バングラデシュ

バングラデシュ名物!?鉄道に乗ってみた

 


車両の窓から顔を出す男性

バングラデシュってどんな国なの?と聞かれますが、

「地球の歩き方」の表紙を見せたら、みんな、「あ〜〜!こういう国なのね」とわかってくれます。

地球の歩き方の表紙

そう、鉄道の屋根の上まで人が乗っちゃうような国

これといって見所のないバングラデシュのなかで、大混雑で屋根まで溢れるギュウギュウの鉄道は、いちばんの名物では?

チャレンジしてきました♪

ダッカ中央駅(コムラプール、komulapur駅)へ

旅先で鉄道に乗る時の鉄則

  • 最終日(帰国日)には乗るな
  • 長距離に乗るな

間違えて乗って、変なところまで運ばれてしまったら日本に帰ってこれないものね。

以前、ミャンマーで鉄道に乗ったとき、一周60分でもどってくる環状線に乗ったつもりが田舎行き列車に乗ってしまったようで、鉄道警察官に助けてもらったことがあるのです〜!

今回は、40分くらいの乗車時間という、「ダッカ中央駅〜空港駅」の往復にチャレンジ!

まずはダッカ中央駅(コムラプール駅)へ

ダッカ中央駅

ダッカ中央駅では通じない!リキシャ乗る際は「コムラプール」と伝えよう

ガイドブックの地図では「ダッカ中央駅」と書いています。ダッカの中心部・モティジール地区にある駅。起点でもある。ですが、現地の人にはダッカ中央駅を英訳した”Central Dahka station”なんていっても通じない。リキシャの運転手には「コムラプール」と伝えよう。

切符の買い方

コムラプール駅の切符売り場

コムラプール駅の切符売り場

2つホールがありますが、エアポート駅ゆきの切符販売と入り口は東側のほうでした。詳しいことはわかりません。予想では、当日券と予約券で売り場が別れているみたい。

ダッカ中央駅の切符売り場

バングラデシュの鉄道には、自動発券機なんてものはアリマセン。すべて窓口で購入するのです。旅行者にはハードルが高い。

東側ホールの、左手側の窓口で買いました。当日券のためか列は短かった。

ダッカ中央駅の切符売り場

肝心の買い方ですが。

わかりません!

鉄道員が切符を代わりに買ってくれた

ダッカ中央駅勤務の鉄道員

切符は鉄道員の方が購入をサポートしてくれた

英語表記が一切ナシのバングラデシュ。たくさんある窓口のどこで切符が買えるのかサッパリわからぬ。
ホーム入口で切符チェックをしていた鉄道員の女性に助けを求めることに。切符どこで買えるの?と聞いたら、窓口にまで連れて行ってくれ、窓口の人に伝えてくれ、コムギはお金を渡すのみでした。

思い切って甘えるのも良いかもしれませんね!

鉄道切符

これが切符

購入したのはインターシティ(急行)切符

ダッカ中央駅(コムラプール)からエアポート駅まで。買った切符はインターシティという急行のもの。急行なのでエアポート駅までは1駅なので、降り間違いもないね。

エアポート駅までは約40分乗車、遅延はなかった。運賃は84Tk(約110円)。激混みの普通列車は20Tk(約26円)らしいので、ちょっと高級な鉄道です(バングラデシュ比)

時刻表は・・・見てもわからない

次の列車はいつ出発ですか?ときいたら、アソコに表示されてるわよ、と教えてもらった電子掲示板。

電光時刻表

よ、読めねえ・・・!

ダッカの時刻表の数字

ダッカの時刻表の数字が読めない

22:80 って、なんなのさ!?

英語表記は期待していなかったけれど、まさかアラビア数字すらないとは。

全部ゼロに見えてしまうのですが。。

30分に1本あるという情報を聞いていたので、出発時刻はわからなくっても、時間はたっぷりあるしホームで待っていればいいか。そんなゆとりある気持ちで挑みました。

結局、列車に乗り込んで10分ほど待ったら発車しました。

ダッカ中央駅(コムラプール)のホーム

ダッカ中央駅のホーム

だだっぴろいホーム。

列車が到着しているのは見えるけれど、遠い。

ダッカ中央駅の線路

線路もたくさんある。

バングラデシュの首都だものね。

ダッカ中央駅のホーム

これがダッカ中央駅(コムラプール駅)〜エアポート駅までの列車。

想像より、綺麗。

鉄道の車両

車体に「Inter City」との表記あり。

英語を見ると安心する!

列車に乗り込む

どこに座ったらいいのだろう〜〜。

このチケットは多分、自由席だよなあ。自由車両ってあるのかしら!?

よくわからないけれど、空いている席に座った。

とたんに、チケット確認のためか、誰が呼んだのかコムギをめがけて検閲担当の男性がやってくる。そしてコムギの分だけチェックされる。

(この外国人、切符まちがえてるんじゃないか!?)と親切心によるチェックみたい。

座っててイイヨ!

みたいなことをいわれて、ほっとして休んでいると。。。

車両販売の売り子

着席するやいなや、窓から売り子の販売攻撃

子供たちが「僕たちにお菓子買ってよ!」と、窓から離れない。

ひとりに買ったらそれを見た他の子供達に囲まれるかもしれないわっ。。

そう思うと、首を横に振るしかできなかった。

社内でも販売にやってくる

お菓子以外に、いろいろなものを売りに来ます。飲み物を始め、サンドイッチや果物など。そして、こんなものまで!

テニスボールの鉄道販売

テニスボールを販売する男性。

なぜ、このタイミングでテニスボール!?需要あるの!?

車両に設置された扇風機

車両には扇風機が完備。

窓も全開で、涼しい。とても快適。

出発、列車が動き出す

鉄道での切符チェック

切符の検閲がやってくる

出発するやいなや、白衣を着た男性たちが切符確認に巡回。さっきコムギの乗車券を確認しにきた男性たちです。どうやら、急行券分のプラス料金を回収しているみたい。コムギの買ったチケットは込みの料金のようでした。検閲って、無駄にドキドキしちゃうわ。

線路を歩く人々

すごいスピードで走る列車の横を気にせず歩くバングラデシュ人。

線路から見える露店

線路ギリギリに、市場が開かれている。

うるさくないの?
危なくないの?

でも、バングラデシュ人は、ちっとも気にしていないみたい。

線路を歩く人

線路を歩く人

写真がぶれる。

列車から眺める街の様子はとても興味深かった。

ディズニーランドの「ウェストリバー鉄道」みたいなかんじ?

ディズニーランドのウェストリバー鉄道

ディズニーランドのウェストリバー鉄道から眺めるインディアンの暮らし

乗り物に乗りながら、生活風景を眺めるのが、たまらなく好き。

あっというまの40分。

エアポート駅へ到着

列車はまだ先の郊外へ向かうけれど、コムギはエアポート駅で下車。

ここから、引き返すのです。

列車から降りるのにモタついていたら、ドンドン人が乗車してきてびびる。

鉄道に乗り込む人々

なんとか降りれた!それでもドンドン乗車していく人々。

ダッカは、とにかく人口密度が濃い。

どこにいっても、人・人・人!

エアポート駅のホームには売店がある

売店がいくつもありました。お菓子とジュースだ綺麗にキッチリ並べられている。似たようなお店がいくつもある。

エアポート駅のホームの売店

さすがエアポート駅!

バングラデシュの少年たち

写真撮って〜!と集まってきた少年たち。

駅でお手伝いしている子もいれば、なにしているのかワカラナイ子もいる。

ダッカ鉄道駅のホーム

線路でくつろぐ人も。みんな自由だな。

エアポート駅を出てみた

エアポート駅周辺のパラソル

駅の周りには小さな出店がいくつか並んでいた。

エアポート駅の道路

バスターミナルがあったくらい。

とくに楽しそうでもなかったので、すぐに引き返すことにした。

これが名物・・・!

コムラプール行きは2番ホームだよ、と教えてもらってホームに行くと、もう列車が来てる〜!

これを逃すと、また30分待つことになるのか。

待つのは平気だけれど、バングラデシュではじっとしていると珍しい外国人は絡まれること必至なので、とても体力消耗するのです。

絶対に乗るわよっ!

線路横断をし、列車へ。

鉄道の屋根に乗るバングラデシュ人

すでに屋根に乗っている少年たち。噂によると屋根は無料らしい(たぶんキセル)

  • 切符の検閲は車両内で実施されるから屋根までこない
  • 最終目的地まで乗らずに、列車がスピードを緩めたタイミングで飛び降りるので、駅の出口も通過しない

こういう手口みたい。

車両の窓から顔を出す男性

線路側から飛び乗ったのですが、扉がしまっていたので開けてもらっているところ。

動き出した列車につかまりながら乗る体験をしたのは初めて。

駅周辺は空地だけど、線路ギリギリにある集落の存在を考えると、車両につかまりながら乗るのは本当に危ないと思う。屋根よりも危ない!

列車に乗る親子

今回は、座席じゃなくて通路スペース。

ぐっすり眠る赤ちゃん。

ダッカ中央駅(コムラプール駅)へ到着

ダッカ中央駅ホームにはいった鉄道

ふたたび40分の旅をおえ、コムラプール駅へ戻ってきた。

屋根の上の人が降りてきた

鉄道の屋根を歩く人

鉄道の屋根から降りる人

鉄道員が来ています。怒られているのかな?

屋根の上に乗るのはバングラデシュでも禁止みたい。

バングラデシュにきたら、鉄道に乗ってみよう

屋根に乗れ!とは言いませんが、せっかくバングラデシュにきたのならば、ぜひ、鉄道体験を!

街歩きとはちがう、市井の人々の暮らしぶりが車窓から楽しめるから。

コムギも体験前までいろいろ不安でしたが、なんとかなった。

  • 切符買うときは鉄道員に頼ればOK
  • 乗るならば天気の良い朝&昼がオススメ
  • 時間に余裕があるときに乗ろう

これらを胸に、ぜひ鉄道乗車もプランに組みいれてみてはどうでしょう。名所巡りだけでは味わえない経験ができますよ。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




【ぼてぢゅう】お好み焼きの気分じゃなければ居酒屋利用というテもある!プライオリティパスでぼてぢゅうでの飲食料金¥3,400が無料に!前のページ

”旅人に出会わない国”バングラデシュってどんな国?ダイジェストでご紹介次のページバングラデシュ少女と幼児

ピックアップ記事

  1. ユダヤ教の聖地、かつての神殿の象徴「嘆きの壁」で祈りを捧げる人々
  2. 自家製生ビール&絶品アワビご飯!大連のおすすめ海鮮レストラン【东海明珠…
  3. 【トランジット】乗継時間に行く!アムステルダム滞在12時間の弾丸観光プラン
  4. イエス・キリスト聖誕の地&バンクシー!日帰りでもこれだけ楽しめるベツレヘム観光(…
  5. 香港で美味しいクラフトビールが飲みたい!樽生・タップビールが飲めるおすすめビアバ…

関連記事

  1. バングラデシュ

    深夜到着便でも大丈夫!ダッカ空港で到着時に済ませておきたいこと3つ

    バングラデシュの首都、ダッカにあるシャージャラル国際空港。…

  2. バングラデシュ

    混沌の国バングラデシュでは思っているよりも疲れる。その理由と解決策

    まだまだマイナーな旅先・ダッカ。事前情報ではわからなか…

  3. バングラデシュ

    しあわせってなんだろう?バングラデシュで出会った人々。

    ダッカで出会った人々は、みんなニコニコ笑っていた。バン…

  4. バングラデシュ

    旅人度100%!船がひしめくショドルガット&旧市街オールドダッカ散策がおすすめ

    バングラデシュの首都・ダッカに滞在。ダッカの旧市街であるオール…

  5. バングラデシュ少女と幼児

    バングラデシュ

    ”旅人に出会わない国”バングラデシュってどんな国?ダイジェストでご紹介

    旅人に出会わない国バングラデシュ。政情不安や観光資源の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. テイスティングセット

    ミャンマー

    ブドウ畑を背景に乾杯!ミャンマー初のワイナリー【エーターヤー・ヴィンヤード】
  2. アムステルダム国立美術館の正面入り口

    オランダ

    【トランジット】乗継時間に行く!アムステルダム滞在12時間の弾丸観光プラン
  3. 羊の頭スタイル

    釜山(韓国)

    釜山のチムジルバン6選!アクセス&特徴まとめ
  4. チップ

    エジプト

    相場はいくら?ナイル川クルーズで実際に支払ったチップ6場面
  5. シェダゴンパゴダで祈る少年僧

    ミャンマー

    アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?
PAGE TOP