ブルネイ・ダルサラーム

近くてマニアックなアジアの富裕国!ブルネイのおすすめ観光スポット8選

 

ブルネイ・ダルサラームの見所はなに?

あまり馴染みのない東南アジアの富裕国家、ブルネイ・ダルサラーム。ブルネイ・ダルサラームに行ったならば絶対行きたい!観光スポットをダイジェストでご紹介します

目次
1.オールド・モスク
2.ニュー・モスク
3.水上集落
4.ブルネイ川をボートクルーズ

5.ウル・トゥンブロン国立公園ツアー
6.セリア油田
7.ナイトマーケット

1.オールド・モスク

 

オールド・モスクとは、スルターン・オマール・アリ・サイフディーン・モスクのこと。バンダル・スリ・ブガワンの中心にそびえ立つ姿はとても美しい。金色のドームも神々しい。

ライトアップされた夜のオールド・モスクも美しいのでおすすめ!

 

2.ニュー・モスク

ジャメアスル・ハッサナル・ボルキアモスク。オールドモスクに対して「ニュー」モスクと呼ばれる、現国王のモスク。バンダル・スリ・ブガワンの中心地から離れている。

さすが、豪華な内装だわ。

夜のライトアップももちろん素敵です。エキゾチック!

3.水上集落 カンポン・アイール

バンダル・スリ・ブガワンの、ブルネイ河の対岸に佇む、カンポン・アイール水上集落。貧しいから水の上に住んでいるわけではありません。国が土地を支給するといっても、住み心地がよく離れないのだとか。住めば都なのか!?

ちゃんと、学校や消防署などもあるのです。びっくりですよね。

4.ブルネイ川をボートクルーズ

ブルネイ川を漂う船をチャーターしてブルネイ川クルーズを楽しむことが可能。船頭との交渉次第ですが1時間20ブルネイドル(約1,600円)でチャーターできました

テングザルにも会えるよ。遠目に見てもビッグサイズの鼻に驚くはず。

夕暮れどきを見計らえば、すばらしい景色に出会えるかも!

 

悪質な船頭もいるので、ボート選びにはお気をつけて!

5.ウル・トゥンブロン国立公園ツアー

オイルマネーだけではありません。ブルネイには豊かな大自然こそが魅力なのです。バンダル・スリ・ブガワンからボートで1時間弱のウル・トゥンブロン国立公園は必訪スポット。本物のジャングル・クルーズが楽しめます。熱帯雨林を浅いロングボートで疾走するのはなかなかスリリングで楽しい体験。

ツアーではキャノピーウォークも楽しめる!

ツアーにはラフティング体験も楽しめた。漕ぐのはなかなかきつかった。

6.セリア油田

ブルネイの富の源泉・海上油田を見に行こう。バンダル・スリ・ブガワンからバスで2時間もかかりますが、ローカルの乗り物に乗るのも楽しいですね。国土の狭いブルネイ、バンダル・スリ・ブガワンから遠出してでも見るべきスポット。

海上油田の波打際は、湾岸戦争のニュースを彷彿させる水質だった。

7.ナイトマーケット

ブルネイで何食べよう!?せっかくならば、ナイトマーケットへ繰り出してみることをお勧めします。半屋内の広いマーケットのなかに、たくさんの屋台が並びます。

ブルネイはイスラム国のためアルコールが飲めません。マーケットでももちろん買えず。その代わり、巨大サイズのジュースがもりだくさん!氷は入った状態で陳列されています。溶けちゃわないか心配になる。そして派手なカラーリング。

夜に得にすることのないブルネイ滞在中。ナイトマーケットを楽しもう。

8.The Mall

ブルネイにある大型ショッピングモール、「TheMall」。ナイトマーケットの「ガドン・マーケット」とは目と鼻の先にあるので、まとめて訪れるのも良いですね。

ショッピングモールといってもいたって普通。映画館があったり、フードコートもあります。

併設されているホテルの内装は独特でゴージャス!一見の価値アリですよ。

ブルネイに行きたくなった?

国土の面積は三重県と同じくらいの小さい国、ブルネイ。そしてその7割が森林。

その狭さがゆえ、観光できるところは少ない。でもそこがイイ!連休を利用しての週末弾丸旅にピッタリなのです♪

他の東南アジア諸国と一風変わったブルネイ・ダルサラーム、弾丸一人旅におすすめします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. カトマンズ行きのフライトが欠航に!そのときネパール航空の対応は?
  2. 【アンマン国際空港】ヨルダンのワイン&ビールが楽しめる『PETRA LOUNGE…
  3. 週末弾丸で行くチェンマイ。旅費4万円でもこんなに楽しめる!
  4. アラビアのロレンスの砂漠を駆け抜ける!ワディ・ラム4WDツアー体験記
  5. OLだって旅したい!通算24回旅した2018年弾丸旅の全記録

関連記事

  1. ボートで手を振る船頭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. エルサレムの猫

    イスラエル・パレスチナ

    エルサレム旧市街へ行く前に知っておきたい7つQ&A
  2. 街を走るトラム

    オランダ

    アムステルダムはトランジット観光にオススメ!その理由と効率よく観光するコツ
  3. カフィーヤ

    ヨルダン

    魅惑のアラビア!ヨルダン・ハシミテ王国ってどんな国?
  4. ピンクガネーシャ

    タイ

    週末海外!会社を休まずに行くバンコク最旬インスタ映えスポットをめぐる旅
  5. 釜山(韓国)

    釜山のアーティスト・kosantaさんにオシャレな似顔絵を描いてもらおう
PAGE TOP