週末旅行ノウハウ

OLだって旅したい!欲張りを両立する”週末海外”のススメ

ギリシャの赤いスーツケース

世界中を旅したい。いろいろな場所へ行ってみたい。

OLにつき、休日取得に制約の多い自分の環境について歯がゆく思うこともありますが、仕事をやめる気はサラサラなし。でも、だからといって海外旅行も諦めない。

OLだって旅したい!

欲張りを実現するために、私は”週末海外”という選択をした。

お楽しみを後回しにしない。今すぐ楽しもう!

海外旅行は、卒業旅行、ハネムーン、リタイア後のお楽しみに生きていませんか?

楽しい!知りたい!行ってみたい!
ワクワクする気持ちを抑えず、お楽しみは後回しにせずサッサと楽しめばいいとコムギは考えます

旅を”人生のご褒美”にしない。人生の大イベントなんて起こっていないけれど、しょっちゅう海外旅行に出かけています。

人類の命題を考える。人間は何のために生きている?

コムギは自分なりの解を得た。「人類は遺伝子の乗り物である」!

そう、DNAを運ぶだけなのです。独身だし子供もいないし、今のところ運べていないけれどね。生きることそのものには大義はない。だから、与えられた時間を好きに楽しめば良いんじゃないかしら。

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

ゴーギャン:我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

そう、深く考えこまず、ただ楽しんで生きれば良いのです。

人生の幸福度をアップ!”熱中している時間”を確保しよう

楽しむとは何かに熱中していることだと思うのです。

熱中する対象は人それぞれ。恋愛であったり、子育てであったり、趣味の時間であったり、やりがいを持って取り組む仕事であったり。

コムギにとって、現在はそれが海外旅行。旅の前の下調べも、現地で受ける刺激も、帰国後から一生続くであろう旅の思い出を反芻することも、とても愛おしい時間です。

熱中する時間こそ、人生の幸福度を左右するもの。いかに”熱中する時間”を長く確保できるのか?

これが、幸福な人生を送るコツではないかしら。

後回しにしない。やりたいことや楽しいことはサッサと楽しめ!

この気持ちを胸に生きている。なのでOLだけど、旅を諦めません。

バックパッカーに憧れるけれどOLを辞めない理由

いま夢中なのは海外旅行。OLの所定休暇だけでは飽き足らず、世界一周している旅人や、ノマドワーカーの旅ブロガーの投稿を読んでは憧れのため息をつく。いいなあ、私ももっと出かけたい。

ですが、海外旅行に行くために仕事を手放そうとまでは思っていないのです。

会社を辞めて自由な時間で長期旅行する方が、金銭面でも安くつくのはわかっているけれど、実際には行動をおこさないコムギです。なぜなのか?

納税義務がある

アラフォー独身、一人暮らし。自分の稼ぎで生きている。納税義務もある。仕事をやめると食扶持がなくなるからです。

社会の歯車でいる安心感

毎日会社に通い、職場のメンバーと共に仕事をこなす。社会に変革をもたらすような大仕事を担っているわけではなく、まさに「歯車のひとつ」なのですが、それがむしろよい精神安定剤になっている。

「ああ、社会の歯車になっているわ〜、私。社会人としての職責は一応、全うできているわ」と落ち着くのです。ビバ会社員!

いまの環境は幸運の積み重ね。ふたたび手に入るとは限らない

そんなに旅に出たいならば、いちど会社を辞めて旅に出て、また別の職場に転職したらいいじゃないと提案されることも。ですが、現在と同じような円満な人間関係が築けるとは限らない。いまの環境はラッキーの積み重ねなのかも。簡単に手放すには惜しいのです。プライスレス!

なんだかんだで日本は生活しやすい国

旅人になりたいと言いつつも、本心では長期海外旅行に憧れていないのかも。だって、日本が好きだから!

世界を旅して日本のダメなところを痛感することもありますが、やっぱり日本は素晴らしい。水と安全がタダの国日本。食べ物も美味しいし、やっぱり過ごしやすいです。しょっちゅう旅が出来るのも、日本での安定した暮らしがあるからこそ。定住するならば日本!

コムギにとって、旅行はあくまで「趣味」で「非日常」なのです。

旅も諦めない。仕事も手放さない。欲張りを両立する”週末海外”という選択

熱中すること:海外旅行の趣味は諦めたくない
仕事を手放したくない

旅を定年後のご褒美にしない。会社も辞めない。やりたいことは今すぐ消化したい!

大型連休は年3回。でも、いまのこの「旅への欲求」は年3回では足りません。1年は365日もあるのに、たった年3回ぽっちなんて。行きたい場所がいっぱいあるのに追いつかない。

そこで、”週末海外”という選択をした。それが現在の自分にベストだから。

”週末海外”は、旅に必要なリソースから導いた結論

仕事も手放したくない、でも旅には出たい。

両立するために、自分のもてる”資源”を、どう配分するかを考えてみた。

”資源の最適配分”を考える

会社経営においてリソース(資源)の投入と最適な配分が肝要ですが、人生も同じではないでしょうか。

会社経営では、ヒト・モノ・カネをどのように最適配分するか?が会社経営の手腕を問われるところ。

会社経営の資源:ヒト・モノ・カネ

 ヒトモノカネ資源の再分配

 

それを”旅”になぞらえてみた。

趣味の”旅”のために、自分の持ちうる資源をどう配分するか?

旅人になるための資源:体力・時間・カネ

 資源の再分配を旅に応用

体力:割とある
カネ:自由に遣える
時間:休日はフリー

現在の自分が”旅”をするための資源の状況は?

考えてみる。

体力落ちる一方ではあるけれど、急な階段もなんとか登れるしバックパックも背負える程度の体力は維持している。

カネ:お金持ちには程遠いけれど、自由に遣える程度の余裕資金はある。

時間:会社員のため長期休暇は年3回、土日祝はきっちり休める。

”週末海外”は体力もオカネもかかるが現在のベスト

ある程度のカネ・体力はあるけれど時間は一部制約あり。そんなアラフォーのコムギには週末弾丸がピッタリだった。

リタイア後の方や学生のように、自由に長期休暇は取れない。でも、リタイア後の方よりはるかに体力はあるし、学生よりもオカネはある。でもリッチな旅行をできるほどのオカネはない。

最安値でいくオトクな旅行は無理だし、週末弾丸だから体力もそれなりに必要だけれど、仕事をしつつ海外旅行を目いっぱい楽しむためには、お金と体力、そして休日をフルに使えば実現できのです。

旅と仕事を両立する欲張りな選択。それが週末海外!

確かに割高だし、なかなか無茶なスケジュール。でも現在の自分が身を置く環境と資源のバランスから考えると、週末海外がベストな選択なのです。

仕事も辞める気はない。でも海外旅行をもっと楽しみたい!楽しい時間を増やしたい。

そんな方こそ、週末海外がぴったり!覚悟を決めて”週末海外”の世界へ飛び込みませんか?

人生で熱中して過ごせる時間は宝物。目一杯楽しんで幸福度の高い人生を送ろう!

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
  2. 週末弾丸で行くハノイ!滞在2.5日でもこんなに楽しめる
  3. ひとつひとつが小さな地下美術館・モスクワ豪華地下鉄駅をめぐろう!
  4. ハルビン観光で絶対行くべき!松花江に沈む夕日の絶景スポット
  5. 【カトマンズ】プライオリティパスで無料のラウンジ『Executive Loung…

関連記事

  1. kiwi.comのロゴ
  2. マレーシアリンギット

    週末旅行ノウハウ

    現地通貨を余らせずに遣いきるコツ

    海外へ行くと必要になる現地の通貨。持っ…

  3. SIM入れ替えセット

    週末旅行ノウハウ

    海外SIMはAmazonで買える!注意点とエリア別おすすめSIMまとめ

    海外での通信は、SIMフリーの機種を使用しているならばAm…

  4. 清潔なドミトリー

    週末旅行ノウハウ

    ドミトリーで快適に過ごすための必携アイテム6つ

    ホテルが高い都市でもドミトリーならば宿…

コメント

    • BabyBeans
    • 2019年 4月 19日

    はじめまして。テレビ番組で見てこちらに辿り着きました。笑顔の可愛らしいあなたにお礼が言いたくて。
    私は40代、子どもが3人いるパート主婦です。傍から見ればきっと不幸でもなんでもない、でも私自身は毎日自分を生きていなくて、そんな日々が辛くて仕方がなかったのでした。
    でもそんな今日、コムギさんが出ている番組を見て、あなたが自分のやりたいことを、潔くそれだけを達成するために行動する気持ちよさを見て、心底見習いたいと思いました。
    いつか時間ができたら、いつかお金の不安が無くなったら…ではなく、達成可能な範囲のことを今やろう。分かっていてもできなかった私の背中を押してくれました。ありがとう。明日から生まれ変わったように生きようと思います。

      • コムギ
      • 2019年 4月 24日

      BabyBeansさま

      番組みてくださったのですね。みつけてくださってありがとうございます!
      BabyBeans様よりメッセージをいただいてから時間が経っており失礼しました。その後はいかがでしょうか?
      私からするとお子様にも恵まれて羨ましく思いますけれど、心のうちはご本人にしかわかりませんよね。BabyBeansさまの辛さが少しでも和らぎ楽しく過ごせますように!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 釜山(韓国)

    釜山駅から歩ける!アートと眺望が楽しめる散策路、草梁イバグキル
  2. バンクシー:花束を投げる青年

    イスラエル・パレスチナ

    ベツレヘムのバンクシーアート『花束を投げる青年』を歩いて見に行ってきた(地図&位…
  3. ギリシャ

    表彰台に登ろう!第1回近代オリンピック会場”パナティナイコ・スタジアム”
  4. ブルーの死海

    ヨルダン

    プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?
  5. ゴア・ガジャ

    インドネシア

    【バリ島・ウブド】寄り道が楽しい♪ウブド王宮からゴア・ガジャ遺跡まで歩いた体験記…
PAGE TOP