バングラデシュ

旅人度100%!船がひしめくショドルガット&旧市街オールドダッカ散策がおすすめ

船がひしめくショドルガット

バングラデシュの首都・ダッカに滞在。ダッカの旧市街であるオールドダッカを散策しました。

オールドダッカはバングラデシュ観光のメインでもありますが、「世界遺産」や「食べるべき美食」とかはまったくアリマセン。でも、日本で暮らしている私たちには強烈なインパクトのあるところ。新市街でもじゅうぶん衝撃ですが、ここ旧市街はさらなる異国です。旅人になれます。ぜひ行ってみてほしい!

オールド・ダッカはどんなところ?

バングラデシュの首都ダッカの旧市街、オールド・ダッカ。なにができるのか?

レストランなし、ホテルなし

オールド・ダッカには、ある程度のクオリティを保ったホテルやレストランはない
オールドダッカ散策を旅のメインとするならば、ホテルはリキシャで20分程度のモティジール地区がおすすめ

オールドダッカへのアクセスは?

オールドダッカでは宿泊できないので、乗り物で移動。

モティジールエリアからはGoogleマップでは徒歩30分らしいけれど、なんせ混雑で前に進めない。

なので根性出して徒歩で移動せず、リキシャでいくのがいいと思う

リキシャが通る馬車

CNGも走っているけれど、リキシャの方が断然面白い。狭くて異国の旧市街を疾走するのはなかなかスリルもある。

そして、時間があるならば、馬車に乗るのもオススメです。

馬車に乗ってみよう

馬車

シャダルガット(船着場)まで馬車が走る

オールド・ダッカエリアに、通りからシャダルガット(船着場)まで、馬車が運行しています。

観光地にある馬車とは、また違います。
ゆるーくパッパカ歩くのではなく、わりと疾走します。

馬車からの風景

道路の中でいちばん堂々と走る馬車

CNG,リキシャ、バス、いろいろな乗り物が走るバングラデシュの街。馬車も車道を走ります。そのなかでも馬車がいちばん存在感がある気がする。

馬車の運賃は?

運賃は片道20Tkでした。
料金は20Tk(約26円)。ガイドブックどおり。いくら?と聞いたら100Tk!と吹っかけられたけれど、帰りはしれっと20Tk渡したら問題なかった。

馬車と御者

馬車はどれくらいの頻度で発車する?

もちろん時刻表なんてものはありません。明確な時刻は定められていないようだけれど、だいたい満席になれば発車みたい。いちばん乗りで乗ったため、満席になるまで15分くらい待たされた。

馬車の特等席

馬車の特等席は御者の後ろ

特等席!御者の後ろを狙え

カゴ部分に乗り込もうとしたところ、
前の席においでよ!こっちのほうがイケてるよ!
御者の後ろの特等席に誘われました。そこ、乗っていいんだ!?

ガードもないし、気を抜いたら荷物落ちたり転げ落ちたりするかも!?
馬車の振動がダイレクトにくるし、気が抜けないわ〜。

でも見晴らしも良いし、とても楽しいぞ!

サダルガットの交差点

サダルガットの馬車降り場

停留所なんてものはない

そして停留所もなかった。だいたい停まる位置は決まっているよう。でも馬車は目立つのですぐわかる。

オールドダッカへ行くならば、馬車にも乗ってみるのがオススメです!

船着場・ショドル・ガット

オールドダッカ随一の見どころ・船着場であるショドル・ガットへやってきた。

ショドル・ガットへの道

港のまえは大混雑

リキシャで行きましたが、まったく動きません!途中下車して歩く。それにしてもバングラデシュはどこへ行っても大混雑だわ。

入港料が必要

船を眺めるだけでも入港料は必要。本によると入港料は5Tk(約7円)。

切符売り場を探しているときに声をかけてくれた係員の人が、なぜかタダで入れてくれた。なぜなのか?でもありがとう。
結局、切符売り場はどこだかわからなかった。

ショドル・ガットの船着場

船着場まで大混雑!

ギュウギュウに船が停まるショダル・ガット。この中型サイズで、おたがいぶつからないのかしら。

ダッカから各地へ結ぶ線が発着するそう。

ショドル・ガットの川に浮かぶボート

渡し舟で対岸まで移動できる

現在は、橋もできたため、渡し舟の意義は薄れてしまったそう。
といえど、まだまだ人々の足として利用されている。

ボートと船頭たち

船に乗ってみたいけれどパスした

外国人のコムギを見つけた船頭さんたちは大興奮!乗って行きなヨ〜〜!と手を振ってくれるけれど、遊覧船はパスしました。

ガイドブックによると「遊覧は、ぼったくられる可能性が高い。そして水の上だから逃げることができない。強盗に豹変する船頭もいる。一人で乗るのは絶対にやめておけ」と書かれていた。確かに。水上だし、いざとなったら逃げることができないもんな。

それになによりも、こんなペラペラの船で、落ちたら悲惨すぎる!

汚い川

サダルガッドの河は本当に汚い

この色、コールタールの色ですよっ!決してキラキラ輝いているのではありません。

ゴミはもちろん、工場汚水やら生活排水なども垂れ流しらしい。

こんなところに、転覆したら悲惨すぎる〜〜!シャレにならん!

ショドル・ガットの川のボート

でも、やっぱり忘れられない光景

決して美しいわけではない。おおくのゴミと環境汚染や貧困を連想せずにはいられない光景、ショダル・ガット。

ダッカに来たからには絶対に見ておかねばならないものだと思う。

ピンクパレス(アーシャン・モンジール)

ピンク色のアーシャン・モンジール

オールド・ダッカエリアにある博物館。金曜日に訪問したら、開館は15:00からということで、まだ1時間あるし、待つところもないので入場は諦めた。蛍光ピンクみたいな派手なピンク。

同僚に話したらハワイにもピンクパレスあるよ!」とのこと。

ハワイのピンクパレス

”ハワイのピンクパレス” ロイヤルハワイアン

似てるけど、なんだか違うぞ。天候と環境のせい?

  • 曇天 × 観光客の来ないダッカ
  • 晴天 × 大人気リゾート地・ハワイ

対極にあるふたつのピンクパレス。なんだか少し切ない気持ちになった。

青果市場

サダルガットのほどちかくに、青果市場がありました。

いろいろなフルーツが目白押し!みんな働き者!

バナナを運ぶ男性

重いものはアタマに乗せて運ぶ

大きいカゴに目一杯つんだバナナ。このスタイルでフルーツを運ぶ男性をよく見かけた。
腰も痛めないし、理にかなっているのかもしれない。

ジャックフルーツを販売する男性

巨大ドリアン!?じゃなくてジャックフルーツ

巨大ドリアンかと思ったら違った。たしかに匂いはしなかった。こんなに巨大なのに木に成るなんて不思議。どんな巨大な木なのかしら。そして熟して落下してきたら即死は免れないであろう。

俵型のスイカを運ぶ男性

バングラデシュのスイカは俵型

球体の日本のスイカと違って、バングラデシュのスイカは巨大で俵型。

スイカの競り

セリも行われているみたい

スイカを囲んで人だかり。セリが行われているようです。仕切っている老人がいる。外国人のコムギにも騒がず、みんな真剣だ。

旧市街・オールドダッカ

オールドダッカの街

オールドダッカはダッカ発祥の地、旧市街。

ムガル帝国時代に発展した街。古いビルがところ狭しとひしめいている。

チョト・カトラ

チョト・カトラ

ムガル帝国時代のキャラバンサライ(隊商宿)の跡、チョト・カトラ。現在は周囲の建物と一体化している。レンガの部分がムガル時代の1644年のものらしい。400年以上も前。

チャーを嗜む男性

チャー(お茶)を嗜む男性たち

路地には露店がたくさんある。お茶休憩中の男性たち。キミもここに座って1杯飲んで行きなさい、と声をかけられるけれど、なんせお腹壊すのが怖いので遠慮した。

オールドダッカの街

別に何もない。

今日は金曜日でバングラデシュの休日。

いつもはもっと混んでいるらしい。

オールドダッカの交差点

小さい寺院がいくつもある

どこからかコーランも聞こえてきます。

オールドダッカの路地

細い路地もいっぱい

googleマップなしには歩けません!

路地に積まれたゴミの山

ショダルガット近く、開けてきたところ。

道が広くなるとゴミも増えてきたように感じる。

路地に馬車が通る

細い道でリキシャがいちばん便利。ものすごいスピードだけれど。

バングラデシュの都会・モティジールから30分程度なのに、トリップ感がすごいです。

オールド・ダッカ、異国情緒満点でおすすめ!

バングラデシュらしさが未だに残る、旧市街“オールドダッカ”。
見通しが悪い通りを歩いていると、迷い込んだ気分になる。

バングラデシュで何をしてきたの?と聞かれたら

「ただ歩いただけ」。
とくに何かあるわけではないオールド・ダッカ。
喧騒や人混みはそのままに古い町並みを残したオールド・ダッカの醍醐味は、歩くことそのものだから。

オールドダッカの街

体力と相談しつつ、散策を楽しんで。

わりと安全に、ああ、わたし、旅人だわ〜!と浸れますよ。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. カトマンズでショッピング!おすすめの可愛いネパール雑貨店&実際に買ったものを紹介…
  2. 大連で出会ったエンタメ食!回転寿司ならぬ回転”火鍋”
  3. 刺身、貝焼き、メウンタン!民楽刺身街で海鮮グルメざんまい
  4. 香港随一のパワースポット!淺水湾は冬でもパワー全開
  5. 週末海外の相棒・プライオリティパス!提携ラウンジが無料&関空のぼてぢゅうも¥3,…

関連記事

  1. バングラデシュ

    深夜到着便でも大丈夫!ダッカ空港で到着時に済ませておきたいこと3つ

    バングラデシュの首都、ダッカにあるシャージャラル国際空港。…

  2. バングラデシュ

    しあわせってなんだろう?バングラデシュで出会った人々。

    ダッカで出会った人々は、みんなニコニコ笑っていた。バン…

  3. バングラデシュ

    バングラデシュの交通事情。何に乗って移動する?

    首都ダッカはインフラ未整備、地下鉄もトラムもないし、道路はいつ…

  4. バングラデシュ

    バングラデシュ名物!?鉄道に乗ってみた

    バングラデシュってどんな国なの?と…

  5. バングラデシュ少女と幼児

    バングラデシュ

    ”旅人に出会わない国”バングラデシュってどんな国?ダイジェストでご紹介

    旅人に出会わない国バングラデシュ。政情不安や観光資源の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. タイ

    バンコク市内からアムパワー水上マーケットまで。格安運賃のロットゥーでの移動レポ&…
  2. 土瓜灣十三街の全体

    香港

    カラフルな建物群は必見!土爪灣へは開発が進む前に行くべし
  3. バリ舞踊

    インドネシア

    レゴン・バロック・ケチャ。バリ伝統舞踊の鑑賞体験記&ウブドのおすすめ公演情報
  4. シャンヌードル

    ミャンマー

    【インレー湖】ニャウンシュエでのおすすめミャンマー料理のレストラン4選
  5. ハロン湾クルーズ

    ハノイ(ベトナム)

    週末弾丸で行くハノイ!滞在2.5日でもこんなに楽しめる
PAGE TOP