フィリピン

絶対食べたいフィリピンの国民的スイーツ、”ハロハロ”。ニノイ・アキノ空港で食べれるオススメ2店

Chowkingのハロハロのアップ

フィリピンを代表するスイーツ、ハロハロ。

カラフルなビジュアルも南国っぽさ満点で、インスタ映えも抜群!

フィリピンの首都、マニラのニノイ・アキノ国際空港で食べれる、お手軽ハロハロをご紹介します

目次
1.ハロハロはどんなスイーツ?
2.初心者にぴったり!Chowkingのハロハロ
3.豪華さが選べる!MAX’S RESTAURANTのハロハロ
4.フィリピンに行ったらぜひ食べてみて!

ハロハロはどんなスイーツ?

フィリピンの国民的スイーツ、それがハロハロ。

ハロハロとは”混ぜこぜ”の意味

ハロ(halo)とはタガログ語で混ざることという意味。

ハロハロと続けると混ぜこぜという意味になります。

Chowkingのハロハロの上から

確かに混ぜこぜ!

そんなハロハロの定義とは?

Wikipediaによると、

かき氷とミルクをベースとして、

各種の果物、
甘く煮た豆や芋類、
アイスクリーム、
ゼリー、
ナタデココ、
タピオカ、
ココナツ、
プリン、
米やトウモロコシの加工品など

多種多様な材料が用いられる。(wikipedia)

盛りだくさん!

素材を楽しむ、削ぎ落とされた美しさを好む日本の様式美とは相反するスイーツだわ。

でも、これがナカナカ美味しかったのです。

空港で食べることができる、おすすめ2つを紹介します!

初心者にぴったり!chowkingのハロハロ

フードコート内にあるチェーン店、Chowkingは中華系メニューを頼めるファミレス。

ここではお手軽にハロハロを食べることができるのです!

Chowkingの店内

価格も安いし、初めてのハロハロにはぴったりかも!

お店はセルフ方式

Chowkingはセルフ方式

カウンターで注文します。

番号札を渡されるので、席について待機すると、できあがったら運んでくれます。

スイーツ男子、発見!

フィリピンで愛されているハロハロ。

男性のみでスイーツを堂々と楽しむ姿をよく見かけました。

Chowkingのハロハロを男性2人で食べる姿

スイーツ食べたいのに性別は関係ないよね。

スイーツ=女子の好む食べ物、という図式。
いつから生まれたのでしょうね?

Chowkingのハロハロ

リーズナブルなのに、しっかり美味しい、基本的なハロハロ。

Chowkingのハロハロの全体図

ハロハロ

スモールサイズ 63ペソ(約126円)

小ぶりサイズだけれど、しっかりハロハロを楽しめる。

Chowkingのハロハロは具材たくさん

紫のアイスクリームは、ウベという紫山芋。
派手でカワイイ。

黄色い四角はフィリピンのプリン。硬めだけれど、しっかり美味しい。

Chowkingのハロハロにはゼリーがたくさん

いろいろなゼリーも入っている。ベースのかき氷はミルク味。

Chowkingのハロハロにはバナナも入っている

バナナも入っている〜〜!

てんこ盛りなハロハロ。

だけれど、不思議とお互いを邪魔しないのです。なぜだろう。美味しいよ!

まずは、お手軽な、Chowkingのハロハロが初心者にはぴったりかも。

豪華さが選べる!Max’s RESTAURANTのハロハロ

空港でも田舎でも、もちろんマニラ市内でも、いたるところで見かける有名ファミレス、Max’s RESTAURANT。

ここのハロハロは豪華らしい。

Max's RESTAURANTの入り口

ハロハロは3種類あり

Max's RESTAURANTのメニュー

ハロハロの価格はクオリティの違い

メニューには、レギュラー、スペシャル、ジャイアントの3種類。

  • レギュラー 167ペソ(約330円)
  • スペシャル 191ペソ(約380円)
  • ジャイアント 599ペソ(約1200円)

うーん一人だし、小さいサイズで!レギュラーで!

と注文したら、違っていた。

サイズの違いではなくて、豪華さの違い 

なのですって。

それにしても、スペシャルとジャイアントの差がすごい。3倍だよ!

スペシャルを注文

コムギは真ん中のランク、191ペソ(約380円)のスペシャルを注文しました。

Max's RESTAURANTのハロハロスペシャル

なんか、傘がついてる〜〜!

可愛い。

日本ルーツ?疑惑のハロハロ

日本のかき氷にルーツを持つという?ハロハロ。

だからか、和っぽい朝顔のような花柄の和傘がついています。

Max's RESTAURANTのハロハロの傘

ムラサキは、紅芋のアイスクリーム、上にちらばっているのはライスフレークの”ピニピグ”。

すこし硬めのカスタードプリン”レチェフラン”や、サトウヤシの”ココヤン”など、

ハロハロのオーソドックスな具材は網羅している。

紅山芋”ウベ”のアイス

Max's RESTAURANTのハロハロの紫山芋

ホワイトビーンズ

Max's RESTAURANTのハロハロのホワイトビーンズ

甘い豆。

ミルクかき氷と一緒にいろんな食感が味わえて楽しい。

Max's RESTAURANTのハロハロ

うーん、なかなか高いだけあるわ!

豪華具材のハロハロでした。

フィリピンに行ったらぜひ食べてみて!

かわいいハロハロ

カラフルなビジュアルと、日本にはない”ごちゃまぜ”なスイーツが食べていて美味しい、ハロハロ。

日本のコンビニスイーツでも登場したりするようですが、やっぱり本場のハロハロはごちゃまぜ感がすごかった。

フィリピンにいったら、ニノイ・アキノ空港でも気軽に食べれます。インスタ映えもするよ。おすすめです!

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




【ビガン】大盛りメニューが定番のフィリピン食事事情。一人旅でも大丈夫なビガンのおすすめは?前のページ

【バンコク・ドンムアン国際空港】半個室のリクライニングシート席がおすすめ【MIRACLE LOUNGE】(3階)次のページ

ピックアップ記事

  1. 【高千穂】雲海出現!”天孫降臨”の地・国見ヶ丘へ歩いて行…
  2. 【南城市】知念城跡&知念大川 神々のおはします聖地
  3. 【対馬】釜山も見えた!国境最前線の地・比田勝を自転車でめぐる
  4. 【鶯宿温泉】盛岡の奥座敷・開湯450年の温泉街
  5. 美容の聖地・死海で本場の泥パック!死海の人気スパ・ZARA SPA体験記

関連記事

  1. フィリピン

    フィリピンの夜行バスに乗ってみた。ビガンからマニラまで格安運賃&時間の節約がメリット!

    3連休で行く弾丸フィリピン、ビガンへの旅は、とにかく時間がない…

  2. フィリピン

    【ビガン】ロマンティック!スペインの街並みが残るビガン歴史地区の夜

    フィリピン旅、ビガンへ到着。「ビガン歴史都市」として、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. 満開のオクラレルカ畑

    沖縄県

    【大宜味村】うりずんの季節、 満開のオクラレルカ畑へ
  2. 鶯宿川

    岩手県

    【鶯宿温泉】盛岡の奥座敷・開湯450年の温泉街
  3. カムイワッカの滝

    北海道

    【知床】“神・水” カムイワッカ湯の滝に登る
  4. 顔を出す赤ちゃんアザラシ

    北海道

    【稚内】ノシャップ寒流水族館 キュートなアザラシに悶絶!
  5. 鳥取城跡の「巻石垣」

    鳥取県

    鳥取城跡 日本で唯一の「巻石垣」
PAGE TOP