ミャンマー

金色に輝くシュエダゴン・パゴダ。ミャンマー最大の聖地へ

 
金色に輝くシュエダゴン・パゴダ

ヤンゴンに訪れたら必ず訪れたい!

ミャンマー最大の聖地、シュエダゴン・バゴダ。
金ピカに輝く仏塔と少年僧たちの唱える読経が響く、とても異国な空間だった。

シュエダゴン・バゴダを見るためだけにでも、ヤンゴンに行く価値アリ。

シュエダゴン・パゴダとは?

シュエダゴン・パゴダで祈る人々

シュエダゴン・パゴダはミャンマーのヤンゴン中心部に存在する寺院である。

釈迦および釈迦以前にこの世に現れた3人の菩薩の遺体の一部が納められていると信じられていることから重要な聖地とされる。

(wikipedeaより)

宗教的な要素はともかく、金色がまばゆくてとても惹かれます。

ちなみに、内部には入れません。そもそも内部というものがないのか?

境内入り口まではお店が並ぶ

シュエダゴン・パゴダの前に並ぶ市場

日本の参道みたい

シュエダゴン・パゴダまでの道はお店が立ち並びます。

さまざまな参拝グッズが売られる

入り口までの道には、参拝に欠かせないアイテムが売られています。
声をかけられてセールスされます。
買ってみるのもいいかも!

シュエダゴン・パゴダで販売されているお花

参拝用に販売にされるお花

参拝用のお花たち

とっても色鮮やかなお花。

参拝用に小鳥を買う人々

小鳥たち

これは、、参拝と関係あるのだろうか!?
入り口にはカゴの中の小鳥たちと、周辺のハト用の餌が販売されていた。

境内は土足禁止!必ず裸足になる

シュエダゴン・パゴダの土足禁止の看板

境内は裸足、靴下を履くことも許されない

ミャンマー旅で辛かったのは、この「寺院では裸足である」こと。

裸足が辛い理由

  1. 地面が熱くてとてもじゃないけれど歩けなかったり、
  2. 動物のフンが落ちているなかを裸足で歩くことに抵抗感を覚える

でも、それを考慮しても、やっぱりシュエダゴン・パゴダは素晴らしいので行くべき。

入口から階段をのぼって

裸足になって階段を登っていく

シュエダゴン・パゴダの階段

お店の両脇には土産物屋さんが並ぶ

シュエダゴン・パゴダの参道脇に並ぶ土産物店

参道に並ぶ土産物やさん。

こういうところも、日本の参道と似てるね!

ハリボテの動物

ハリボテの動物。可愛くてお買い上げ♪

途中で、道路を渡る場面も

階段を上っていると、なんと・・・

自動車道路にぶつかった!

シュエダゴン・パゴダ内にある横断歩道

横断歩道を渡ります。
もちろん、裸足ですよ〜!

階段を裸足で登る人々

入り口はもうすぐ。結構長い階段。
旅は体力がいるわあ。

外国人は入場料が必要

外国人は入場料が必要。
参拝客が絶えないシュエダゴン・パゴダ、参拝しているミャンマー人は払わなくていいみたい。むう・・・

入場料支払いブースは入り口の階段を登りきったところにありますが、

階段を登りきるやいなや、切符売り場のお姉さんが小屋から出てきてコムギめがけて飛んできて驚いた!

外国人には絶対払ってもらうわよ!
彼女の強い意思を感じました。

入場料はKs10,000だった(2018年7月)

シュエダゴン・パゴダの入場券と地図

入場料、値上がり中

2017年7月訪問時はKs8,000だった入場料、2018年7月訪問時はks10,000に値上がっていた〜!

ミャンマーの物価からすると高すぎるよね。

パンフレットは境内マップになっている

シュエダゴン・パゴダの境内マップ

入場料払うともらえるマップ

なかには境内マップが。

シュエダゴン・パゴダのパンフレット

パゴダの構造も丸わかり。

ただし英語。

シュエダゴン・パゴダの境内を歩く

ミャンマーの聖地であるがゆえに、参拝客が絶えないシュエダゴン・パゴダ。

でも大きいので、どこからみても金ぴか、輝いている!

シュエダゴン・パゴダの境内

読経する少年僧

シュエダゴン・パゴダの少年僧

師匠+少年僧たちのグループをたくさん見かけました。

シュエダゴン・パゴダを拝む少年僧

みんなピンクの袈裟をきている。
ピンク色には理由があるのかな?

少年僧の読経

シュエダゴン・パゴダを拝みながら読経をしている。

少年僧たちの唱えるお経は、高い声で、日本人の私にはコトバを聞き取れない音。

まるで、歌を聴いているみたい。

白いパゴダとピンクの袈裟の少年僧

金色にかがやくシュエダゴン・パゴダの境内×少年僧のピンクの袈裟。
境内はとってもカラフル。

異世界観に圧倒される、素敵な時間。

観光客たち

シュエダゴン・パゴダはミャンマーの聖地であるので、国内の参拝客がほとんどだった。

可愛い彼女を激写する彼氏

可愛い彼女を激写する彼氏とか、

写真撮影する女の子たち

女友達4人組できていたり。みんなカワイイ!

み〜んな、長居。境内で寛ぐ人々

シュエダゴン・パゴダが混雑しているのは、人々がなかなか帰らないからではないかしら!

シュエダゴン・パゴダでくつろぐ人々

座ってのんびり寛ぐ人々や、

シュエダゴン・パゴダで眠る人

座り込んでしまっている主婦グループなど。

日本の寺院での振る舞いでは許されないような姿ですが、ミャンマー寺院は寛容みたい。

ミャンマー人が信じる”八曜日”とは?

生まれ曜日である「八曜日」によって、
その人の基本的な性格、人生、他人との相性などが決まるとミャンマーの人々は信じている

八曜日は西暦の七曜日の水曜日が午前と午後に分かれている

なるほど。それで1曜日多いのね。

コムギは火曜日生まれだと思っていましたが、「ミャンマー八曜日の算出方法だと木曜日であることが発覚。。

火曜日をお参りしてしまっていた〜!

そんなコムギの”火曜日”参拝レポをご覧ください。

自分の生まれ曜日をお参りする

火曜日のブース

曜日ごとに、八方角に祠がある。

水をかけて、お花を飾って。

火曜日を祀る人々

お花のケーキが飾られていたよ。

シュエダゴン・パゴダで出会った「顔」!

同じ仏教とはいえ、国が違えばいろいろ違う。

シュエダゴン・パゴダで見かけたきになる「顔」のまとめ。

シュエダゴン・パゴダの青い顔の神様

グー!

黒ひげ危機一髪の顔をした男性像

・・・黒ひげ危機一髪??

稲中キャラの像

稲中のキャラでいそう

火曜日の神様

Tuesday!凛々しいお顔だち

シュエダゴン・パゴダはミャンマー屈指の観光スポーット

金色に輝くシュエダゴン・パゴダ

ミャンマー人の聖地でもあり、黄金がまばゆいシュエダゴン・パヤー。

異国の地を訪れたなあ!と実感できる、もりだくさんの場所だった。

ミャンマー、ヤンゴンを訪れたら外せない素晴らしい場所です。

こちらの記事も読まれています

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ



スポンサーリンク




ビール好きの理想郷か?ベトナム・ホイアンのビール事情前のページ

岩上に立つ天空の寺院へ。ナッ神信仰の聖地ポッパ山にシェアタクシーで行ってみた次のページ

ピックアップ記事

  1. 【百寺巡礼】第62番 中尊寺 “銀世界の金色堂”
  2. 【百寺巡礼】第49番 久遠寺 “日蓮宗の総本山で涅槃への階段を上る”
  3. 搭乗後すぐに取りかかれ!飛行機で眠るまえに済ませておきたい3つの作業
  4. 【百寺巡礼】第16番 瑞泉寺 “井波彫刻で装飾された美しい堂宇”
  5. 海外SIMはAmazonで買える!注意点とエリア別おすすめSIMまとめ

関連記事

  1. ロビーのソファー
  2. カックー遺跡のパゴダ
  3. テイスティングセット
  4. ミャンマー

    【インレー湖】風情満点!ロング・ウッデン・ブリッジ&ボートで水上集落めぐり

    インレー湖に到着した午後は、ニャウンシュエ出発でインレ…

  5. ミャンマー

    岩上に立つ天空の寺院へ。ナッ神信仰の聖地ポッパ山にシェアタクシーで行ってみた

    バガンから車で1時間ちょっと、ポッパ山へ。そこはミャン…

  6. テイスティングセット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク


スポンサーリンク



  1. ツタンカーメンの黄金マスク

    エジプト

    エジプト考古学博物館へ訪れる前に知っておきたいこと
  2. タイ

    水の都の風情を満喫!アムパワー水上マーケットで絶対やりたいこと5つ
  3. バングラデシュ

    バングラデシュの交通事情。何に乗って移動する?
  4. エルサレムの猫

    イスラエル・パレスチナ

    エルサレム旧市街へ行く前に知っておきたい7つQ&A
  5. ウシュグリの馬の親子

    ジョージア

    旅人人気、上昇中!ジョージアってどんな国?
PAGE TOP