鹿児島県

塩浸温泉 坂本龍馬&お龍が18泊逗留した霧島の温泉地

 

龍馬&お龍新婚湯治碑

大阪在住の会社員コムギの、
週末に行くスパルタントラベラー日記。

2日間で、鹿児島県・霧島

この記事は、坂本龍馬が新婚旅行で訪れたという
塩浸温泉の旅行記。

塩浸温泉(しおひたしおんせん)について

坂本龍馬&お龍、
新婚旅行で訪れた地

「日本人はじめての新婚旅行」と言われる、坂本龍馬がお龍がやってきた霧島。そのなかでも、ここ塩浸温泉には18泊20日ともっとも長く滞在。長い、長すぎる。

塩浸温泉のパンフレット

いまでも温泉に入浴可能。
コムギは特別な龍馬ファンでもなく、ただ温泉目当てでやってきた。

塩浸温泉へのアクセス

塩浸温泉の場所

塩浸温泉龍馬公園」を目指します。

塩浸温泉 (龍馬公園)
鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3606
Googleマップ

 

霧島神宮から移動

前日は、霧島神宮のすぐそばの民宿に宿泊していました。鹿児島交通バスを乗り継いで移動。

・霧島神宮〜丸尾(バス)
・丸尾〜塩浸温泉(バス)

塩浸温泉バス停

目的地である「塩浸温泉龍馬公園」の入り口から徒歩1分ほどのところにバスが停まった。

塩浸温泉バス停

あいにくの雨。

苔むす木の枝

対岸に見えているのが、目的のお風呂だな。

塩浸温泉の入浴施設

歩いて1分くらいで、入り口へ。

塩浸温泉龍馬公園の入り口

塩浸温泉龍馬公園

塩浸温泉龍馬公園の看板

公園内に、龍馬関連のスポット、浴場、資料館があります。入浴と資料館は有料。

・最古の湯船
・龍馬&お龍新婚湯治碑
・龍馬資料館「この世の外」
・塩浸温泉
・龍馬の散歩道
・塩浸神社
・龍の背坂
・縁結びの足湯

塩浸温泉龍馬公園の案内板

最古の湯船

橋を渡って公園へ。

橋からのぞむ川

川沿いに見えているのが最古の湯船。

江戸時代から続くもの。

最古の湯船

龍馬&お龍
新婚湯治碑

1989年に建てられたという碑。

龍馬&お龍新婚湯治碑

この髪型でみないと、なかなか龍馬と認識できないコムギです。

龍馬&お龍新婚湯治碑

龍馬資料館「この世の外」

龍馬資料館「この世の外」

入館料 ¥200

小さい資料館。日本史に疎いコムギは、まずはここで予習。収穫は、

  • 薩摩藩蔵屋敷に龍馬が泊まっていたこと(大阪市西区)
  • 九州にも天保山が存在すること
  • 住吉重太郎氏の偉人伝が興味深かった

あんまり幕末には関係がなかったな。

塩浸温泉

塩浸温泉の外観

入浴料 ¥380

お風呂が目当てでやってきたのでした。

塩浸温泉の入り口

女湯の暖簾は、「お龍」。

お龍ののれん

雨のためか、女風呂は貸切でした。
古く見えるけれど、きちんと清掃されていて清潔でした。

塩浸温泉

中には水風呂もあって、交互に楽しめる。

塩浸温泉

熱すぎない炭酸水素塩質の温泉は、とても気持ちが良かった。1時間くらい入浴を楽しむ。

龍馬の散歩道

和気神社まで通ずる道が「龍馬の散歩道」。和気神社も寄りたいスポットのひとつ。雨だからやめておく。天候に恵まれない今回の旅。

龍馬の散歩道の入り口

塩浸神社

散歩道の、ほんのはじめの階段をのぼると佇む山中の神社。

けっこうな急な階段。

下から見ると、こんなふう。

塩浸神社への上り坂

鳥居は木製。

塩浸神社の鳥居

塩浸神社 塩浸神社

姉乙女宛に宛てた手紙で述べていた塩浸温泉の感想「実、この世の外かと思はれ・・・」の碑。

この世の外かとの石碑

鳥居の前から見下ろした公園。ちょっと怖いぞ。

龍の背坂から見下ろした公園

龍の背坂

塩浸神社から引き返すと、別の上り階段。これが「龍の背坂」。

龍の背坂

この階段も滑りそうで怖い。

龍の背坂への階段

見下ろすと、公園内がみえる。急段だし雨で滑りそうだしで、ヒヤヒヤしちゃう。

龍の背坂から見下ろした公園

縁結びの足湯

雨がザーザー。足湯は楽しめそうにない。さっき全身浴したところだし、足湯は入らなくてもいいんだけれど。

縁結びの足湯

温泉たまご食べるよ!100円です。

温泉卵の看板

資料館受付で注文したら、取り出しにいってくれます。ついていく。

温泉卵

卵につけるお塩と、ガラ入れのための折り箱をくれました。それにしても、温泉卵って、なんでこんなにおいしいのだろう。温泉卵、大好き。

温泉卵と塩

おまけ:トイレも龍馬!

公園内に独立してある公衆トイレ。壁には龍馬とお龍の影絵。

トイレの龍馬とお龍

中には、ゴミを入れるようの紙袋がありました。こういう心遣い、素敵だなあ。折り方しらんけど。

紙袋と消毒液

次のスポット:
歩いて妙見温泉へ

次は、妙見温泉へ。妙見温泉までは徒歩40分くらい。歩いて移動するといったら驚かれた。フフ。だってバスの本数少ないんだもんね。

実際には、寄り道ばかりで妙見温泉では温泉に入れなかった。とほほ。

 

塩浸温泉

コムギは、塩浸温泉(浴場)のひなびた雰囲気が好みでした。泉質も好み。温泉だけではなくて龍馬関連スポットとしても楽しめる、霧島旅でのおすすめスポットです。

おしまい。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




鳥海湖とニッコウキズケ【鳥海山】夏の高山植物を愛でる前のページ

【霧島山】凍る山頂火山湖・大浪池へお手軽ハイク次のページ大浪池

ピックアップ記事

  1. おくのほそ道古道(月山旧登拝道)を歩く
  2. とっておきのmarimekkoを探して。ヘルシンキでカワイイ北欧雑貨さがし
  3. カワイイものいっぱい。ウズベキスタンのショッピング案内
  4. 春の山口・島根旅(2) 城下町・萩を自転車で気ままにめぐる!
  5. 【インレー湖】ニャウンシュエでのおすすめミャンマー料理のレストラン4選

関連記事

  1. 熊襲穴の壁画

    鹿児島県

    霧島山麓・ 天降川沿いを歩く

    大阪在住の会社員コムギの、週末に行くス…

  2. 鹿児島県

    イーブイすき!指宿駅周辺スポットめぐり

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  3. 鹿児島県

    知覧で「特攻」の史跡をめぐる

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  4. 竜宮岬と開聞岳

    鹿児島県

    南さつま3日間の旅のスケジュール(指宿・開聞・知覧)

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  5. 海岸線の眺望

    週末に登る百名山

    【開聞岳】南薩のシンボル“薩摩富士”に登る

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

  6. 知覧武家屋敷通りの石垣の道

    鹿児島県

    薩摩の小京都 知覧武家屋敷の庭園めぐり

    大阪在住の会社員コムギの、スパルタント…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ガスと岳

    週末に登る百名山

    【磐梯山】荒々しい山肌に感動する(猪苗代登山口〜裏磐梯口)
  2. シュクメルリとビール

    ジョージア

    ジョージア郷土料理を食べるならばココ!トビリシのおすすめレストラン
  3. 休憩スペース

    釜山(韓国)

    ラグジュアリーさは釜山随一!新世界スパランドはチムジルバン初心者におすすめ
  4. 慈恩寺の申神将

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第68番 慈恩寺 “みちのくで出会った京生まれの十二神将”
  5. 等栽宅をたずねる芭蕉翁の絵

    福井県

    おくのほそ道を歩く|福井
PAGE TOP