続くクンネポール。

クンネポール

小型観光船とすれ違う。

あっちのほうが楽しそうだあ!!
でも安全をとって、おーろらにしたのだった。

知床の断崖と観光船

ウトロ港に近づいてきた。

港へ戻るおーろら号

ゴール、のりばへ

13:30すぎ、港へ戻ってきた。

帰港したおーろら号

4時間弱って長いなあ、飽きるかなあと思っていたけれど、あっというまだったな。ビール効果!?

知床半島をたっぷり満喫!秘境知床岬航路

知床半島の景観は雄大ではあるけれど、ダイナミックさにかけるかな? それは、おーろら号が大型船で、沿岸部から離れて航行しているからかも。でも、

  • 大型船でゆったりで揺れも少ない
  • 船室もトイレもとっても綺麗
  • なにより安心して乗れる

おーろら号は、おすすめできるクルーズ。

行かれる方は10%割引をお忘れなく

おしまい。

夏の道東7日間の旅

この旅のスケジュール(道東7日間)

知床のグルメ

知床クルーズ船

知床五湖を歩く

知床 カムイワッカ湯の滝

知床 フレペの滝

羅臼湖

釧路湿原

釧路のグルメ

根室半島1day

 
 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




つなぎ温泉の露天風呂津奈木温泉 専用モノレールでいく露天風呂&絶景スポット(熊本県葦北郡)前のページ

【知床】“神・水” カムイワッカ湯の滝に登る次のページカムイワッカの滝

ピックアップ記事

  1. 砂漠に生きるイケメンたち。アラブの遊牧民・ベドウィンがカッコイイ!
  2. 【読谷よみたん】訪れるべきスポット10選!
  3. ブドウ畑を背景に乾杯!ミャンマー初のワイナリー【エーターヤー・ヴィンヤード】
  4. 【ぼてぢゅう】朗報!プライオリティパスで、お好み焼き屋ぼてぢゅうで¥3,400分…
  5. 【五島列島,奈留島】原付バイクでめぐる奈留島6時間

関連記事

  1. すすきの交差点のニッカの看板
  2. 恵山山頂

    北海道

    函館の活火山 恵山へ登ってきた

    函館からバスで2時間移動し、恵山(えさん)…

  3. 漂う流氷

    北海道

    海一面の流氷に感動!網走粉砕観光船おーろら乗船記

    想像以上の絶景に感動した、冬のオホーツ…

  4. 墓参りする女性

    北海道

    函館山南端めぐり(立待岬・碧血碑・谷地頭温泉)

    函館山の南端エリア、立待岬&谷地頭エリアの…

  5. 木道とポニー

    北海道

    夏の北海道,道東エリアをバスでめぐる!旅の費用とスケジュール

    公共交通機関で行く北海道・道東の旅7日間。…

  6. 北海道

    ”羅臼湖ルール” は絶対厳守!秘境・羅臼湖トレッキング

    2022年8月、羅臼湖をめざし湿原や沼をめ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 鹿児島県

    知覧で「特攻」の史跡をめぐる
  2. フィリピン

    【ラワグ】はじめてのフィリピン!ラワグ市内観光でフィリピンを感じる
  3. 北京(中国)

    慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説
  4. ギリシャ

    女子ひとり旅【サントリーニ島】へはアテネ空港から飛行機&格安ローカルバスがオスス…
  5. 掘割を泳ぐ鯉たち

    週末国内旅

    春の山口・島根旅(1) 山陰の小京都・津和野をめぐる
PAGE TOP