アルメニア

エレヴァン観光の必訪スポット!美術館兼展望スポット「カスカード」

 

カスカードと赤い服を着た家族


エレヴァン市街の観光ならば、絶対に外せないのが、こちらの「カスカード」。階段作りの建物内部はエスカレーター式の美術館、外部は階段でのぼれる庭園が広がります。ガイドブックでは欄外の扱いだけれど、とっても素敵なので、ぜひ訪れることをおすすめします!

目次
1.カスカードへのアクセス 
2.カスカードの魅力①アルメニア独特のデザインがステキ
3.カスカードの魅力②上部から眺めるエレヴァンの街が絶景
4.カスカードの魅力③内部の美術館が楽ちんなのにステキ
5.カスカードの魅力④目の前の広場のオブジェたち
6.エレヴァン観光ならばマスト!カスカードへ行こう

カスカードへのアクセス

こじんまりとしたエレヴァンの街。カスカードは、フランス広場から徒歩10分くらい

Googleマップ(Cascade Complex)

カスカードの魅力①
アルメニア独特のデザインがステキ

階段状の建物のデザインが独特

カスカードは「階段状の博物館」です。まずそのデザインに度肝を抜かれます。

カスカードと赤い服を着た家族

内部は博物館。外観は階段状になっていて、歩いて上り下りすることもできます。

アルメニアのデザインって、なんだか独特なのです。旧ソ連っぽさをところどころに感じる。無機質なのか前衛的なのか?

幾何学的デザインの建物

壁に施された意匠も、西欧では見かけないデザイン。

独特な意匠

踊り場には噴水も。そしてやっぱり独特なデザインが施されている。

カスカードのシンメトリーなデザイン

晴れて美しいエレバンの昼下がり、ウェディングフォトを撮影してるカップルもいました。画になります。

結婚式フォトを撮影するカップル

庭園デザインは幾何学的

踊り場には、花壇も。可愛い花がたくさん。

マーガレット マリーゴールド

綺麗に手入れされているけれど、そこはやっぱり、アルメニアなのでした。

なんだこのデザインは!

幾何学的な庭園

このデザインされた整え方も独特。

遠くから見ると、これなんですよね。この隙のないデザイン、緻密に手入れされた花壇は社会主義・旧ソ連邦構成国家だった名残からかしらとか考えちゃう。実際には、わからない。

幾何学的な噴水と庭

シュールなオブジェあり

カスカードの建物自体はとても素敵なのですが、踊り場には謎のオブジェがありました。

シュールな像

水泳でしょうか、体操でしょうか。

シュールな像

カスカードの魅力②
上部から眺めるエレヴァンの街が絶景

カスカードを上まで登ると、エレヴァン市街が見渡せます。

カスカード上階からエレヴァン市街の眺め

とっても綺麗な景色は一見の価値あり。階段を登るのがしんどい方は、後述の「美術館のエスカーレーター移動」で上部まで上がれちゃいますのでご安心ください。

観光客

カスカードの魅力③
内部の美術館が楽ちんなのにステキ

カスカードは階段状の建物。内部はエスカレーター式美術館となっていました。「エスカレーターで移動しつつ、美術作品を鑑賞できる」一石二鳥のスポット。ちなみに無料です。

美術館の入り口は正面左側

階段状のカスカードの正面左側が美術館の入り口。ちなみに入場時間制限がありますのでご注意を

美術館の入り口

エスカレーターに乗りながら美術鑑賞できる

移動が目的なのか?美術鑑賞が目的なのか?

とても美しい館内です。ゴージャス!

カスカード内部のエスカレーター

エスカレーターに乗りながら、横目で美術品を楽しむスタイル。モダンな現代美術のオブジェが中心です。

カスカード内部のエスカレーター

途中の踊り場で、外の庭園にでることも可能です!

エスカレーターは延々と続く。

カスカード内部のエスカレーター

ビリケンさんのようなオブジェもいてた。

ビリケンさんみたいな銅像

銀ピカの車と信号機も。難解すぎてコムギには解釈できない。現代美術って難しい。

銀色の車と信号機

天井には鷲が飛んでいた。

天井に鷲のモニュメント

ほう〜、と鑑賞していても、エスカレータは容赦無く進む。カスカードの美術館は無料なので、何往復かするのもありですね。

カスカード内部のエスカレーター

ひんやりしていて涼しい。そして綺麗なトイレもありました。

カスカードの魅力④
目の前の広場のオブジェたち

カスカードのまえは公園になっている。

カスカード前のワゴン販売

フードワゴンもでて賑わっている。カフェも並ぶ。休憩場所には困りません。なにより、目の前の公園に鎮座する統一感のないオブジェたちを見逃しちゃだめです。

統一感のないオブジェたち

巨大な男性の像

公園入り口のシンボル的像。巨大だし、アルメニアっぽいデザインでカスカードと統一感あり。これはヨシとしよう。

悩める男性の巨大モニュメント

ボールを加えるブルーのペンギン?

なんなんだコレは。

青い動物のモニュメント

「抱き合う二人」のワイヤーオブジェ

オブジェあり

ここにもあった!LOVE像

アメリカのMoMA発祥のLOVE像。西新宿にもありますね。

LOVEモニュメント

躍動的なシカたちのおぶじぇ。

鹿のモニュメント

どどんと鎮座するネコの像

でっぷりした猫の像もありました。

巨大な猫の銅像

コムギの感想:統一感がない!!アルメニアっぽい意匠のカスカードとマッチしているかは謎。でも、その混沌さこそがアートなのかもしれない

モダンアートってそんなものかも。無粋なこと言って失礼!

美しい庭

エレヴァン観光ならばマスト!カスカードへ行こう

感想は「よく出来た建物だなあ」ということ。建物自体も美しいし、階段状で庭園もあるし、内部は美術館になっている。無駄がない。
エレヴァン市街の眺望ものぞめるし、建物の意匠もアルメニア独特のデザインで見ていて楽しい。エレヴァン滞在のときにはぜひ訪れてみてほしいスポット。おすすめです。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




知っておきたい!再両替せずに残しておくべき通貨3タイプ前のページ

乗り継ぎ時間で行く!成都パンダ繁殖基地(アクセス&注意点)次のページパンダ

ピックアップ記事

  1. 【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “奥州藤原氏とともに栄えたみちのくの黄金郷”
  2. イスラム教の聖地「岩のドーム」観光は入場可能日に注意
  3. 魅惑のアラビア!ヨルダン・ハシミテ王国ってどんな国?
  4. イエス・キリスト受洗の地“ヨルダン川のベタニア”(アル・マグダス)
  5. 週末海外でドイツへ!本場の地ビールを飲みまくる旅のスケジュール

関連記事

  1. BBQラム
  2. リプシメ教会の外観

    アルメニア

    自力でめぐる!エレバン市内近郊の3つの世界遺産

    アルメニアの首都、エレバン。近郊にはユ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. フィリピン

    【ビガン】世界遺産の街のメインストリート。クリソロゴ通りの石畳をお散歩
  2. ギリシャ

    【メテオラ】聖堂のフレスコ画が美しい【ヴァルラーム修道院】
  3. ワディラムの赤い砂漠

    ヨルダン

    ペトラ遺跡・砂漠・死海!ヨルダン旅行10日間スケジュール
  4. 明通寺の国宝2つ

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第19番 明通寺 “ふたつの国宝建築を擁する鎮魂の寺”
  5. 朝焼けに浮かぶルクソールの熱気球

    エジプト

    ナイル川クルーズ(2)”王家の谷” 偉大なるファラオが永…
PAGE TOP