ジョージア

絶景!トレッキングルートを歩いてツミンダ・サメバ教会へ

 

下から見上げるツミンダ・サメバ教会

ジョージアの秘境とよばれるスポットのひとつ、「ツミンダ・サメバ教会」を「車道+トレッキングルート」で向かってみた写真付き記録。タクシーで行ったら見ることができない絶景も拝めます。体力のあるかたにオススメです。

絶景!ツミンダ・サメバ教会

ジョージア軍用道路でカズベキ村へ

ツミンダ・サメバ教会は「ジョージア軍用道路」で向かう「カズベキ」からアクセス。

教会へのアクセス:タクシーまたは徒歩

カズベキの街から、山上にあるツミンダ・サメバ教会までは公共交通機関はありません。うようよ待機しているタクシーに乗るか、徒歩で向かうかの2択です。

タクシーで移動
・往復 40ラリ(待機時間含む)
・所要時間:片道10分

徒歩(トレッキングルート含む)
・無料
・所要時間:
片道1時間15分(Googleマップ数値)
実際は、2時間(途中で適宜休憩ふくむ)

タクシーだと一瞬で到着します。カズベキ村では他にすることがないし、歩くのが好きなコムギはトレッキングルートを含む徒歩コースを選択

絶景も楽しめるので、健脚なかたには徒歩コースを挑戦されてはいかがでしょうか?

歩き始めるまえに腹ごしらえ

ジョージア軍用道路のロングドライブを経て、トレッキング前に腹ごしらえ。カズベキ村のレストランにて。まあ美味しいけれど、絶品でもなかった。

チキンスープとしいたけのチーズ焼き

ツミンダ・サメバ教会はトレッキングルートを実際に歩く

ツミンダ・サメバ教会は山の頂上にあるため、往路は坂道がつづく辛い道のり

地図

カズベキのバスターミナルから、ツミンダ・サメバ教会(ゲルゲティ三位一体教会)へ、今回オススメするコースは徒歩1時間20分。

コムギの登ったトレッキングルートはこちら。

途中まで車道を歩き、ハイライト部分でトレッキングに切り替えるルート

トレッキングコースの地図

トレッキング部分は上の地図の赤字のみ。それまでは車道を歩きます。

本格的なトレッキングルートもありますが、メスティアでの登山の悲劇もあるし、なるべくいいとこどりのルートがいい。

いざスタート!ツミンダ・サメバ教会へ

カズベキのバスストップからすぐの食堂で食事をしたあと、いよいよツミンダ・サメバ教会へ。

道路標識

ツミンダ・サメバ教会は、「ゲルゲティ三位一体教会」とも呼ばれている。標識は「ゲルゲティ」を目指そう。

ゲルゲティへの標識

はるかかなたに見えるゴール

歩き始めて遠くに見える教会。本当にたどり着けるのかしら。。

ツミンダ・サメバ教会ト

すぐに坂道がつづく

ツミンダ・サメバ教会を目指す道路

途中で、ワインボトルが可愛らしいお店も。

ワインボトルのディスプレイ

崖には十字架が。

崖の十字架

集落を通りぬける

しばらく歩くと、集落エリアに進みます。

集落斜めの電柱と道路

こういう、なんてことのない道を歩くのも楽しいね。

カズベキ村の集落

カズベキ村の集落

車道を延々と歩く

まだまだ続きます。

ツミンダ・サメバ教会を目指す道路 ツミンダ・サメバ教会を目指す道路 ツミンダ・サメバ教会を目指す道路

振り返ると、絶景!そして他にも登山者がいる。

ツミンダ・サメバ教会を目指す道路

キャンプを楽しむファミリーを横目で見つつ、進む。

キャンプを楽しむ人々

車道を通る馬の姿も。ここは家畜と共存する国、ジョージア。

道路を通る2頭の馬

ふと見る景色が絶景。でも暑い。坂もきつい。

ツミンダ・サメバ教会を目指す道路 ツミンダ・サメバ教会を目指す道路

分岐点、トレッキングルートへ

ようやく、トレッキングルートの入り口へ。すこしわかりづらいので注意。

トレッキングルートの入り口

予想よりもだいぶん、急な坂。Googleマップでは「ゴールまであと、11分」と出るけれど、絶対無理でしょ!な急な山道。

トレッキングルートではなく、そのまま車道を歩き続けるルートもあります。

迂回ルートの地図

上の地図の↑青いルートが車道ルート。長そう・・・!

実際にトレッキングルートをみて怖いなと感じる方は、長いですが傾斜の緩い車道ルートを選びましょう。

滑りやすい!傾斜がきつくて怖い

とにかくしんどくてなかなか進まない、トレッキングルートの坂。

トレッキングルートの山道

途中で休憩。たった11分のルートなのに休憩?なんて思うなかれ。とても傾斜がきつくシンドいのですよ。

他の登山者もみんな休憩しているし、カズベキ村の絶景も見えます。

トレッキングコースから見る絶景

頂上を目指すだけが登山にあらず。のんびり休憩を楽しみました。

まだまだ、登り続けます。

トレッキングルートの醍醐味、それは絶景

車移動では見えない絶景がトレッキングルートにはあります。

それは、下から見上げるツミンダ・サメバ教会。

急な坂

かわいい野花も咲いています。フラワーハイキング!

紫色の野花

野花とミツバチ

ですが実際は、花を愛でる余裕なし

坂がきつくて汗だく、転げ落ちそう。トレッキングポール、必携ですよ。

急な坂

近づいているようで、なかなかたどり着かない教会。

トレッキングルートから眺めるツミンダ・サメバ教会

花が咲くトレッキングルート

ようやく到着

ようやく頂上付近へ。

下から見上げるツミンダ・サメバ教会

あー疲れた。でもこの角度から眺めることができるのはトレッキングルートから

トレッキングルートから眺めるツミンダ・サメバ教会

天気が悪くて奥のカズベキ山は見えない。

十字架

多くの観光客が教会にいるのが見える。こっちは絶景見てきたんだからね。

下から見上げるツミンダ・サメバ教会

ツミンダ・サメバ教会

ようやく到着したツミンダ・サメバ教会。タクシーや自家用車できた観光客でいっぱい。

売店・トイレはない

山上には売店もトイレもなかった。

絶景が広がる頂上付近

こんなに観光客がいっぱいいるのに、なぜなのー。車道もあるんだから運搬も楽でしょうに。トレッキングルートで水を飲み干してしまったコムギは怒り心頭。

井戸水が飲める

売店はありませんが、冷たい井戸水が汲み上げられているのでそちらを飲む。ありがたい!

井戸水

お腹壊さないかしらと不安になりつつも、喉の渇きが耐え難く、ありがたく飲む。冷たくて美味しい。ちなみにジョージア含むコーカサス地域のお水は硬質。

復路の分をペットボトルに詰めて。

ボトルに詰めた井戸水

お腹は壊さなかったことをご報告しておきます。

ツミンダ・サメバ教会の観光客

教会は無料、女性は着衣ルールあり

入場料などは不要。自由に入場できますが、女性はスカーフを被り、肌を露出しない、ズボンを履いていたら布を巻いてスカートにするなど厳しいルールがあり。無料で貸し出してくれます。

ツミンダ・サメバ教会

絶景が見える

教会敷地からは絶景が見えます。まあ、トレッキングルートにて眺めてきて風景なんですけどね。

トレッキングコースから見る絶景

復路:同じルートでカズベキへ戻る

帰りも同じルートで。正直な気持ちは「もうウンザリだ」です。往路だけで十分だ。

トレッキングする女性

くだりのトレッキングルートは怖い

怖い理由は「滑りやすい」こと。下りは登りよりも体は楽ですが、すべって転びそうで気を抜けません。へっぴり腰で下る。トレッキングポールがあれば大丈夫かな。

カズベキ村

それにしても、絶景だわ。

ふたたび車道を歩く

下りのトレッキングルートは10分程度で乗り越え、あとはひたすら車道を歩くだけ。登るのは大変だったけれど、下りは爽快だわ。

ツミンダ・サメバ教会を目指す道路

歩き出すやいなや、走行中のバンに声をかけられる。

男 性:乗っていかない?
コムギ:いくら?(2ラリくらいならば乗ろうかな)
男 性:10ラリだよー

高い〜〜!
10ラリはおそらく相場だろうけど、まだ歩けるし、お断り。もうしんどい部分はクリアしたしな。

男 性:じゃあ、いくらだったら乗る?
コムギ:いや、いいです。わたし、歩くの好きなんです。

バイバーイと去っていったと思いきや、すぐにバックで戻ってきた。

男 性:HAHAHA! タダでいいよ。乗りなよ!

お、お金がないと思われたのかしら?好意に甘えて載せてもらうことに。

タクシー

他には別の乗客も。どうやら相乗りだったみたい。みなさん降りるときにいくらか払っていました。私だけタダです、ありがとう。若干、気まずい。

カズベキのバスストップ

ちなみに、徒歩50分のところ、5分もかからず到着。車はすごいな、楽チンだ!

車内から見たカズベキ

ビール休憩

バンは、カズベキ村の車だまりへ到着。ジョージア軍用道路ドライブで到着したところと同じ場所です。

カズベキのバスストップ

予定より早く着いたし、トイレも行きたいし、とりあえずビール休憩だ。

カズベキのビール

目の前のレストランでビール。カズベキの地元メーカーみたい。

帰りはふたたび、乗合タクシーでトビリシへ戻りました。

トライしてみる?ツミンダ・サメバ教会のトレッキングルート

ご紹介したルートは完全トレッキングルートよりも負担が軽く、ハイライトだけトレッキングするおすすめルート。

なかなかキツくはありますが、トレッキングルートの道中、下から見上げるツミンダ・サメバ教会は「これぞジョージア!」と感動すること間違いなしの絶景。体力に自信があるかた、ぜひトライしてみることをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



楽天トラベル

Booing.com画像

ピックアップ記事

  1. 豪華寝台特急レッド・アロー“赤い矢”号で行く!サンクトペテルブルクからモスクワま…
  2. ジョージア軍用道路でカズベキへ!乗合バスの選び方&乗り方完全ガイド
  3. 北京で夜遊び!王府井小吃街でチャイニーズ屋台食べ歩き
  4. 週末海外!3連休で行くハルビン(哈爾濱)&成都パンダ基地 旅のスケジュ…
  5. 【失敗談】ウブド・“楽園の散歩道”で迷子になる。不安になったら来た道を戻れ!

関連記事

  1. ジョージア軍用道路の絶景
  2. ムツヘタ行きのマルシュルートカ
  3. シュクメルリとビール
  4. スヴェティツホヴェリ大聖堂の外観
  5. 絶壁に立つ十字架

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ブルネイ・ダルサラーム

    ボートをチャーター!ブルネイ川クルーズ1時間。テングザルにも会えるよ
  2. エル・ハズネ

    ヨルダン

    1日でたっぷり楽しむペトラ遺跡。攻略には時間配分&体力配分が重要!
  3. タイ

    バンコク市内からアムパワー水上マーケットまで。格安運賃のロットゥーでの移動レポ&…
  4. ウェルカム看板

    インドネシア

    バリ島・ングラ・ライ国際空港でのSIM購入・両替・空港タクシーについて事前に知っ…
  5. ロシア

    夕暮れどきがオススメ!ボートツアーで運河から眺める水の都サンクトペテルブルク
PAGE TOP