タイ

バンコク市内からアムパワー水上マーケットまで。格安運賃のロットゥーでの移動レポ&注意点

タイの乗合バス・ロットゥー

バンコクから車で90分、アムパワー水上マーケットへ行ってきました。

乗り合いのミニバン、ロットゥーでいけば、なんと格安の80バーツ(約270円)で移動できちゃいます!

・ロットゥーはどんなかんじ?
・乗り方は?

実際に乗ってみた、アムパワー水上マーケットまでのロットゥーまとめ。

目次
1.アムパワー水上マーケットまでの移動手段、ロットゥーがおすすめの理由
2.ロットゥーはミニバンの乗合いバス
3.注意!ビクトリー・モニュメント駅のロットゥー乗り場は閉鎖している
4.ロットゥー始発は旧南バスターミナル
5.ひとり旅ならば助手席を狙え
6.ロットゥーでの道中は?
7.アムパワーへの移動はロットゥーがおすすめ

アムパワー水上マーケットまでの移動手段、ロットゥーがおすすめの理由

絶対行きたい水上マーケット、アムパワーへのアクセス方法は?

ツアーに申し込む方法もありますが、それじゃあ、ツマラナイ!

自力で行ってみよう。そのときの選択肢は?

鉄道、バスはない

低予算・一人旅の強い味方、鉄道&バスはバンコク〜アムパワー間にありません。

タクシーはおすすめできない

タクシーは、女一人旅でアムパワーへ行くにはあまりおすすめできないかも。

タクシー料金は高い

日本にくらべたら大分リーズナブルなバンコクのタクシー料金。とはいっても、やっぱり長距離貸切なので、それなりに費用もかかります。数人での旅ならば楽だしお得なのでしょう。

タクシー料金は交渉制

メータータクシーというものの、実態はほぼ交渉制のバンコク。
交渉は面倒だし、だいいち、初めて行く場所の相場もわかりませんよね。
もちろん最初に料金を決めておくのは鉄則ですが、途中でふっかけてくることもありました。そういうときは、「無理ー!!最初に決めた通りで!」とバシッと伝えれば大丈夫!
ですが、やっぱりストレスなことには変わりない。

女一人旅なので安全重視

バンコクは比較的治安の良いところですが、女一人で長時間のタクシーはできるだけ避けたいところ。もう降りる!と思っても、バンコク市内ならばともかく、田舎への道ならば無理。立場が弱いのです!

というわけで、アムパワーへの移動にタクシーはあまりおすすめできない。

ロットゥーがおすすめ

そこで、おすすめしたいのが、乗り合いバスのロットゥー

ロットゥーはミニバンの乗合いバス

ロットゥー

ロットゥーは、ミニバンのこと。

バンコク〜アムパワーを結ぶ、ほぼ直行乗り合いタクシーです。
みな同じ目的地だから早いし、何より安い。

バンコク〜アムパワー
乗車料金:80バーツ(約240円)

女一人旅には、ロットゥーがおすすめですよ!

注意!ビクトリー・モニュメント駅のロットゥー乗り場は閉鎖している

注意!アムパワー行きのバスは旧南バスターミナルから

以前は、MTRのビクトリー・モニュメント駅(MTR戦勝記念塔駅)周辺にロットゥー乗り場があったそうなのですが。

何もない。

2017年より、ビクトリー・モニュメント駅のロットゥー乗り場は閉鎖し、

旧南バスターミナルへ移動したのです!

ビクトリー・モニュメントの像

失敗談!間違えてビクトリー・モニュメント駅に向かってしまった

そんな事情はつゆ知らず、ネットで見つけた情報を参考にビクトリー・モニュメント駅を目指してしまったコムギです。

移り変わりの早いバンコク。旅にあたっては最新の情報を確認してくださいね。

ビクトリー・モニュメント駅にはロットゥー乗り場なし

移転のため今や存在しないロットゥー乗り場を探し、ビクトリー・モニュメント駅周辺をウロウロ。

ビクトリーモニュメントはロータリーになっていて、たくさんのバスと乗客たちでとても活気のあるところ。

ビクトリー・モニュメント駅周辺のロータリー

ビクトリー・モニュメント、これは「剣」モチーフなのだとか。

天気もいいし、綺麗だな〜。

AM8:00, みんなの動きが止まる謎

ロットゥー乗り場をさがして歩き回っていると、街なかで音楽が響き渡りおどろく。

なんだか街の様子がおかしい?

みんな、動きをとめて、立ち止まる。

なになになに??

敬礼中のタイ人たち

動きを止めるタイ人たち

流れているのは国歌で、タイ王室に敬意を表すべく、静止して起立するらしいのです。

そんなの知らなかったよ〜〜!
ちなみに、Am8:00とPM6:00の2回だそう。

音楽が鳴り止むと、また再び動き出すバンコクの人々。

一瞬、自分以外の時間が止まったような気持ちになりました。

ドラえもんひみつ道具のタンマウォッチ

ドラえもんひみつ道具

旧南バスターミナルへ移動

ようやく間違いに気づく。
2018現在、アムパワーいきのロットゥー乗り場のある旧南バスターミナルへ移動することに。

バンコクのバスの車内の様子

29番バス
ビクトリー・モニュメントから旧南バスターミナルへ移動

乗車賃は13バーツ(約39円)。

ビクトリー・モニュメントから15分くらいで到着。

終点でした。

旧南バスターミナル

ロットゥー始発は旧南バスターミナル

バンコクからアムパワーへ行くロットゥーは「旧南バスターミナル」が始発です。

旧南バスターミナル
サーイタイガオ / ไปสายใต้เก่าครับ

「新南バスターミナル」もありますが、こちらも後で寄りました。

ロットゥー乗り場

29番バスの終点は、目指していた旧南バスターミナル。おりてすぐ、ロットゥー乗り場がありました。

旧南バスターミナルのロットゥー乗り場

たくさんロットゥーが並んでいるね。

ロットゥー(ミニバン)がたくさん並んでいるので、すぐわかります。

ロットゥーのチケット売り場

目的地ごとに販売ブースあり。ズラッ!と並びます。

ロットゥーのチケット売り場

アムパワーはどのブースだろう?

探しながら歩いていると、みなさん親切で、どこ行くの?と声をかけてくれる。

アムパワーに行きたい!と話すと売り場を教えてくれました。

ロットゥー乗車料金は80バーツ(約240円)

教えてもらったブースは、27番。
【FloaingMarket】て書いてあったけれど、アムパワーとはわからなかったわ。

ロットゥーのチケット

アムパワー行きのロットゥーのチケットは80バーツ(約240円)。安い!

定刻なし、乗客が集まったら出発

ロットゥーには時刻表というものがありません。定刻という概念もない。

ミニバンの乗客が集まり次第出発するシステム。
格安運賃がゆえにしょうがない。

いつ出発するのか!?は、運次第。

チケット売り場の後ろに簡易イスがあり、そこに座って待つようにいわれます。

コムギがきたときは、他に乗客ゼロ。これは、かなり待つことになるのか・・・?

トイレを済ませておこう

ロットゥーのチケット売り場&乗り場には、無料のトイレがあります。わりと清潔。

ロットゥーには約90分の乗車するので、トイレを済ませておこう。

コンビニに寄って時間を潰す

出発する気配のないロットゥー。時間を潰すために、向かいにあるコンビニへ物色。

戻ってきたら、チケット売り場の女性に手招きされた。ロットゥーが出発するらしい。ひえー、危機一髪!

コムギの他には4人しか乗客がいなかったので不思議に思っていましたが、そのあとに寄った「新南バスターミナル」でたくさんの乗客が乗り込み、めでたく満席になったのでした。

アムパワー行きのロットゥー、週末はとくに人気のため、そんなに待たずに出発するみたい。

あまり余裕をかまさず、その場で待っていた方が無難かもしれませんね。

ひとり旅ならば助手席を狙え

助手席は、超・快適!

コムギは一人だったので、ドライバー横、つまり助手席に座るように言われました。

ロットゥーの助手席

広いし視界も開けているし、とても快適!
後部座席ならば3列のところを2列でユッタリだし、リクライニングも付いています。

後部の座席だと3列でギュウギュウだし、いちばん最後の列は、かなり揺れて大変らしい。

ドライバーとの交流も楽しめるかも?

少し英語を話せるドライバーの男性。

コムギが一人でバンコクへきたことを褒めてくれました。えへへ。

そして、キャンディをくれたよ。3つも!

コーヒーキャンディ

記念に写真を撮っていたら、もう1本、本体も貸してくれました。ありがとう!

コーヒー味のキャンディ、久しぶりに食べた。

熱いバンコクで舐める飴ちゃんは、甘さが嬉しい美味しさ。

ロットゥーでの道中は?

まずはガソリンスタンドへ

旧南バスターミナルを出発したら、給油のためガソリンスタンドへ。

ガソリンスタンド

いったん車から降りるように言われます。

5分ほど自由に過ごしてね!って。

トイレもある

ここにも、無料トイレがありました。ですが、洋式はありません、

これ以降はアムパワーまで途中下車できないので、トイレのラストチャンス!

軽食を買おう

ガソリンスタンドの周りには、売店がたくさん並びます。

物色していたらドライバーの男性と会いました。

「ここのチキンおいしいよ!買って車内に持ち込んだらいいよ」って。

ガソリンスタンドのフード屋台

おすすめのスパイシーチキンを買ってみました。

43バーツ。食べやすくブツ切りにしてくれる。速攻、食べましたがスパイシーでとても美味しかった。ああビール飲みたい。

新南バスターミナルにも寄る

給油を終えたロットゥーは、新南バスターミナルへ。

ここではたくさんの乗客が乗り込み、ミニバンが満席になりました。

だから、乗客5人だけれど出発したのね。謎が解けた。

助手席に座りたい、確実に乗りたい人は、旧南バスターミナルからがおすすめです♪

ノンストップで90分・・・到着

朝も早かったし出発するや否や眠ってしまった。

ロットゥーの助手席からみる街の様子

あっというまにアムパワーに到着!

アムパワーの停車場所

約2時間でアムパワー到着。

乗車時間は90分くらいかもしれませんが、旧南バスターミナルから乗って給油まで含めると2時間くらいかな。

時刻表みたいなものはないので、とてもアバウトなロットゥー事情。

アムパワーの到着場所

アムパワーのロットゥー乗り場

橋のそばのバス停留所。

帰りもこちらから発車します。座るブースもある。

失敗談:変なところで降りちゃった!

助手席に座っていたことが敗因なのか、テキトウな英語で話していたせいもある。
実際は、

アムパワー水上マーケットではなく、その手前にある別の水上マーケットで降りてしまったのでした。

ダムヌン・サドゥアック水上マーケット
Damnoen Saduak Floating Market

ダムヌン・サドゥアック水上マーケット

この水上マーケットは、完全に観光客向けの、タイ政府主導のつくられた水上マーケット。

でも、楽しかったんですけどね!
でも、アムパワー水上マーケットではないよね。

それはまた、別記事でご紹介します。

関連記事:観光客むけ上等!評判よりも楽しめるダムヌン・サドゥアック水上マーケット

アムパワーへの移動はロットゥーがおすすめ

バンコクへ行ったら絶対行きたい、アムパワー水上マーケット。

一人旅ならば、格安運賃で安全にいけるロットゥーがおすすめですよ♪

ロットゥーの車体

絶賛発展中のバンコク、おとずれるときは最新情報をチェックすることをお忘れなく!

(この記事は、2018年10月訪問時の情報です)

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




水の都の風情を満喫!アムパワー水上マーケットで絶対やりたいこと5つ前のページ

観光客むけ上等!評判よりも楽しめるダムヌン・サドゥアック水上マーケット次のページ

ピックアップ記事

  1. 大連で出会ったエンタメ食!回転寿司ならぬ回転”火鍋”
  2. ハラゴシラエして歩くのだ。手頃で美味しいヘルシンキおすすめフード情報
  3. 香港随一のパワースポット!淺水湾は冬でもパワー全開
  4. 【ぼてぢゅう】朗報!プライオリティパスで、お好み焼き屋ぼてぢゅうで¥3,400分…
  5. カトマンズでショッピング!おすすめの可愛いネパール雑貨店&実際に買ったものを紹介…

関連記事

  1. GINGERカフェのソファ

    タイ

    チェンマイのおすすめカフェ!南国ロマンティックなGinger&Kafe

    チェンマイに行ったならばカフェ巡りがオススメ!…

  2. チェンマイの巨大な仏

    タイ

    週末弾丸で行くチェンマイ。旅費4万円でもこんなに楽しめる!

    有給休暇をとらずに週末だけで行く弾丸・チェンマイ旅の費用&スケ…

  3. タイ

    水の都の風情を満喫!アムパワー水上マーケットで絶対やりたいこと5つ

    運河に浮かぶボートが行き交う、水上マーケット。タイの首…

  4. ピンクガネーシャ

    タイ

    週末海外!会社を休まずに行くバンコク最旬インスタ映えスポットをめぐる旅

    土日だけでバンコクへ。会社を休まずに行ってきた。今…

  5. タイ

    観光客むけ上等!評判よりも楽しめるダムヌン・サドゥアック水上マーケット

    アムパワーの水上マーケットにいくロットゥーで間違え…

  6. ドイステープ寺院

    タイ

    往復120THB!赤色ソンテウに乗ってチェンマイの聖地・ドイ・ステープ寺院へ行ってきた

    チェンマイ観光のハイライト、ドイ・ステープ寺院へ行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ブルネイ・ダルサラーム

    近くてマニアックなアジアの富裕国!ブルネイのおすすめ観光スポット8選
  2. エド・ディルの頭頂部

    ヨルダン

    ペトラ遺跡に行くまえに事前準備で知っておくべきこと
  3. サソリ串

    北京(中国)

    北京で夜遊び!王府井小吃街でチャイニーズ屋台食べ歩き
  4. ミャンマー

    岩上に立つ天空の寺院へ。ナッ神信仰の聖地ポッパ山にシェアタクシーで行ってみた
  5. 極楽浜と風車

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第70番 恐山 “天国と地獄!死者の霊が帰る場所”
PAGE TOP