山形県

出羽三山生まれかわりの旅【過去:月山】

 

白装束の登山者

週末に登る百名山!

大阪在住の会社員コムギの、
月山(がっさん)登山日記。

月山は、

●山形県の山
●百名山(16座)
●松尾芭蕉も登った(おくのほそ道)
●出羽三山のひとつ(羽黒山・月山・湯殿山)

月山を登ってみての感想は、

●月山八合目〜頂上は、楽しいコース
●湯殿山ルートは、水月光が怖い
●湯殿山神社の神々しさは圧巻

月山について

出羽三山生まれ変わり信仰の地
おくのほそ道ゆかりの地

出羽三山
生まれ変わり信仰の地

出羽三山とは、羽黒山・月山・湯殿山の総称。

羽黒山:現世(現世利益を叶える)
月 山:過去(祖霊が鎮まる)
湯殿山:未来(新しい生命の誕生を表す)

出羽三山を巡ることは、死と再生をたどる「生まれかわりの旅」なのです。

おくのほそ道ゆかりの地

松尾芭蕉がおくのほそ道の旅で訪れている。

松尾芭蕉の像

雲の峰 いくつ崩れて 月の山
(おくのほそ道)

好きな歌のひとつ。

今回のルート:
月山八合目IN、湯殿山神社OUT

月山八合目から湯殿山へ抜けるルート。

月山八合目(スタート)〜弥陀ヶ原仏生池小屋月山山頂牛首金姥装束場月光坂・水月光湯殿山神社(ゴール)

水月光が、キツかったです。道を間違ったかと、思ったよう。

登山口(月山八合目)へのアクセス

羽黒山に参拝していました。

羽黒山に前泊

羽黒山~月山~湯殿山の出羽三山を歩きとおしたく、前日は羽黒山参篭所に宿泊。

羽黒山参籠所

羽黒山参籠所 斎館
朝夕食付 風呂トイレ共同 ¥8,800/日
山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒山33
Googleマップ

徒歩で羽黒山バス停へ

羽黒山参篭所からバス停は徒歩5分くらい。出羽三山神社の境内を通り抜けます。

出羽三山神社

朝の境内はガラガラ

移動:
羽黒山~月山八合目

指定日のみ運行するバス。お盆休暇中だからか、運行していた。助かった。

庄内交通バス(羽黒山頂・月山八合目方面行き)¥1,590
羽黒山山頂ー月山八合目

7:05
羽黒山頂(バス停)

庄内交通バス

登山客でいっぱい。みんながちょうど座れるくらい。よかった。

庄内交通バスの車内

8:00
月山八合目(バス停)

庄内交通バス

トイレを済ませる

協力金¥100。ここでトイレを済ませておく。

自動販売機あり

値段をチェック。ペットボトル1本、300円でした。買えるだけありがたいよね。

自動販売機

階段を登ってすすむ。

登山口への階段

月山八合目
登山スタート

帰りのバスの出発時刻まで:8時間50分

たどり着けるか!?結果は、大丈夫でした。よかった。

8:03
弥陀ヶ原

弥陀ヶ原湿原を一周してから月山のピークを目指す、「北回りコース」へ。

弥陀ヶ原湿原への分岐

先月に登った鳥海山が見えている。

鳥海山が見える

遊歩道が整備されていて、歩きやすい。

弥陀ヶ原湿原と遊歩道

ここ弥陀ヶ原湿原は、スニーカーでも大丈夫でしょう。

弥陀ヶ原湿原と遊歩道と登山靴

8:13
御田原参籠所(中ノ宮)

御田原参籠所と鳥居

月山神社は、月山の山頂にある。登山が厳しい参拝客のための遥拝所。

御田原参籠所

月山神社本宮への鳥居。ここから神域。

鳥居

ここにはレストハウスもありました。

御田原レストハウス

8:22
分岐

月山神社の鳥居は潜らず、周遊道ロングコースへ。

弥陀ヶ原湿原

池塘

池塘(ちとう):泥炭地帯にできる特殊な池。形は少しずつ変わる。

池塘

池塘のあいだを進むのが楽しい。

弥陀ヶ原湿原と遊歩道

弥陀ヶ原湿原と遊歩道

鳥海山が綺麗に見える。

弥陀ヶ原湿原からみる鳥海山

弥陀ヶ原湿原と遊歩道と植物

高山植物たち

弥陀ヶ原湿原の高山植物たち。ハクサンボウフウ

ショウジョウバカマ

弥陀ヶ原湿原の高山植物

弥陀ヶ原湿原の高山植物

弥陀ヶ原湿原

弥陀ヶ原湿原の高山植物

ショウジョウバカマ

弥陀ヶ原湿原の高山植物

ハクサンフウロ

かわいい。

天然記念物、とのこと。

天然記念物の看板

弥陀ヶ原湿原をまわることで、60分のロスなのですが、回ってよかったな。

弥陀ヶ原湿原と遊歩道

8:40
月山登山口(弥陀ヶ原コース)へ戻る

分岐にきた。ここから月山登山道に合流です。

弥陀ヶ原分岐

始まったわ・・・!

無量坂

ゴロゴロ石の道が始まる。

無量坂

無量坂

9:40
仏生池小屋

登山スタート1時間くらいで小屋に到着。

仏生小屋

小屋の前には、可愛らしいお地蔵さま。

並んだお地蔵さん

まだ疲れていないので、休まずにすぐ出発。
小屋が見える。

眺め

8月、お盆の時期の月山にも、少しだけ雪が残っていた。

雪原

オモワシ岳

オモワシ岳

足元にいたド派手なライトグリーンの虫。

黄緑色の虫

ひらけた山道。

月山登山道

月山八合目からの登山道は、とても歩きやすい。

月山登山道

10:07
行者返し

行者返しというけれど、そんなにキツくなくて安心。

行者返し

モックラ坂

月山登山道

このあたりは、とても景観が良い。

大峰

10:22
大峰で昼ごはん

とっても景色が良い。

大峰

頂上はまだだけれど、休憩しちゃお。

登山靴

お腹が空いた。シャリバテが怖いし、もう食べよ。遠足じゃないし、好きなときに食べるぞ。

パン

下山してきた方に声をかけられる。

気持ち良さそうですね!
ここで昼食は正解ですよ。

どうやら、山頂は悪天候らしい。えーっ!

モックラ坂

歩き出すと、白装束の登山者に会いました。

白装束の登山者

月山に登っているんだなあ、と実感。

白装束こそ着用していないけれど、気持ちは修験道に身を投じているコムギです。むんっ。

モックラ坂

木製階段の遊歩道。頂上に向かっているのに、歩きやすいぞ。

モックラ坂の遊歩道

ゴツゴツ岩、積み石。

石の山

とるのは写真だけ、
のこすは足跡だけ。

モックラ坂

風が吹いて、すこし霧が晴れた。

霧が晴れてきた

蝶がいた。高山で見かけるのは珍しい。月山が高山植物がおおい山だからかな。

花と蝶

頂上に近づくにつれ、霧が濃くなってきた。

モックラ坂

下山中の登山者の方にきいたとおりなんだろうな。
きっと、頂上は曇っているんだろう。

霧ができてたモックラ坂

可愛らしい花。

チングルマ

10:55
月山山頂

到着。八合目登山口からの登山は、歩きやすくて楽しい登山だったなあ。下山コース:湯殿山ルートがキツかろうとは、この時点では思っていない。

月山頂上

11:05
月山神社に参拝

山頂にある月山神社。参拝をしました。

月山神社

境内の写真は撮影不可。

11:15
頂上小屋

広い平坦地。食事をとれるところも。えーっ、ここで食べたかったな。

頂上小屋

トイレもあります。

頂上のトイレ

下山スタート:
湯殿山口ルート

天気も悪いし、長居は無用だ。さっさと下山開始。

肘付方面の看板

祠

霧で何もみえないうえに、雨まで降ってきた。

鍛治学校

12:05
牛首

この分岐で、リフトで戻れる姥沢方面へ行くこともできる。コムギは湯殿山神社へ。これは「生きかえりの旅”だから、ゴールは湯殿山なのです。

牛頸分岐

雨がきつくなってきた。視界不良だ。

ガスの出る道

12:22
金姥

金姥

紫色のお花が咲いていた。

高山植物

雨は小降りになってきた。

清美川

13:08
装束場

装束場

施薬避難小屋

施錠されていて入れず。まあ、要はないのだけれど。

施薬避難小屋

この分岐で、湯殿山神社方面へ。

ここからが、コムギ的にはとっても怖いゾーン・水月光がでてくるのでした。

金月光(かながっこう)

いきなりやってきた、250mの鉄ハシゴ。急傾斜すぎませんか?

鉄のはしご

雨で滑るし、リュックもあるから動きが取りづらいし、ほぼ垂直だし、なかなかスリリング。

月山は、鉄梯子があるから難易度ランクが高いのだ、と朝のバスで誰かが話していた。確かにそうかもね。でも、ゆっくり降りれば大丈夫。

金月光の鉄はしご

水月光(渡渉困難!)

そんな鉄月光より恐怖したのは、「水月光」。登山というか沢下りでした。

水月光

怖さから、ほとんど写真を撮っていない。

そして、写真では全然伝わらない!

水月光

雨で滑るし、濡れたくないし、いや、濡れてもいいからコケたくない〜。

なによりも、登山道というより沢だけれど、この道で本当にあっているのか?間違っているんじゃないのか?ということ。

リボンを探しても、なかなかみつからなかった。みつけたときは、嬉しかったな。

今更かよ!なポイントでしたが。

水月光とリボン

沢ゾーンはなんとかノロノロと降りたけれど、つぎは、けもの道ゾーン。登山者はいるのか。不人気コースなの?山頂であった人たちは、みんな湯殿山神社コースを選ばないの?

水月光

整備された登山道に切り替わった。嬉しい。

月光坂

14:06
湯殿山神社に到着

湯殿山神社の本宮の入り口あたりに出ました。参拝客に驚かれた。

湯殿山神社へ

月山下山後にしたこと

湯殿山神社に参拝

出羽三山・湯殿山神社に参拝。こちらは写真撮影不可エリア。

湯殿山神社の御神体

湯殿山神社の御神体

湯殿山参籠所
「御神湯」に入浴

入浴 15時まで受付で入浴可能。ギリギリ間に合った。絶対に、入浴したかったんだ〜。

神棚がある。参拝してから入浴しよう。

おつかれビール!

ロビーでビールをのんでバスを待つ。最高のひとときだわ。

スーバードライ

湯殿山参籠所
山形県鶴岡市田麦俣六十里山7
Googleマップ

帰りのアクセス:
湯殿山からJR鶴岡駅へ

期間限定の直行バス「出羽三山観光しゃとるバス」で、JR鶴岡駅までノンストップ。

移動:
湯殿山から鶴岡駅へ

出羽三山観光しゃとるバス ¥3,000
湯殿山仙人沢 発ーJR鶴岡駅前
※1日乗り放題¥3,000

16:50
湯殿山仙人沢

出羽三山観光しゃとるバス

乗客は、コムギひとりだった。大型観光バスで、座席は広くて快適。

ひろい車内

17:50
JR鶴岡駅

JR鶴岡駅

月山に登ろう

羽黒山~月山~湯殿山と、出羽三山を一気に歩きとおした。これで生まれかわり達成!

本日は、コムギの誕生日だったのでした。しかも、今年2021年は、12年に一度の「丑年御縁年」。特別な日になり嬉しい。新たな気持ちでがんばります。

おしまい。

百名山に登る

岩木山(第10座,青森県)

安達太良山(第21座,福島県)

磐梯山(第22座/福島県

谷川岳(第30座/群馬県)

開聞岳(第99座/鹿児島県)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




白装束姿の人出羽三山生まれかわりの旅【現世:羽黒山】前のページ

出羽三山生まれかわりの旅【未来:湯殿山】次のページ湯殿山神社

ピックアップ記事

  1. 物欲全開!ホイアンでプチプラ可愛いベトナム雑貨ショッピング
  2. 弥生時代にトリップ!吉野ヶ里歴史公園
  3. イーブイすき!指宿駅周辺スポットめぐり
  4. 女子ひとり旅【サントリーニ島】に行ったら絶対やるべき!オススメ8つ
  5. 香港で美味しいクラフトビールが飲みたい!樽生・タップビールが飲めるおすすめビアバ…

関連記事

  1. 大浪池
  2. 山形県

    おくのほそ道を歩く|大石田

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  3. ほんとの空の碑
  4. ガスと岳
  5. 稜線を歩く登山客
  6. 民田なす

    山形県

    おくのほそ道を歩く|鶴岡

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 伊香保温泉の街並み

    群馬県

    【週末弾丸】突然の沢登りデビュー&草津から伊香保へ温泉地ハシゴ旅
  2. ギリシャ

    【メテオラ】階段がなくてアクセス簡単【聖ステファノス修道院】
  3. ガスと岳

    週末に登る百名山

    【磐梯山】荒々しい山肌に感動する(猪苗代登山口〜裏磐梯口)
  4. 赤えび天丼

    熊本県

    佐敷・芦北(熊本県芦北町)
  5. 鹿児島県

    知覧で「特攻」の史跡をめぐる
PAGE TOP