釜山(韓国)

松島海上ケーブルカーで海の上を空中散歩。晴れた午前9時台がおすすめ!

 
すれ違う複数の松島海上ケーブルカー

2017年にできたてホヤホヤの釜山のNEW観光スポット、松島海上ケーブルカー。

海の上の空中散歩が楽しめるのです。

1.62km、約10分の空中クルーズ、景観が楽しめる晴れた日の午前中がおすすめ♪

目次
1.松島海上ケーブルカーとは
2.実際にのってみた@日曜日の午前9時
3.ゴール!松島スカイパークに到着
4.松島ベイステーションに戻ってきた。10時台の乗り場は混雑
5.松島海上ケーブルカー、晴れた朝9時台に行くべし!
6.松島海上ケーブルカーでの空中散歩、おすすめです

松島海上ケーブルカーとは

松島スカイウォークのすぐそば、松島ベイステーションと松島スカイパークを結ぶケーブルカー。

松島エリア。釜山イチの繁華街・南浦洞から車で10分程度。バスでも行けるし、タクシーでもすぐ。

2017年にオープン!ほやほやNEWスポット

ガイドブックにもあまり載っていないし、まったくしらなかったぞ?

コムギは、釜山の金海空港でもらった無料のフリーペーパーで知りました。

なんと、2017年にできたてホヤホヤのNEWスポットらしいのです。

珍しい、海上を結ぶケーブルカー

この松島海上ケーブルカーは、松島海水浴場と向かいの松島スカイパークを結ぶ、海上ケーブルカー。

海の上に輝く松島海上ケーブルカー

釜山では、ケーブルカー=ロープウェイのこと。

線路はありません!

床が透明のクリスタルクルーズ

ここ数年の流行り、高いところでの「床が透明」で怖さを煽るタイプ。

ここ、松島海上ケーブルカーでも、”床が透明ガラスのクリスタルクルーズ”があります。

クリスタルクルーズ、透明の床

クリスタルクルーズ、透明の床

断然、こちらが人気でしたよ!

乗車時間は10分

向かいの影島までは片道10分。

料金は?

床が透明のクリスタルクルーズの方が、ノーマルタイプよりも若干高いです。

松島海上クルーズの料金

クリスタルクルーズ(床が透明)
・往復 20,000ウォン(約2,000円)
・片道 16,000ウォン(約1,600円)
エアクルーズ(通常タイプ)
・往復 15,000ウォン(約1,500円)
・片道 12,000ウォン(約1,200円)

往復で約2,000円か〜〜。割と高いですね。

映画を1本みるよりくらいのお値段なので、妥当かな?

実際にのってみた@日曜日の午前9時

よく晴れた2018年10月の日曜日の朝、松島へ。

チケットを窓口購入

松島海上クルーズのチケット売り場

これは10時台のチケット売り場

窓口でチケット購入。

  • 透明タイプかノーマルか?
  • 人数は?
  • 往復か片道か?

程度を伝えれば購入できるので、ハングルがわからなくても大丈夫!

切符を買ったらキャンディもくれた

松島海上クルーズのチケットとおまけのキャンディ

なぜか、おまけで可愛いキャンディもくれました。

コムギは、エアクルーズ(通常の床)の往復を購入。

だって、10分間しか乗らないのに、そのうち床を眺める時間なんてわずか1分程度でしょ?

それなのに、400円も高いんだもの。

それに、やっぱり、ちょっとコワイしね・・・

ロッカーもある

松島海上クルーズ乗り場にあったロッカー

ロッカーに荷物を預けることもできます。

クリスタルクルーズ/エアクルーズで乗り場が別

床が透明のクリスタルクルーズか、
通常タイプのエアクルーズかで、乗り場入り口も別です。

松島海上クルーズの入り口案内

看板があるので、わかります。

ちなみに、9時台なのですいていましたが、それでもやっぱり、エアクルーズのほうが圧倒的に人気でした。

かごがやってくるので、係員に誘導されて乗り込みます。

松島海上クルーズの乗り場

コムギは、なんと一人で貸切に成功〜〜〜!

かごに乗り込み、いざ出発

いよいよ、出発です。ワクワク〜〜

広くて視界がクリアなかご

いままでケーブルカー(ロープウェイ)には、それなりに乗ってきた。この松島海上ケーブルカーは、今まで一番広々としていて、透明度の高いカゴでした!

ゆったりした大きいカゴ

松島海上クルーズのかごは広々

最大定員は、なんと8名。

広々〜!

視界は良好!

四方ともクリアガラスで見晴らしがよい

床こそ透明ではないけれど、四方の窓はほぼクリア。

とっても、見通しがよい♪

窓ガラス越しに海が見えるよ

(行き)松島ベイステーション→松島スカイパークへ

松島海水浴場側の、松島ベイステーションから乗車。

どんどん、離れていきます。

松島海上クルーズから眺める松島海水浴場

どんどん遠ざかっていく松島

海が見える

松島海水浴場の地上

松島スカイウォークも見える

松島スカイウォークのデッキ

海にはりだしたデッキがお散歩スポットの、松島スカイウォーク。

こちらも空から見えます。

後で散歩しよ。

松島海水浴場

釜山でいちばん古いビーチ、松島海水浴場も一望できる。

松島海水浴場も一望できる

うーん、いいお天気だ。

松島海上クルーズのオレンジのケーブルカー

すれちがうケーブルカー

たくさんのカゴとすれ違います。

遊園地みたい。

すれちがう複数のケーブルカー

ピンクのケーブルカーとすれ違う

まさに海上散歩!

海の上を進む。飛行機より低い視点で、でも海の上から。

いつもはなかなか体験できない位置から海や街を眺めるのも楽しいね。

海上を渡るケーブルカー

釜山の海

釜山の海を見渡せます

海上を渡るケーブルカー、ロマンティック

遊歩道もある

今回は往復チケットを買いましたが、松島スカイパークまで歩くことにできる遊歩道も整備されています。

歩くことも可能です。

遊歩道

歩くのも好きですが、今回は歩くのはヤメ!

空中散歩を楽しみたいのと、
往復と片道の料金がたいして変わらないからです。

ゴール!松島スカイパークに到着

10分の空中散歩を終えて、松島スカイパークへ到着。

影島に到着した

到着した先には、軽食をとれるフードコートと公園がありました。

ピカチュウのコロッケ

ピカチュウ型のコロッケが売っていた。

謎の公園

韓国あるある?アジアあるある?

テーマが一貫していない、カオスな公園がありました。

影島の到着先にある公園

恐竜がいる”ディノアドベンチャー”

ディのアドベンチャー、恐竜のオブジェ

ボタンを押したら、恐竜が動く仕組み。

フォトスポットも

恐竜の脇にある、撮影スポット。

撮影スポット

なんなんだ、この椅子は?

シュールな写真が撮影できるよ!
インスタ映え?

体験展示物カタツムリガーデン

黄色が可愛い、カタツムリがたくさん。

カタツムリガーデン

体験展示物とのことですが、体験のしかたがワカラナイ。

突然のステージ+ピアノ

恐竜横にはピアノが1台置かれていました。

謎のピアノ

そして、ちょっと演奏してみるアジュンマ。

なんなのだ、この広場は〜〜〜!

ひととおり公園も楽しんだので、松島ベイステーションに戻ろっと。

ケーブルカーで戻る

帰りの10分も楽しみました♪

松島ベイステーションに戻ってきた。10時台の乗り場は混雑

公園もたのしみ、松島側に戻ってくると。

ケーブルカーを降りたら混んでいた!

混雑した乗り場

9時台は、悠々一人で乗れたけれど、10時台の混雑具合からすると難しそう。

でも、確かに並んでいるけれど、ひとつのカゴにたくさん乗れるし、どんどんケーブルカーも進むので、思っているよりは待たないのかもしれません。

混雑した搭乗口

でも、並びたくないよね!

やっぱり朝一番で行った方がいいな。

松島海上ケーブルカー、晴れた朝9時台に行くべし!

できたてホヤホヤのNEWスポットだからか、朝10時台でも混雑していた、松島海上ケーブルカー。

家族連れはもちろん、中高年の団体様が多かったように思えました。みなさまシニアライフを楽しんでいますね。

晴れた日に行くべき理由:
明るくて見通しがよくないと景観が楽しめないから

どうせ乗るならば、晴れた日の朝がおすすめ。おすすめというより、

悪天候の日はやめておくべき、でしょう。

海上を渡るケーブルカー

曇っていたら、景観が楽しめないので、魅力半減だと思う。

素敵な景観の釜山の海

海上ケーブルカーなので、見通しの良い晴れた日に行くべき!曇りの日は価値が半減だと思われます。

朝9時台に行くべき理由:
混雑を避けてゆっくり楽しめる時間を狙え

朝の時間がおすすめなのは、明るくて見通しがいいことと、

なんといっても混雑前に行った方がいいから!

混雑する搭乗口

せっかく旅行にきたんだもの。

並ばなくて済むし、運が良ければ悠々貸切で楽しめちゃうかも。

朝イチ、9時台到着を目指そう!

松島海上ケーブルカーでの空中散歩、おすすめです

行き交うケーブルカー

ほやほやNEWスポットの松島海上ケーブルカー、片道10分、往復16,000ウォン(約1,600円)の価値は十分にアリ!

日本にはない、海の上を散歩できるケーブルカー。

釜山旅行のときは、ぜひ体験してみては?おすすめです!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




【マニラ】深夜便でマニラ到着。ニノイ・アキノ空港ターミナル3での夜明かし空港泊体験記前のページ

2018年8月運行開始!遊覧船・チャガルチクルーズに乗ってきた♪対馬も見えたよ次のページ

ピックアップ記事

  1. 森に埋もれるジェフリー・バワ建築の傑作!ヘリタンス・カンダラマに泊まってみた
  2. ジョージア郷土料理を食べるならばココ!トビリシのおすすめレストラン
  3. エジプト国内移動は夜行列車がおすすめ!webでのチケット購入方法&一等車室の乗車…
  4. 週末海外!3大宗教の聖地・エルサレムへ。旅の費用&スケジュールを公開します
  5. 【百寺巡礼】第64番 黒石寺 “蘇民祭の舞台となる東北の古刹”

関連記事

  1. 釜山(韓国)

    釜山のマチュピチュ。甘川文化村でアート散歩

    ぱらぱらガイドブックをめくっていたら、かわ…

  2. モノレールと釜山市内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ZARAスパ

    ヨルダン

    美容の聖地・死海で本場の泥パック!死海の人気スパ・ZARA SPA体験記
  2. ギリシャ

    【メテオラ】アテネからカランバカまでは鉄道がオススメ!1等車両はとても快適だった…
  3. チップ

    エジプト

    相場はいくら?ナイル川クルーズで実際に支払ったチップ6場面
  4. ハルビン・成都(中国)

    往復たったの10人民元!ハルビン,松花江の遊覧船に乗ってみた
  5. ワディラムの赤い砂漠

    ヨルダン

    ペトラ遺跡・砂漠・死海!ヨルダン旅行10日間スケジュール
PAGE TOP