アルメニア

自力でめぐる!エレバン市内近郊の3つの世界遺産

 

リプシメ教会の外観


アルメニアの首都、エレバン。近郊にはユネスコ世界遺産が3つもあるのです。
ツアーに参加せず、タクシーをチャーターせず、自力で巡ってきました。半日で観光できるのでオススメです。

目次
1.エレバン近郊の3つの世界遺産
2.移動:エレバン〜エチミアジン修道院
3.エレバンの世界遺産①エチミアジン修道院
4.エチミアジン修道院〜リプシメ教会 徒歩で移動
5.エレバンの世界遺産②リプシメ教会
6.リプシメ教会〜ズヴァルトノツ古代遺跡 バスで移動
7.エレバンの世界遺産③ズヴァルトノツ古代遺跡
8.ズヴァルトノツ古代遺跡〜バスターミナルバスで移動
9.エレバン近郊の世界遺産をまとめて回ろう

エレバン近郊の3つの世界遺産

ツアーに参加しなくでも大丈夫!エレバン市街からすぐ近くにユネスコ世界遺産が3つもあるのです。半日あれば自力で巡ることができます。

エレバン近郊の3つの世界遺産

巡る事ができる世界遺産は、以下の3つ。

○エチミアジン修道院
○リプシメ教会
○ズヴァルトノツ古代遺跡

実際に回ったルート

コムギはこの行程でまわりました。道中、ひきかえす場面もありましがた、半日で無事に楽しめました。現地のバスにも乗れたしね。

エレバン世界遺産マップ

エレバン市街のホテル〜①エチミアジン修道院へ

タクシーで移動
運賃:3,000ドラム(約650円)

①エチジミアジン→②リプシメ教会

歩いて移動
無料

②リプシメ教会→③ズヴァルトノツ古代遺跡

バスで移動
運賃:100ドラム(約22円)

③ズヴァルトノツ古代遺跡→バスターミナル

203番バスで移動
運賃:100ドラム(約22円)

バスターミナル→エレバン市街

マルシュルートカで移動
運賃:100ドラム(約22円)

移動:
エレバン 〜 エチミアジン修道院
ホテルからすぐタクシーに乗る

ホテルの前

「地球の歩き方」には、バスとマルシュルートカでエチミアジン修道院への行き方が乗っていましたが、バス停も曖昧。まあどうにかなるかなと思いつつホテルを出発したら、5秒でタクシーに出会う。

試しにエチミアジン修道院までの料金を聞いてみると3,000ドラム(約650円)とのこと。あら、予想より安い。5,000ドラムが目安と聞いていたのに!

時間も有意義に使えるし、安いし、いっか。

バス+マルシュルートカで向かうプランをあっさり破棄しタクシーで移動。

エレバンのタクシーからの風景

タクシーで移動
運賃:3,000ドラム(約650円)

イギリスの元首相チャーチルが愛したコニャック「ARARAT」の工場も通過。

車窓から眺めるアララト工場

ドライバーはとても陽気なおじさま。タバコを勧めてくれるけれど断る。

アルメニアの煙草

ものすごいスピードで飛ばすけれど、道路沿いに教会を見つけるたびに胸元で十字を切る。アルメニアの人々は信仰心が篤い。のか!?スピードを出しすぎがゆえの 習慣なのか?

エレバンのタクシー運転手男性

エレバン市街から30分ほどで世界遺産、エチミアジン修道院へ到着。

エチミアジン修道院の門の外観

エレバンの世界遺産①
エチミアジン修道院

エチミアジン修道院
Mother See of Holy Etchmiadzin

アルメニア使徒教会の総本山として知られる、アルメニア最古の大聖堂。
Googleマップはこちら

アルメニアの建物のデザインは、独特です。

エチミアジン修道院のエントランス

幾何学的で、整然としている。

エチミアジン修道院のデザイン

エチミアジン修道院の門の意匠

残念!修道院は改修中

修復工事中のエチミアジン修道院

修道院は改修中。近寄ることさえ許されず!

「ロンギヌスの槍」も見ることができず

宝物館も解放されていなかった。ここでしか見ることができないお宝「運命の槍」と言われるロンギヌスの槍(イエスが殺されたとされる槍)が収容されているのだそう。

ロンギヌスの槍って実在したんだ!?

エヴァンゲリオンのロンギヌスの槍

エヴァンゲリオンでのロンギヌスの槍

エヴァンゲリオン好きなので残念です。

エチミアジン修道院内の敷地をぶらぶら

広い敷地内には、たくさんの石碑が。

エチミアジン修道院の石碑

エチミアジン修道院のオベリスク

エチミアジン修道院にある記念碑 水を持ち帰る男性

敷地内で自由にあそびまわる犬たち。

エチミアジン修道院の内部にいた犬

やたらと追い掛け回されるな?と不思議に思っていたら、気づいた。早朝出発のため、ホテルから用意されたお弁当を持っていたからだわ!鼻がきくのね。

エチミアジン修道院にいた犬

綺麗に整えられた派手な花壇。

エチミアジン修道院の綺麗な花壇

繁忙時期はレストランになるのかしら?オープンエアのレストランには、グランドピアノも置かれていた。

エチミアジン修道院敷地内のグランドピアノ

敷地内の建物。デザインが独特。

エチミアジン修道院内部の建物

エチミアジン修道院の門 エチミアジン修道院の門のクロス

内部見学はできなかったけれど、世界遺産たる風格は十分感じました。アルメニア建築って、見ていて楽しい。

エチミアジン修道院 〜 リプシメ教会
徒歩で移動

次の目的は「リプシメ教会」。Googleマップで徒歩30分とわかったので、歩いて向かうことに。30分くらいヘッチャラ。そしてこの区間は歩くのも楽しいので正解です。

Googleマップ
徒歩23分、1.8km

エチミアジン修道院ちかくの交差点には、警察官がいた。

交通整理する警察官

まだ朝ははやいけれど、空いている売店も。

エレバンのオープンレストラン

とりあえずお水を買います。これからたくさん歩くもんね。

ペットボトルの水

何があるというわけではないのですが、賑わう華やかなエレバン市街と違い、「ごく普通のアルメニアの街」という趣。

エレバン郊外のマンション

ふつうの幹線道路と、その沿道に並ぶ普通のお店。開店準備をする人々。

エレバン郊外の道路

エレバン近郊の道路

エレバン郊外の道路を走るローカルバス

道でみかける統一されたデザイン

エレバン市街+郊外で見かけて驚いたものが、公共のものがデザインが統一されていること。

エレバンのベンチ

エレバンのゴミ箱

ウッド×アイアンのゴミ箱。街が綺麗な秘訣!?

星柄のタイル

歩道のタイルも星柄だったり。素敵なのです

柄のタイル

可愛いデザインのタイル

幾何学模様のタイル

エレバンの世界遺産②
リプシメ教会

リプシメ教会
Saint Hripsime Church
アルメニアで布教し、殉教した聖リプシマを祀る教会。

Googleマップはこちら

リプシメ教会

リプシメ教会の外観
リプシメ教会の内部

リプシメ教会のステンドグラス

修学旅行でしょうか?アルメニア人の小学生の集団が訪れていた。

リプシメ教会に社会見学に来た子供達

聖リプシメの棺

地下には、聖リプシメの棺がありました。聖リプシメは、アルメニアに布教に来て、王の求婚を拒否して殺害されたそう。美女だったのでしょうか。殉教者として祀られています。

リプシメの棺

小さな教会でした。さて、次へ移動です。

リプシメ教会の遠景

リプシメ教会 〜 ズヴァルトノツ古代遺跡
バスで移動

徒歩での移動を試みるも挫折

一旦歩いてみた。ワイン工場などもありました。

エレバンのワイン工場の門

徒歩45分とのことで歩いていみたら、途中で自動車専用道路になり、徒歩で歩くのは危険と判断して断念

ひきかえしてバス停へ。

バス停で待つ

なんとなくバス停だろうなと期待して座って待つ。ベンチはあるけれど停留所の看板は見当たらない。

エレバンの郊外

時間はあるし待てばいいかと思いノンビリしているとおじいさんがやってきた。次の目的地である「ズヴァルトノツ?」と尋ねると「ウム」と頷いてくれるので多分、ここはバス停だしズヴァルトノツ古代遺跡にもたどり着けるっぽい。ひと安心。

バスに乗るがズヴァルトノツ古代遺跡はスルー?

乗り方がよくわからないまま乗り込んだ。でもこのバス、間違っていた!

エレバンのローカルバス

ズヴァルトノツ古代遺跡に無事、近づいてきたと思いきや、通り過ぎた。慌ててドライバーにバスを停めてもらう。

乗り込んだバスは、どこか行きの急行だったみたい。料金体系も異なっていた。ふう危ない。「なんだズヴァルトノツに行くんだったのかあ!」と、快く途中下車させてくれた。ありがとうございます。

そんなわけで無事にたどり着いた。

ズヴァルトノツ古代遺跡

ズヴァルトノツ古代遺跡

エレバンの世界遺産③
ズヴァルトノツ古代遺跡

ズヴァルトノツ古代遺跡
7世紀、この場所に聖グリゴル・ルサヴォリチ大聖堂が建造されるが、10世紀の大地震により建物は倒壊。この地方の聖堂建築に大きな影響を与えたとされ、2000年にユネスコ世界文化遺産に登録される。
Googleマップはこちら

世界遺産ズヴァルトノツは古代遺跡。コムギにとっては、だの「石の塊」に思えてしまう類の世界遺産。コムギにはまだ、時期尚早。石から歴史に想いを馳せる境地までには至っておりませんでした。

エレバンに来たからにはとりあえず巡るけれども、時間がなかったらスルーもして良いかな?そんな遺跡でした。個人の感想ですよ。

入場料:1,300ドラム

わりと強気の入場料。小窓のチケット販売所で購入。

入り口から古代遺跡まで、長い道を歩く

見えてはいるけれども長い距離を歩く。途中で犬も付いてくる!

ズヴァルトノツ古代遺跡

ズヴァルトノツ古代遺跡

遺跡の写真

とくに感想はありません。

ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡  ズヴァルトノツ古代遺跡 ズヴァルトノツ古代遺跡  ズヴァルトノツ古代遺跡

トイレあり

遺跡のはずれに、トイレがありましたので利用できます。あー、よかった。飲料の販売ブースはありましたが、施錠されていて購入できなかった。

退場後そばの売店で休憩

遺跡を歩いて疲れた!なぜ遺跡って見学に体力を要するのかしら。近くの売店で水分&当分補給!めずらしくアイスキャンデーを食べる。

アルメニアのしまうまアイスキャンデー しまうまアイスキャンデー

しましま模様の「ゼブラアイス」。

ズヴァルトノツ古代遺跡〜バスターミナル
バスで移動

観光を終え、エレバン市街へ戻ります。直通バスはなく、いったん、バスターミナルでマルシュルートカへ乗り換えが必要。

適当なバスに乗る(203バス)

どれがエレバン市街行きのバスかワカラナイので、完全にGoogleマップ頼みの作戦を敢行。

  • エレバンの方角に進む適当なバスにのる。
  • Googleマップをウォッチする。エレバン市街方向へのルートが外れたら下車する
  • 運が良ければエレバン市街に到着するはず!

バスが来た!とりあえず乗ってみた。EREVAN(エレバン)って書いてあるし!

エレバンローカルバスの外観

バスの運賃:100ドラム(約22円)

エレバンローカルバスの車内

この作戦は大成功。無事にバスはエレバンのバスターミナルへ到着

エレバンローカルバスターミナル

マルシュルートカに乗り換える

ローカルバスで到着したバスターミナルは、エレバンの街の外れ。中心地には大分と遠いので歩かずにマルシュルートカ(乗り合いバス)利用。

13番のマルシュルートカでエレバン市街へ。すぐにやってきた。すぐに満席に。人気の路線のよう。

マルシュルートカ

マルシュルートカの運賃:100ドラム(約22円)

降り方:ドライバーに声を掛ける

停留所はあるようですが、おりるときは声かけを。料金は直接ドライバーに支払います。

マルシュルートカの内部

コムギは昼食を食べるべく、自由広場にほど近い場所で降ろしてもらいました。

エレバンの公園

エレバン近郊の世界遺産をまとめて回ろう

いかがですか?簡単に回れてしまう、エレバン近郊の世界遺産3つ。タクシー貸切もできるけれど、街を歩いたり、ローカル路線のバスに乗るのも旅の醍醐味。ぜひチャレンジされることをおすすめします。

こちらの記事も読まれています

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 週末弾丸で行く香港!費用とスケジュールを公開します(淺水湾,赤柱,土爪湾, 九龍…
  2. 【週末弾丸・長崎】旅の費用&スケジュール(軍艦島・出島・キリシタン関連…
  3. 往復たったの10人民元!ハルビン,松花江の遊覧船に乗ってみた
  4. 海上の高層住宅群へ!軍艦島クルーズツアー乗船体験記
  5. ザワつく!金曜日で密着された”週末海外”ドイツ1泊3日旅の疑問にお答えします

関連記事

  1. カスカードと赤い服を着た家族
  2. BBQラム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. エド・ディルの頭頂部

    ヨルダン

    ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  2. 北角駅はトラムが市場に突っ込む

    香港

    市場へ突入するトラムは一見の価値あり!下町情緒あふれる終着駅・北角
  3. ギリシャ

    【メテオラ】階段がなくてアクセス簡単【聖ステファノス修道院】
  4. シェダゴンパゴダで祈る少年僧

    ミャンマー

    アジア最後の秘境!ミャンマーってどんな国?
  5. バングラデシュ

    混沌の国バングラデシュでは思っているよりも疲れる。その理由と解決策
PAGE TOP