ヨルダン

プカプカ浮かぶだけじゃない!中東のオアシス・死海の魅力とは?

 
ブルーの死海

ヨルダンとイスラエルの国境でもある死海。新聞読みながらぷかぷか海に浮かぶ姿は、誰でも一度は眼にしたことがあるはず。でも死海の魅力は浮遊体験だけにあらず

中東のオアシス・死海の魅力とは?

死海の凄さについてのまとめ。

目次
1.死海について
2.中東のオアシス!死海は世界的人気リゾート
3.美容の聖地!死海は世界的ビューティースポット

死海についての基本知識

知っていること・知らないこと。基本的な死海についてのまとめ。

死海はイスラエルとの国境

死海はイスラエルとヨルダンの国境ともなっている。

対岸にはイスラエルが見える

もう、見えてます。泳いでいけちゃいそう?そんな距離。

死海を眺める人々

海抜マイナス420m。
死海は世界で一番低い場所

陸地なのに、海面よりも低い場所に位置する死海。世界で一番低い場所でもあります。

死海の標高看板

海抜420m!世界最低

死海は”海”ではなく”湖”

「海」ではなく「湖」。繋がっているのはヨルダン川のみで、海ではありません。

死海の水は塩分濃度30%超

死海はなんと塩分30%超!湖底の濃度はさらに濃いのだとか。一般的な海水濃度は約3%前後らしいので、ほぼ10倍ですよね。

ぷかぷか浮遊体験が楽しめる

塩分濃度が高く浮力が大きいため、体が勝手に浮き上がる。がんばっても沈むことができない。

ぷかぷかと浮遊体験が楽しめる!どんなカナヅチでも溺れない

死海で浮遊体験

何もしなくてもぷかぷか体が浮き上がる。不思議な気持ち。胎内ってこんな感覚なのだろうか?

死海には生き物が生息していない

まるでプールみたい。塩分濃度が濃いあまり生き物がいないのです。海藻すら見つけられない。人間だって一回あたり20分で死海からでるようにルールづけられている。まさにデッド・シー!

死海の透明な水

水質はとてもクリア。

キラキラ光ってとても美しい湖。

30%の水はしょっぱくてマズイ

30%ってどんな味?

試しに舐めてみましたがおそろしい不味さだった。ミネラルの味なのでしょうか?

中東のオアシス!死海は世界的な人気リゾート

高級リゾートホテルがならぶ

死海沿岸部には、高級リゾートホテルがずらっと並ず。それぞれが広大な敷地を持っていて、たくさんの宿泊客を収容することができる。世界有数のリゾート地。

死海の何が人気なの!?

無料プール

死海リゾートが人気の理由

一年を通じて温暖な気候である

意外にも、ここ死海沿岸部は穏やかな気候。一年中、死海に入ることができます。

死海で浮遊体験

海抜マイナス420m!
低地につき酸素濃度が濃い

世界で一番低い場所にある死海。低地であることのメリットの一つに、「酸素濃度が濃い」ことがあります。富士山などの高地では酸素が薄くて息苦しくなる、高山病と逆の現象ですね。

「酸素が濃くてすごしやすい」のです。

死海リゾート

そんなメリット、考えたことなかった。海抜マイナス420mの場所に来たの初めてだもの。

海抜マイナス420m!
低地につき紫外線が弱い

これも高地と逆の現象。海抜が低い分だけ太陽からの距離があるので、紫外線が届きにくいのです。そんなメリットまであるなんて。

リゾートにつきもの悩みである紫外線問題も、死海リゾートの場合はナーバスになる必要がないかも。これは嬉しい。

そんな様々な健康効果があるため、世界中から保養や療養のために死海リゾートを訪れる人が多いのだとか。

結論:死海は保養地としての効果も期待できる世界的人気のリゾート地。中東のオアシスと呼ばれるゆえんである

今回泊まったホテルはこちら↓

美容の聖地!死海は世界的ビューティースポット

日本でも人気の”死海コスメ”。なぜ死海は美容の聖地なのか?

死海はミネラルが豊富

塩分濃度が濃く、ミネラルが豊富な死海。死海に浮いているだけでお肌がツルツルになります。コスメ要らず!

死海で浮遊体験

泥パックでさらにツルツル

死海沿岸部の砂浜を掘り出すと、地中に泥があります。それを肌に塗ってパックをする、天然泥パックが経験できる。

死海の泥

これが、びっくりするほどツルツルになるのです。やはりミネラルのせいだとか。

泥を塗る人々

高級スパもある

天然の泥パックもいいですが、女性ならば気になる豪華スパ施設ももちろんあります。

本場の死海でスパを体験してみたい!

そんな夢が叶います。

スパの施術室

まとめ:素晴らしい死海を体験しよう

死海は想定したよりも、とっても特別な場所。

  • ぷかぷか浮遊体験が楽しい
  • 中東のオアシス!保養地としての条件を満たす
  • 美容の聖地!ミネラルで肌がツルツルになる

死海は、世界でも類を見ない、とにかくすごい場所だった。

ペトラ遺跡やワディラムなど、動きまわる観光がメインとなりがちなヨルダン旅。死海観光ではのんびり楽しむことをオススメします。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



ピックアップ記事

  1. アラビアのロレンスの砂漠を駆け抜ける!ワディ・ラム4WDツアー体験記
  2. ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  3. 【ぼてぢゅう】朗報!プライオリティパスで、お好み焼き屋ぼてぢゅうで¥3,400分…
  4. 大連で出会ったエンタメ食!回転寿司ならぬ回転”火鍋”
  5. これぞ女子旅。ルアンパバーンのカフェ・ショッピング・リラクゼーションをご紹介♪

関連記事

  1. 洗礼を受けるイエスのモザイク

    ヨルダン

    イエス・キリスト受洗の地“ヨルダン川のベタニア”(アル・マグダス)

    イエスト・キリストがヨハネの洗礼を受けた『ヨルダン川のベタ…

  2. ドラフトビール

    ヨルダン

    冷たい生ビールが飲める!ペトラ観光後におすすめの洞窟バー【The Cave Bar】

    広大なペトラ遺跡を歩き回ったあとは、遺跡入り口…

  3. エル・ハズネ
  4. 砂丘を走る4WD

    ヨルダン

    アラビアのロレンスの砂漠を駆け抜ける!ワディ・ラム4WDツアー体験記

    “アラビアのロレンス"のロケ地、ワディ・ラム。…

  5. ワディラムのテント

    ヨルダン

    砂漠に泊まろう!ワディ・ラムのキャンプ泊は超ロマンティック

    砂漠のワディ・ラム。4WDツアーが人気ですが、なん…

  6. ベルタワーからのマダバ市街

    ヨルダン

    ベルタワーから眺めるマダバ市街は絶景!洗礼者ヨハネ教会(ラテン修道院)

    マダバ市街観光でダントツ感動したところ、それが洗礼者聖ヨハネ教…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 赤のライトアップのエル・ハズネ

    ヨルダン

    過度の期待は禁物!?ちょっとガッカリした”ペトラ・バイ・ナイト…
  2. フィリピン

    【パオアイ】ジプニーに乗って世界遺産へ!サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)
  3. 空港ラウンジレビュー

    【ぼてぢゅう】モーニングで早く出てくるメニューはどれだ?
  4. 香港

    できれば毎月通いたい!わたしが香港を好きな理由
  5. ブルネイ・ダルサラーム

    ブルネイ旅の夕食にピッタリ!ガドン・ナイトマーケット
PAGE TOP