ブルネイ・ダルサラーム

ブルネイ旅の夕食にピッタリ!ガドン・ナイトマーケット

 


ガドン・ナイトマーケットで働く人

ブルネイの首都、バンダル・スリ・ブガワンの夜は暗い。

夜遊びと食事をかねて、夜にはにぎわうナイトマーケットへ行こう。マーケットの規模が多く、ザ・モールにも近いガドン地区のナイトマーケットがおすすめ

アジアのナイトマーケットのなかでは異色!?ブルネイ独特の雰囲気も楽しめますよ♪

目次
1.アクセス
2.ナイトマーケットの雰囲気は?
3.屋台ではこんなものが売っている
4.充実のナイトマーケット、唯一の不満点は?
5.ブルネイの夜ごはんはガドン・ナイトマーケットで決まり!

ガドン・ナイトマーケットへのアクセス

ガドン地区にあります。

ブルネイ随一の規模を誇るショッピングセンター、”ザ・モール”からすぐ。徒歩5分くらい

ザ・モール

ザ・モールが見えている!

アクセス

ガドン・ナイトマーケット
Simpang 37, Bandar Seri Begawan, ブルネイ・ダルサラーム

ホテルのサービス、シャトルバスで向かう

シャトルバスでガドン・ナイトマーケットへ向かう

コムギは、宿泊したホテルのシャトルバスでナイトマーケットまで連れて行ってもらいました。

らくちんだ。

ガドン・ナイトマーケットの看板

2泊3日のブルネイ滞在中、3夜とも通ったほどおお気に入り。

いついっても大にぎわい、人気のマーケット!

ガドン・ナイトマーケットの外観

ナイトマーケットの雰囲気は?

アジア各国には夜な夜な賑わうナイトマーケットがありますが、ブルネイのナイトマーケットは、一風ちがっていた。

なんだか、とても整然としていた。

オープンでクリーンなマーケット

コンクリートの開放的な建物の中に、お店が並ぶスタイル。

ガドン・ナイトマーケットは広々

雨が降っていても、お店も人も大丈夫。

ガドン・ナイトマーケットで働く人々

人も多いけれど、天井も高くて開放感があるし、通路もとっても広い。

ガドン・ナイトマーケットのお客さん

なんだか、アジアっぽくないぞ・・・!?

キャンプ場の炊事場みたい

中には炊事場もついています。

ガドン・ナイトマーケットの炊事場

各店舗あたりひとつくらい設置されていた。

ガドン・ナイトマーケットの炊事場のアップ

衛生環境はバッチリ。

これまた、東南アジアっぽくないような・・・?

イートインスペースあり

屋台で食べ物を買うと、基本的にはすべてテイクアウト用として渡されます。

ガドン・ナイトマーケットでは基本はテイクアウト

ですが、通路脇にはたくさんのイートインスペース(といっても、アルミの簡易テーブル)があるので、誰でも利用できます。

イートインスペースで食べるお客さん

屋台でたくさん買い込んで、みんなでワイワイ食べるのがスタンダードな楽しみ方のようです。

毎晩、店じまいする

お店は、閉場時間なのか、21時になるとまばらになってきた。

毎晩その都度、お店じまいするみたい。

ガドン・ナイトマーケットでは毎晩店じまい

お店は、もぬけの殻!

ちゃんと、椅子も台に上げられているので、掃除もしやすそう。

炊事場も片付け終了

きわめて衛生的な、ブルネイのナイトマーケット。

屋台ではこんなものが売っている

賑わうマーケット

たくさんの屋台が並ぶガドン・ナイトマーケット。

お店も多いし、人も多いし、とにかく賑わっています。

行列ができるお店

食べ物の種類は何パターンかで、似たようなお店も並びます。価格も、たぶん、さほど変わらない!?

BIGサイズのジュース、日本で見かけないフレーバーも

とにかくいちばん驚いたこと、それは、ブルネイのジュースのBIGなサイズ。

BIGサイズのジュース

BIGサイズだけれど氷もたっぷり入っているので、とても冷たい。

売り方も大胆。大きいタンクに入ったジュースをカップに入れてくれる。

タンクにはいったジュース

そして、なんだかわからない、奇妙なフレーバー。

緑色のジュース

ゼリーやタピオカは、なんとなくわかるのですが。。

トウモロコシが入ってる!

トウモロコシの入ったジュース

さすがに、驚いたわあ。

チョコミントかな?と思ったら、ドリアンだったり。

ドリアンのジュース

ドリアンのドリンクは、BIGサイズジュースの通常価格1ブルネイドル(約80円)の2倍、2ブルネイドル。高級ジュースに属していた。

同じく、高級ジュースの、ココナッツ・シェイク。

ココナツミルクのシェイク

いろいろ変わり種があるなか、冒険できないコムギです

思ってたよりも甘さは控えめでした。おいしかった♪

揚げ物が多い

揚げ物屋さんがとても多かった。

その場で挙げていくけれど、どんどん積み増していく。

ガドン・ナイトマーケットには揚げ物が多い

その場であげる

甘いドーナツも惣菜と一緒に並ぶ。
揚げ物カテゴリが同じだからかな?

ドーナツ

うーむ、胸焼けしそう。

豪快なチキンが人気

イスラム教が国教のブルネイでは豚肉が食べることができません。そのせいか、チキンのお店がたくさんあった。

チキンが大人気

チキンはBIGサイズが基本。

煙をモクモクだしながら、焼いてくれます。

チキンを炙る女性

陳列されているチキンを選んだら、もういちど炙ってくれる。

チキンのお店からは煙がモクモク

コムギもちいさめの手羽元を食べたよ。

ビッグサイズのチキン

そのままではBIGサイズなので、ぶつぎりにしたうえで渡してくれる。甘酸っぱいソース付き。

これで4ブルネイドル(約320円)。

タコヤキも売っていた

大阪のソウルフード、TAKOYAKIも売っていた。

タコヤキ販売店

イスラム教はたしか、「ウロコのない食べ物」はNGだったんじゃなかったっけ??
タコもNGなんじゃなかったっけ?

とおもって調べたら、上記NGなのはイスラム教のなかでも、シーア派ということ。

ですが、タコがはいっているかどうかは謎のまま。誰か、食べてみてください。

ド派手なカラーのお菓子

スイーツもうっている。とにかくカラフル!

マーブル模様のカステラ

カステラ?スポンジ?
マーブルカラーが毒々しいです。

フローズンも派手なネオンカラー。

カラフルなフローズン

正体不明のお菓子もありました。

パステルカラーのお菓子

メルヘンチックで可愛いね。

米麺・チャ―クイティオの人気店

米麺を炒めた料理、チャ―クイティオ(Char Kway Teow)の人気屋台がありました。

チャ―クイティオの人気店

レジを済ませたら、番号札を渡されて待つしくみ。このガドン・ナイトマーケットで唯一行列ができていた店。

他の店が人気がないわけではなくて、注文を受けてから好みどおりに作るので時間を要するってこと。

米麺

といっても迅速な調理。

人気店で順番待ち

前に4人くらいいたけれど、注文後に出てくるまでは5分程度でした。

チャ―クイティオ(Char Kway Teow)

チャ―クイティオ、4ブルネイドル

4ブルネイドル(約320円)。すごいボリューム!

コムギは、よくわからないから「スペシャル」と書かれたやつにしました。

そして、「Spicy?(辛いのにする?」と聞かれたので、スパイシーにしてもらった。

エビと、小さな貝の身がたくさんはいっていた。きっとこれがスペシャルたる所以なのだろう。

見つけたら食べたい大好物”サティ”

東南アジア版。串焼き、サティ。

サティ

1本で1ブルネイドル(約80円)。

注文したら、タレをつけて炙り直してくれる。

サティを炙る

9月のマレーシア、ジョージタウンで食べた羊のサティが美味しかったことを思い出し、羊にしたよ。

羊肉は好物です。ちょっとくせのあるところも好き。

羊のサティ

羊のサティ。美味!

ですが、マレーシアでも、ここブルネイでも、羊はとってもムッチリしていて、独特の羊臭が薄い!

美味しいです!鳥より断然おすすめ。

10本くらいは余裕で食べれそう。

100円以下で食べれる!驚きのチープ飯、ナシカトック

ナシカトックは、ブルネイの有名チープグルメ。

ナシ=ごはん
カトック=ドアをコンコンたたくこと。

ごはんを求めてドアをノックする人に安価で提供する簡単ファストフード。それがナシカトック。

なんと、これで1ブルネイドルなんです。約80円!

ナシカトック

ナシカトックは、
ライス、チキン、サンバルソースが基本らしい。

ナシカトック

驚きの価格!約80円

これひとつでお腹いっぱいになりそうなので、選ぶのは諦めた。

お金持ちブルネイでのチープ飯。ネタとして経験すべきだったかな?

危険!ドリアンゾーンあり

広いナイトマーケット。

ある地点を超えると、ヤツの臭いがする・・・

ドリアンのセット売り

大量のドリアンが売られています。

ドリアンの、山・山・山!

ドリアンの山

なかなか強烈な臭いですね。

ドリアンと販売員

南国っぽさをかんじます。

充実のナイトマーケットの唯一の不満点は?

ガドン・ナイトマーケット外観

食べても美味しい♪
注文も簡単!
ひとりでも気楽♪

そんな楽しい、ガドン・ナイトマーケット。

唯一の不満点は、ビールを飲めないこと!

禁酒国ブルネイではアルコールが一切買えません。

3日間、一滴もアルコールを飲まないのなんて、いつぶりかしら(遠い目)

毒々しい色のジュース

ビールのかわりに、BIGサイズの甘いジュースを飲んでいました。

禁酒よりも体に悪そう!?

お酒に合いそうな料理

こんなにビールに合いそうなお料理なのに、この国ではビールと組み合わせることが叶わないなんて。。

切なかったです。郷に入らば郷に従え!で我慢しましたが、やっぱりビールがあったら最高だったなと帰国した今でも思っています。しつこい?

ブルネイの夜ごはんはガドン・ナイトマーケットで決まり!

ガドン地区のナイト・マーケット。

規模も大きく、明るく賑わっていて冷やかすだけでも楽しいよ。

指差しで注文できるので、言語に自信がなくても買いやすいし、一人旅ならチョコチョコいろいろ食べることができる屋台は重宝しますよね。

ガドン・ナイトマーケット、ブルネイ旅での夜ご飯におすすめです。

ナイトマーケットで買い物する女性たち

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ
  2. インスタ映えバツグン!釜山で出会ったカラフルスイーツたち
  3. コスパ抜群の死海リゾートホテル。モーベンピック リゾート & スパ デ…
  4. アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?
  5. ハラゴシラエして歩くのだ。手頃で美味しいヘルシンキおすすめフード情報

関連記事

  1. ボートで手を振る船頭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 風水マンション

    香港

    香港随一のパワースポット!淺水湾は冬でもパワー全開
  2. バングラデシュ

    しあわせってなんだろう?バングラデシュで出会った人々。
  3. ラウンジの看板

    空港ラウンジレビュー

    【カトマンズ】プライオリティパスで無料のラウンジ『Executive Loung…
  4. 嘆きの壁で祈りを捧げる超正統派のユダヤ教徒男性

    イスラエル・パレスチナ

    ユダヤ教の聖地、かつての神殿の象徴「嘆きの壁」で祈りを捧げる人々
  5. 空港ラウンジレビュー

    【ベトナム:ダナン国際空港】非の打ちどころナシ!いつまでも居座りたい【CIP O…
PAGE TOP