山形県

おくのほそ道を歩く|天童 将棋の駒のまち

 

王将の駒の碑

大阪在住の会社員コムギの、
スパルタントラベラー日記。

おくのほそ道ゆかりの地めぐり。

おくのほそ道〈出羽路〉
天童

おくのほそ道:天童

天童:山寺行きを強くすすめられ、尾花沢から引き返し山寺へ向かう際に通過。

掲載箇所

山形領に立石寺(りゅうしゃくじ)といふ山寺あり。
慈覚大師の開基にして、殊に清閑の地なり。
一見すべきよし、人々のすゝむるに依りて、尾花沢よりとつて返し、その間七里ばかりなり。
注釈:その間とは:本飯田、六田、楯岡、天童を指す。

具体的な地名は記載されていない。

おくのほそ道ゆかりの地:
天童を歩く

おくのほそ道は、古来の歌枕を巡る旅だった。

おくのほそ道ゆかりのスポットを旅している私は、当時の芭蕉翁と同じような旅をしているんだな。

天童では、

芭蕉塚(句碑)
人間将棋会場の見物

▼ 天童を訪れた旅
リンクカード

スタート:
天童駅

山形駅を起点に天童へ。

独特のデザインの駅舎。

天童駅の外観

天童は将棋の街だった。

道中に姉とメッセージをやりとりしていた。いま天童に向かっていると話したら、

天童は将棋の街だよね。
3月のライオンで見た〜!

彼女の情報はマンガ経由が多い。

私は読んだことがなく、わけがわからないまま天童にやってきた者です。

 

天童でみつけた将棋関連のもの

街を歩いていると、目に飛び込んでくる将棋関連のもの。

湯のまち天童、あなたの旅に、王手

キャッチコピーで、心を奪われた。

天童のキャッチコピー

王手かけられた!

郵便ポスト

赤いポストの上に鎮座する王将の駒。

将棋の駒が乗ったポスト

詰将棋タイル

なんだこれ!駅前にあるタイル。

詰将棋タイル

詰将棋できるらしい。

天童駅前の詰将棋タイル

歩道にもある詰将棋。

詰将棋タイル

将棋駒が天童市の名産であることから設置されている。ポケストップが教えてくれた。

電信柱にもありました。

詰将棋の電柱

天童市のマンホール

もちろん将棋の駒がモチーフ。
水色と黄色のカラーリングが派手でカワイイ。

天童のマンホール

小路南公園

いたるところに駒駒駒。

王将の駒と左馬の駒

名産であることは承知した。将棋の駒って、そんなに売れるものなのかしら?

舞鶴公園へ向かって歩く

綺麗に整備された道だけれど、昭和な雰囲気です。

カラス電機ショップ

もしやこの鳥は、鶴?
舞鶴?

ツルの看板

建勲神社(通過)

織田信長公を祭神とする。ただし読み方が異なる。
京都:建勲(けんくん)
天童:建勲(たけいさお)

めっちゃ立派な神社だとは気配でわかりましたが、なんせ時間がないの。

建勲神社

「山神」の石。こういう石の理由や目的を知りたい。いつかわかるときが来ますように。

山神の石碑

天童織田の里歴史館(通過)

こちらを通り抜けて、公園へ。

天童織田の里歴史館

なんだか素敵な建物だね。

天童織田の里歴史館

翁塚

歴史館の奥に、目的地はありました。

天童公園の端の芭蕉塚

翁塚

翁は、芭蕉翁のこと。

芭蕉翁が天童を通り山寺を参拝し、念仏堂にて「古池や蛙飛び込む水の音」の句を読んだ、行脚70年記念に建立された碑

念仏寺跡翁塚

碑を見に来たのです。
でも、説明文によると、山形の俳人・雨聲庵山皓も訪れているんだって。

翁塚の説明文

おくのほそ道スポット巡りをしていると、「碑」を拝むだけのこともある。

当初は、なんじゃそりゃ、と思っていた。いまでは、それもいいもんだと楽しめている。

芭蕉句碑

翁塚

行末は 誰肌ふれむ 紅の花

芭蕉句碑

句碑

古池や 蛙飛びこむ 水の音

人間将棋会場(舞鶴公園)

人間将棋:毎年4月末頃の週末に開催される

天童の人間将棋

なにこれ!
めっちゃ楽しそうじゃないか!
将棋わからんけども。

天童の人間将棋

本日は人間将棋開催日ではないけれど、おもしろそうなので行ってみました。かなり山を登ることになる。

人間将棋会場

王将の駒の碑

人間将棋会場

会場側からみてみる。わりと遠いな。

人間将棋会場

面白そうだな。注目しておこう!

天童の人間将棋

移動:
天童駅へ

思っていたよりも舞鶴山をのぼったため、時間がタイト。天童駅まで走る!

天童駅周辺

タクシーが走っていたら、乗るのに。走っていなかった。

天童駅

天童駅の外観

なんとか間に合った。ふ。
このあとは、JR山形線,JR陸羽西線を乗り継いで最上川下りへ。

リンクカード

 

おまけ:行けなかった
天童温泉“滝の湯”

時間切れで行けなかった。

つかる気まんまんで、営業時間についても電話で確認済みだった。次こそ必ず。

天童温泉滝之湯

天童温泉 滝の湯
山形県天童市鎌田本町1-1-30
Googleマップ
山形 天童温泉 ほほえみの宿 滝の湯 【公式サイト】

 

天童を歩き終えて

天童は、

天童は将棋のまち
おくのほそ道で、天童の記述はない
天童は通過しただけ

おくのほそ道ゆかりの地をたずねる旅。
まだまだ続く。

▼次の旅:山寺

リンクカード

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




等栽宅をたずねる芭蕉翁の絵おくのほそ道を歩く|福井前のページ

おくのほそ道を歩く|大石田次のページ

ピックアップ記事

  1. 【開聞岳】南薩のシンボル“薩摩富士”に登る
  2. 日本三大美肌の湯・嬉野温泉で美肌を目指す
  3. 現地通貨を余らせずに遣いきるコツ
  4. 自家製生ビール&絶品アワビご飯!大連のおすすめ海鮮レストラン【东海明珠…
  5. 【霧島山】凍る山頂火山湖・大浪池へお手軽ハイク

関連記事

  1. 湯殿山神社

    山形県

    出羽三山生まれかわりの旅【未来:湯殿山】

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  2. 山形県

    おくのほそ道を歩く|最上川舟くだり

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  3. 山形県

    おくのほそ道を歩く|大石田

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  4. ゴツゴツ石

    山形県

    おくのほそ道古道(月山旧登拝道)を歩く

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  5. もりそば

    山形県

    おくのほそ道を歩く|尾花沢

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  6. 民田なす

    山形県

    おくのほそ道を歩く|鶴岡

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 軍艦島

    長崎県

    海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記
  2. 木棺

    エジプト

    危険?ルールは?エジプト旅行の前に知っておくべき注意点まとめ
  3. ブルーの死海

    ヨルダン

    プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?
  4. 佐賀県

    秋の“有田陶磁器まつり”参戦記
  5. ギリシャ

    【メテオラ】へ行くならば1泊すべき!日帰り観光がもったいない理由
PAGE TOP