イスラエル・パレスチナ

週末海外!3大宗教の聖地・エルサレムへ。旅の費用&スケジュールを公開します

 

オリーブ山から眺めるイスラエル旧市街


3連休+有給休暇2日取得でいくエルサレム!

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教。3大宗教の聖地を要するエルサレム。
信仰の中心であり歴史の中心でもあるこの地に一度来てみたかったのです。イスラエルの観光はエルサレム旧市街にしぼり、トランジットを利用してアムステルダムにも寄り道の濃い5日間。旅のスケジュールと費用を公開します。

旅の費用とスケジュール

週末海外のスケジュール

前日夜

● 終業後、関西空港を出発
● ソウル到着
● 宿泊:チムジルバン

1日目

● ソウル出発
● パリ到着、空港内で乗り継ぎ待ち
● パリ出発
● 宿泊:機中泊

2日目

● 早朝、イスラエル到着(テルアビブ国際空港,TLV)
エルサレム旧市街観光
● 宿泊:エルサレム旧市街

3日目

エルサレム旧市街観光
ベツレヘム(パレスチナ自治区)観光
● 宿泊:空港泊(テルアビブ国際空港,TLV)

4日目

● 早朝移動:イスラエル→アムステルダム
● 朝、アムステルダム到着
アムステルダム観光(乗継9時間)
● 移動:アムステルダム→ソウル
● 宿泊:機中泊

5日目

● 午後、ソウル到着(仁川国際空港)
● 移動:ソウル→大阪
● 帰宅

費用トータル:¥134,268

航空券:¥122,190
宿泊費:¥120,78

< 詳細:航空券情報 >
往路:乗継2回 複数航空会社
アシアナ航空
● 大阪(KIX) ー ソウル(ICN)
エールフランス航空
● ソウル(ICN)ー パリ(CDG)
● パリ(CDG)ー イスラエル(TLV)
復路:乗継2回 複数航空会社
KLMオランダ航空 
● イスラエル(TLV)ー アムステルダム(AMS)
● アムステルダム(AMS) ー ソウル(ICN)
アシアナ航空
● ソウル(ICN) ー 大阪(KIX)
< 宿泊費の内訳 >
1日目:チムジルバン宿泊(¥1,100)
2日目:New Imperial Hotel 
(エルサレム旧市街、1泊,¥0Booking.comはこちら
3日目:テルアビブ空港泊
4日目:機中泊
5日目:自宅

どんなプラン?実際の旅はこちら

5日間というタイトスケジュールでイスラエルへ。実質滞在は2日間のため、聖地エルサレム旧市街に絞って観光しました。

乗り継ぎでは、ちゃっかりとアムステルダム観光も。 

実際に行ってきたコムギの旅プランをご紹介します。

前日の夜

仕事を終えたその足で、直接関空へ向かいます。

リムジンバスではビールがお約束!

リムジンバスで飲むアサヒスーパードライ

関西国際空港に到着

関空第一ターミナル

関西空港のぼてぢゅうで食事、プライオリティパスで無料!

チェックインを済ませて、いざ、ぼてぢゅうへ。プライオリティパスで無料だからです。(¥3,400まで)。

今回は、前に並んでいたのはたった一人でした。まだまだ今日はウィークデーの水曜日。利用客も少ないのですね。嬉しい。

ぼてぢゅうの店入り口

そして、注文メニューも、めずらしく大当たり!まずは、餃子にビール。

餃子とビール

今回はお好み焼きを注文。

かきのお好み焼き目玉焼きトッピング

ポイントは、

  • 無料¥3,400枠の残金の範囲内でトッピングしまくること。
  • ダメ元で「マヨネーズ多めで」とお願いすること

トッピングは目玉焼きを選ぶだけで、グッと見た目が豪華になるね。

今回頼んだメニュー
合計額(税込)¥3,333が無料!
肉汁餃子(5個):¥480
かき入りお好み焼き(冬季限定)¥1,180
トッピング月見:¥120
トッピングいか:¥250
トッピングゴーダチーズ:¥200
生ビール大:¥800

▼ぼてぢゅうが¥3,400まで無料で食べれるプライオリティパスはこちらの記事で

 

20:35
大阪〜ソウルへ出発

今回はアシアナ航空。平日便だからか、ガラガラでした。

空席の多いアシアナ航空

韓国SIMに入替え

疲れているしビールも飲んだし、眠くてたまらない。眠るまえにSIMを替えておかなくちゃ!

韓国のSIM

乗り継ぎだけならば、わざわざSIMなんて入れ替えませんが、昨年土壇場で渡航を中止したため、韓国SIMが余っていたので使うことにしたのでした。

▼今回のSIMはこちら。

22:25
ソウル,金浦国際空港に到着

ソウルは乗り継ぎ。翌朝は午前出発なので夜遊びするわけにもいかず、今夜の宿泊先であるチムジルバンへ向かいます。金浦国際空港の無料のシャトルバスで行けるから便利です。

▼詳しいアクセスはこちらの記事でチェック!

 

チムジルバンに入場する前に、目の前のコンビニでビール休憩。韓国はなぜか輸入ビールが安いです。ウマイ!

ソウルコンビニで飲んだビール

今回の宿、「炭窯チムジルバン」へ。

炭窯チムジルバンの入り口

たった11,000ウォン(約1,100円)でサウナ、大浴場、寝るところが確保できるチムジルバンは乗り継ぎの睡眠場所としてピッタリ!

炭窯チムジルバンの内部

▼金浦国際空港に深夜に着いたらおすすめのチムジルバン

1日目

6:00
チムジルバンを出発

朝風呂も済ませた!やっぱりチムジルバン最高だわ。無料シャトルバスで、いったん金浦国際空港へ向かいます。約5分くらいの乗車。

ソウルの無料シャトルバスの車内

金浦国際空港到着。
仁川国際空港行きのバスに乗車

つぎのフライトは空港変更あり。金浦から仁川へはバスで向かいます。シャトルバスの停留所の隣に、仁川国際空港へのバス停がありました。地下鉄つかうよりも荷物移動が少なくてラク。

仁川国際空港行きのバス

7:20
仁川国際空港に到着

フライトまで3時間弱あります。仁川国際空港にはロボットが数台コロコロ働いていました。笑ってる!

仁川国際空港にいたロボット

ラウンジ休憩:
Medina Lounge

はじめて利用した、Medina Lounge。ここ、とってもよかった!韓国のラウンジでは最高ではないかしら。

Medina Loungeのフロア

広いし生ビールサーバーあるし、辛ラーメンもあるし!自作のピビンバも作れます。そしてタコわさびもあった。居酒屋じゃないか。

ラウンジで自作ピビンバ

少し食べ過ぎたかな。

▼Medina Loungeが無料でできるプライオリティパスはこちらの記事で詳しく!

 

9:55
ソウル〜パリへ

搭乗前に水を買っておくべし。Medina Loungeではペットボトルの水がもらえなかったから自腹購入。韓国の空港は水は正規価格販売です。100円程度。

ペットボトルの水

今回は、初めてのエールフランス!

エールフランスの機内

エールフランスはエコノミーでもシャンパーニュが飲める

食事メニューをみて驚いたこと。ドリンクメニューにシャンパーニュがある!!

機内で飲むシャンパーニュ

そりゃ頼むよね!こんな可愛いカップにいれてサーブしてくれました。

フランスは確かにシャンパーニュが安いけれど、ここエコノミーだよ?大判振る舞いに感謝です。

デザートはアイスキャンデー

デザートはメロンのアイスキャンデーが配布されました。

アイスキャンデー

ウッカリ受け取ってしまったら最後、食べざるを得ない。溶けちゃうもんね。

機内後部に軽食の用意あり

ロングフライトだからか、機内の最後尾に軽食やドリンクのコーナがーありました。そこで置いてあったサンドイッチが美味でした。

シャンパーニュとサンドイッチ

パサパサしていないし、具材も端から端まではいっているの。シンプルなハムとチーズが美味しい!やっぱりフランスだからかな?すかさず、シャンパーニュもおかわり。シャンパーニュは計5杯くらいいただきました。ハーフボトルは飲んだかな?

ご機嫌フライトです。エールフランス、最高やないかい!

朝食メニュー

お腹は空いていないけれど、ついつい食べちゃうパン。冷めているけれど美味しい。

エールフランスの機内食

パリ,シャルルドゴール国際空港に到着

楽しいエールフランスのフライトが終わり、パリに到着。

エールフランス

トランジット:9時間
空港内で大人しく待機する

次のフライトまで、トランジットは約9時間。今回はおとなしく空港内で待機。理由は、年金問題のストライキ期間真っ最中だからです。

当初は、入国してパリの街を散策する予定でした。オルセー美術館の入場e-チケットも購入済だったのにな。2019年末から継続している、年金問題ストライキによる影響を考慮して、おとなしく空港に留まることにしましたのでした。

公共交通機関も間引き運転になり大渋滞だというし、9時間あるけれど次のフライトに間に合わなかったら怖いもんね。

無料のスペースで休憩

広々とした休憩スペースがありました。閑散としているのは、ストライキの影響なのか、時間帯なのか。

シャルルドゴール空港の無料ラウンジ

シャルルドゴール空港の無料待合所

ラウンジ:
Yotel Lounge

プライオリティパスで利用できるラウンジがひとつありました。

Yotel AIRラウンジ

でも、とてもショボかったです。バウチャーをもらってお菓子やドリンクをもらう仕組み。フロアも狭いし寒いし、フリースペースの方がマシだなと感じてすぐに退散。

ラウンジの軽食

23:25
パリ〜テルアビブへ

9時間の待機時間を経て次のフライトへ。またまた水を購入です。高い!同じ値段だからとサンペレグリノを選ぶ。2.45ユーロでした。

サンペレグリノ

またまたエールフランス!今回は3列シート×2の機体。

エールフランスのナローボディ機

もったいないことに、あまりに疲れていて機内食は断り爆睡していました。シャンパーニュを飲むチャンスだったのに。エールフランスの機内食は美味しかったのになあ。

4:55
テルアビブ到着

イスラエルへ到着。遠かった。乗り継ぎを2回もしたからですね。

エールフランス

予想外!
イスラエルの入国審査はあっさりと通過

入出国審査が世界一厳しい空港と言われている、イスラエルのテルアビブ国際空港。入国審査はあっさりと通過。あれれ、何か変わったのかな? ※注:帰りの出国審査ではかなり長い質問タイムがあり、保安検査も念入りで噂通りでした

パスポートと入国証明書

イスラエル入国のスタンプ代わりにカードが発行されました。イスラエルへの渡航履歴があると入国ができなかったり、審査にひっかかることがあったりと問題が多い。そうした配慮から、イスラエルの入出国時にはスタンプを押さず、旅行者にはカードが発行される措置が取られています。

空港からエルサレムへ

空港のあるテルアビブからエルサレムまでは、リムジンバスがでています。バスは1時間に1本、そして交通カードRav-Kavカードが必要であるのでご注意ください。

空港1階にてRav-Kavカード購入

ラブカブカード

イスラエルの交通ICカード、Rav-Kav(ラブカフ)カードを購入。空港の「Public Transprtation Information Center」で購入できました。バス乗り場では買えません。

テルアビブ空港1階のインフォメーションセンター

Public Transprtation Information Center

RavーKavカード
デポジット:5ILS
チャージ:任意の額

パンを食べて待つ

1時間に1本のエルサレム行きリムジンバスは5分前に発車したばかりでした。とほほ。

お腹もすいたし、空港内のパン屋さんで朝食タイムとしました。爆睡して機内食を食べ逃したしね。

テルアビブ空港のパン屋さん

めっちゃ大きいパン!そして高い。イスラエルは物価が高いのです。そしてここは空港内ということでさらに高かったみたい。

イスラエルのパン

7:00
バスで空港からエルサレム市街へ

空港を出たらすぐのバス停で「485番バス」に乗ります。運賃は16ILS(約円)。

エルサレム行きリムジンバス エルサレム行きリムジンバスのチケット

7:50
エルサレム市街到着

バスは「HA TURIM」駅に到着。

エルサレムのバス停 エルサレムのトラム駅

近代的なエルサレムのトラム

そこからエルサレム旧市街へは徒歩15分程度。小雨のなかを歩きます。

エルサレム、寒い!!
暖冬の日本よりも俄然,寒いです。

寒くて丸くなる猫

寒さのあまり、猫も丸くなってた

エルサレムの街は近代的。西欧並みに整備されているのではないかしら。

エルサレム旧市街の城壁

エルサレム旧市街
ヤッフォ門

城壁で囲まれているエルサレム旧市街。今回の旅の目的です。

ヤッフォ門入り口

周囲はとても近代的だし、このなかに3大宗教の聖地があるとは少し意外にも思えます。予想外に綺麗で。もっと古びたイメージを抱いていました。内側はイメージ通りでした。

エルサレム旧市街

ホテルにチェックイン

ホテルはヤッフォ門ちかくの「New Imperial Hotel」。まだ午前9時ですが、荷物を預けにいったら空室があるとのことでアーリーチェックインしてもらえました。助かる!

弾丸エルサレム観光、ホテル選びのポイント
エルサレム旧市街の内側
ヤッフォ門の近く

この条件でホテルを選びました。

旧市街をたっぷり満喫したい。疲れたら休憩に戻れる。
旧市街の内側

夜は人通りが少なくなり治安が気になる。ダマスクス門付近は治安が悪いらしい。
ヤッフォ門の近く

そんな理由で今回選んだホテルは「New Imperial Hotel」。かなり年季の入った建物で、暖房もあまりきかず不満点も多々ありですが、利便性抜群で弾丸旅にはぴったりでした。効率が求められる旅をする方にはおすすめです。でもボロいです。

エルサレムのホテルの部屋

ホテルの水周り

ニュー インペリアル ホテル
New Imperial Hotel
ヤッフォ門すぐ
1泊2日朝食込 シングルルーム¥12,078
Booking.comはこちら

1日目:
エルサレム旧市街

ホテルで荷物を解いたら、いざ観光スタート!

歩くだけで楽しい!エルサレム旧市街

城壁の外側と内側では、まったく雰囲気が違う。

近代的な城壁の外側と違い、旧市街の内部はとってもオリエンタル。石畳の道、両脇にはオリエンタルな土産店,食品店。道をあるく超正統派のユダヤ教徒男性たち。

エルサレム旧市街 エルサレム旧市街

エルサレム旧市街を歩くユダヤ教徒の少年

わ!ここ、イスラエルだ!
思い描いていたイスラエルは旧市街にあった。

イスラエルの猫はでっぷりとしてツヤツヤの毛並み。

エルサレム旧市街の猫

嘆きの壁(ユダヤ人地区)

エルサレムといえば真っ先に思い浮かぶのが、ここ嘆きの壁。男女で区切られたお祈りの場。

嘆きの壁で祈るユダヤ人男性

絶品シュワルマ、10ILS

人だかりができていたシュワルマ店でコムギも買ってみる。

絶品シュワルマ

シュワルマはひとつ10ILS。ぼったくられなかった。美味しい!

人気シュワルマ店

ヴィア・ドロローサを歩く

キリストが磔刑を宣告された地から、十字架を背負って歩き、磔刑に処せられたゴルゴダの丘までの道である「ヴィア・ドロローサ」。

十字架を背負いながらヴィアドロローサを歩く観光客

聖墳墓教会

ヴィア・ドロローサの終点は「聖墳墓教会」。イエスキリストが磔刑に処せられたゴルゴダの丘の地にたつ教会で、「イエス・キリストの墓」として祀られている。

聖誕教会で祈る人々

さすがエルサレム、さすがキリスト教徒の聖地。これまで訪れたどの教会よりも、信仰の熱が凄まじかったです。世界中からこの聖地エルサレムを目指してくるのでしょう。

聖墳墓教会の内部

イエスの墓は長蛇の列、軽く1時間は待つことになりそうなのでアッサリ諦めた。アイム仏教徒!

金曜日午後、シャバットが始まる

シャバットとは安息日のこと、金曜日夕方から土曜日の夕方まで、労働が禁止されている。そのため、エルサレムの街は金曜日の午後からストップする。実際に午後からバタバタと店じまいが始まり、人通りが少なくなってきた。

エルサレム旧市街

ライオンゲートを抜けて、城壁の外へ

シャバットの時間帯に差し掛かる頃、旧市街をでてオリーブ山方向へ歩いて向かいました。

ライオンゲート

ライオンゲートを抜ける

ライオンゲート付近

マリアの墓の教会

イエスの母、聖母マリアが埋葬された場所とされる教会。

マリアの墓の教会

入り口はとても地味。地下を降りていくと礼拝堂がありました。薄暗いけれどたくさんのランプや装飾が美しい。

マリアの墓の教会の内部

万国民の教会

イエスが磔刑に処せられる前日、最期の夜を祈って過ごしたゲッセマネにある教会。別名は「苦悶教会」。

万国民の教会

内部にある岩はイエスが苦悶のなか祈りを捧げた場所だとか。

ゲッセマネの庭

イエスが捕らえられた場所、ゲッセマネ。ツアー客の皆さんはお祈りしていた。

ゲッセマネの庭

歩いてオリーブ山へ

ゲッセマネの横の道を歩いてオリーブ山のビュースポットを目指します。Googleで調べたら徒歩20分程度。ひたすら階段と坂道を登ります。

オリーブ山までの階段道

オリーブ山までの階段道

私の長所って、わりと体力あるところだよね。ヒイヒイいいながらも、なんとかビュースポットに到着。

オリーブ山ビュースポットから眺めるエルサレム、絶景!

オリーブ山から眺めるエルサレム旧市街

岩のドームと、エルサレム旧市街の城壁も見える

イスラエルのクラフトビールを飲む!

ビールが大好き。イスラエルでもクラフトビールを飲みに行きました。旧市街から徒歩15分のバー「Sira」城壁のそとにあるバーへ。

お店は大混雑で、カウンター席は空いてなかった。残念。

エルサレムのバー

ハッピーアワーだったので、1杯飲むと1杯無料!

バーで飲むイスラエルのクラフトビール

イスラエルのクラフトビールShapiro(シャピロ)を2種類、IPAとヴァイツェンを。コムギはIPAのほうが好み。1パイントで34ILS(約1,050円)でした。

Sira Bar
住所:Ben Sira St 4, Jerusalem, イスラエル
営業時間:16:00-翌3:00(金・土は14:00-翌2:00)
Googleマップはこちらから

朝から動き回った1日目はこれで終了!

2日目:
エルサレム旧市街&ベツレヘム

2日目は、朝にエルサレム観光をしてからベツレヘムへ。シャバットにつきユダヤ人地区の名所は観光できないので、アラブバスに乗ってパレスチナ自治区のベツレヘムへ行ってきました。

5:45
気合いで早起き!早朝エルサレム旧市街観光

夜は治安が悪いらしいけれど,早朝ならば大丈夫なんでないの?

気合いで早起きし、エルサレム旧市街へ繰り出しました。やっぱり立地の良いホテルに泊まって正解。気軽に散策できちゃいます。

早朝のエルサレム旧市街

まだまだ暗い旧市街ですが、聖地へ向かう信者たちがゾロゾロいてました。怖くない。

超正統派のユダヤ教徒男性

6:00
聖墳墓教会

早朝の聖墳墓教会。昨日は大混雑と信仰の熱気にやられて退散してしまった。早朝ならば大丈夫でしょ!その考えは甘く、すでにたくさんの人がいたも。観光客の団体様も。

早朝の聖誕教会内部

イエスの墓はまだ参拝不可でした。うわー、目当てだったのに。しばらくするとミサが始まったので、後ろの席でコムギも参加。

聖墳墓教会、朝のミサ

イエスの墓は、なんと一番乗りで入場。

写真撮影不可のイエスの墓の内部。とても狭くて、とても神秘的な空間だった。まばゆかった。

イエスの墓

聖墳墓教会を出ると、もう日は完全に昇っている。朝食を食べてチェックアウトしなくっちゃ。急いでホテルへ戻ります。

8:00
ホテルの朝食

まあ、普通かな。先週のナイル川クルーズの豪華ブッフェに慣れてしまったのか、基準値が上がってしまっている!

ホテルの朝食

10:00
チェックアウト

荷物を預けて観光へ。

ホテルを出てすぐのフレッシュジュース店でゴクゴク。ミックスジュースを頼んだら、好きなフルーツを選んで良い方式でした。

フレッシュジュース

ザクロとオレンジとグレープフルーツでお願い。これで12ILS(約380円)。果汁のみで量もタップリでとっても美味しい。昨日も飲めば良かったな。

たっぷりフレッシュジュース

城壁歩き「Ramparts walk」を楽しむ

昨日できなかった、エルサレム旧市街の城壁を歩く「Ramparts walk」を。歩いている人はほとんどいなかった。天気も良いのに、なぜかしら?不人気?

城壁巡り

ただ歩くだけですが、旧市街の路地や名所だけではなくて、一般家庭や学校などものぞけてとても楽しかった。

城壁から眺めるエルサレム旧市街

これ、オススメです。

ダマスクス門までくると、イスラム地区の街並みが楽しい。岩のドームも見える。

イスラム地区

アラブバスに乗ってベツレヘムへ

ダマスクス門近くのバスターミナルへ。シャバットでもイスラム教徒には関係ない。アラブバスは動いているので、パレスチナ自治区のベツレヘムへ向かいます。

ベツレヘム行きの231番アラブバス

たった7ILS(約220円)でベツレヘムへ行けちゃいます。

ベツレヘム観光

ベツレヘムは、エルサレムとはまた違った雰囲気の街。観光客よりも住民の方が多いので、異国ムード満点です。

ベツレヘムのスーク

聖誕教会

イエスキリストが生まれた地、ベツレヘム。そのまさに生まれたとされる洞窟の跡地にたつ聖誕教会。ここにも熱心な信者たちがたくさん。

聖誕教会のイエスの生まれた場所

バンクシーのアートめぐり

ここベツレヘムに点在するバンクシーのウォールアート。実際に歩いて見に行きました。

バンクシー:花束を投げる青年

アートはもちろん、ほんとうにふつうの風景を見ることができて、旅らしくて思い出に残る時間が過ごせた。名所ばっかり見るより、こういう町歩きが好きです。

ベツレヘムの街

夕暮れ時のベツレヘムの街

パレスチナのクラフトビールを飲む

酒屋さんの軒先きでクラフトビールを飲む!パレスチナでもビールが製造されているのです。

パレスチナのビール

アラブバスでふたたびエルサレムへ戻る

次の予定もあるので急ぎ足で戻ります。到着したバス停から出発するアラブバスに乗ってエルサレムへ。

ベツレヘムからエルサレムへ向かう231番バスの停留所

バスの終点、ダマスクス門のバスターミナルまで戻らなくても、ヤッフォ門近くにもバス停があるよと教えてもらっていた。それなのに、停車ボタンを押すタイミングを間違えた!バスはあっけなくヤッフォ門を通過し、結局終点まで行ってしまった。

夜のダマスクス門

夜のダマスクス門

予約済みの「音と光のショー」はヤッフォ門付近。ダマスクス門から急いでヤッフォ門まで小走り。

ダビデの塔で「音と光のショー」鑑賞

「音と光のショー」はダビデの塔の建物を利用して、エルサレムの4,000年の歴歴史をプロジェクションマッピングで描き出すショー。映像と音楽のみなので、英語もヘブライ語もわからなくっても問題なし。

音と光のショー 音と光のショー

19:00開演には間に合わず、裏口から入場させてもらいました。10分くらい遅れてしまったので、天地創造のシーンやらは見ることができず。

The Night Spectacular
住所:ダビデの塔
料金:65ILS
公式サイトはこちらから(英語)

空港へ向かうまえに・・・もういちどビール!

ホテルでスーツケースをピックアップし、いざ空港へ。その前に、スーツケースを引きずりながら、ふたたびバーへ。

イスラエルのビールと看板猫

ハッピーアワーは終わっていたので1杯だけ。パレスチナのクラフトビール、タイベビールをドラフトで!美味しい。イスラエル通貨(ILS)もあまり残っていないのでお代わりを頼めない。ちびちび飲みます。

トラム&バスで空港へ

トラムでセントラル・ステーションまで移動。

エルサレムのトラム

そして、485バスにてテルアビブ、ベングリオン国際空港へ向かいます。さよならイスラエル!

テルアビブ国際空港行きの485番バス

今晩は空港泊

帰りのフライトは早朝5時出発。今夜は空港に泊まります。泊まるというよりベンチで眠るだけですが。

  • 早朝5時発なので寝坊が心配
  • 早朝5時発なので
  • イスラエルは宿泊費が高いので節約したい

やっぱり、空港泊が正解ですね。

テルアビブ空港の寝床

座って眠れることが特技のひとつです!

24時間営業のレンタルカーデスクの前のベンチを陣取りました。綺麗で治安も良い空港だった。

イスラエル出国手続き
時間がかかります

イスラエルの地域性や政情がゆえに、出国審査が世界一厳格であると評判のイスラエル、ベンガリオン国際空港。噂通りでした。

出国審査では、審査官が気になる過去の渡航国について質問ぜめ。荷物の保安検査では、なにかX線のみならず検査する棒のような器具を入れて念入りにチェックをする。それを2名がそれぞれ計2回。3時間でも足りないかもしれない。

5:15
テルアビブ〜アムステルダムへ

残りの新シェケルでお水を買います。高い。750mlで12ILS(約380円)。

水

復路は、KLMオランダ航空です。初めてでワクワク。ですが、かなり最低なフライトでした。

KLMオランダ航空の狭い座席

びっくりするほどボロい機体と、シートピッチも狭く、隣のユダヤ人男性は巨漢でギュウギュウ。

ユダヤ人男性

機内食はパンケーキを選びました。まあまあ。

KLMオランダ航空の機内食

早くついてくれー!!と祈る。

9:30
アムステルダム到着

定刻通りに到着。機体は可愛らしいデザインだからすっかり騙されたわ!

KLMオランダ航空

乗り継ぎでアムステルダム観光

約12時間の乗り継ぎ時間があるため、アムステルダム市内観光へ。アムステルダムは空港と市街地へのアクセスもよく、アムステルダムのスキポール空港は処理なども早い。そしてアムステルダムの街はとてもコンパクトなので乗り継ぎで観光するにはぴったりなんですよ!

アムステルダムはとても美しい街で、トラムから景色を眺めてもウットリ、歩いてもウットリ。

アムステルダム国立美術館

アムステルダムの街並み

絵になるアムステルダムの街

アムステルダムではバンクシー展開催中。きのう本物を見たもんね!

街にはトラムも走っていて、とても便利でした。

アムステルダムを走るトラム

アムステルダムでしたこと

オランダ国立美術館

レンブラント「夜警」はものすごい厳重体制で飾られていた。大きい絵画なのでモナリザよりはましかも!

厳重警戒のレンブランド「夜警」

フェルメール作品もありました。至近距離でじっくり鑑賞できます。

フェルメール作品を眺める女性たち

ゴッホ美術館

おめあてのゴッホ美術館。オンライン予約をしないと入れないらしいのですが、当日の朝でもオンライン予約できました。ほっとしたあ。予約さえできれば待つこともなく入場できます。

ゴッホの自画像コーナー

ひまわりを眺める女性

ゴッホの代表作のひとつ、ひまわり。こんなに至近距離でじっくり鑑賞できます。

アンネフランクの家

実際に訪れてみて、とても良かったのがここ、アンネフランクの家。こちらも予約必須です。

アンネフランクの家の外観

実際にアンネフランク一家が住んでいた隠れ家を、オーディオガイドを聴きながら歩いてまわる。ただそれだけですが、ここで数年間隠れていたのかと思うと、いままで知っていたアンネフランクの人生がより濃く感じる。

衝撃!コロッケの自動販売機

ファストフード店なのにコロッケの自動販売機がありました。コロッケ以外にもハンバーガーなどもありました。回転も良く、出来立てが常に補充されていました。

コロッケとハンバーガーの自販機

ホカホカ!サクサクで美味しい。中身はトローリ。 €2。

本場のコロッケ

忘れちゃいけない!空港でハイネケンを飲む

またしてもバタバタなスケジュールになっちゃった。オランダといえば、世界的ビール、ハイネケンのお膝元。バーには寄れなかったので、空港のコンビニにてハイネケンを買ってグビッ。おつかれさま!

本場で飲むハイネケン

いつものハイネケンの味。キンキンに冷えていて美味しかった。

アムステルダム〜ソウル〜日本

21:10
アムステルダム〜ソウルへ

深夜便でアムステルダム出発。KLMオランダ航空です。

アムステルダム空港、とても親切設計。フライト搭乗口の前の電子案内板では、これから登場する座席表も掲示されていた。

スキポール国際空港

テルアビブ〜アムステルダムのKLMオランダ航空がひどかったので、ソウル行きはどうなのかとヒヤヒヤ。座席は長距離便にしてはピッチも狭く安っぽい印象。そして古い。

KLMオランダ航空の機内の様子

機内食もイマイチでした。ビールはハイネケン!

KLMオランダ航空の機内食 KLMオランダ航空の機内食

15:40
ソウル到着

仁川国際空港に到着。でもまだ、旅は終わっていないのです。さすがに疲れてきた。

KLMオランダ航空のボディ

機体は可愛いのですが、もう乗りたくないぞ、KLMオランダ航空。

乗り継ぎのため、いちど韓国に入国

今回は、日本⇄韓国、韓国⇄イスラエルの別切航空券での旅。韓国に入国し、荷物をピックアップしてターミナル移動、そしてふたたび出国手続きをする必要があります。

面倒臭い。。けれども、良いんだ。仁川国際空港のフードコート(非制限エリア)で韓国グルメを楽しめたから!

昼食:
韓国料理に舌鼓を打つ!

コムギは韓国料理が大好き。空港のフードコートで、まずはスンドゥブを注文。

スンドゥブ定食

お米もお美味しい。アッツアツで辛さもイイ。そしてたっぷりのスープが嬉しい。日本でスンドゥブを注文しても、サイズは半分くらいだし、いつも物足りない。やっぱり本場はいいな。

まだ食べれる。近くのテーブルで食べている女性の真似をして追加注文。韓国うどんの海鮮スペシャル!

豪華海鮮うどん

具沢山でびっくり。エビ、タコ、イカ、なんとムール貝もゴロゴロ入っていた!こりゃスペシャルだわ。

乗り継ぎで韓国料理も楽しめるなんて、おトクだわ!

仁川国際空港 ターミナル移動
T1→T2

無料のシャトルバスで移動。バスは飛ばしますが20分くらいかかりました。

仁川国際空港のターミナル移動シャトルバス

ラウンジに来るも満席

出国手続き後、プライオリティパスで無料で利用できるラウンジ、「TRANSIT HOTEL& Matina Lounge」へ。行列に並ぶが進まない。会計手続きが混雑しているのかと思いきや、満席につきウェイティングが発生しているのでした。

待ち時間発生のラウンジ

休憩するためのラウンジに並ぶなんてイヤ!

他のラウンジ、「Asiana Buisness Class lounge」へ。ここはユッタリと過ごせました。

お腹いっぱいだけれど、ビールは飲むよ!

ラウンジのビール

19:10
ソウル〜大阪へ

機内に乗りこみ、着席するなり眠ってしまった。機内の記憶がない。写真もない。

20:55
大阪、関西国際空港に到着

無事に大阪に帰ってこれた。明日は仕事だ。

週末海外でイスラエル!
無理してでも来て良かったエルサレム

週末海外で行く3大宗教の聖地、エルサレム。
現地滞在はたった2日だったけれど、それでもやっぱり行って良かった。

旅のタイミングは、第4次世界大戦勃発か?」と囁かれた、イラン=アメリカ問題の緊張がピークに高まったとき。イスラエルに到着する頃、トランプ政権が声明をだして緊張緩和されたとわかってほっとする。結果的には安心して旅を続行できたけれど、現地に到着するまでは、戦争が始まったら怖いなあと、少し不安でもありました。

イスラエル国旗

中東問題の中心地であるイスラエル。「いつ行けなくなるかわからないよ、イスラエルは。行きたいならば、今のうちに行っておいたほうがいいよ!」。旅行会社勤務の知人の助言を受けて無理やりやってきたイスラエルでしたが、本当に突発的に渡航禁止になりうる場所なんだ、無理して来て良かった。本当にそう思った。

3大宗教の中心地エルサレム。
気になっている方は、安定している間にいちはやく訪れたほうが良いかもしれませんね。

あなたの旅の参考になりますように!

こちらの記事も読まれています

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ピックアップ記事

  1. 金浦国際空港の近くで泊まるならば炭窯チムジルバンがおすすめ!空港からのアクセスを…
  2. 【インレー湖】風情満点!ロング・ウッデン・ブリッジ&ボートで水上集落めぐり
  3. 郷に入らば郷に従え?ウズベキスタンではワイロはチップと思おう
  4. じゃれ合うパンダたちが可愛くてたまらない!癒されたいあなたにおすすめの成都パンダ…
  5. 物欲全開!ホイアンでプチプラ可愛いベトナム雑貨ショッピング

関連記事

  1. バンクシー:花束を投げる青年
  2. パレスチナ自治区のユダヤ人居住区
  3. 嘆きの壁で祈りを捧げる超正統派のユダヤ教徒男性
  4. 墓
  5. 231番のベツレヘム行きアラブバス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. エーゲ海に沈む夕日

    ギリシャ

    女子ひとり旅【サントリーニ島】に行ったら絶対やるべき!オススメ8つ
  2. 北角駅はトラムが市場に突っ込む

    香港

    市場へ突入するトラムは一見の価値あり!下町情緒あふれる終着駅・北角
  3. 聖ソフィア聖堂

    ハルビン・成都(中国)

    週末海外!3連休で行くハルビン(哈爾濱)&成都パンダ基地 旅のスケジュ…
  4. ラウンジの看板

    空港ラウンジレビュー

    【カトマンズ】プライオリティパスで無料のラウンジ『Executive Loung…
  5. バンクシー:花束を投げる青年

    イスラエル・パレスチナ

    ベツレヘムのバンクシーアート『花束を投げる青年』を歩いて見に行ってきた(地図&位…
PAGE TOP