沖縄県

【竹富島】歩いてめぐる竹富島(1)カイジ浜・コンドイビーチ・西桟橋

 

竹富島の石垣の道

竹富島を歩いてまわりました。

竹富島に到着した午後、
島をゆるりと散歩。

●ランチ難民になりかける
●食事処あさひでソーキそばを食べる
●カイジ浜〜コンドイビーチ〜西桟橋
●ニーラン石、気に入った

竹富島を歩く

訪れた時期:2022年1月

竹富島に到着日の午後、島を歩いてさんぽ。

歩いたルート

気の向くまま歩いたため、効率は悪い。
竹富島の旅に効率を求めるほうがナンセンス!

ゲストハウスを出発

ゲストハウスに荷物を預けて出発。

ゲストハウスジュテームの中庭

竹富島ゲストハウス&ジュテーム
ドミトリールーム 女性用 シングルベッド1名分
3,200円
/泊
沖縄県八重山郡竹富町竹富321-2
楽天トラベル
Booking.com
公式Webサイト
Googleマップ

お天気はイマイチ。晴れろとは言わない、せめて雨が降りませんように。

竹富島の石垣の道

これぞ竹富島!な石垣の道にワクワク。

竹富島の石垣の道

目当てのお店「竹の子」はお休み

休業中だってさ。

そば処 竹乃子

店の外に置かれているシーサーが派手で可愛い。

シーサー

ニャンコとシーサー。

そば処 竹乃子の白い猫

ハイビスカス。さすが南国、派手な色のお花が咲いている。

ハイビスカス

自転車で駆け抜ける観光客らしきカップル。自転車移動の方が良かったかな?

竹富島の石垣の道を自転車で走るひと

昼食:ガーデンあさひ

お腹すいた。みつけた次のレストランに入店。

ガーデンあさひの外観

ガーデンあさひ
沖縄県八重山郡竹富町竹富163-1
Googleマップ 食べログ

ソーキそば ¥800

ソーキがてんこ盛り。めっちゃ美味しかった。

ソーキそば

島胡椒・ぴーやし。
もちろん、振りかける。シナモンっぽい香りがする香辛料。

ぴーやし

閉店まぎわにかけこみで入店できて助かった。食いっぱぐれるところでしたと店員さんと話す。

夜営業のお店は限られており、予約しないと入店は厳しいと教えてもらう。数時間後の夜ごはんも予約してもらった。

→大正解!

コースに戻る

大きな木

沖縄のお墓・門中墓(むんちゅうばか)。家みたいな大きさ。

門中墓

可愛いお花。このお花も鮮やかな、赤。

赤い花

御嶽

小さな御嶽。

御嶽

石かと思ったら、巨大なサンゴでした。

お供えされた酒

通り抜けできず、迂回せざるを得ない。

通行止め

そのまえに、ちょこっと海方面へ。

西桟橋

コンドイ浜

竹富島のビーチ。
一本のびる桟橋は、以前は西表島に向かう船付き場だったんだって。

西桟橋

砂浜の藻は、明るいグリーン。

砂浜の藻

ぼってりした貝殻を見つけた。

貝殻

サンゴやらなにやらが固まったもの。

サンゴ

西桟橋を歩いてみた。まっすぐだ。

西桟橋

謎の植物には、てんとう虫。

植物

道路に戻ってコンドイ浜へ向かう

せっかく竹富島に来ているのに、舗装路を歩くなんてつまらないわあ。

道路

脇道に映える植物観察。
穂先がピンク色の植物。

ピンクの穂先の植物

竹富島は観光ルートとして整備されている。分岐には標識もあって、わかりやすい。

分岐

これなんだろう?

蕾の群

雨が降り出しそう。
空が暗くなってきた。

雨が降り出しそうな曇天

ショッキングピンクのブーゲンビリアは、強烈なショッキングピンク。

ブーゲンビリア

アダンの木

道ばたの御嶽。

御嶽

この道沿いにありました。

ビーチへの道

植物の名前は、どれもわからない。
これも鮮やかなレッド。

赤い花

白い縁取りのパープルの花びらが愛らしい。

紫の花

道路

青空がみえた。
さっきはあんなに暗かったのに。
この短時間で、何があったの?

青空

蔵元跡

八重山諸島を統治していた屋敷の跡地。石垣島に移されるまでの約20年、ここに役所が置かれていた。

蔵元跡

トイレもありました。竹富島は人気観光地なだけあってか、トイレ難民になることは、なかった。

公衆トイレ

ラムトゥヌカー(釣り井戸)

かつての井戸。島は水不足になりやすい。枯渇してしまったのかな。

井戸

皆治浜(カイジハマ)

皆治浜の入り口

 
月形のビーチ

皆治浜

星の砂

お土産でもらったことがある、沖縄の「星の砂」。ここはその「星の砂」のビーチ。

カイジ浜

せっかくだから、星の砂を探したよ。

星の砂

星っぽいのを選ぶ。

星の砂

サンゴでもなく、もちろん星でもない。有孔虫の遺骸なんだね。

カイジ浜

物販あり

ここカイジ浜は観光客が多かったです。土産販売も充実。

無人販売

貝殻やサンゴでつくった飾りもの。

貝殻で作った風鈴

お土産の定番・星の砂。

星砂キーホルダー

親切なことに、「星の砂の見本」が置かれていた。

星の砂見本

ブランコ

ブランコ

砂浜を歩いてコンドイビーチ方面へ

舗装路には戻らずに、ビーチ沿いに北へすすんでコンドイビーチを目指す。

木と海岸

黄緑色の実をつけた植物。

黄色い実をつけた植物

海辺でヨガを楽しむ女性。

カイジ浜

サンゴはついつい、手に取っちゃう。

さんご

コンドイビーチ

カイジ浜とは全く雰囲気が異なるコンドイビーチ。ビーチは続いているはずなのに、一体なぜ?

コンドイビーチ

浅瀬が続き、透明度の高いビーチ。

コンドイビーチの透明な海

ニーラン石

ニライカナイから穀物を大量に積んだ船が年に一回竹富島まできたときに、その船をつないでおくための石

ニーラン石の下部はコンクリートで補強されていた。

ニーラン石

硬貨が挟まれていた。そして五円玉は赤く、十円玉は青く変色。

ニーラン石に挟まれた五円玉

穴が空いていた。侵食だろうか。

ニーラン石の穴

この景色がとても気に入った。

ニーラン石周辺の海岸

ビーチ

岩を割るほどの植物の力。

岩礁から生える植物

岩のくぼみに、水たまり。
ひらりと落ちた、はっぱ。

岩のくぼみの紅葉

アダンの実。
竹富島ではいたるところにアダンがなっていました。

アダン

西桟橋まで到着。

ビーチ

ひるがお

ビーチを出た。

舗装路

安里屋クヤマの墓

ひっそりとした道の奥にお墓はあります。

安里屋クヤマの墓入り口

安里屋クヤマ:絶世の美女と言われた女性

あやかれますよう。

安里屋クヤマの墓

実をつけてたわむ植物

バナナも見つけた。

バナナ

中心部へ

そろそろ日が暮れてきた。海を離れてゲストハウス方面へ戻ります。

竹富島の道路

竹富島の住宅

竹富島でよく見かけた植物。

謎の植物

ガソリンスタンド

そりゃ、あるはずなんだけれど、ちょっと驚いた。営業時間、短いなあ。

ガソリンスタンド

セルフスタイルなのかな?

ガソリンスタンド

ピンクのブーゲンビリア。

ピンクのブーゲンビリア

17時を過ぎているせいか、まだ明るいけれど人がいない。不思議なかんじ。

竹富島の道

水牛車観光も、店じまい。

牛舎

東屋もありました。

東屋

この生垣は「水牛」の形なのかしら。

牛の形の植木

屋根の上にはシーサー。

日帰り観光客がいなくなったあとの、しんとした島時間。

竹富島の交差点

なごみの塔

平坦な竹富島で、ちょっと小高い土地に建てた塔。

なごみの塔

なごみの塔に登ってみた

赤い屋根が見渡せる。

なごみの塔から眺めた赤い屋根

なごみの塔からの眺め

喜宝院蒐集館

閉館していた。

喜宝院蒐集館の入口

喜宝院蒐集館
沖縄県八重山郡竹富町竹富108
Googleマップ

もう17時過ぎているもんね。

喜宝院蒐集館

シンクロする2匹の猫に出会う

めっちゃみられている。

猫ちゃん2匹

この2匹、とっても人懐こい。
そして動きがシンクロしている。

シンクロする2匹の猫

シンクロする2匹の猫

シンクロする2匹の猫

シンクロする2匹の猫

そっくりすぎるわ!

その晩のゲストハウスでヘルパーの方に聞いたのですが、島の野良猫は感染症もちだったりするので決して触っちゃダメとのこと。

猫

可愛かったなあ。

人のいない竹富島

日が暮れてきて、電灯が灯った。

夕暮れに点灯した電灯

まだまだ明るい。

水牛観光車

さっき通りかかった店とはべつの水牛車をみかけた。きれいに一列に並んでいた。

並ぶ水牛車のカゴ

水牛車には明日乗るつもり!

水牛車のカゴ

西塘御嶽(ニシトウオン)

西塘御嶽

御嶽

なかには御嶽。

西塘御嶽の御嶽

参拝中に、いきなり雨が降ってきた。

西塘御嶽の鳥居

雨は、ほどなくすると止んだ。
止んだとおもったら、竹富島はマジックアワー。

マジックアワーの竹富島

そしてあっというまに夜に。

夜のガーデンあさひ

竹富島到着日の観光は、これでおしまい。夕飯をたべてゲストハウスへ帰りました。

NEXT:竹富島日目

竹富島2泊3日の中間日は、1日中、歩いて竹富島をめぐる

2日目は晴れた!

 

八重山諸島4日間の旅

この旅のスケジュール

竹富島

石垣島

西表島

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




星空をみに行く【竹富島】竹富島に泊まろう!竹富島に泊まるべき理由&注意点前のページ

【竹富島】歩いてめぐる竹富島(2) 朝のビーチさんぽ アイヤル浜・キトッチ浜・カンナージ浜次のページアイナル浜

ピックアップ記事

  1. 【舞鶴】昭和ノスタルジー!西舞鶴さんぽ
  2. 名探偵コナンに会えた!JR由良駅から北栄町を歩く
  3. サッポロクラシックを飲みたい!サッポロビール園『にせんべろセット』はコスパ抜群で…
  4. 【百寺巡礼】第13番 那谷寺 “奇岩遊仙境に自然智を見いだす”
  5. 1日でたっぷり楽しむペトラ遺跡。攻略には時間配分&体力配分が重要!

関連記事

  1. 沖縄県

    【竹富島】歩いてめぐる竹富島(4)夕暮れどきの美崎&西桟橋

    竹富島の夕暮れどき、美崎(ミシャシオン)&…

  2. 比嘉拝所

    沖縄県

    【浜比嘉島】琉球開闢伝説のパワースポットをめぐる

    浜比嘉島へ。琉球開闢の神・アマミキヨが降臨した伝承が残…

  3. 南山城跡の木の根に侵食される石垣
  4. 運天森園地展望台から見える古宇利大橋

    沖縄県

    【今帰仁村】運天港園地 エメラルドグリーンの海にかかる長い橋

    運天港園地へ。いくつかの見どころがある。…

  5. 名護市営市場

    沖縄県

    【名護】轟の滝&名護市営市場

    原付バイクでめぐる沖縄本島の旅、轟の滝&a…

  6. 満開のオクラレルカ畑

    沖縄県

    【大宜味村】うりずんの季節、 満開のオクラレルカ畑へ

    うりずんの季節、満開のオクラレルカ畑へ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 旅行記 年別まとめ

    OLだって旅したい!通算24回旅した2018年弾丸旅の全記録
  2. バリ舞踊

    インドネシア

    レゴン・バロック・ケチャ。バリ伝統舞踊の鑑賞体験記&ウブドのおすすめ公演情報
  3. 果実店の横で腰をかける警備員

    エジプト

    カラフルで異国情緒満点!アスワンのスーク通りをぶらぶら散歩
  4. 釜山(韓国)

    釜山でチムジルバンに泊まるならばココ!釜山駅徒歩2分「バリー・アクアランド」
  5. 階段から見た海

    石川県

    【奥能登】天領黒島 北前船で栄えた能登の港町を歩く
PAGE TOP