東京都

【小笠原】父島・ハートロックトレッキングツアー

 

小笠原諸島・父島

ハートロックツアーに参加。

感想:ツアー料金9,500円。高すぎないかい?

小笠原はツアーでしか入ってはいけないところも多く、
ツアー料金は島内で統一されている。

ルールだと、わかっているんだけどさ。
内容の割に、高い!

同じツアーでも「南島ツアー」ほどの感動はなく。
自力で上りたかったなあ。

ハートロックトレッキング
ツアー内容

【ハートロックトレッキング】
世界遺産小笠原で絶景を目指して1日トレッキング
 

竹ネイチャーアカデミー
9,500円
※ツアー料金は父島内で統一されています

ハートロックトレッキングツアー
参加日記

行動時間:約6時間

お迎え(ホテル)

宿泊先まで送迎。

シャンティバンガロー

ハートロックツアー登山口横に宿泊している私は、最後にピックアップ。

説明・トイレ・自己紹介
@小港駐車場

ツアーメンバーで集合しガイドさんの説明をきく。自己紹介を求められてドギマギ。

「大阪からきた会社員です」って、つまらないプロフィールだわ。

一人で来ている若い子二人は、大学院生だった。

小笠原を訪れる旅行者には、「東洋のガラパゴス」に来たかったという人が多かったように思う。

登山口

靴裏の種子類を除去

ここから森林生態保護地域。設置されている木酸スプレーで靴裏の種子類を除去。

靴裏の種子類を除去

出発

ハートロック登山口

淡々と登る。

登山者の後ろ姿

倒木あり。

倒木で塞がれた道

木々の奥には滝。
父島で唯一の滝なんだって。

遠くに見える滝

前の方の背中ばかりみて進む。うーん。

登山者の後ろ姿

小川

ちょっと休憩。
てか、もう休憩するの?早くない?

小川には、小さい魚がいた。

川のほとり

ちょっと晴れてきた。
いいぞいいぞ。

山

ヤギがいた

向かいの山の壁にヤギの群れがいた。親子かな。

変わった岩

「コースで出会える動物」って、もしや、コレのことなの?

鳥のさえずりに耳を傾ける

隊列がいきなり止まる。
鳥だ!

撮れなかった。

鳥が泣いていた木の枝

ガイドさんの説明が聞こえない

超繁忙期の年末年始のためか、ツアーは大所帯。

登山者の後ろ姿

ガイドさんの説明が聞こえないまま歩く。

ふかふかの苔。このコケは何だろう。

ふかふかの苔

ちひろ岩方面へ。

分岐

そして、ゆっくり歩く。むむむ。

登山者の後ろ姿

並んで歩くから、前の人のリュックを眺めるばかり。

やっぱり団体行動って、つまんない。

分岐

橋で止まって何か見ているけれど、なんの話なんだろ。

橋を歩く

巨大な倒木。

倒木で塞がれた道

かけた茶碗。
これも軍用のものかな。

割れた皿

登山者の後ろ姿

わらび谷

ワラビが群生しているゾーン。ちょっと変わったわらびなのだろうか。

シダ植物

動物捕獲ようの罠カゴもありました。

捕獲用カゴ

軍用車残骸など

部品の残骸がでてきた。

軍用車残骸

「トヨタ」の文字。

トヨタの文字

がじゅまるゾーン

がじゅまるの木のなかを進む。

がじゅまるの中を歩く登山者

むしろ、よくぞ道のぶんだけ空けてくれたもんだわ。

がじゅまるの道 分岐

広場のようなところに出た。

がじゅまるスポット

トイレタイム

ハートロックツアーの登山コースにはトイレはない。どこでもトイレをしてもいいわけじゃないけれど、許されているところもあるらしい。

ここはOKとのことなので、いち早くトイレ離脱。ほっ。

7時間NOトイレは精神的にも厳しいもんね。

倒れた木

がじゅまるに登る

がじゅまるの木は頑丈。こちらも一番に登る。わっほーい。

がじゅまるに登る私

降りるのは怖かった。

壕にもぐる

暗くてみえない。

真っ暗な壕

ちらほら落ちる古いもの

あえて残しているのだろう。
戦跡のなかでもガラス便とかは処分したほうがいいのではと思ってしまう。

ガラス瓶

歯車はなにかの部品かな。

歯車

井戸跡も。

井戸の跡

ふたたび出発

またまた自動車の残骸。

軍用車残骸

こちらは、ニッサンの文字。
NISSAN?

軍用車のニッサンの文字

軍用車残骸

変わった樹皮だなと思っていたけれど、この突起は病気みたい。

斑点突起の樹木

ちらほらと、部品の残骸。

なにかの残骸

森を進む。

ハートロック登山道を歩く登山者

衝立山 298m

山頂は、教えてもらわないとわからない、山林のなか。

衝立山 298mのプレートを持つ私

建物

かわいいキノコ発見。

木に絡む枝。

景色が開けた

ここからは、歩いて楽しいゾーン。

他の登山グループがみえた。
あそこがゴールかな?

ハートロックの登山道

ハートロック(ちひろ岩)

ここがハートロックらしい。

この裂け目、離れて見るとハート岩にみえるらしい。

そこに立っていると、
岩が「ハート」かどうかなんて見えっこない。

ハートロックを「見る」ならば、海から見える「南島ツアー」に参加しよう。

昼ごはん休憩

ひらけたスペースで休憩。

他のツアー参加客とも一緒になる。

ツアーは複数会社で催行され、同じコースを歩く。

昼食時間がかぶって混雑しないよう、各々に調整している様子が伺えた。

持参した焼きおにぎりで昼ごはん。

焼きおにぎり

ちひろ岩に立つ私

出発、下山する

下山はほぼノンストップで登山口を目指します。

タコノキの果実。

タコノキの果実

見上げると、こんな背が高いのか。

タコノキを見上げる

樹皮向けて丸見えだった。
不思議な構造。

樹皮のなか

巨大な倒木。

倒木

ツアー客みんなで立ち止まる。

下りの道を歩く登山者

視線の先は、ヤギの群れ。
ヤギってあんな急斜面によく立っていられるよなあ。4本足って安定しているんだろうな。

谷にいるヤギの群れ

私たちは、二本足で歩く。

下りの道を歩く登山者

登山口到着

登山口

登山靴の汚れをとる

マットで靴裏の付着物を落とし、
木酸スプレーで消毒。

種子類を除去

解散

送迎車で各自の宿までお送りつき。ですが私の宿・シャンティバンガローは登山口の隣。

ひとあしお先に解散となりました。

シャンティバンガロー

おしまい。

トレッキングコースとしては、ガイドなしでの歩行OKの「ジョンビーチトレッキング」が最高で、おすすめ。

NEXT:原付バイクで父島をめぐる

夕方のフリータイム、
なにかしないと、もったいない。

ウェザーステーション展望台に夕日を見に行きました。

[blogcard url=”https://travel-lounge.jp/japan/tokyo/Chichijima-bike-31pm/”]

 

年末年始・小笠原8日間

この旅のスケジュール

おがさわら丸 船旅24時間

南島

母島

父島

小笠原の旅について

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ぶら下げられたひょうたん【小笠原】原付バイクでめぐる父島1(小笠原神社・洲崎飛行場跡地 ・コぺぺ海岸 ・小港海岸・USK coffee)前のページ

【小笠原】原付バイクでめぐる父島2(父島要塞大村第二砲台跡&ウェザーステーション展望台)次のページ

ピックアップ記事

  1. 1泊1,500円。泊まれるスーパー銭湯・チムジルバンでホテル代を節約!
  2. 【竹富島】歩いてめぐる竹富島(4)夕暮れどきの美崎&西桟橋
  3. バリ島・ングラ・ライ国際空港でのSIM購入・両替・空港タクシーについて事前に知っ…
  4. ウズベキスタンって、こんな国。ダイジェストでご紹介!
  5. 【壱岐】原付バイクでめぐる壱岐島(1)はらほげ地蔵・左京鼻・小島神社・原の辻

関連記事

  1. おが丸セレモニー

    東京都

    【父島→東京】おがさわら丸 父島港「お見送り」に感激!

    おがさわら丸年末年始・乗船日記。復路:…

  2. おがじろう

    東京都

    【小笠原】女子ひとり旅 年末年始に行く小笠原8日間

    日本の一番遠い島、小笠原諸島の父島&母島へ…

  3. シロベタカソマイマイの化石で作られたハートマーク

    東京都

    【小笠原】父島・母島・南島 絶対外せない感動アクティビティ4つ

    小笠原・父島&母島への旅。旅のなかで感激し…

  4. 草木に埋もれる十年式十二糎高角砲3門

    東京都

    【小笠原】母島日帰り旅 青い海を眺めながら深い森を歩く

    母島1日観光。小笠原諸島、父島からフェ…

  5. ははじま丸

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 上野公園の池のあひるボート

    東京都

    上野1day観光(小野照崎神社,国立西洋美術館,旧岩崎邸庭園)
  2. フィリピン

    【ビガン】世界遺産の街のメインストリート。クリソロゴ通りの石畳をお散歩
  3. 諏訪大社四社御朱印

    長野県

    諏訪大社四社まいり1日で歩いて回る最適ルートはこれだ!
  4. 利尻山と植物

    北海道

    利尻・礼文・稚内7日間 旅のスケジュール
  5. 吉原入江の運河と船

    京都府

    【舞鶴】昭和ノスタルジー!西舞鶴さんぽ
PAGE TOP