釜山(韓国)

ひとりでも2品注文!ちいさめ絶品スンドゥブチゲの食堂・トルゴレ

 

トルゴレのスンドゥブ

ラクチンな一人旅、唯一、悩ましいのが食事。

ひとりでお店に入ることにはまったく抵抗はなし!

ただ、料理の品数を頼めないのが悩ましい

しかも、韓国はミッパッチャン(キムチやお惣菜など)の副菜がモリモリついてくる食文化。

大食いのコムギとはいえ、週末弾丸旅では食事の回数に限度があります。

なのに、食べたい韓国料理はたくさんある・・・!

そんな悩みを解決するお店が、国際市場エリアにある「トルゴレ」。

スンドゥブとナクチポックムが絶品の庶民的なお店。

どちらも小ぶりなので、2品食べれちゃいますよ。

食堂「トルゴレ」へのアクセス

路地裏から見える釜山タワー

トルゴレは、国際市場〜釜山タワーの間に位置します。

近くに釜山タワーが見えるよ。

トルゴレ(돌고래)
釜山市中区新昌洞2街12-1
地下鉄1号線チャガルチ駅7番出口より徒歩5分位

トルゴレの入口

お隣の洋服屋さんの横に看板が。

危うく見逃すところだったわ!

お店は直接には通りに面しておらず、廊下で奥に進みます。

トルゴレへ続く狭い廊下

廊下の奥へ進む。

まだ店では無い。

トルゴレへの階段

さらに奥の建物の階段から、2階にあがります。

ちゃんと営業しているのかな〜

不安になる外観。

トルゴレの店のドア

2階にあがると、いっきににぎやか。

お客さんがでてきた!

うわあ、めっちゃ混んでる。

扉をあけると、、中は満席!

大混雑の店内

Pm13:00すぎ、お昼どきという時間帯のせいか、お店は満席。

ひとりなので滑り込めたコムギ。ふう。

トルゴレのメニュー、シンプルに4品のみ

トルゴレのメニュー

  • 寄せなべ 8,000ウォン(約800円)
  • ナクチポックム(タコ炒め) 7,000ウォン(約700円)
  • スンドゥブ・ごはんつき 5,000ウォン(約500円)
  • 味噌味スンドゥブ・ごはんつき 5,000ウォン(約500円)

ちなみに、きになるビールの価格。

  • 瓶ビール 4,000ウォン(約400円)

良心的ですね〜〜♪

注文したお料理たち

超満員のトルゴレ。

ひっきりなしにやってくるお客さん。

これは、待つことになるかもしれないな

実際には、ちっとも待たずに、あっというまにナックポム(タコ炒め)の準備が整いました。

仕事が早い!

韓国の食堂の良いところ。

ナクチポックム(タコ炒め)

グツグツ煮えるナクチポックム

ナクチポックムとは、テナガダコの辛炒めのこと。

鍋ひとつで7,000ウォン(約700円)。

ひとりでも食べれる大きさです。

2人様以上でお願いシマス!

など悲しいことも言われませんでした。

ビールとナクチボックム

ひと席、ひとコンロ。

堂々と一人で食べるよ!

目の前で火をかけるスタイル。

出来上がるまで、軽めの韓国ビール・hiteを飲みながら待つ。

ビールを飲みながらなら、いくらでも待てるわあ!

ナクチポックムを炒める

あっという間にグツグツ煮えてきた!

完成したナクチポックム

完成!たぶん

焦げるか焦げないか?

の瀬戸際で火を止めるのって難しいね。

ナクチポックムは韓国における激辛料理の代表メニューでありますが、こちらのナクチポックムは大して辛くない。

ゴハンがすすむ味。

トルゴレの看板メニュー・スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲ

トルゴレのスンドゥブは小さめ。

煮えたぎった小さな土鍋で提供される。

値段も、ご飯がついて5,000ウォン(約500円)

少し甘くて、コクがある。

美味しい〜!なのに、量が少ない。

でも、だからこそ、ナクチポックムと両立できるんですよっ!

トルゴレでのお一人さま・おすすめメニュー構成

スンドゥブチゲ

ミッパッチャン(キムチやお惣菜など)の副菜もついて、ひとりで食した全て。

お会計は、ビールも込みで16,000ウォン(約1,600円)、大満足〜。

こぶりとはいえ、2品なのでなかなかのボリューム。

トルゴレのミッパッチャン

大きな白菜のキムチ

キムチは、大きい1枚がそのまま出てくるので、自分でカットするスタイル。

キムチをカットするためのハサミもついてくる。

トルゴレのキムチは唐辛子も控えめで辛さはマイルド、コクがあり。

日本人好みの味付けだな。

水キムチ

水キムチ。

これまた、少々甘め。

酸っぱいだろうな〜と食べたら違ったので、すこし拍子抜け。

ナクチポックムとスンドゥブの辛目系ごはんの箸休めにピッタリ。

トルゴレ、おすすめです

トルゴレは、とっても人気店。地元の人ももちろん、日本人観光客も1組みかけました。

食べたいものがたくさんある釜山、トルゴレのメニューはどちらも小ぶりなので、ひとりで2品食べることが可能です。

辛さ控えめのコクのある味付けは大半の日本人にとって食べやすいのではないかな。

それに、釜山旅では外せない、チャガルチ&南浦洞エリアにあるので、町歩きの合間に立ち寄りやすい♪

スンドゥブが好きならば、釜山観光では外せないお店ですよ。

釜山のグルメ情報

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




チャガルチ市場内で海鮮料理に舌鼓を打つ!ために知っておきたいこと&失敗談前のページ

【釜山・金海国際空港】フード充実!滑走路ビューも楽しい【SKY HUB LOUNGE】次のページ

ピックアップ記事

  1. エルサレム旧市街の城壁を歩く!Ramparts Walk体験記
  2. プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?
  3. 日本三大美肌の湯・嬉野温泉で美肌を目指す
  4. 出羽三山の精進料理をいただく@羽黒山参籠所斎館の宿泊日記
  5. ハルビン観光で絶対行くべき!松花江に沈む夕日の絶景スポット

関連記事

  1. 釜山(韓国)

    インスタ映えバツグン!釜山で出会ったカラフルスイーツたち

    糖質は酒からしか摂らないと決めているコムギ…

  2. 釜山(韓国)

    どっぷりローカル。東莱エリアでディープな釜山を満喫

    東莱(トンネ)エリアは、朝鮮王朝時代に役所…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ワディラムの赤い砂漠

    ヨルダン

    ペトラ遺跡・砂漠・死海!ヨルダン旅行10日間スケジュール
  2. 大浪池

    週末に登る百名山

    【霧島山】凍る山頂火山湖・大浪池へお手軽ハイク
  3. 色の浜の小貝

    福井県

    おくのほそ道を歩く|色の浜 ますほの小貝を拾う
  4. 稜線を歩く登山客

    週末に登る百名山

    【谷川岳】“魔の山”の初心者コースを登る(天神尾根ルート)
  5. ミーソン遺跡のレリーフ

    ホイアン(ベトナム)

    なんと750円!世界遺産ミーソン遺跡へはホイアン発現地ツアーが格安でオススメ(た…
PAGE TOP