長野県

いちどは食べたい新栗のモンブラン!栗と北斎のまち小布施へ

 

桜井甘精堂 栗の木テラスの新栗モンブラン

大阪在住の会社員コムギの、
週末で行くスパルタントラベラー日記。

週末で弾丸旅行!
秋の長野編。

この記事は、小布施(おぶせ)観光編、

栗の木テラスで新栗のモンブランを食べる
北斎館で浮世絵鑑賞
● 晩年の北斎の天井画をみに岩松院へ

小布施の栗推しが凄かった。
スイーツやと北斎しかないのでは?というくらい、菓子店だらけ。ですが一生に一度は、ホンモノのモンブランを食べに行こう!

小布施駅からスタート

大阪から夜行バスで長野駅に到着。
早朝は、長野駅から歩いて善光寺へお参り。

 

小布施駅

小布施駅に到着。

小布施駅ホームと電車

ホームの向こうに見えるのはアルプスかな?

小布施駅ホーム

小布施駅のホーム内のロッカーに荷物を預けておく。

小布施駅のロッカー

ホーム内には、果物の販売も。

小布施駅で販売されていたシャインマスカット

観光案内所で小布施マップをもらい、観光スタート。良い天気だな。わりと田舎なはずなのに、自動車が多いな。

小布施駅

さすが栗のまち、小布施。小学校の名前も、「栗ガ丘小学校」だって。

小布施町立栗ガ丘小学校

栗の菓子店がならぶ、メインストリートを目指す。

小布施のまち

栗の木テラス

まっさきに目指したのは、小布施の有名菓子店・桜井甘精堂が展開する喫茶店、栗の木テラスへ。せっかく小布施にきたんだもの、モンブランは食べて帰らなくちゃ。

栗の木テラスに並ぶ人々

桜井甘精堂 栗の木テラス 小布施店
長野県上高井郡小布施町小布施784
Googleマップ

開店10時だけれど、開店と同時に満席。私は2順目のよう。名前を書いて待つ。待っているあいだはその場を離れてもOK。そのはずなのに、みな並び続ける。

栗の木テラスに並ぶ人々

栗の木テラスにて要した時間
10:10 到着・記名
10:45 入店・注文
11:00 スイーツ到着
11:30 退店

モンブランに90分も、かかっちゃってるね。

順番が巡ってきたのは、記名して30分後。意外と早い。店内もステキ。

栗の木テラスの店内

せっかく並んだんだから!

貧乏根性を発揮して、スイーツ苦手なのに2個注文という暴挙に出てしまう。

新栗モンブランとモンブランネージュ

モンブラン・ネージュ ¥950

エスプーマを使ったフワフワのマロンクリームが、アイスクリームの上にかかっているもの。強烈なビジュアルだわ。

桜井甘精堂 栗の木テラスのモンブランネージュ

ホワホワのクリームは、意外にも軽い。

桜井甘精堂 栗の木テラスの新栗モンブランのふわふわクリーム

新栗のモンブラン ¥450

栗の味が濃い。いままでのモンブランは、マロン風味だったのかもしれないな。

桜井甘精堂 栗の木テラスの新栗モンブラン

濃厚で美味しい。

桜井甘精堂 栗の木テラスの新栗モンブランの断面図

一生に一度は!本物のモンブランを食べれて良かったな。

待ち時間のあいだに観光

栗の木テラスの順番待ちのあいだに、近くを散策。菓子店ばっかり!そして、どこも並ぶ。

小布施堂

桜井甘精堂とならぶ有名菓子店、小布施堂。店構えがすてき。

小布施堂の外観

のれんは、栗の紋。

小布施堂の栗の暖簾

桜井甘精堂 北斎亭
桜井甘精堂 北斎亭

桜井甘精堂 北斎亭

そのほか

フルーツ農園や、すてきな小道も。

フルーツ農園

小布施のまち

信州そばを食べ損ねる

ううー、スイーツを食べ過ぎて気持ち悪い。

口直しに信州名物の蕎麦でも食べるとするか。
十割蕎麦が美味しいと評判のお店へ。

手打そば処 かなえに並ぶ客

手打そば処 かなえ
長野県上高井郡小布施町小布施731-3
Googleマップ

すでに並んでいた。名前を書いて、しばし待つ。

でもこれさ、このままだと小布施では、食べるだけで終わっちゃいそうね。やめておこ。

正気にもどって、小布施の2つ目の目的地、北斎館へ戻ります。

花とミツバチ

北斎館

北斎が江戸から数度通ったという小布施。葛飾北斎の美術館。

小布施の北斎館の外観

強気の入館料、¥1,000。

そのせいか、北斎館のまわりにある菓子店は大行列なのに、北斎館は空いていて、ゆっくりと鑑賞できた。

北斎館
長野県上高井郡小布施町小布施485
Googleマップ

北斎館

版画作品という性質のためか、北斎の作品はたくさん残されているから、これまでも目にしてきた。だから特段にテンションは上がっていなかった。とりあえず行っておくか、くらいのテンションだった。

富嶽三十六景

そんな予想は裏切られ、見応えありで大満足。行ってよかったな。蕎麦を見送った甲斐ありだわ。北斎関連本も購入。

葛飾北斎の関連本

写真撮影OK!

北斎館は、写真撮影OK
日本の美術館だと珍しい。撮影は、記憶の補助になるから助かる。

冨嶽三十六景:
版画の工程を見よう

有名な「神奈川沖浪裏」で版画を刷る工程が解説されています。刷るのも大変な作業だわ。

冨嶽三十六景:版画の工程

せっかく実物を見るのだから、細かいところに注目を。

点描で表現された、波の青。

富嶽三十六景の拡大図

富嶽三十六景の拡大図

遠くの背景、畝は柔らかい線で。徹底したデザインに感心するばかり。

富嶽三十六景の拡大図

琉球八景

富嶽三十六景以外にも、シリーズがあったのですね。お恥ずかしながら、知らなかった。北斎が訪れたことのない琉球を描いた「琉球八景」。

琉球八景の城嶽霊泉

日新除魔:悪魔を払う禁呪

日が改まるたびに描き、自身にかかる災厄を払うと信じられてきた「日新徐魔」。北斎は毎日描いていたそう。

北斎の日新除魔

近世怪談霜夜星の挿絵

おどろおどろしくてステキ。

近世怪談霜夜星の挿絵

富士越龍図

最晩年の肉筆画。富士を超える龍。めでたい。

富士越龍図

岩松院へ歩く(徒歩25分)

北斎館から、岩松院へは徒歩で移動。実用実験中のキックボードレンタルを見つける。トライしようと登録を試みるけれど、通信状態が悪くて登録失敗。

キックボード

諦めて歩く。

小布施の大日通

好天に恵まれ、きもちいい秋の陽気。ぶどう畑のよこを歩く。

小布施の葡萄畑

岩松院どおりと葡萄畑

きゃあ!シャインマスカットかしら?

ぶどう園

おぶせ温泉だって!?

おぶせ温泉の看板

このあとは渋温泉郷で九湯巡りをするからパスだな。

岩松院どおり

岩松院

岩松院は、晩年の北斎の「八方睨み鳳凰図」の天井画があるお寺。

岩松院の山門

岩松院
長野県上高井郡小布施町雁田615
Googleマップ

岩松院の境内

八方睨み鳳凰図

お堂の中で、見学者を集めてご住職がお話をしてくださる。「八方睨み鳳凰図」の解説も。

八方睨み鳳凰図

岩松院の八方睨み鳳凰図

下絵原案は北斎だけれど、着色等は別だそう。彩色は、修復せず当時からのまま。こんなに鮮やかなまま維持されているのは、豪商・高井鴻山をスポンサーとして、画材への投資を惜しまなかったからだとか。

境内には、「カエル合戦の池」があった。小林一茶の句「やせ蛙 負けるな一茶 是にあり」の句ゆかりの池。カエルの写真がたくさん飾られていた。

かっこいい!
岩松院のオリジナル御朱印帳

岩松院のオリジナル御朱印帳は、「八方睨み鳳凰図」。うー、カッコイイ!

岩松院のオリジナル御朱印帳

でももう、御朱印帳はいっぱいあるからな。購入は見送り。

参拝を終えて、小布施観光は終了!

岩松院の大きな杉

小布施駅まで歩く(徒歩25分)

小布施駅を目指して歩く。のどかだな。フルーツがたくさん。

リンゴの木、

リンゴの木

ぶどう。これはワインになるのかしら。

ぶどう

道にはみだした柿の木。
思わず、もぎたくなっちゃうじゃないか。

道にはみだした柿の木

かわいらしいお花も咲いていた。

紫色の花

線路沿いを歩いて、小布施駅へ。

小布施駅近くの踏切

小布施駅を出発

小布施駅のホーム、ノスタルジックな雰囲気。

小布施駅と電車

小布施駅のホーム

小布施のまちは、スイーツ目当ての観光客でごった返していたのに、電車を待つ客は、コムギのみ。みんな車で訪れているのかな。

小布施駅のホーム

このあとは、渋温泉郷へ。

 

長野電鉄の車両

おしまい。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




渋温泉九湯めぐり九番湯:大湯渋温泉九湯めぐり!湯屋のある1日2組限定の松代藩本陣「つばたや旅館」に泊まる前のページ

長野に来たらスルー不可避!荘厳な雰囲気に包まれる善光寺へ次のページ牛に引かれて善光寺まいりの絵画

ピックアップ記事

  1. 【百寺巡礼】第78番 阿弥陀寺 “石風呂に入れる!東大寺ゆかりのアジ…
  2. 女子ひとり旅【サントリーニ島】で火山・温泉・サンセットクルーズ日帰りツアー
  3. 【谷川岳】”魔の山”の初心者コース!谷川岳・天神尾根ルート
  4. 長野に来たらスルー不可避!荘厳な雰囲気に包まれる善光寺へ
  5. 週末海外!2万円で行く釜山、弾丸旅のスケジュール(広安里&草梁イバグキ…

関連記事

  1. 羅臼庵の大吟醸蕎麦
  2. 青色が美しい大沼
  3. 渋温泉九湯めぐり九番湯:大湯
  4. 牛に引かれて善光寺まいりの絵画

    長野県

    長野に来たらスルー不可避!荘厳な雰囲気に包まれる善光寺へ

    大阪在住の会社員コムギの、週末で行くス…

  5. 上原木呂の妖怪画(渋と湯田中)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. アインプロージット

    ドイツ

    週末海外!3連休で本場のオクトーバーフェストへ参戦してきた
  2. 梨花壁画村 イファピョックァマウル 駱山公園 駱山パブリックアート 学路 梨花洞

    ソウル(韓国)

    路上美術館。フォトジェニックな梨花洞壁画村でアート散歩
  3. ブルネイ・ダルサラーム

    近くてマニアックなアジアの富裕国!ブルネイのおすすめ観光スポット8選
  4. 香港

    ドラゴンズ・バック!香港ベストトレイルにも選ばれた絶景”龍の背…
  5. 空港ラウンジレビュー

    【ぼてぢゅう】お好み焼きの気分じゃなければ居酒屋利用というテもある!プライオリテ…
PAGE TOP