バングラデシュ

ダッカ市内も一望できるルーフトップレストラン【Bird’s Eye】がオススメ

 


レストランの看板

お世辞にも衛生的とはいえないダッカ。旅行者には、衛生的なレストランがおすすめ。ダッカではまだまだ珍しい高層ビル・20階にある展望レストラン、Bird’s Eyeに行ってきました。

旅先では現地グルメを食べるようにしているが・・・

旅の醍醐味は現地でのグルメを楽しむこと。

好き嫌いのないコムギは、いろいろチャレンジしております。

屋台だってあまり気にしない。

ダッカには、「ナスタ」と呼ばれる路上スナック屋台がたくさん。

ですが、今回は、屋台は断念。

本能がNGサインをだしている!

ダッカで屋台フードをあきらめた理由

それは、

これ、絶対、おなか壊すヤツだわ

と本能で感じたからです。

街なかにあるゴミ集積所

街なかにあるゴミ集積所。悪臭もする

細菌感染の不安

お世辞にも衛生的とは言えないダッカ。
どこのアジアでもそうなのでしょうが、屋台だと洗い場が汲み置きの水だったり、衛生面が心配ですよね。いままで行った国のなかでも断然汚いダッカ。

ダッカに乗り込むまでは食べ歩くきマンマンでしたが、現地に着いたら、こりゃ無理だわ!

あっさりあきらめた。

油で揚げられたスナック

ものすごい油に驚く

油=胸焼けしますよね。屋台でみかけるスナックは、ほぼみんな、油まみれ〜〜!
揚げ物は、
細菌感染という点においては、「高熱で揚げるから問題がないのかもしれない」けれど、こんなん、絶対、胸焼けするやん・・・。と、食指が動かず。

きちんとしたレストランへ行くことにした

ダッカは物価が安いということもあり、趣向をかえてダッカのなかでは高級レストランへ行くことに!そう、お腹壊してホテルで寝込むのは絶対避けなくっちゃ!

展望レストラン【Bird’s Eye】へのアクセス

ホテルからほど近いという理由で選んだレストラン。

でもこれが大当たりで、2回行きました。

”56/1,
レストランの建物

このビルの20階、右側の入り口から入ってね

Bird’s Eye Roof Top Restaurant and Convention Hall

モティジール地区、Purana Paltanロード沿いにあります。

白色のモスク、バイトゥル・ムカロムの通り向かい。

バイトゥル・ムカロム

向かいにあるバイトゥル・ムカロム

入り口に警備がいる

入り口付近にいくと、ガードマンに「レストラン?」と聞かれた。
Yes!と答えたら、奥のエレベーターまで案内してくれた。

レストランの電光看板

Bird’ Eye直通エレベータにのって、最上階の20階へ。

落ち着いて食事ができる

Bird’s Eyeは、ダッカ市内では高級に位置するだけあって、とっても素敵なレストラン。

ビル屋上のレストラン

テラスが素敵

広いテラスがある。晴れていたら外で食べることができます。

夕暮れ時のレストラン

夕暮れどきも素敵

空気の悪いダッカ、もやっとしていましたが夕日は赤くてロマンティック。

ダッカ市内の喧騒を忘れてゆっくりできる!

レストランの室内席

雨の時は室内で

スコールがふる直前、室内へ移動することに。室内スペースも十分あるので、テラス席から移動しても満席になるということはなかった。想定客数よりもゆとりあるよう造られているかんじ。

眺望バツグン!テラスからはダッカ市内を一望できる

屋上からのダッカ市内

レストランは20階にある。

市内にそんなに高い建物がないダッカ、もちろん展望台なんてものはない。

この景色を見るためだけでも、ここBird’s Eyeに来る価値があるんじゃないかしら。

屋上から見下ろしたダッカ市内

眼下には、さっきまで歩いていた大渋滞&大騒音の通りがみえる。

神になった気分だ!

 

屋上から眺めるダッカ博物館

遠くには、ダッカ博物館も見える。

ダッカのスタジアム

近くのスタジアムも丸見え!

眺望を楽しんでいたら、料理がくるのもあっという間。

たべたお料理はコチラ

英語メニューあり

レストランの英語メニュー

ここBird’s Eyeは外国人がよくくるのか、メニューには西欧のメニューもありました。

が、【INDIAN CUISINE】より、チョイス!

お水は有料です

有料の水

冷たいのにする?と聞かれます。
言わなかったら常温が出てくるみたい。

何か頼んだ方がスマート?パイナップルジュースを頼んでみた

パイナップルジュース

本当はビールが飲みたいところですが、バングラデシュはイスラム国のためアルコールNG.

「レストランならばお願いしたらでてくることも」という某ガイドブックの記述より期待していたのですが、ここBird’s Eyeではアルコールは一切置いていないみたい

あきらめてパイナップルジュースを頼んだよ。

カットされたライム

添えてあるライムがお花みたいになってる。

お水が有料だから、わざわざドリンクを頼む必要はないかな。

マトンカリー

マトンカリー

BIRD’S EYE SPECIAL MUTTON HANDI GOHST
Tk660(約860円)

バングラデシュへ来たならば、カレーを食べなきゃね!
マトン(成羊)のカレー。2回訪問して2回とも注文したメニュー。

マトンは骨なし、骨がのぞかれている。
カスカスのイメージのマトンだけれど、とっても柔らかい。
そして、「カリー」だけれどスープっぽくはない。スパイス料理=カリーなんだな、と理解。

西隣りがインドのバングラデシュ。
インドカレーみたいなカレーを想定していけれど、まったく違っていた。

どちらかといえば、東隣のミャンマー料理に近いかも。
オイル過多という点で。

オイル過多なマトンカリー

オイル、、凄いなオイ。

でもね、お米とあうんですよー。

マトンカリー

これは、2回目にきたとき。絶対たべたくてまた同じマトンカリーを。

骨なしマトンはとても柔らかく、ざっくりトマトがたくさん入ってる。

とにかく、米にあう!

バングラデシュのお料理は、米を食べることを念頭においた料理。

そりゃ、お米がすすむはずだわ〜。

キュウリとライム

箸休め?の付け合わせ生野菜。

野菜が添えられていても、カリーの破壊力には焼け石に水。

ぜんぜん、サッパリしない〜〜!

カリーのオイルと胃腸薬

それにしてもオイルがすごい

1回目の反省を生かし、2回目は食後に漢方胃腸薬を飲んだ。

これ粉末で飲みにくいですが、個包装なので旅行中にはとっても助かる!

旅行時は持ち歩くようにしてます。

タンドリーチキン

タンドリーチキン

タンドリーチキン(ハーフ)

395TK(約520円)

カリーだけ頼むのもな〜と思って頼んだタンドリーチキンのハーフサイズ。日本の感覚で注文しちゃだめですね。カリーもタンドリーチキンも、超特大!

味付けはそんなに突飛でもなくて、日本でも馴染みのある感じ。ただ肉質は日本のプロイラーとは違うのか、しまっていて、わりとパサパサ。食べるのにかなり手こずる。ほんとうに、鳥を半匹食べている感じ!

ピンク色のスイーツ・ファルーダ

ファルーダ

ファルーダ

215Tk(約280円)

エキゾチックなスイーツ、ファルーダ。

ミャンマーでも出会ったデザート。ここバングラデシュにもあった!南アジアのデザートらしい。

イチゴミルクのなかにアイスや寒天みたいな、正体不明なものがたくさん入っているファルーダ。

食べかけのファルーダ

アイスクリームや薄切りのリンゴみたいなフルーツと、寒天みたいなものがザクザク。

正体不明だけれど、食感が楽しい。

そもそも、このファルーダ、レストランを出ようとしたけど突然雨が降り出したので、時間をつぶすために追加注文したもの。でも甘くて疲れが吹き飛んだ。やっぱり、疲れている時は糖分摂取だね!頼んでよかったな。おすすめ。

高めではあるけれどその価値はあるレストラン

2回きたけれど、どちらも2,000円で収まった。ふたりならばもっと単価をさげることができるはず!

1回目は¥1,980

レストランで注文した料理たち

凄いボリューム。半分でいい。そして半額にして!

マトンカリー  660Tk(約860円)
タンドリーチキン(ハーフ)395Tk(約520円)
パイナップルジュース 170Tk(約222円)
バターナン 120Tk(約156円)
ミネラルウォーター35Tk(約45円)
小計  1,380Tk (約1,800円)
サービス料(10%) 138Tk(約180円)
合計 1,518Tk(約1,980円)

2回目は¥1,800

マトンカリー  660Tk(約860円)
フレッシュライムソーダ 175Tk(約228円)
ファルーダ  215Tk(約280円)
スチームライス 170Tk(約222円)
ミネラルウォーター 35Tk(約45円)
小計 1,255Tk(約1,640円)
サービス料(10%) 125Tk(約164円)
合計 1,380Tk(約1,800円)

ダッカの物価からすると超高級。

ですが、その価値はあると思うのです!

おすすめします

  • 眺望が最高。他からは見ることのできない「ダッカを一望」できること
  • ゆったりしていて落ち着ける
  • 衛生的
  • なにより美味しい

それをかんがえたら、この金額ならとっても満足だと思う!

ただ、気をつけるべきは、

  • BIGサイズと心得よ
  • 米とナンは別注
  • 胃薬をお忘れなく  

ダッカ旅行の現地ごはんに、Bird’s Eye をおすすめします〜!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 生ビールが激安!ビール天国・ミャンマービール事情
  2. ヨルダン死海で浮遊体験!おすすめビーチ・持ち物・死海の作法とは?
  3. 魅惑のブルー・マンション!見学ではなく宿泊するべき5つの理由
  4. 往復120THB!赤色ソンテウに乗ってチェンマイの聖地・ドイ・ステープ寺院へ行っ…
  5. 週末海外!5日間でたっぷり楽しむロンドン旅の費用&スケジュールを公開します

関連記事

  1. バングラデシュ

    旅人度100%!船がひしめくショドルガット&旧市街オールドダッカ散策がおすすめ

    バングラデシュの首都・ダッカに滞在。ダッカの旧市街であるオール…

  2. バングラデシュ

    深夜到着便でも大丈夫!ダッカ空港で到着時に済ませておきたいこと3つ

    バングラデシュの首都、ダッカにあるシャージャラル国際空港。…

  3. バングラデシュ少女と幼児

    バングラデシュ

    ”旅人に出会わない国”バングラデシュってどんな国?ダイジェストでご紹介

    旅人に出会わない国バングラデシュ。政情不安や観光資源の…

  4. バングラデシュ

    バングラデシュ名物!?鉄道に乗ってみた

    バングラデシュってどんな国なの?と…

  5. バングラデシュ

    しあわせってなんだろう?バングラデシュで出会った人々。

    ダッカで出会った人々は、みんなニコニコ笑っていた。バン…

  6. バングラデシュ

    バングラデシュの交通事情。何に乗って移動する?

    首都ダッカはインフラ未整備、地下鉄もトラムもないし、道路はいつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ブルネイ・ダルサラーム

    ブルネイ旅の夕食にピッタリ!ガドン・ナイトマーケット
  2. ブルネイ・ダルサラーム

    これが本場もんのジャングル・クルーズ!ウル・トゥンブロン国立公園1dayツアー
  3. ラウンジの看板

    空港ラウンジレビュー

    【カトマンズ】プライオリティパスで無料のラウンジ『Executive Loung…
  4. 上空から眺めるコーカサスの大地

    コーカサス

    わりと過酷!9連休で行くコーカサス3カ国、旅の費用とスケジュール
  5. ギリシャ

    弾丸アテネ観光!たった1日でも遺跡×グルメをたっぷり満喫。旅のスケジュール公開
PAGE TOP