フィリピン

【パオアイ】ジプニーに乗って世界遺産へ!サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の正面

フィリピンにある世界遺産のひとつ、サン・オウガスチン教会へ。

東南アジアのフィリピンでは最古のバロック様式教会で、世界文化遺産にも指定されています。

南国にどっしりとたたずむバロック教会、世界遺産の風格たるや十分!美しいステンドグラスも必見。

目次
1.サン・オウガスチン教会とは?
2.教会へのアクセス
3.サン・オウガスチン教会
4.パオアイからビガンへの移動は?
5.”南国のバロック教会”を見に行こう

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)とは?

ラワグ郊外、パオアイにあるスペイン様式の教会です。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の正面画像

サン・オウガスチン教会/パオアイ教会

Saint Augustine Church

フィリピンは国民の90%がキリスト教徒

フィリピンはアジアの中では唯一の、キリスト教徒の割合が多い国。

天使像

なので、東南アジア諸国の中で、とっても異色。

南国のなか、たくさん教会がある。

街にある教会

スペイン統治時代に布教され、アメリカに占領され、現在に至るまで信仰が続いている。

たいていのアジア諸国では、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教の寺院が混在しているものですが、フィリピンでは教会のほかは見かけなかった。

マリア像

マニラの【サン・オウガスチン教会】は別モノ

フィリピンには、【サン・オウガスチン教会】の同名の教会がたくさんある。

マニラにある【サン・オウガスチン教会】とは別モノ。

ここパオアイの教会は、そのなかでも最古のものだとか!

地元の人は【サン・オウガスチン教会】ではなく、【パオアイ教会】と呼んでいて、そのほうが通じた。

世界遺産認定

ここ、【サン・オウガスチン教会】は、”フィリピンのバロック様式教会群”として、世界文化遺産に指定されています。

教会へのアクセス
ラワグからパオアイへ移動

ラワグ観光を楽しんだのち、パオアイへ移動。

フィリピンらしい乗り物、ジプニーにトライすることにした。

ジプニーとは?

ジプニー(Jeepney)は、フィリピンの乗り合いバス。

ジプニーの外観

米軍が使っていたジープを改造したビジュアル、なかなかカッコイイ。

コムギはフィリピンでしか見たことがありません。

せっかくならば、乗ってみたいよね!

ジプニー乗り場が見つからず焦る

某・ガイドブックに乗っていた「パオアイ方面ジプニー乗り場」には、それらしき場所が見当たらなかった。

ジプニー乗り場のはずだが

どこでしょうか?

ト、トイレに行きたい〜!

とウロウロしたら、イロコス・ノルテ博物館へたどり着いた。

イロコス・ノルテ博物館の入り口

イロコス・ノルテ博物館

博物館の入り口から横奥に公衆トイレを発見!

ほっ

イロコス・ノルテ博物館の近くにジプニーターミナル発見

ガイドブックには乗っていないけれど、イロコス博物館の斜め前の駐車場にジプニーがたくさん停車していた。

博物館近くのジプニーターミナル

これだけあったら、どれかひとつはパオアイへ行くんじゃない?

と思い聞いてみたところ、いちばん手前に停まっているジプニーがパオアイ行きらしい。

パオアイまでは35ペソ(約70円)だって。

他の乗客も同じだった。

ここでもこの先の旅でも、フィリピンでは外国人だからといってぼったくられることはなかった。

水を買ってから乗車

フィリピンは暑い。いままで持っていた水はすっかりぬるくなってしまった。

ジプニー乗り場の屋台

屋台があったのでお水を買う。

キンキンに冷えたお水

冷たい水を調達。20ペソ(約40円)。キンキンに冷えています!

乗るやいなや、歓迎&質問の嵐

ジプニーに乗ると、先客がいた。

ジプニーの先客

コムギは運転手席をのぞける一番前へ着席。

乗るやいなや、話しかけられる。

  • あなたはジャパニーズ?
  • フィリピンに何日いるの?
  • パオアイ教会見にいくのね、あそこはステキよ
  • セブには行った?
  • 日本は津波が大変だったね

驚くことに、みんな英語が話せるのです〜〜!そう、英語はフィリピンの公用語のひとつ。

年配の女性も話せます。

英語が話せなくてもここまで旅してきたコムギですが、やっぱり会話ができないと旅の楽しさも半減よね。そろそろ、本気でどうにかしなくっちゃ。

出発|ラワグ〜パオアイ

ほぼ満席になったからなのか、定刻なのか不明だけれど、乗車後15分くらいでジプニーは出発。

ジプニーの運転席

最前列なので運転席が見えるよ!

途中でも、どんどん人が乗ってくる。

ジプニーにどんどん乗ってくる

ラワグから約40分くらい揺られて、パオアイへ到着。

パオアイ教会の真裏にジプニー到着

ジプニー到着。他にもここで降りている乗客がいました。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の裏にジプニー到着

パオアイ教会の裏はバスケットボールのコートとテニスコートがあった。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)でサヨナラ

乗車時にパオアイ教会で降りたいとも伝えていたし、近づいたら運転手に「パオアイ教会で降ろして」と伝えて万全。

降り過ごす、という心配は無用か!?

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の近くの広場

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

横の道を通って正面へ

ジプニー真裏に到着したので、正面まで歩く。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)を横から

教会の横側も重厚感たっぷり。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の横側とベンチ

ステンドグラスが見える。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の窓

アイスクリームで糖分補給

正面はすぐそこ。アイスクリーム屋さん発見。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)近くのアイスクリーム屋さん

フィリピンではこのテのアイスクリーム屋さんが人気。

どこでも見かけたし、みんなしょっちゅうアイスを食べている。

アイスクリーム屋さんのご主人

コムギも買ってみた。25ペソ(約50円)。

教会に入る前にアイス休憩だ!

カラフルなアイスクリーム

何の味かはわからなかった。

でも派手なカラーが南国ぽくて美味しいわ♪

世界遺産の風格十分

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の説明碑文

大きくて、視界に収まりきらないサン・オウガスチン教会。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

雄大です!

鐘楼(ベルタワー)もありました。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の鐘楼

閉鎖されていて、登ることはできなかった。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)はとっても重厚

正面からみるとわからないけれど、とっても奥行きが深い、重厚な建物。

結婚式の真っ最中だった

入り口が閉まっているなあ、ずいぶん閉鎖的な教会なのねえ。

と思ったら、結婚式の真っ最中だった!

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)での結婚式

新婦より前に入場してしまったコムギです。

花嫁姿

観客から遠くて助かったわ〜。

チャペル

そういえば、入り口のまえにハネムーンカーが停まっていました。

カメラマンもいたし、最近よくみかけるウェディングフォトの撮影かと思ってた。本番だったとは。

ハネムーンカー

結婚式を見学

結婚式中も、教会はオープン。ついでに見学させてもらいました。

チャペルでの挙式

ものすごく長いウェディングロード。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

新郎側の親族たち(おそらく)。

乾坤式に参列する男性

ここフィリピンでは近親者らしき人はホワイトの衣服が多かった。

結婚式に参列する少女

可愛い女の子たちもいてた!

チャペル

挙式中のため、教会の祭壇まではさすがに近づけなかった。

ぐぬぬ・・・それが心残りです!

まあ、結婚式を見学できたから、いっか?

グッズ販売コーナーも

粛々と式は進んでいましたが、グッズコーナーは通常営業。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のグッズ販売

信者の方が熱心に選んでいる。

グッズ販売台

数珠

ついつい買ってしまいそうになる、教会アイテム。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のお土産

カラフルで南国らしいな。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のネックレス

コムギは仏教徒につき、購入は控えました。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のお土産

必見!美しいステンドグラス

ここ、サン・オウガスチン教会は、とてもステンドグラスが美しかった。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のステンドグラス

光が差し込んでキラキラ、綺麗。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の窓

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のステンドグラス

モザイク模様のタイルも可愛らしい。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のタイル

教会の前の広場

教会の前は広場。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の広場

もはや観光地の定番化となってる、文字のオブジェ。

ここ世界遺産にもありました。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の文字ストーン

なんだか、一気にチープになっている気もする!?

パオアイからビガンへの移動は?

今日はビガンに宿泊予定。

世界遺産・パオアイ教会を見たら、この旅の目的地、ビガンへ。

ロマンティックな夜のビガン

でも、ここパオアイからビガンへ直通のバスはない。

バスはラワグ始発だけれど、ラワグには戻らずにバタックという街で乗り継ぐことに。

トライシクルでバタックへ

トライシクルのドライバーにバタックまで連れて行ってもらうことになりました。

トライシクル

バタックのことは調べても情報が出てこなかった。バタックのバス乗り場がどこにあるのか、わかっていなかったコムギにはとてもありがたい。

日本で入念に調べてもわからなかったことは現地で聞いたらすぐ解決!ということが多い。

東南アジアあるある”のひとつ!

トイレ

トライシクル交渉後。「途中でトイレに連れて行って欲しい」と伝えたところ、

そこにあるよ。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)のトイレ

広場の奥にありました。教会のすぐとなり。

サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)の近くのトイレ

う〜ん、なかなかオンボロだけれど、公衆トイレにしては清潔な部類か!?

無事にバスに乗り、ビガンへ移動

バス

ギリギリでバスに乗り込めました!

バタックの街は1分も滞在していない。

ちょうど夕日が沈みゆく時間帯。

サンセット

ギラギラした太陽を眺めながらバスに揺られてビガンへ。

夕暮れ時

我ながら、なかなかいけてるプランだったわ!

”南国のバロック教会”を見に行こう

バロック教会も見たことがある。南国にも行ったことがある。

でもこの”南国のバロック教会”は、初めてみる風景!

いちどはぜひ見ておきたい、フィリピンの素敵な教会です。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



楽天トラベル

Booing.com画像

ピックアップ記事

  1. 豪華寝台特急レッド・アロー“赤い矢”号で行く!サンクトペテルブルクからモスクワま…
  2. ジョージア軍用道路でカズベキへ!乗合バスの選び方&乗り方完全ガイド
  3. 香港で美味しいクラフトビールが飲みたい!樽生・タップビールが飲めるおすすめビアバ…
  4. 荒野のなかで赤く燃えるウルル!ウルル・サンセットに感動
  5. ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと

関連記事

  1. フィリピン

    フィリピンの夜行バスに乗ってみた。ビガンからマニラまで格安運賃&時間の節約がメリット!

    3連休で行く弾丸フィリピン、ビガンへの旅は、とにかく時間がない…

  2. フィリピン

    3連休を世界遺産の街で過ごす!弾丸ビガン旅のスケジュール

    3連休でフィリピンのルソン島北部にある世界…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 燃え続けるヤナルダグ

    アゼルバイジャン

    バクー近郊の名所めぐりはコスパ抜群の現地ツアーがおすすめ
  2. ミーソン遺跡のレリーフ

    ホイアン(ベトナム)

    なんと750円!世界遺産ミーソン遺跡へはホイアン発現地ツアーが格安でオススメ(た…
  3. ブルネイ・ダルサラーム

    豪華絢爛!アラブ調の建物が美しいニュー・モスク
  4. 空港ラウンジレビュー

    【ベトナム:ダナン国際空港】非の打ちどころナシ!いつまでも居座りたい【CIP O…
  5. ドイステープ寺院

    タイ

    往復120THB!赤色ソンテウに乗ってチェンマイの聖地・ドイ・ステープ寺院へ行っ…
PAGE TOP