ギリシャ

アテネ観光のハイライト!”パルテノン神殿”、アクロポリスの丘を登る

パルテノン神殿の頂上

ギリシャといえば?まずいちばんに思い浮かべるギリシャを代表する世界遺産・パルテノン神殿!

実際に行ってみて、アテネ観光でいちばん感激したスポットでもある。世界遺産らしい世界遺産!

パルテノン神殿のたたずむ、アクロポリス。

思い描くギリシャがそこにはあった!

パルテノン神殿はアテネ市街どまんなか

アテネ市内のどこからでも見える、アクロポリスの丘に建つパルテノン神殿。

モナスティラキ駅前の広場

モナスティラキ駅前の広場からも見えるよ

パルテノン神殿のあるアクロポリスの丘は、古代ギリシャでは要塞の機能も兼ね備えていたとか。

アテネ市街を見渡せる、いちばん高い丘の上にある。

逆に言うと、市内のどこからでもアクロポリスの丘が見える。

ハドリアヌスの図書館から見えるパルテノン神殿

ハドリアヌスの図書館から見えるアクロポリスの丘

これがアテネの街をロマンティックなものにしているのかな。

アクロポリスへの入場は混む

アテネ随一の観光名所アクロポリスは、とても混雑していた。

入り口はとても並ぶ

入場ゲート前のチケット売り場は長蛇の列。

パルテノン神殿入り口の長蛇の列

ですが、アテネ共通チケットで入場可能!

アテネ共通チケット

共通チケット30ユーロで回れる名所はこちら

→弾丸アテネ観光!共通チケットを買うべき理由とアテネ遺跡おすすめランキング

このチケットを持っていれば並びませんよ。

入場さえできれば、アクロポリス自体はだだっぴろい丘なので、「混雑時間帯はやめておこう」とか気にしなくていい。

パルテノン神殿入場後の案内板

丘をひたすら登る

入場したら、丘を目指して登ります。

パルテノン神殿の入場後に立つ像

丘の頂上を目指してすすむなかにも見どころあり。

ギリシャ最古の劇場・ディオニソス劇場

改修されているのかな?最古とは到底おもえなかった。

ディオニソス劇場

すり鉢状の大劇場。

入り口すぐに出現するのと、大きさに驚きます!暑いから、着くなりこちらで休憩する人多数。

絶景もみえる。イロド・アティコス音楽堂

アクロポリスの丘、頂上を目指す道すがら、音楽堂が出現。

イロド・アティコス音楽堂とアテネ市街

照明設備は現代的なものが。ライトアップ用かな。

アティコス音楽堂と照明設備

私が大御所アーティストならば、ここでライブとかしたい!

プロピレア(前門)

わ〜〜!パルテノン神殿だあ!

っと思ったら勘違いだった、門だった。

パルテノン神殿の前門

アテナ・ニケ神殿

前門の左側にあるのがアテナ・ニケ神殿。

アテナ・ニケ神殿

アテネの遺跡を見ていて思うこと。

「神殿」とか「門」とか「音楽堂」とか名前が付いていても、とてもわかりづらい。石がゴロゴロしている建物跡だったり。

ぼーっとしていると見逃しちゃう。かなり綿密にガイドブックを読み込まないと、ふーん?と通り過ぎちゃう。

ドーリア式柱のパルテノン神殿前門

とにかく柱が美しいですね。美術史でドーリア、イオニア、コリントって柱様式について習ったわ!あのときは「柱にそんな違いがあるのか」程度におもっていたけれど、実際この大きくて美しい白い柱を目の当たりにすると、各々の違いを理解したくなってくる。

前門をくぐりぬけて、いざパルテノン神殿のある頂上へ。

パルテノン神殿は工事中

パルテノン神殿、前面は修復中でした。

修復中のパルテノン神殿

ギリシャになにか天災とかテロとかあったのかな?

と思っていたけれど、なんと1687年のヴェネチア軍の攻撃で大破した姿からの修復作業だそう!

330年くらい前からってこと?ずっと続いているのかな。

ドーリア式列柱が並ぶパルテノン神殿

直線的なドーリア式列柱が美しいね。

頂上は平地

パルテノン神殿の立つ頂上は、平らの広場になっている。

パルテノン神殿のたつ頂上の広場

石ゴロゴロで立ち入れない場所は、祭壇のあとの遺跡らしい。

アクロポリスの丘に転がる岩石

うーん、まったく想像できません!

少女像が柱となる”エレクティオン”

石ゴロゴロ・祭壇あとの奥の断崖、近寄れないところにたつ、エレクティオン。館跡。

列柱が6体の少女像なのです。

エレクティオンの少女像列柱

ギリシャらしい!拡大するとコレ。

エレクティオン

ドーリア式の直線の円柱を見ていたから、彫刻の柱に驚く。背景はアテネ市街で、ギリシア芸術らしさを凝縮したような。

アクロポリスの丘のこの列柱はレプリカで、本物は新アクロポリス博物館に、もう1体は大英博物館の至宝として収蔵されているのだとか。ギリシャは返還を求めているけれど、現時点で大英博物館は応じていないらしいわ。。。

展望台から眺める絶景が素晴らしい

アクロポリスの魅力はパルテノン神殿だけではなく、その立地ゆえの素晴らしい景色が眺めれること!

展望台

ギリシャ国旗がはためく展望台からは絶景が見える。

パルテノン神殿の展望台

アクロポリスの丘はそんなに高くない。

そしてアテネ市街は平地で、建物がひしめいている

パルテノン神殿の展望台から眺めるアテネ市街

視界いっぱいに埋まる建物群、見たことのない光景!

隙間なくひしめくアテネ市街の住宅

上からながめると、家屋の屋根、ひとつひとつが重なりそうで重ならず、ひしめく。

「天界と下界」感がすごいわ。

転がっているゼウス神殿が見える

さっき行ってきた、ゼウス神殿も見える。

ポロンと転がっているように見えるけれど、実際は巨大な石でしたよね。

アクロポリスから眺めるゼウス神殿

遠いけれど巨大だから近く感じるし、積み木のようにも見えた。

アテネ市街を眺める人々

そんな素敵な景色を、カップルで、友人どうしてみな楽しんでいた。

アテネ市街を眺めるカップル

ベンチに座るカップル

絶景に沈むサンセット待ちの男性

どうやらみなさん、アテネ市街にしずむサンセットを見に来たようなのです。

コムギは時間切れのため、帰ります・・・・!

つぎにアテネにきたならば、もっとたっぷりアクロポリスに時間を割く、と心に誓って。

アクロポリスはアテネ観光で絶対外せないスポット

アテネ市内には遺跡がゴロゴロありますが、時間に限りがあるならばまずはアクロポリス、パルテノン神殿を最優先すべき!

他を諦めてでも、ここアクロポリスに絞るのもアリかもしれない。

修復中のパルテノン神殿

  • 古代ギリシアの栄華を誇るパルテノン神殿には圧倒される
  • 丘から眺めるアテネ市街は絶景

「世界遺産」認定にふさわしい、アクロポリスはアテネ観光で絶対外せないスポットでした。

* おしまい *

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

スポンサーリンク




スポンサーリンク


ピックアップ記事

  1. バリ島の2つの世界遺産を巡る!ウブドから参加可能なおすすめ現地ツアー
  2. 【バリ島・ウブド】ウブド観光で絶対食べたい!バリ島ローカルフード&おすすめレスト…
  3. 慕田峪長城へバスで行く!アクセス方法を写真つきで徹底解説(2018年12月情報)…
  4. いつもと違う表情の香港に出会える!九龍城でノンビリ街歩き&絶品雲呑麺を…
  5. 週末弾丸で行くハノイ!滞在2.5日でもこんなに楽しめる

関連記事

  1. ギリシャ

    【メテオラ】所要時間30分でOK!【ルサヌー修道院】

    遠くからみるとまさに”天空の修道院”感がスゴイ!ルサヌ…

  2. ギリシャ

    弾丸アテネ観光!たった1日でも遺跡×グルメをたっぷり満喫。旅のスケジュール公開

    メテオラとサントリーニ島を優先していたらアテネ市街観光に充てる…

  3. ギリシャ

    【メテオラ】へ行くならば1泊すべき!日帰り観光がもったいない理由

    せっかくメテオラに行くならば、メテオラの麓、カランバカの街に一…

  4. ギリシャ

    【メテオラ】アテネからカランバカまでは鉄道がオススメ!1等車両はとても快適だった

    アテネからメテオラのあるカランバカまでは、ギリシャ国鉄鉄道で行…

  5. ギリシャ

    女子ひとり旅【サントリーニ島】でのホテル選びのポイントと実際泊まったホテル

    サントリーニ島といえば、海のまえに建つ、真っ白の絶壁ホテルのイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 梨花壁画村 イファピョックァマウル 駱山公園 駱山パブリックアート 学路 梨花洞
  2. ベベ・ゴレン
  3. カトラリーもセットされている

TCD記事(ランダム表示)

  1. 洗濯物が干されたビル
  2. ヘリタンス・カンダラマ

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 青の街シャウエン

    まとめ

    OLだって旅したい!2017年・海外旅行12回。会社を辞めずに働きながらでも弾丸…
  2. 隠れ家風コテージ

    ヨルダン

    コスパ抜群の死海リゾートホテル。モーベンピック リゾート & スパ デ…
  3. フィリピン

    フィリピンの夜行バスに乗ってみた。ビガンからマニラまで格安運賃&時間の節約がメリ…
  4. 赤い矢 レッドアロー ロシア

    ロシア

    豪華寝台特急レッド・アロー“赤い矢”号で行く!サンクトペテルブルクからモスクワま…
  5. ギリシャ

    【メテオラ】階段がなくてアクセス簡単【聖ステファノス修道院】
PAGE TOP