長崎県

【対馬】ラピュタの世界!”天空の要塞” 姫神山砲台跡(バス&徒歩)

 

姫神山砲台跡の赤レンガ

こんなところに、
こんな要塞が!

対馬の姫神山砲台跡は、

・樹木に飲み込まれたさまが「天空の城ラピュタ」みたい
・日露戦争の遺構

・ひっそりとしていて雰囲気抜群
・緒方地区から徒歩推奨

廃墟好き、戦争遺跡好きには堪らない場所。

対馬に訪れたら絶対いくべき場所のひとつ。

姫神山砲台跡について

姫神山砲台跡:日露戦争に備え築かれたレンガ造りのレトロな砲台跡

赤レンガのならぶ姫神山砲台跡

姫神山砲台跡へのアクセス(対馬バス)

対馬バス縦貫線バス停「緒方入口」にて下車後、徒歩約1時間

姫神山砲台跡へ
いくときに気をつけること

注意:Googleマップは怪しい

徒歩ルートで移動する人が少ないのか、Googleマップと実際は色々異なっていた

  • 緒方入口〜乙宮神社〜姫神山砲台跡は実際は片道1時間
  • マップのルートと道の方向が違う

山道は除外した時間だったのかな。

 

標識を見て進もう

姫神山砲台へは、ポイントで標識がでていました。Googleマップを無視して案内標識に従ってすすもう。

姫神山砲台案内標識

落石や落ち葉はあれどほぼ一本道なので道なりに進めば大丈夫。

車でもいけるけどやめておこう

砲台跡へは舗装された道路が通っていますが、車は緒方集落へおいて徒歩で向かおう。

・道が細い
・対向車に出会うと離合できない

・悪道、障害物が転がっている

バイクがベストかな?
そう思ったけれど、あまりに道が悪くてちょっと心配。

木で荒れている道

普段はそうでもないのかしら。
姫神山砲台跡は、緒方集落からは徒歩で登るものだ」と覚悟しておこう。

売店・自販機・トイレなし

緒方入口から姫神山砲台跡まで自動販売機すら見かけなかった。途中の緒方エリアは集落なので民家はあるのですが、通過した道沿いには商店も自販機もトイレもなし。

緒方集落

食料と飲料は準備していこう。

ペットボトルの水

2022年秋、
姫神山砲台跡に歩いていってきた

コース概要と所要時間

①スタート:緒方入口
②緒方入口(バス停)~緒方・乙宮神社(約30分)
③緒方・乙宮神社~姫神山砲台跡(約40分)
姫神山砲台跡を見学(約40分)
⑤姫神山砲台跡→緒方・乙宮神社(約25分)
⑥緒方・乙宮神社→緒方入口(バス停)(約25分)
⑦ゴール:緒方入口

行き(徒歩約70分)

コムギは対馬バスで比田勝からやってきた。

対馬バス

訪れたのは、対馬から博多へ、そして大阪へ戻る最終日。
自動販売機すらない緒方、もちろんロッカーもない。

全荷物がはいったザックを背負って、姫神山砲台跡をめざします。

パンパンのザック

軽量化しているとはいえど、約8kgのザック。
道端においていこかと思いました。

①スタート:緒方入口

降車した緒方入り口は、緒方集落への分岐。
どどんと看板が出ている。

緒方入口の看板

②緒方入口(バス停)~緒方・乙宮神社
(約30分)

緒方集落への30分は、アップダウンともにある舗装された道路を歩きます。

緒方集落への道

お天気は悪いけれど、涼しくて心地よい。

緒方集落への道

ふと目をやると、佇む柱。

崖の上の蜂洞

これは「蜂洞」対馬式養蜂の巣箱。
2021年に人吉にいったときに初めてしった「蜂洞」の存在。名前が判明したのは、ここ対馬。

蜂巣箱

集落に近づくと、巨大タンクが並ぶ。

対馬油槽所のタンク

緒方集落への道

緒方集落へ。

緒方集落

③緒方・乙宮神社~姫神山砲台跡
(約40分)

集落からは、砲台跡をめざしてひたすら登り道。
車できている人は、ここまで。ここからは道が悪かったり細かったりするため、歩いて訪れるべし。

ゲートボールを楽しむお年寄りたち。お元気だな。

姫神山砲台案内図

標識通りに進む。

姫神山砲台案内標識

廃校跡。

廃校になった小学校

乙宮神社を通る。

乙宮神社の鳥居

安全な山行をお願いして。

乙宮神社の狛犬

積まれた平たい岩盤の上にたたずむ社。
特別な気配が漂う。

乙宮神社の小さな社

墓所エリアを通過。

墓所を通る道

舗装された道路を歩く。
草木が茂ってきた。

姫神山砲台跡への道

Googleの表示とは異なる道を進む。

だって標識が出ているもんね。(正解だった)

姫神山砲台跡への道と標識

倒壊した蜂洞があった。
中身はこんな構造になっているのね。

倒壊した蜂箱

不法投棄された冷蔵庫。
不法投棄する人間の心理が、まったく理解できない。処分する費用をケチってるのだろうか。犯人の自宅がゴミ屋敷となる呪いをかけておく。

不法投棄された冷蔵庫

まっすぐ生えた木々のなかをすすむ。

姫神山砲台跡への道

ちょっと登山みたい。

姫神山砲台跡への道

ひらけた土地にでた。
ここは駐車できるみたい。

駐車場に到着

駐車できるといっても、草がボーボーと生えている。

姫神山砲台跡駐車場

展望スポットにもなっている。
あいにくのお天気だけれど、対馬の美しい景観は楽しめる。

駐車場からの景色

ここから姫神山砲台跡へ。
ここからは自動車の人も歩こう。道の悪さがレベルアップします。

姫神山砲台跡へ分岐

姫神山砲台跡への荒れた道

岩肌に覆う落ち葉と落ち枝。

姫神山砲台跡への荒れた道

先には青空と石碑が。

姫神山砲台跡への荒れた道

④姫神山砲台跡を見学(約40分)

砲台跡へたどり着いた。

静かに鑑賞したいから、人が少ないといいな。

その願いは叶った。
姫神山砲台への往復の移動や現地滞在を通じ、だれにも全く会わなかった。

不人気なの!?

姫神山砲台跡の標識

砲台跡へと向かう道。

姫神山砲台跡が見える道

木々のなかから覗く赤レンガ。

姫神山砲台跡が見える道

廃墟ムード満点!

姫神山砲台跡の赤レンガ

はいってすぐに並ぶ赤レンガの建物は棲息掩蔽部(せいそくえんぺいぶ)。

姫神山砲台跡の赤レンガ

建物内部に入ることができます。
中はがらんどう。

姫神山砲台跡内部からの景色

木々に埋もれる赤レンガがレトロで素敵。

姫神山砲台跡の赤レンガ

姫神山砲台跡は、対露のため築かれた砲台。

姫神山砲台跡マップ

わけがわらかない砲台跡の遺構。
配置図を参考に巡ろう。

姫神山砲台跡配置図

鎮座する砲弾。

砲弾

樹木により倒壊しそうなレンガの壁。

対馬姫神山砲台

第一砲座跡。

砲座跡

ここ姫神山砲台跡は観光協会の方達が整備されているそうだけれど、それでもやっぱり草が生い茂る。

砲座跡

砲台跡の建物入り口。重厚な壁。

レンガの入り口

中は薄暗い。
コウモリもいるらしい。

室内から

ひっそりとした姫神山砲台跡。

姫神山砲台跡

探検気分!
誰もいないし、時間帯によってはひとりだと怖く感じるであろう場所。

姫神山砲台跡

司令室のなか。

右翼観測所の司令室

 

姫神山砲台跡

階段を登って右翼観測所へ。

右翼観測所横の階段

右翼観測所。
この赤い円柱はなんだろう。

右翼観測所

空いている穴。

砲眼

のぞいてみる。
さっき訪れた司令室につながっているみたい。

砲眼

右翼観測所

右翼観測所の全貌。
遠くからみるとただのコンクリートに見えるね。

右翼観測所

右翼観測所の奥の道は、反対側の左翼観測所へとつながっている。ここを歩く。

右翼観測所からの道

途中、さきほど通った砲座跡を上から眺める。

砲座跡

この道は、木の枝と葉っぱだらけ。
ギシギシ踏みしめながら進む。

足元

ふたつの砲座跡

左翼観測所についた。

左翼観測所

こちらのほうが視界がひらけて絶景!

左翼観測所

天気はイマイチだけれど、絶景には変わりない。

左翼観測所からの眺め

左翼観測所の司令室へ。

左翼観測所の司令室

建物のすみにある穴、これが「砲眼」。

砲眼

砲眼:砲塔・城壁などに設けた、砲弾を発射するための穴。砲門。

軍事遺跡用語をひとつ、学んだわ。

司令室からの砲眼

階段をくだる。

階段

観測所は草木に覆われていた。
軍事施設だし、目くらましのため隠しているのかな?

樹木に覆われた姫神山砲台跡

いずれ、草木に押しつぶされちゃうのではないか、そんな心配を抱く重量感がありました。

樹木に覆われた姫神山砲台跡

左翼側は明るくて視界もひらけているので「天空の要塞」感が増す。

姫神山砲台跡

時間があるから、もう一周!
ひっそりとして素敵だな。

姫神山砲台跡

建物内部から見た砲台跡。

姫神山砲台跡

掘り起こされた根。

そりかえった木の根っこ

古代遺跡みたい。
100年以上前の建物とはおもえない保存状態の良さ。

姫神山砲台跡

砲座

入り口へ戻ってきた。
それにしても、秘境ムード満点だったな。

赤レンガのならぶ姫神山砲台跡

建物内部に入る。
涼しい。

建物内からのぞく姫神山砲台跡

最初から最後まで、人っ子ひとり、来なかった。
贅沢な時間を過ごせました。

赤レンガのならぶ姫神山砲台跡

ザックは、重かった。

帰り(徒歩約50分)

なごり惜しいけれど、バスの時刻へ向けて下山開始。

⑤姫神山砲台跡→緒方・乙宮神社
(約25分)

姫神山砲台跡から下山の道

足元をよく見ると、岩盤みたい。
これは車では厳しいわ。滑りそう。

足元の岩

駐車場へ降りてきた。
対馬にある31個の砲台のひとつ、折瀬鼻砲台へはここから。ものすごい悪路らしくガイド同行必須だとか。

折瀬鼻砲台への標識

うっかり立ち寄らなくて良かったわ。

姫神山砲台跡から下山の道

それにしても、酷い道たわ。
台風などの被害かな?

木で荒れている道

姫神山砲台跡から下山の道

緒方集落へ戻ってきた。

緒方集落

⑥緒方・乙宮神社→緒方入口(バス停)
(約25分)

行きに出会ったゲートボール中のご老人たちの姿はなかった。解散したみたい。

緒方集落

緒方集落から緒方入り口(バス停)までの道は、アップダウンともにあり。そこそこしんどい。

緒方集落からの自動車道

⑦ゴール:緒方入口

バス停に到着。
バス時刻の10分前。ギリギリだわ。

バス停緒方入り口

プロテインを飲んでバスを待つ。

プロテイン補給

おつかれさま!

NEXT:厳原へ

本日はフェリーきずなで博多へ戻る日。
対馬バスで厳原エリアへ移動。

対馬バス

対馬の旅No. 1おすすめ
姫神山砲台跡へ歩こう

姫神山砲台跡はすごかった。

・移動&観光で3時間は必要
・自動販売機・トイレない
・山上の廃墟がムード満点

これは本土にはないかも。

「ラピュタっぽい」と人気のスポットがほかにもあるけれど、こんなに人気がない山中にあるのは対馬ならではだろう。がんばってのぼるだけの価値があるスポットでした。

観光人気でムードぶち壊しにならないうちに訪れることをオススメします。おしまい。

 

対馬3日間

この旅の全旅程

姫神山砲台跡

豊砲台跡

和多都美神社

絶品!対馬の穴子料理

比田勝

厳原城下町さんぽ

萬松院

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




龍観山展望台と原付バイク【上五島】若松エリア絶景ツーリング!(中ノ浦教会・若松瀬戸・龍観山展望台)前のページ

湯の児温泉 海水浴場に隣接する温泉地(熊本県水俣市)次のページ湯の児温泉の亀のオブジェ

ピックアップ記事

  1. 【週末弾丸】青春18きっぷで行く!桜シーズンの日帰り岐阜旅(揖斐・大垣)
  2. 絶景の国境離島へ!隠岐4日間の旅
  3. 5時間でも足りない!?ひとりで歩くギザの3大ピラミッド&スフィンクス
  4. 慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説
  5. 北京での食事はフードコートがおすすめ!王府井『東方新天地』

関連記事

  1. キビナの刺身

    長崎県

    【福江島】福江港周辺 五島ご当地料理のおすすめ店3選

    福江港ターミナルから徒歩で行ける美味しい飲…

  2. カトリック青砂ヶ浦教会とマリア像

    長崎県

    【五島列島】優先して訪れるべき教会堂はコレ!

    長崎県、五島列島の教会めぐり。あま…

  3. 夕暮れの日島の石塔群

    長崎県

    【上五島】ミステリー!日島の謎の石塔群を見に行く

    上五島、若松地区の日島へ。若松大橋…

  4. 矢堅目の塩本舗の塩ソフトクリーム

    長崎県

    【上五島】矢堅目公園&塩ソフトクリーム

    上五島の矢固目(やがため)を原付バイクでめ…

  5. 軍艦の模型
  6. 清水山城跡 三ノ丸跡から眺める厳原の街

    長崎県

    【対馬】対馬藩の城下町・厳原を歩く

    厳原(いづはら)は、対馬藩が置かれていた城…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ゴア・ガジャ

    インドネシア

    【バリ島・ウブド】寄り道が楽しい♪ウブド王宮からゴア・ガジャ遺跡まで歩いた体験記…
  2. 釜山(韓国)

    釜山でチムジルバンに泊まるならばココ!釜山駅徒歩2分「バリー・アクアランド」
  3. ZARAスパ

    ヨルダン

    美容の聖地・死海で本場の泥パック!死海の人気スパ・ZARA SPA体験記
  4. 姫神山砲台跡の赤レンガ

    長崎県

    【対馬】ラピュタの世界!”天空の要塞” 姫神山砲台跡(バス&徒歩)
  5. 釜山(韓国)

    海が見える♪釜山・広安里ビーチのおすすめカフェ4選
PAGE TOP