百寺巡礼

【百寺巡礼】第76番 東光寺 “圧巻!五百以上の石灯篭が並ぶ毛利家墓所”

 

毛利家墓所

2021年春、山口県萩市の東光寺の参拝記録。
五百以上の石灯篭が並ぶ毛利家墓所が圧巻のお寺でした。

東光寺について

■名称:護国山東光寺(ごこくさんとうこうじ)
■宗派:
黄檗宗

■所在地:
山口県山口県萩市椿東1647
■公式サイト:毛利家・観光の寺院 黄檗宗 東光寺

東光寺はこんなお寺

毛利家墓所がある

東光寺の奥には、毛利家墓所があります。毛利家の奇数代の君主のお墓。

お墓の前に整然と並ぶ石灯籠は、一見の価値あり。

東光寺毛利家墓所の石灯籠

黄檗宗のお寺

東光寺は、黄檗宗のお寺。そのため、中国様式が随所に見られます

東光寺総門の重厚な扉

東光寺の参拝記

訪問時期:2021年春

今回の移動:自転車

萩バスセンターからレンタサイクルで移動

前日夜から萩入り。ホステルから最寄の萩バスセンターの前のレンタサイクル「スマイル」にてレンタル。東光寺へは自転車で移動します。

萩の貸し自転車

■スマイル貸自転車 【萩バスセンター前営業所】
利用料金:¥1,000円/日
Googleマップで確認する

控えめにいっても、かなりボロい自転車だった。ボロいのはいいけれど、キイキイと軋むので不安になる。油をさすなどのメンテナンスはしてほしい。

貸し自転車

萩循環まあーるバス

萩には主要な観光地をめぐる「萩循環まぁーるバス」もあります。無料のマップももらえるので、自転車でない方はこちらを利用しよう。

公式:萩循環まぁーるバス(路線図・時刻表)のご案内

萩バスセンターからスタート

自転車も借りたし、いざ出発。東光寺へ行くまでに、寄り道

寄り道①
モーニング肉うどん

どんどん唐樋店で、モーニングうどん。ホステルは朝食なしプランだもんね。モーニングは肉うどんが安いときいて、迷わずそれ。

モーニングサービスの肉うどんとエビのかき揚げ

美味しそうなかき揚げも頼んだら、脂っこくなってしまった。

寄り道②
コーヒーショップ

長屋門珈琲カフェ・ティカルにて、食後のコーヒー。こだわりのコーヒー屋さんだった。本日のプランを練る。

コーヒー

可愛い猫にも出会う。

足元にいる猫

腹ごしらえもしたし、やっとこさ、東光寺を目指します。

松陰神社前を通過

松下村塾跡を擁する松蔭神社を通過。維新ロードを上り続けて東光寺へ。

松陰神社前の交差点

自転車ではのぼりみち。

維新ロード

登り窯を見かけました。さすが、やきものの里・萩!

三段登り窯

片山東熊別邸跡

維新ロード沿いに石碑。片山東熊って、何をされた方なの?

片山東熊(かたやま・とうくま)
明治期に活躍した建築家。
代表作:赤坂離宮東京国立博物館表慶館

片山東熊別邸跡

玉木文之進旧宅

玉木文之進(たまき・ぶんのしん)
吉田松陰のおじ。松下村塾を開く。

松下村塾はここから始まった。無料で観覧できる。

玉木文之進旧宅

萩って良い気候だな。こんな日本家屋でのんびり過ごしたいものだわ。

玉木文之進旧宅の中から

東光寺に到着

維新ロードをのぼりきると、交差点。東光寺の総門は、その一角にある。

総門

派手な朱色の総門。

東光寺の総門

扁額:護国山

開山・慧極による扁額。

東光寺総門の扁額

伝説の魚・摩伽羅

屋根をかざるのは、シャチホコではなくて、摩伽羅(まから)という伝説の魚

東光寺総門の摩伽羅

うーん。遠くてよくワカラナイ。

東光寺総門の屋根

扉はとっても重厚。

東光寺総門の重厚な扉

さあ、境内へ。

東光寺総門の朱色の入り口

受付
拝観料:300円

拝観料を支払うだけの価値あり。ご朱印もこちらでいただけます。

東光寺の受付

受付横には、一列に並んだお地蔵様。

並んだお地蔵さん

瓦には「東光禅寺」の銘が。

東光禅寺の瓦

三門

三門は、禅宗伽藍の正門

東光寺三門

扁額:解脱門

三門の扁額には、「解脱門」の文字。

東光寺の三門の扁額

「空・無相・無作」という三つの解脱へ至る門の意味。

東光寺の三門

山門の上層には釈迦如来坐像などが安置されているそうですが、一般参拝客は拝観不可。ちぇ。

うらめしく、階段をパシャリ。

東光寺の上層への階段

鐘楼

2021年春は、近寄ることが出来なかった。なぜ?遠くから眺める。

東光寺の鐘楼

トイレ

総門から山門への坂道の途中にトイレがあります。清潔。個室がたくさんありましたが、こんなに一度に参拝者が訪れることは、あるのだろうか。

東光寺のトイレ

トイレの前の広場に、休憩スペースもありました。

休憩スペース

境内はお花がいっぱい。

ツツジ

ツツジ

八重桜

八重桜

シャガの花

シャガの花

立派な松の木。

松ぼっくり 松の木肌

良い季節だな。

東光寺の大雄宝殿への道

大雄宝殿

大雄宝殿(だいおうほうでん)とは、黄檗宗では本殿に相当。

東光寺の大雄宝殿

月台

大雄宝殿のまえには小石、玉砂利が敷かれた広場「月台」。

東光寺の月台

月台の中央にある四角いは、梵壇石。

梵壇石(ぼんだんせき)
僧侶を罰するときに座らせる場所

罰する???
なんだか穏やかではないぞ。

お寺巡りをしていて、僧侶を罰する場所を目にしたことは、記憶にない。黄檗宗ならでは?

大雄宝殿から眺めた月台と梵壇石。ここから僧侶を罰したのだな。

大雄宝殿から見た月台

扁額「大雄宝殿」

この伸びやかな書体も中国風の特徴。

東光寺大雄宝殿の扁額

花頭窓

東光寺大雄宝殿の花頭窓

大方丈前の庭園

狭いながらも整えられたお庭。

大方丈前の庭園

蜂が飛んでいた。参拝するにも、気が抜けない。

大方丈

おみくじはピンク色

かわいいおみくじ。

東光寺のピンク色のおみくじ

木魚の原型「魚板」

ここ東光寺には、木魚の原型「魚板」があります。

魚が口に加えているのは「煩悩」

東光寺の魚板

魚の背をたたくことで煩悩を吐き出すんだって。木魚にはそんな謂れがあったのですね。

東光寺大方丈の魚板

大雄宝殿の裏から墓所へ

毛利家墓所へは、大雄宝殿の裏から向かいます。

墓所への道

墓所入り口

元治甲子殉難烈士墓所

明治維新にて命を捧げた志士たちの慰霊墓が並ぶ。

元治甲子殉難烈士墓所

東光寺の墓所

配列の説明板もあります。だけどよくわからない。

元治甲子殉難烈士墓所の案内板

石燈籠がならぶ!
ですが、こんなのは序の口でした。

並んだ石灯籠

放生池

池は、枯れている。

枯れている放生池 放生池

橋を渡って、墓所入り口へ。

東光寺毛利家墓所への入り口

毛利家墓所入り口

毛利家が眠る聖域への入り口。

毛利家墓所入り口

ここから特別な場所なのだ!
結界めいたものを感じさせる、威厳のある門。

毛利家墓所入り口

手前に墓所配置図もあります。

毛利家墓所の配置図

毛利家墓所

毛利家墓所。東光寺のみどころ。

足を踏み入れた瞬間、その整然さに驚く。

毛利家墓所

墓所は静謐な空間

明るい堂宇と違って、奥にある毛利家墓所はとても静謐な空間

東光寺毛利家墓所の石灯籠

毛利家墓所の石灯籠

整然と並ぶ墓碑と石灯籠に感動

墓所の一番奥には、毛利家奇数代の3・5・7・9・11代とその妻の墓が並ぶ。

東光寺毛利家墓所の藩主の墓碑

ちなみに偶数代のお墓は、ちかくの「大照院」にあります。現地で知りました。

東光寺毛利家墓所

5代ごとの墓前の前には、石鳥居、参道、参道脇には石灯籠がずらりと並ぶ。

東光寺毛利家墓所の石鳥居

東光寺毛利家墓所の石灯籠と鳥居

その整然としたさまが、統率のとれた軍隊みたい。兵馬俑みたい

東光寺毛利家墓所の石灯籠

規律ただしく、軍隊みたい。

東光寺毛利家墓所の石灯籠

石灯籠は部下たちによる献上

毛利藩では殉死を禁じた。主君がなくなると部下は殉死の変わりに石灯籠を奉じた。

なので、石灯籠=臣下とすると、兵馬俑のイメージと重なるのも当然か。

広さも、
石灯籠の数も、
その密度も、

とにかく圧巻です。

並んだ石灯籠

すんごいギュウギュウですよ。

石灯籠群

亀の上の石碑

こんなところにも中国風。お墓の横に立つ、神道碑は亀の上に立っている。

亀趺(きふ)

中国では、亀を台として石碑が立てられるのが普通。

亀趺(きふ)

神道碑に刻まれているのは生前の業績だって。

参拝した日は、気持ちよく晴れた日。木々のなかに光が射しこみ、特別な雰囲気が漂う。特別な空間です。

東光寺毛利家墓所の石灯籠

お墓だけれど。一見の価値あり。お墓なのに、また訪れたいとおもった不思議な空間でした。ぜひ!

東光寺参拝は、これにておしまい。

東光寺 参拝後の観光

・窯元直営の陶器ショップで萩焼を買う
・松蔭神社・松下村塾
・伊藤博文旧邸
・大照院

萩焼を買う

東光寺の門前に、萩焼の窯元直営の陶器ショップがいくつかあります。ちょっとのぞいてみる。

東光寺門前

店前のワゴンセールに興奮。

萩焼のワゴンセール

これのどこがB級品なのかしら。

萩焼のワゴンセール

お店のなかには、仕上がりの良い一級品もあります。見比べるのも楽しい!
セール品から萩焼を購入。

萩焼の青い皿

松蔭神社・松下村塾

松蔭神社の境内には松下村塾があります。無料で観覧可能。

松陰神社の鳥居

ちょうど藤の花が見頃。やっぱり蜂がいた。

松陰神社の藤棚

■松蔭神社
山口県萩市椿東1537番地
Googleマップ

伊藤博文旧宅

一部工事中。ええ家に住んでたんだな。そりゃ元首相だものね。

工事中の伊藤博文旧宅

■伊藤博文旧宅
山口県萩市椿東1511ー1
Googleマップ

大照院

毛利家、初代と偶数代の墓所。東光寺とセットで訪れてみたい。

霊椿山 大照院

■名称:霊椿山 大照院 (れいちんざん だいしょういん)
■所在地:
山口県萩市椿青海4132
■宗派:臨済宗南禅寺派
■公式サイト:大照院(公式)

おしまい。

五木寛之先生の「百寺巡礼」掲載箇所

【寺名】は、【第73番】。第八巻 山陰・山陽に掲載されています。

 

東光寺を参拝した旅の日記

東光寺とセットでの参拝がおすすめ

足を伸ばして、津和野へ。

知っておきたい!黄檗宗の総本山

東光寺は黄檗宗。総本山は、宇治の萬福寺です。

寺めぐりするならば知っておきたい

百寺巡礼でオススメのお寺

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




熱している春の山口・島根3日間(3) 防府・湯田温泉1day前のページ

【百寺巡礼】第75番 永明寺”森鴎外こと森林太郎の眠る寺”次のページ森林太郎の墓

ピックアップ記事

  1. イエスの最期の歩みを追体験!「悲しみの道」ヴィア・ドロローサを歩く
  2. アムステルダムはトランジット観光にオススメ!その理由と効率よく観光するコツ
  3. 【週末弾丸・長崎】旅の費用&スケジュール(軍艦島・出島・キリシタン関連…
  4. ヨルダン死海で浮遊体験!おすすめビーチ・持ち物・死海の作法とは?
  5. OLだって旅したい!通算24回旅した2018年弾丸旅の全記録

関連記事

  1. 大山寺の不動明王
  2. 森林太郎の墓

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第75番 永明寺”森鴎外こと森林太郎の眠る寺”

    2021年春、島根県、津和野の永明寺の参拝…

  3. 国宝投入堂
  4. 横蔵寺のミイラ
  5. 慈恩寺の申神将

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第68番 慈恩寺 “みちのくで出会った京生まれの十二神将”

    慈恩寺は・・・○京都より移入された仏像群○薬師堂の十二…

  6. 安来清水寺に林立するのぼり

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第73番 清水寺 “赤と紺のノボリがはためく厄払いの寺”

    清水寺は・・・○厄払いの寺○清水寺は聖水が由来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 黒石寺蘇民祭のポスター

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第64番 黒石寺 “蘇民祭の舞台となる東北の古刹”
  2. ソウル(韓国)

    金浦国際空港の近くで泊まるならば炭窯チムジルバンがおすすめ!空港からのアクセスを…
  3. ギリシャ

    【メテオラ】聖堂のフレスコ画が美しい【ヴァルラーム修道院】
  4. ロシア

    出発前のクタクタを回避!面倒なロシアビザ取得は代行業者に頼むのが吉。
  5. タイ

    水の都の風情を満喫!アムパワー水上マーケットで絶対やりたいこと5つ
PAGE TOP