旅行記 年別まとめ

OLだって旅したい!通算24回旅した2018年弾丸旅の全記録

 

ハワイの海辺

週末と長期休暇を利用して会社を辞めずに弾丸旅を楽しんだ2018年。

なんと、2018年だけで24回出かけていました。

この記事では24回をダイジェストでまとめました。

諦めないで!
OLだって旅人になれます。

2018年、旅の全記録

2018年の海外旅行:23回

  1. イタリア(2018年1月,正月)
  2. インドネシア(2018年1月,成人の日)
  3. ウズベキスタン(2018年2月,建国記念日)
  4. 香港(2018年3月)
  5. ソウル(2018年3月)
  6. 大連・旅順(2018年4月,GW前半)
  7. ダッカ/バングラデシュ(2018年5月,GW後半)
  8. 台北(2018年5月)
  9. 慶州(2018年6月)
  10. ホイアン/ベトナム(2018年6月)
  11. 香港(2018年6月)
  12. バガン/ミャンマー(2018年7月,海の日)
  13. 釜山(2018年7月)
  14. ギリシャ(2018年8月)
  15. ビガン・ラオアグ/フィリピン(2018年9月)
  16. ジョージタウン/マレーシア(2018年10月)
  17. 釜山(2018年10月)
  18. バンコク(2018年10月)
  19. ブルネイ(2018年11月)
  20. 香港(2018年11月)
  21. 台南&高雄(2018年12月)
  22. 北京(2018年12月,昭和の日)
  23. ハワイ(2018年12月,年末年始)

2018年の国内旅行:1回

  1. 小樽・札幌(2018年2月)

2018年1月(年末年始)
イタリア

ローマ/Roma

年末年始は、イタリア。ローマからスタート。

カウントダウンは大騒ぎのコロッセオで。

カウントダウンで盛り上がるコロッセオ

大勢の人が集まって大騒ぎ。いたるところで爆竹がならせれ、当たらないかヒヤヒヤでした。

ヴァチカン市国で
元旦正午:ローマ教皇のご挨拶を拝聴

ヴァチカン市国に入国してローマ教皇のお姿を拝見。豆粒サイズのためご尊顔まで拝めなかったけれど、なんだかありがたい気持ちに。異教徒にも寛大。

正月のヴァチカン市国

2018年1月(成人の日)
インドネシア

ジョグジャカルタ/Jogjakarta

ボロブドゥール遺跡

世界史の教科書で並んだ世界三大遺跡・ボロブドゥール遺跡へ。

ボロブドゥール遺跡

雨季につきサンライズは残念ながらイマイチでしたが、それでもやはり感動する悠然とした佇まい。これまで見たことのないタイプの遺跡です。

プランバナン遺跡群

プランバナン遺跡群

ジョグジャカルタからアクセスのよいプランバナン遺跡群。天にそそりたつようなジョジョ・ログラン遺跡はなかなか見応えあり。

2018年2月(建国記念日)
ウズベキスタン

旅慣れた友人と二人旅。当初は一人旅として手配していたところ、友人が参加してくれることに。

乗継:ソウルで1泊

ソウルで空港チェンジ。乗継時間もあるのでチムジルパンに宿泊してソウル観光。

サマルカンド/Samarkand

ブルーのまち・サマルカンド。サマルカンドブルー”と形容される青が美しいモスクを抱えるウズベキスタン。

サマルカンドのレギスタン広場

公共交通機関は発達しておらず、なかなかハードルの高い旅。ワイロ文化に戸惑いつつも、ちゃっかり利用して楽しみました。

ブハラ/bukhara

日帰りで古都ブハラへ。チャーター車の交渉でケンカしたのも良い思い出。

ウズベキスタンの旅、めっちゃ難易度が高かった。友人がとっても頼もしかった。

2018年3月
小樽・札幌

酷寒の小樽・札幌へ。とにかく寒くて辛かった。冬の北海道は覚悟が必要ですね。

小樽

雪の小樽

余市蒸留所

旅の目的は、ここ、余市蒸留所に来たかったから。

マッサン〜〜〜!

雪の夜市蒸留所

調子に乗って買いすぎてしまった。

ニッカウィスキーボトル7本

2018年3月
香港

ドラゴンズ・バック

香港は摩天楼やらショッピングだけではない。大自然もいっぱい。ドロゴンズ・バックと呼ばれる香港ベストトレイルをハイキング。

最後にはご褒美のビールも楽しめます。

ドラゴンズバッグのクラフトビール

2018年3月
ソウル

決算月でもある3月。有給をとれるような状況ではありません。週末で遊びに行けるいちばん近い外国・韓国はソウルでリフレッシュ!

インスタ映えスポット巡り

インスタやっていないけどさ。たまには女子っぽく可愛いエリアを散策するのもいい。

天使の羽アート

金魚の階段

ソウルには、観光すべき世界遺産とか名所はない。でも、なんだか女ゴコロをくすぐられるスポットが多いんですよね。

2018年4月(GW前半)
大連・旅順

旅順

珍しく戦争遺跡を見に行くシリアスな旅の予定でしたが、ちょうど桜の季節と重なっていて史跡公園はお花見客で賑わっていたり、みたかった博物館は修復中で閲覧不可だったり、拍子抜け。

日露戦争の激戦地「203高地」

大連

絶品!本場の中国料理

海鮮中華料理が絶品だった大連。このアワビのご飯、こんなに大粒でプリップリで1,000円くらいなのです。もう、2皿食べちゃいたいくらい。

絶品!鮑ごはん

フードコートで食べた火鍋もふくめ、大連はとにかく食べ物事情に大満足。この1年で訪れた先でもダントツ1位で美味しかったのは12月の北京も含めて中国です。さすが世界三大料理のひとつ。

新鮮なうに

この新鮮なウニは1,300円くらいでした。

2018年5月(GW後半)
ダッカ(バングラデシュ)

”旅人のいない国”バングラデシュへ。

世界最貧国を抜け出したけれどまだまだ貧しいバングラデシュですが、人々の顔に悲壮感はなかった。世界遺産があるわけではないけれど歩いているだけで驚きがある、お手軽に旅人になれる旅。

ダッカ

船がひしめくサダルガット

2018年5月
台北

内湾線でローカル鉄道の旅

台北旅、九份には行ったことあるしなあと思い、のどかな内湾線で電車旅。田舎すぎた。

 

内湾のローカル鉄道

故宮博物院

豚の角煮こと「肉形石」、白菜こと「翠玉白菜」「白菜」で有名な故宮博物院。

故宮博物院の「肉形石」

このふたつはともかく、陶磁器のコレクションが素晴らしかった。陶磁器のことはよくわからなくても美しいフォルムと鮮やかな絵づけで心が踊る。

2018年6月
慶州

関西空港からアクセスのよい釜山、少し飽きてきたのでいったことのない慶州へ。慶州までは金海空港からバスで行けるのです。

慶州/Gyeongju

古墳がたくさん。慶州は癒し系スポットでした。

たいして何もするでもないけれど古墳の公園を散策するとなんだかゆったりした気持ちになれる。

慶州の古墳公園

2018年6月
ホイアン(ベトナム)

祝日のない6月。オリジナル連休をつくるしかない。

有給2日を取得して4連休でホイアンへ。

ホイアン/Hoian

ランタンでともされた世界遺産の町ホイアンは女子の好きなものがいっぱい。雑貨もかわいい、食事も安くて美味しい。

ホイアンのランタン

フエには行けず

フエに移動すべく、ホイアンからチャータータクシーでダナン鉄道駅へ。鉄道切符を買おうとして気づく、トラベル財布がない。中にはパスポートも。ホイアンに引き返しホテルに戻って相談したら、財布を拾った女性がホテルに届けてくれていた。その女性とお茶してお礼をして、フエには行かずにホイアン延泊することに。

財布がみつかったので美談担っているけれど、大惨事になるところだった。

2018年6月
香港

とにかく香港が大好き。何をするわけではないけれど、体力があれば週末で行きたい香港。免税品ショッピングやらアフタヌーンティーは興味ないのでひたすら歩きまくる。

ビクトリアピーク/太平山頂(The Peak)

夜景が有名な香港ですが、昼間に眺める摩天楼も絶景です。

ビクトリアピークから見下ろす摩天楼

 

2018年7月(海の日)
バガン/ミャンマー

バガン/Bagan

バガン遺跡へ電動原付自動車・eバイクを借りて遺跡めぐり。

世界3大仏教遺跡のひとつ、バガンは、世界遺産指定されていない。こんなにすばらしいのに世界遺産認定されていないのは「現在もなお信仰の場」であることを優先するあまり歴史的景観を無視して修復され景観が損なわれていることも一因だとか。

バガン

世界遺産といえば胸が高鳴るコムギですが、地元の人からしたらそんなの関係ないんですよね。世界遺産認定されていなくっても風格十分なバガン遺跡。

遺跡まわりをeバイクで走り回れるし、遺跡のまわりをヤギの群れが通ったり自由なかんじで楽しいです。

2018年7月
釜山

海雲台(ヘウンデ)

釜山のビーチは過ごしやすくてよかった。海沿いにホテルやカフェが並ぶし、パラソルも格安でレンタルできるのでビーチでのんびり過ごせます。お手頃で楽しめる旅行者にも優しいビーチ。

海雲台ビーチに並ぶパラソル

2018年8月
ギリシャ

お盆休みは年に数回の長期休暇。
今年の夏はギリシャへ。

サントリーニ島/santorini

白い町並みがロマンティックなサントリーニ島。ハネムーンの客が多いなか、ひとり旅を堂々と満喫。

サントリーニのブルーのドーム

アテネ/athens

パルテノン神殿は別格の存在感

街中に遺跡がゴロゴロのアテネ。遺跡に見慣れてくるけれど、パルテノン神殿は、別格だった。

アテネ市街の一番高いところに位置する神殿からは、アテネ市街が見下ろせます。想像以上に感動するよ。

アクロポリスの丘に立つパルテノン神殿

カランバカ/Kalambaka

世界遺産メテオラを歩く

メテオラ

カランバカで1泊して、がっつり歩いて回るメテオラ。とにかくスケールの大きいギリシャ。

2018年9月(秋分の日)
フィリピン

ビガン/Bigan

セブパシフィック航空のチケットの安さで安易に決めたフィリピン旅ですが、マニラの治安の悪さにビビる。比較的治安のよさそうなルソン島のビガンへ。ビガンは世界遺産の町。

世界遺産の街ビガン

アジアとは思えない南米ミクスチャーな趣が素晴らしかった。

2018年10月(体育の日)
ジョージタウン/マレーシア

ジョージタウン/ペナン島

去年いったマラッカの街並みに感激した話をしたら、ぜひジョージタウンへ、マラッカの規模が大きい版だよと勧められる。町中にアートがあったり、オープンエアのレストランがあったり、欧米旅行者が好きな要素がてんこ盛り。

ワイヤーアート

ブルー・マンションに泊まる

今回は憧れの「ブルーマンション」に泊まりました。普段は寝るだけだから利便性のみで決定するホテル選び、でもマレーシアだからこそ、なんとか払える価格で泊まれちゃうのです。オリエンタルムード満点な素敵なホテルでした。

ブルーマンション

2018年10月
釜山

松島

松島エリア。ケーブルカーに乗ったり海岸があったり楽しい。

松島ケーブルカー

2018年10月
バンコク/タイ

AirAsiaのポイント消化のため行くことにしたタイ、バンコク。

アムパワー水上マーケット

アジアらしさ満点の水上マーケットへ。個人的にはお寺をみに行くよりも断然楽しめます。カフェやビールを飲めるところもあるし、雑貨探しも楽しめます。もっとフィーチャーされていいとおもう。

アムパワー水上マーケット

2018年11月(勤労感謝の日)
バンダル・スリ・ブガワン/ブルネイ

ブルネイは、アジア随一の富裕国

ASEAN制覇したい!てかバンダルスリブガワンってなんぞや?お金持ちの国ブルネイへ。三重県とほぼ同じ面積の狭い国土にもかかわらずオイルマネーで潤うブルネイ。平和で美しく自然豊な穏やかな国はとても不思議な気持ちになった。

ブルネイのニュー・モスク

2018年11月
香港

深水埗(シャムスイポー)

変化がめまぐるしい香港で、レトロな街並みが残る深水埗(シャムスイポー)。香港といえばの看板も見かけなくなってきた今、深水埗ではまだその面影を残します。

観光客も少なく、ローカル目線の市場や街並み。歩いているだけで異国情緒満点で楽しい。

レトロな街並みが残る深水埗

2018年12月
台南&高雄

高雄

美麗島駅のステンドグラス

美麗島駅の改札を出たらすぐこの景観。ステンドグラスは圧巻。ただ、「世界で最も美しい駅2位」というのは、ちょっと過大評価かな。

ステンドグラスの美しい美麗島駅

龍虎塔

ルール:龍から入って虎から出る

龍虎塔入場は必ず、神聖とされる龍の口から。そして、出口は必ず虎から。

虎はなんなの?
神聖じゃないの?

2つの塔が並ぶのもなかなか斬新ですね。

龍虎塔

2018年12月(昭和の日)
北京

クリスマスシーズンの北京は酷寒。

万里の長城

ただの建造物やんと軽くて見ていた万里の長城ですが、スケールの大きさに驚いた。すっごく良かった。

慕田峪長城

紫禁城故宮博物院

とにかくだだっぴろい故宮博物院。同じような建物がならび見飽きてくるものの、とにかくスケールの大きさにびびります。

北京の故宮博物院

ここは、スケールの大きさを感じ、チャイナパワーに畏怖の念を抱かせるための施設なのかもしれない。

2018年12月(年末年始)
ハワイ

ハワイは新婚旅行で行くもんだ思っていたけれど、一度目の結婚では叶わなかった。再婚したらハワイで挙式だーと周囲に宣言していたけれど今のところ縁もなく。ついには甥っ子(現在中1)の結婚式で行けるかな〜と期待するまでに。

はたと気づいた。

自分の夢を人頼みにするなんてナンセンス。
行ってやろうじゃないの、ハワイ。

シェラトンから眺めるワイキキビーチ

親友と現地集合

今回の旅はAmeba公式トップブロガーのこまちちゃんと一緒。彼女とは十年来の友人なのです。

一緒に旅した・こまちちゃんのブログ記事はこちらこまちのダイエット成功手帳のトップページ

海外経験豊富なこまちちゃんとだし、私だってこの2年でたくましくなったもの。まあどうにかなるっしょ!とノープランのまま現地入りした我らでしたが、

どうにかなった〜〜!

こまちちゃんとウミガメ

こまち・ミーツ・ウミガメ

ウミガメに会えたし、ワイキキビーチでガチ泳いだり、ノースショアでボンヤリしたり。

ハワイって、とにかく気候がいいのね。

芸能人にはひとりすら会えなかったし、
とにかく物価が高すぎてクラクラしたけれど、

それでもやっぱりハワイが大人気なのも頷ける。

弾丸旅ブログらしかぬ、ちょっと贅沢な思い出深い年越し旅となりました。

2018年を振り返る。
一年で24回、海外へ。

OLだと旅先が限られる

働いているとどうしても、週末で手軽にいけるアジア旅になりがち。7連休程度の長期休暇では、フライトだけで片道2日間を要する中南米などはまだまだ行けそうにない。

安く,長く旅をするならば、仕事を辞めちゃえば良いことはわかっているのだけれど、実際はそんなに簡単には行きません。だって生活があるもの。

OLだって、旅したい!

でも、やっぱり旅は楽しくて辞められない。仕事もするけれど旅だって諦めたくない。有給休暇を駆使して旅のスケジュールを組んで、現地で楽しんで無事に帰国すると、「やればできる!」と達成感もえられる。それに、

こんなに有給取得させてくれて、なんて良い労働環境なんだ。
仕事がんばろうっと。

仕事も頑張れちゃう。なんて好循環なの!

2019年もガンガン旅に出るつもり。
そして、いろいろなところでお酒を楽しみたいな。

ヴェネチアのサン・マルコ広場

旅行記 年別まとめ

2022年/令和4年

2021年/令和3年

2020年/令和2年

2019年/平成31年/令和元年

2018年/平成30年

2017年/平成29年

2016年/平成28年

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ツアー団体客のいない穴場の万里の長城なら慕田峪長城がおすすめ!どっぷり歴史ロマンに浸ろう前のページ

ランタン以外に何がある?ホイアンを訪れたら絶対にやりたいこと次のページ

ピックアップ記事

  1. 荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
  2. 津和野 1day観光 ”山陰の小京都”をめぐる
  3. カイロを訪れたら絶対に見るべき古代エジプト美術の財宝【大エジプト博物館&エジプト…
  4. 軍艦島を撮影するベスポジ座席はどこ?軍艦島ツアーの疑問&アンサー
  5. 鍋島藩御用窯の地、”秘窯の里”大川内山

関連記事

  1. アンコールトム遺跡
  2. 青の街シャウエン
  3. E-bike
  4. 2020年ケーキ
  5. いらすとや・天使
  6. レンタサイクルで走る田んぼ道

    旅行記 年別まとめ

    OLだって旅したい!2021年、日本全国制覇を成しとげた

    コロナ禍まっただなか、腐りながらも弾丸旅を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 堀切峠

    宮崎県

    歩く日南海岸:青島〜堀切峠~日南フェニックスロード
  2. タイ

    水の都の風情を満喫!アムパワー水上マーケットで絶対やりたいこと5つ
  3. ソウル(韓国)

    金浦国際空港の近くで泊まるならば炭窯チムジルバンがおすすめ!空港からのアクセスを…
  4. エレファント・ランディング

    ラオス

    ルアンパバーンの1dayツアーは現地予約が安くておすすめ
  5. リバーウォーク北九州

    福岡県

    【小倉】ダッシュで観光!半日でめぐる北九州・小倉
PAGE TOP