フィリピン

【マニラ】深夜便でマニラ到着。ニノイ・アキノ空港ターミナル3での夜明かし空港泊体験記

 

ニノイ・アキノ空港ターミナル3で雑魚寝する人々

深夜にマニラに着いたならば、タクシーでマニラ市街地へ移動するよりもニノイ・アキノ空港で夜を明かすほうがよっぽど安全!?

実際に、ニノイ・アキノ空港で夜明かししてみました。快適とは、ほど遠いけれど、安全面では合格点!

ニノイ・アキノ空港ターミナル3、夜明かし体験記。

目次
1.深夜のマニラの移動は危険?
2.ニノイ・アキノ空港に泊まるならばターミナル3!
3.深夜のニノイ・アキノ空港の様子は?
4.カプセルホテルもある(だけれど満室)
5.ターミナル間の移動は翌朝になってから
6.ニノイ・アキノ空港での夜明かし、安全面では問題ナシ

深夜のマニラの移動は危険?

人通りの多いニノイ・アキノ空港

仕事が終わった金曜日、関空から深夜便でマニラに到着したのは深夜。

いつもならば、そのまま市内のホテルへ移動するのですが、

マニラでは深夜の移動は危険!

という情報を耳にし、不安になって空港に泊まることにしました。

治安の悪さで悪評高いマニラ市内

昼間のマニラ市内

昼間のマニラ市内は治安が悪いとは思えなかったけれど

治安の悪さで悪評の高いマニラ。

深夜便で到着するなら、ホテルまでタクシーでいけばいいじゃない。
タクシーが危険ならば信用のあるホテルに送迎車をお願いしておけば安全だよね?

と思ったのですが、どうやら事情が違うみたい。

ドライバーが強盗に豹変!?タクシーも危険

空港から市街への移動、タクシー自体も安全とは言い切れないらしい。

市民にも銃の所有が認められているフィリピン。タクシーの密室で銃を突きつけられ、金を出せと脅されるケースもあるらしい。

怖いよ〜〜!

現代ではUberやGrabタクシーなどのようなアプリで呼び出すタクシーがあるので、そちらの方が安全のようですね。

ホテルの送迎車でも危険

じゃあ、運転手の身元もきちんとわかるハイヤーにすればいいんじゃない?
ホテルに事前に送迎を頼んでおけばいいんじゃない?

と思ったのですが、それでもリスクは残るらしい。

空港から市街への人通りの少ない道路では、送迎車そのものが強盗団に囲われて襲われるケースもあるのだとか・・・

結論:空港から出ないことに決めた

空港に泊まって、翌朝、国内便でビガンへ移動することに決めた。

だって怖いんだもの!

全員が全員、強盗に遭うわけじゃあないとは思うけれど、これまで旅したアジア諸国では見ることのなかったタイプの危険情報にビビりました。

空港から市街地までの移動だけで、「銃」とか「強盗団」とか、恐ろしい単語がズラリ。。

しかも、「スリ」とか「ぼったくり」とか、注意すれば防ぎようのある軽犯罪と違い、銃を突きつけられるのは、ちょっと予見できないもの。

怖いの、イヤです。

ニノイ・アキノ空港に泊まるならばターミナル3!

実際に、ニノイ・アキノ空港に泊まってみた。

国際線が到着したのは、ターミナル3。ここから出ないほうが良さそうです。

ターミナル3から出ちゃダメ

翌朝の便で国内線に乗る予定があっても、夜を迎えるのはターミナル3で。

ターミナル間の移動もやめておきましょう!

理由1:ターミナル間の移動もタクシーのみ

ターミナル間はリムジンバスがありますが、深夜は走っていません。タクシーを利用するしかない。

ターミナル間といえど、ニノイ・アキノ空港のターミナルはとても離れていて、車で15分程度でした。

深夜のタクシー利用は、上述の通り。危険です!怖い目に遭うかも?

理由2:ターミナル3が一番にぎやか

ターミナル3は24時間営業のレストランもたくさんあり、とてもにぎやか。

空港内のバーガーキング

翌朝、ターミナル2へ行きましたが、ターミナル2はとても小さく、飲食店も少なかった。

きっと夜はかなり怖いと思う。

結論!
ターミナル3で夜を越そう

フィリピン、ニノイ・アキノ空港で夜を越すならば、絶対にターミナル3から移動しないこと。

ターミナル3で過ごしてくださいね。

別のターミナルに乗り換えるのは、翌朝にターミナル間シャトルバスで移動しよう。

結論!
ターミナル間の移動は翌朝に

深夜のニノイ・アキノ空港の様子は?

混雑するニノイアキノ空港

実際に過ごしたターミナル3の様子。

危険いっぱいのマニラ市内の情報と違って、とっても安全でした。

24時間明るい

関空からの深夜便が到着したのは何時。

深夜とは思えない明るさのニノイアキノ空港

深夜にもかかわらず、こうこうと照明が明るいニノイ・アキノ空港、ターミナル3。

隅々まで明るい。

それに、なんだか想像していたより、とっても近代的だわ!

SIMカードも買えます

深夜に到着したけれど、SIMカードも買えました。

深夜でもSIMカードが買えます

SIMカード
1GB, 7日間, 500ペソ(約1,000円)

クレジットカードも使えました。両替前だったので助かった。

「FREE」と書いてあるけれど、無料のフリーではなく、SIMフリーのフリーでした。そりゃそうよね。

24時間営業のレストランあり

フードコートが数箇所あり、24時間オープンしているレストランもたくさん。

フィリピンのファミレス、ジョリビーには深夜にもかかわらず大混雑。

24時間営業中のジョリビー

マクドナルドももちろん営業中!

24時間営業のマクドナルド

にぎやかなショッピングモールの様相。

治安の悪さは、全く感じません。

雑魚寝をする人々でいっぱい

深夜便到着なのか、始発便まちなのか?

ニノイ・アキノ空港ターミナル3では、朝を待つ人々がたくさん。

そしてみんな、雑魚寝しています。

横になる人々

照明が明るいので、横になるのが恥ずかしいけれど、そんなこと言ってる場合じゃない、眠いのだ!

雑魚寝する人々

コムギもがんばって(?)寝ました。

警備員の見回りもある

3席分の座席を確保し横になって寝ていたら、

女性の警備員にたたき起こされた!

床に寝ている人も同じように起こされていた。

座席数も十分にあるのになぜなのか?

盗難などの危険があるからかな?とポジティブに考えてみる。

まだ眠いよ〜。

深夜3時頃に一度起こされましたが、それ以降はとくに巡回はなく。

でも、警備員のかたは常時巡回していたので、何かあれば頼れる!という安心感がありましたよ。

カプセルホテルもある
(満室で入れず)

雑魚寝を紹介しましたが、ターミナル3にはカプセルホテルが営業しています。

カプセルホテルの看板

シャワーも使えるらしい。イイネ!

マクドナルドの右奥を進めばありました。

カプセルホテルの入り口

満室のため入れなかった

ですが、ベッド数が少ないのか、満席で入れなかった。

あまり期待しない方が良さそう。

雑魚寝覚悟で、空いていたらラッキー!くらいの期待度で行くほうがいいかも。

ターミナル間の移動は翌朝になってから

フィリピンの郊外、世界遺産のまちビガンへ行くべく、国内線に乗り換えます。

ターミナル2への移動は、無料シャトルを利用。

ターミナル間シャトルバス

チケットを提示すれば、無料で専用シャトルバスに乗ることができます。

空港移動も、これならば安全だね!

ターミナル間のシャトルバスは、深夜は運行していません。

参考:シャトルバスの時刻表

目安程度ですが、コムギの旅した2018年9月のシャトルバスの時刻表。

シャトルバスの時刻表

ターミナル3からターミナル1、2へ、30分間隔で出発していましたよー。

ニノイ・アキノ空港での夜明かし、安全面では問題ナシ

どきどきしながらの空港泊。ニノイ・アキノ空港もターミナル3ならば安全に過ごせました。

眠りづらく、快適には、ほど遠いけど。
体力はかなり消耗するのも、難点だけれど。

深夜便で到着したら、危険がいっぱいのマニラ市街へ移動するのは避けて、いっそ空港泊もアリなのではないでしょうか?

マニラ、ニノイ・アキノ空港、ターミナル3の空港お泊まり体験記でした。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




フィリピンの夜行バスに乗ってみた。ビガンからマニラまで格安運賃&時間の節約がメリット!前のページ

松島海上ケーブルカーで海の上を空中散歩。晴れた午前9時台がおすすめ!次のページ

ピックアップ記事

  1. 【インレー湖】ローカル感満点!五日市
  2. ラグジュアリーさは釜山随一!新世界スパランドはチムジルバン初心者におすすめ
  3. 乗り継ぎ時間で行く!成都パンダ繁殖基地(アクセス&注意点)
  4. 【ビガン】世界遺産の街のメインストリート。クリソロゴ通りの石畳をお散歩
  5. 安息日のエルサレム観光はエルサレム旧市街&ベツレヘム遠征がおすすめ

関連記事

  1. フィリピン

    【ビガン】ロマンティック!スペインの街並みが残るビガン歴史地区の夜

    フィリピン旅、ビガンへ到着。「ビガン歴史都市」として、…

  2. フィリピン

    【パオアイ】ジプニーに乗って世界遺産へ!サン・オウガスチン教会(パオアイ教会)

    フィリピンにある世界遺産のひとつ、サン・オウガスチン教会へ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 01日

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 菅笠(すげがさ)

    百寺巡礼

    【百寺巡礼】第94番 霊山寺 “四国八十八遍路はじまりの寺”
  2. パレスチナ自治区のユダヤ人居住区

    イスラエル・パレスチナ

    イエス・キリスト聖誕の地&バンクシー!日帰りでもこれだけ楽しめるベツレヘム観光(…
  3. 聖ニコラオス・アナパヴサ修道院

    ギリシャ

    【メテオラ】まるで岩と一体化したような【聖ニコラオス・アナパヴサ修道院】
  4. ホイアン(ベトナム)

    ビール好きの理想郷か?ベトナム・ホイアンのビール事情
  5. ロシア

    【黄金の環】4時間でサクッとまわる世界遺産。古都ウラジーミルの夜
PAGE TOP