ヨルダン

砂漠に生きるイケメンたち。アラブの遊牧民・ベドウィンがカッコイイ!

 
ベドウィン男性

ヨルダン、砂漠のワディラムにはベドウィンとよばれる男性たちがいる。

ベドウィンとは、アラブの遊牧民のこと。

近代化が進むヨルダンですが、ワディラム自然保護区にはいまもなお、この地に住み続ける伝統的な遊牧民たちがいる。カッコイイ要素満点!なかなかのイケメン揃いで、ときめきました。

ワディ・ラムのベドウィンたち、
カッコイイ、エピソードまとめ。

ベドウィンとは?

ベドウィンとは、アラブの遊牧民のこと。

ベドウィン男性

頭に巻いたカフィーヤがトレードマーク

これぞアラビア男性!

頭に巻いたカフィーヤは地域によって違うらしいです。

カフィーヤ

カフィーヤ

ちなみにヨルダンの観光スポットでも、街中でもどこでもこのカフィーヤが買えます。値段は要交渉。観光客の半分以上がトライしている。なかなか涼しくて帽子がわりに使えます。

ベドウィン男性は意外にも細身

アラブ男性というとガタイがよいイメージがありましたが、ヨルダンのベドウィンは、細身で小柄の方が多かった。

ラクダとベドウィン

ワンピースのような、長いワンピース型民族衣装を着用しています。

ベドウィン男性のかっこいいエピソードまとめ

ベドウィンたちの、いったいどこがグッとくるのか?かっこよさの正体は?

コムギの感じる、”ベドウィンがかっこいい理由”をまとめました。

ラクダで砂漠を駆ける姿がカッコイイ

遊牧民だけあって、ラクダやロバを乗りこなすベドウィン。

砂漠に粉塵が巻き起こってきたと思ったら、

ラクダで駆ける男性

ラクダに乗って駆けてきた!
砂漠のなかを!

ラクダを乗りこなすベドウィン

映画みたいだわ。
カッコイイ!

細身だけれど力持ち。ギャップがカッコイイ

砂漠に場違いのスーツケース、推定25gを持ってきてしまったコムギ。だって10連休なんだもん、さすがにバックパックでは無理だもの。

スーツケースは2輪タイプでコロコロ転がせることができるはずだけれど、砂漠では転がせないしな。

困っていたら、ヒョイッと運んでくれた。少女マンガみたいな展開だ。

スーツケースを軽々運ぶベドウィン男性

スーツケースは25kgです

旅をすると親切な力持ち男性に助けられることがありますが、スーツケースを肩に乗せて運んだ男性は初めてだわ。こんな細身な体のどこにこんなパワーが秘められているのか?最近人気の細マッチョってやつかしら。

細身な体と秘めたパワー胸キュン。
ギャップがカッコイイ!

 

広大な砂漠を知り尽くす。頼もしくてカッコイイ

奇岩がゴロゴロ、そしてどこまでも続く荒涼とした砂漠、ワディ・ラム。

砂漠の荒涼とした道

ここがどこがどこだかわからない。

放り出されたら最後、干物になる自信アリ。

荒涼とした砂漠

よほどの特徴がない限り、旅行者のコムギには判別不可能な砂漠、それがワディ・ラム。

砂丘を走る4WD

そんな砂漠を知り尽くしたベドウィン。

4WDで砂漠をぶっ飛ばして我々を楽しませてくれる。

砂漠を走る4WD

こんなに似たような景色が続くのに、ちゃんとした道もあるようでないのに、よくぞ迷わず進めるよなあ。

4WD

荒々しい砂漠のなか、迷わず突き進む姿はとっても頼もしい!

料理も作れちゃう

参加した4WDツアーでは昼食付き。なんとベドウィン男性のお手製なのです。青空クッキング!まさにデザートキャンプ。

包丁だって握っちゃう。男子厨房に入るべからずなんて時代錯誤なことは言いません。

野菜はその場でカット

君たちは寝てていいから。ゴザで寛いでいて。

料理をするベドウィン男性を眺めながらゴロゴロ。

シーツを広げるベドウィン男性

寛いでいて!だって。ゴザも敷いてくれる

火だって起こしちゃうし、

火を起こす

調理もしちゃう。

料理中のベドウィン

ガーリックの良い香り!ゴロゴロしていたらご馳走が完成していた。

盛り付けだってしくてれる!

ベドウィンの手料理が並ぶ

まあ、ツアーのサービスのひとつなのですが、「食事は出来合いを運ぶだけ」「調理担当は女性が担う」ではなく、ツアーの運転、ガイド、昼食作りまで、すべてベドウィン男性ひとりでこなしちゃうのです。なんというスペックの高さ。結婚相手に選びたいタイプ!商売なのは承知の上。でもやっぱりカッコイイ!

黙々とキャンプ料理をする男。
カッコイイ!

 

飄々とした身のこなしがカッコイイ

ロッククライミング可能な岩山も擁するワディ・ラム。ベドウィンはロッククライミングのガイドも兼ねているらしい。

どうやって登るの?とんと検討もつかない岩も、やすやすと岩を登っていく。実際に目にすると、驚くこと必至。

これは名物岩”チキン・ロック”ではしゃぐベドウィンたち。

チキンロックでジャンプするベドウィン男性

これ、いっけん普通そうに見えますが、まさに”飛び乗って”到達してるから驚き。

おりるときは、3ステップで飛び降りていた。

チキンロックから飛び降りる

チキンロックからジャンプ

身のこなしがSASUKEみたい。

飄々としている姿がカッコイイ!

 

水たばこ・を嗜むクールな姿がカッコイイ

ここヨルダンで楽しめる水タバコ、シーシャ。キャンプでの食後にシーシャを嗜むベドウィン。

うわあ、画になるわあ。アラビア!って感じです。

水タバコを嗜むベドウィン

コムギは以前、日本で試したことがあるけれどうまく吸えなかったし美味しいとも思えなかったので、今回はシーシャには挑戦せず。自分が扱えない嗜好品を嗜む姿は、なんだか格好良さ3割増しに思える。

シーシャを嗜む姿が異国情緒満点。

エキゾチックでカッコイイ!

 

ベドウィンに会いにワディ・ラムへ行こう

ワディ・ラムに住むベドウィン男性たち。

女性がカッコイイと感じる要素をいくつも持つ、砂漠に生きるカッコイイ男性たちだった。

ワディ・ラムへ、かっこいいベドウィンたちに会いに行こう!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




砂丘を走る4WDアラビアのロレンスの砂漠を駆け抜ける!ワディ・ラム4WDツアー体験記前のページ

砂漠に泊まろう!ワディ・ラムのキャンプ泊は超ロマンティック次のページワディラムのテント

ピックアップ記事

  1. 春の山口・島根旅(1) 山陰の小京都・津和野をめぐる
  2. ミャンマーでワイン!?ニャウンシュエから自転車で行けるワイナリー
  3. 青森の ”津軽富士”岩木山を登る!下山後は嶽温泉でサッパリ
  4. 旅立つまえに必ず知っておきたい北京ルールまとめ(インターネット・観光・トイレ)
  5. トビリシから半日観光!ジョージアの古都ムツヘタで3つの世界遺産めぐり!

関連記事

  1. 赤のライトアップのエル・ハズネ

    ヨルダン

    過度の期待は禁物!?ちょっとガッカリした”ペトラ・バイ・ナイト”

    事前で調べた経験者の評価どおり、残念ながらガッ…

  2. ワディラムの赤い砂漠

    ヨルダン

    ペトラ遺跡・砂漠・死海!ヨルダン旅行10日間スケジュール

    2019年のゴールデンウィークは未曾有の10連休。…

  3. エル・ハズネ
  4. ドラフトビール

    ヨルダン

    冷たい生ビールが飲める!ペトラ観光後におすすめの洞窟バー【The Cave Bar】

    広大なペトラ遺跡を歩き回ったあとは、遺跡入り口…

  5. ベルタワーからのマダバ市街

    ヨルダン

    ベルタワーから眺めるマダバ市街は絶景!洗礼者ヨハネ教会(ラテン修道院)

    マダバ市街観光でダントツ感動したところ、それが洗礼者聖ヨハネ教…

  6. JETTバスのロゴ

    ヨルダン

    バス移動で節約!アカバからアンマンまでJETTバス乗車体験記

    ヨルダン旅、都市間長距離移動には高速バス「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ムツヘタのスヴェティツホヴェリ大聖堂の外観

    ジョージア

    トビリシから半日観光!ジョージアの古都ムツヘタで3つの世界遺産めぐり!
  2. Ravintola Tori

    フィンランド

    ハラゴシラエして歩くのだ。手頃で美味しいヘルシンキおすすめフード情報
  3. 神宮寺の広い土地

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第20番 神宮寺 “神と仏が共存する古代信仰の世界”
  4. 羽咋コスモアイルの宇宙船

    週末国内旅

    【週末弾丸】青春18きっぷで行く!石川県2日旅(羽咋・金沢)
  5. 十字架を背負いながらヴィアドロローサを歩く信者

    イスラエル・パレスチナ

    イエスの最期の歩みを追体験!「悲しみの道」ヴィア・ドロローサを歩く
PAGE TOP