香港

カラフルな建物群は必見!土爪灣へは開発が進む前に行くべし

 
土瓜灣十三街の全体

香港の下町情緒を色濃く残す・土瓜灣(トゥ・クワ・ワン)エリア。

MTR駅が近くにないこともあり、観光客は、ほぼいません。

そして開発もこれからのため、まだ下町情緒が溢れるノンビリしたところ

それに何といっても、カラフルな建物群・土瓜灣十三街はぜひ撮影したいフォトジェニックスポット。インスタ映えも抜群。

香港旅ではマニアック?
この記事では、土瓜灣エリアの観光スポットをご紹介します。

目次
1.土瓜灣へのアクセス
2.下町風情が残る街並み
3.土瓜灣十三街
4.海心公園
5.永香氷室
6.九龍城との組み合わせがおすすめ
7.まとめ:開発が進むまえに土瓜灣へ行こう

土瓜灣へのアクセス

MTR土瓜灣駅は2019年現在建設中

土瓜灣エリアすぐ近くにはMTRの駅がありません。2019年2月現在、MTR沙田線・土瓜灣駅は建設中です。完成したら、土瓜灣エリアへのアクセスは格段に良くなりますね。

現在は、①バスか、②MTR+徒歩で行く方法がります。

できるだけ歩きたくない!省エネモードで行くならばバスが便利です。

①バス

香港を走る2階建バス

路線:5, 5A, 5C, 5P, 28
始発:尖沙咀・スターフェリー乗り場前バスターミナル
下車:「天光道」か「新山道」バス停

②MTR何文田駅から15分歩く

何文田駅の標識

MTR観塘線・何文田駅より徒歩15分ほど

バスに不安がある外国では、わかりやすいMTRで行きたいですよね。

もしあなたがMTRの観塘線の駅付近、旺角や油麻地にいるならば、このアクセス方法もありです。

コムギは旺角にいたので、このMTR+徒歩ルートで向かいました。

徒歩15分なんてあっというまです!

歩いていると、建設中の新駅付近にカラフルな建物群が見えてワクワク。

土瓜灣のカラフルな建物

土瓜灣のカラフルな建物

おお!!
かなりトキメキます!

MTR土瓜灣駅は2019年現在建設中

2019年2月現在、MTR沙田線・土瓜灣駅は絶賛建設中でした。

土瓜灣のカラフルな建物

これ、2019年内に開通するのかな・・?

下町風情が残る街並み

まだ開発段階にある土瓜灣は、かつての香港の街並みが色濃く残るエリア。

尖沙咀とバス15分程度と近いのに、こんなにゆっくりしているなんて。

土瓜灣の庶民的な街並み

1970年代の面影を残す、時が止まったかのようなところと評価されている街なんです。

土瓜灣の理容室

レトロな美容院もありました。

なんだか映画のセットのようにも思えちゃう。

土瓜灣十三街

土瓜灣へ出かけるべき目的は、この土瓜灣十三街 (アパート)があるから

そう言い切れる、インスタ映え抜群スポットです。

ここは絶対行っておくべき!

土瓜灣十三街の外観

土瓜灣十三街の場所

Googleマップはこちらから

土瓜灣十三街は建物の集まりのこと

カラフルな建物が密集する一角を総称して呼ばれる“土瓜湾十三街”。

土瓜灣十三街の全体

建物と建物の間には細い道があります。

土瓜灣十三街の露天商

建物の1階には露天商がならぶ

訪問時は日曜日だったのでシャッターが閉まっているところがほとんどでしたが、修理工場や部品販売のお店が多いのだとか。

食料品や雑貨などの商店は空いていました。

喉が乾いたからビール休憩。。

ブルーガールの缶ビール

ブルーガール!

香港ではどこでもビールで飲めるのがありがたいですね!

カラフルでフォトジェニック

建物が密集しているのに加え、このカラフルな建物がとてもフォトジェニックなのです。

土瓜灣十三街のカラフルな壁

洗濯ものがひしめく香港ならではの光景ですね。

土瓜灣十三街の洗濯物

インスタ映え抜群な写真が撮れます。

ただ、道が細すぎて、近すぎて写真が取りにくいのが難かも。

土瓜灣十三街の狭い通り

ぜひ行くべき、おすすめスポットです。

土瓜灣十三街の外観

海心公園

海に面した公園。公園そのものは観光スポットというよりは完全に住民の憩いの場でした。

海心公園の入り口

スポーツ練習をする少年たち、
おしゃべりしている中年女性、
釣りに興じる男性など。。

日本からやってきてわざわざ行くほどでもないかな?

というのが正直な感想です。

土瓜灣

土瓜灣からビル群を眺めることができます。

土瓜灣で釣りをする男性

魚尾石

石というより岩でしょうか。特大サイズの石です。

海心公園の魚尾石

ここには風水上良いとされる”気”が集まるのだとか。出た、風水!

海心亭(東屋)

湾を一望できる東屋・海心亭。

高層ビルと海心亭

ピンクの色が可愛らしい。奥に高層ビル群が見える姿が香港ならでは。

永香氷室

土瓜灣エリアの街歩きに疲れたら、香港らしい喫茶室である氷室(ピンサッ)で休憩がおすすめ

アクセス

永香氷室の外観

永香氷室
住所:土瓜灣土瓜灣炮仗街29號地下
営業時間:8:00-20:00
Googleマップはこちらから

レトロすぎる!?喫茶店

入店するのにかなりードルが高めな外観です。

永香氷室の外観

でもトライする価値あり。香港レトロが楽しめます。

レトロな店内の様子

レトロを通り越してオンボロな感じです。

庶民的な店内の様子

ところどころタイルが剥がれていてもそのまんま。

寂れた店内

天井には大きいプロペラ扇風機が。

天井のプロペラ

床のタイルもレトロそのものです。

幾何学模様の床のタイル

コーヒーもトーストも格安

あまりにも安い料金設定。そのため、ドリンクだけ注文するのが気が引けた。

勧められるままに、フレンチトーストも注文。

フレンチトーストとコーヒー

コーヒー 12HKD(約170円)
フレンチトースト 18HKD(約250円)

これ、絶対、高カロリーなやつだ・・・!

バターたっぷりの、そしてきっと砂糖もたっぷりのフレンチトースト。

バターたっぷりのフレンチトースト

見た目は庶民的ですが、高カロリーなだけあって(?)、歩き疲れた体に激甘のトーストがとても美味しかった。太ること必至。決してオススメはしませんが。。

競馬中継を眺めながら長居する客たち

店内はお客さんがゆっくり長居していました。

疲れきったコムギも1時間くらい休憩していましたが、コムギより前にきていたお客さんたちは誰もコムギが店を出る頃にはまだ滞在していた。

競馬中継を見る客

みんな競馬中継に釘付け

単価も安いのに、儲かるのかしら!?

ゆっくり、長居してもOKなお店のようです。ゆる〜く流れる時間が心地よかったです。

永香氷室の外観

そのビジュアルから難易度が高めではありますが、本物の香港レトロを楽しめる永香氷室、ぜひ訪れてみてください。

九龍城との組み合わせがおすすめ

この次は、九龍城エリアへ移動。近いので土瓜灣と九龍城はセットで観光するのがおすすめ

関連記事

九龍城には路線バスもありますが、歩いても近いため徒歩で移動。

寄り道しながら徒歩20分程度で到着。

九龍城のメインストリート

こういう旅も良いものです。

まとめ:開発が進むまえに土瓜灣へ行こう

のんびりした雰囲気の土瓜灣エリア。

そのカラフルな建物群を見に行くだけでも価値アリです。

開発はこれからの土瓜灣エリア。

開発が進み、下町情緒溢れるこの景観が失われるまえに、ぜひ訪れて見に行っておくべき!おすすめエリアです。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




九龍城の看板が並ぶ通りいつもと違う表情の香港に出会える!九龍城でノンビリ街歩き&絶品雲呑麺を食す前のページ

香港随一のパワースポット!淺水湾は冬でもパワー全開次のページ風水マンション

ピックアップ記事

  1. イエス・キリスト聖誕の地&バンクシー!日帰りでもこれだけ楽しめるベツレヘム観光(…
  2. エレヴァン観光の必訪スポット!美術館兼展望スポット「カスカード」
  3. サマルカンドブルーの虜に。青の都でイスラム建築めぐり
  4. 【バリ島・ウブド】寄り道が楽しい♪ウブド王宮からゴア・ガジャ遺跡まで歩いた体験記…
  5. 【メテオラ】奇岩群のなかの”天空に浮かぶ修道院”メテオラを歩いてめぐってきた

関連記事

  1. 九龍城の看板が並ぶ通り

    香港

    いつもと違う表情の香港に出会える!九龍城でノンビリ街歩き&絶品雲呑麺を食す

    かつて”香港の魔窟”と称された一大スラム街・九龍城…

  2. 洗濯物が干されたビル
  3. 香港

    【南丫島】これも香港なの!?離島・ラマ島でのんびりハイキング&ビーチ

    香港島からフェリーで40分で行ける離島・南丫(ラマ)島。…

  4. 香港

    iPhoneを買いに香港へ。どうしても海外製iPhoneが欲しかった理由とは?

    旅の目的は、香港製のiPhoneを買うこと。香港は日本…

  5. 香港の街

    香港

    週末海外!2019年11月、香港へ行ってきた

    週末で香港へ!2019年秋の香港、旅行に出かけても大丈…

  6. 重慶大厦 入り口

    香港

    尖沙咀の魔窟!カオスな雑居ビル・重慶大厦に泊まってみた

    香港のホテル代は高い。香港は地価が高く、それに伴いホテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. お供え物

    インドネシア

    【バリ島・ウブド】週末弾丸で行く!ウブドでのんびり&世界遺産を2つ見学する欲張り…
  2. 釜山(韓国)

    海が見える♪釜山・広安里ビーチのおすすめカフェ4選
  3. ブルネイ・ダルサラーム

    “永遠の平和”ブルネイ・ダルサラームってどんな国?
  4. 釜山(韓国)

    釜山駅から歩ける!アートと眺望が楽しめる散策路、草梁イバグキル
  5. 北京(中国)

    慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説
PAGE TOP