長崎県

【対馬】荘厳な空気に包まれる対馬宗家の墓所|萬松院

 

百雁木

萬松院は、

・対馬宗家の墓所 ”御霊屋” が圧巻
・132段の百雁木

萬松院は、宗家の権力の強大さ・隆盛がわかる菩提寺

2022年9月、対馬 萬松院の参拝記。

萬松院について

萬松院のみどころは、たくさんある。

  • 対馬藩主宗家の菩提寺
  • 歴代藩主の壮大な墓所「御霊屋」
  • 137段の石段「百雁木」
  • 朝鮮国王から贈られた「三具足」
  • 徳川歴代将軍の位牌が安置
  • ゴーストオブツシマ「黄金寺」のモデル

萬松院は、杉の森の静寂に包まれた荘厳な墓所でした。圧巻です。

石灯篭と彼岸花

萬松院へのアクセス

厳原の中心地・観光協会から徒歩5分ほど。

萬松院(万松院)
拝観料:300(2022年9月)
長崎県対馬市厳原町西里192
Googleマップ 公式サイト

萬松院 参拝

訪問時期:2022年9月

山門(桃山式)

山門は閉鎖中、くぐれず。

萬松院の山門

本堂横の建物で拝観料を支払います。

萬松院の玉石の道

境内へ。

萬松院の入り口

標識に従って、本堂の奥へ。

萬松院御霊屋への通路

訪問日はお彼岸。
彼岸花が美しく咲いていた。

彼岸花

百雁木

132段の石段である百雁木。石塔が両脇にならび圧巻。

萬松院の百雁木

登る手前に杖も置いてある。心配な方は利用しよう。

木の杖

この石段は、上にある墓所・御霊屋へと続く道。

萬松院の百雁木

いただいた説明書の版画はココだな。

石灯篭と説明書

圧倒される景観に、ついついシャッターを切っちゃう。
カメラロールには同じような写真ばかり残っている。

萬松院の百雁木

上から見るとこんなふう。

萬松院の百雁木

杉の森に囲まれた石段をあがるにつれ、静寂は増していくように感じる。

萬松院の百雁木

石垣も立派だ。
お城みたいだわ。

石垣

上部についた。

萬松院の大杉

瓦で覆われた塀もお城っぽい。

瓦

萬松院の大杉

天然記念物指定。

萬松院の大杉の看板

 

萬松院の大杉

根っこがコンクリートをひっぱがすのも、時間の問題か。

コンクリートに這う萬松院の大杉の根っこ

御霊屋

対馬藩主宗家の墓所。

御霊屋

一段と大きいお墓は、21代義真(よしざね)とその正室である京極夫人のもの。

御霊屋対馬

対馬藩三代目藩主の義真の時代は、対馬では貿易が栄え、城下町を整備し、大いに栄えたそう。だからこそ墓所も大きいのだろう。

御霊屋

お墓が立ち並ぶさまは圧巻。

そして奥にもまだ墓所はつづく。

御霊屋

蚊に噛まれた。
痒くて、苦しんだ。

ちなみに、殿様と正室は上段の御霊屋、側室は中段の御霊屋と区別されていた。

中御霊屋

ここ萬松院は、
お寺というより墓所メインだな。

萩の東光寺_・毛利家墓所を思い出した。
ここ萬松院と並び、日本三大墓所のひとつ。

階段をくだって本堂へ戻る。

萬松院の百雁木

萬松院の百雁木

不思議な空間だった。

萬松院の百雁木

本堂

萬松院の境内

萬松院の本堂

扁額

万松精舎の額は、後水尾天皇第三皇女鏡の宮の書

萬松院の扁額

三具足

朝鮮国王より寄贈されたもの

萬松院の三具足

そんな宝物をこんなふうに飾っていて良いのかしら。

朝鮮国王からの贈り物は、やはり純和風とは少し違ったデザイン。

萬松院の三具足

萬松院の三具足

萬松院の三具足

徳川歴代将軍のお位牌

なぜこんなところに、徳川家のお位牌があるの?

調べてもわからなかった。
いつか謎が解けますように。

徳川歴代将軍のお位牌

壁紙は、宗家の家紋である「五七桐 (ごしちのきり)」。

こんな柄の壁紙が存在することに驚きを隠せないな。特注かな。

宗家の家紋五七桐 (ごしちのきり)

のぞいてみる。
確かにお位牌が並んでいる。なぜ。

徳川歴代将軍のお位牌

諫鼓(かんこ)

諫鼓(かんこ):君主に対し諫言しようとする時打ち鳴らす鼓。

横門のそばにある。

柵の中の諫鼓

諫鼓

諫鼓とは、鼓のこと。

鼓

「かんこ鳥」の由来らしい。

諫鼓を鳴らさない
→諫鼓の上で鳥が遊ぶようになる
→”諫鼓鳥”

閑古じゃなくて諫鼓だったのね。

諫鼓の説明文

みどころ満載だった。
対馬観光では、和多都美神社をはじめとする神社に注目していた。お寺はノーマークだったわ。

きてよかった!

寺というよりお墓まいり!?
荘厳な萬松院へ

百寺巡礼をしています。
こんなにインパクトのあるお寺が選外だなんて。

きっと対馬のアクセスが理由でしょう。

百寺巡礼に選ばれていたならば、
もっと早い時期に対馬に訪れていただろうな。

おっと恨み節が出ちゃった。
そして、

寺巡りというよりお墓めぐりがふさわしいかも。
対馬・厳原を訪れたら是非とも萬松院を訪れることをお勧めします。

おしまい。
 

対馬3日間

この旅のスケジュール

和多都美神社

対馬の戦争遺跡

厳原(いづはら)

比田勝(ひたかつ)

対馬のグルメ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




韓国展望所【対馬】釜山も見えた!国境最前線の地・比田勝を自転車でめぐる前のページ

【対馬】古事記の世界へ!和多都美神社&烏帽子岳展望台次のページ和多都美神社の五つの鳥居

ピックアップ記事

  1. 女ひとり温泉旅!みちのく湯めぐり紀行10日間
  2. 松江のおすすめ郷土料理店「川京」 宍道湖七珍をいただく
  3. 百寺巡礼 第12番 妙成寺 “幾多の兵火を免れた前田家ゆかりの七堂伽…
  4. 【週末弾丸】原付バイクでめぐる沖縄本島(南城市)
  5. 【雲仙】雲仙・普賢岳トレッキング 「日本で最も新しい山」平成新山に最接近!

関連記事

  1. 江上天主堂

    長崎県

    【奈留島】原付バイクでめぐる奈留島6時間

    五島列島・奈留島へ。● 奈留島千畳敷…

  2. 噴煙の上がるお糸地獄

    長崎県

    【雲仙】早朝の雲仙地獄めぐり

    雲仙・地獄めぐり。雲仙に2泊。人気…

  3. ツツジと野崎島
  4. 長崎ちゃんぽん

    長崎県

    【週末弾丸】雲仙&島原3日間(雲仙普賢岳・雲仙温泉・島原・諫早)

    週末弾丸、雲仙&島原へ。午後休+週末で長崎…

  5. 龍蛇神神社の赤い鳥居

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 一直線に続く菩提梯

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第49番 久遠寺 “日蓮宗の総本山で涅槃への階段を上る”
  2. ボート

    インド

    バラナシ(3)ガンジス河でボートに乗ろう!ボートの種類と運賃の相場まとめ
  3. ムツヘタ行きのマルシュルートカ

    ジョージア

    マルシュルートカで行くムツヘタ!Didubeバスターミナル情報&乗り方まとめ
  4. 湯の児温泉の亀のオブジェ

    熊本県

    湯の児温泉 海水浴場に隣接する温泉地(熊本県水俣市)
  5. 機内でぐっすり眠る

    週末旅行ノウハウ

    搭乗後すぐに取りかかれ!飛行機で眠るまえに済ませておきたい3つの作業
PAGE TOP